メッセージ - 最新エントリー

生き物を通して深淵な創造のわざを示される主(ヨブ記39章)
Youtube動画
メッセージ音声

_____________
神はさらに、ご自身が創造された生き物達を示し、創造のわざの巧みさ・精妙さを示して、神を不当者にしようとしたヨブの愚かさをねじふせる。

39:1 あなたは岩間のやぎが/子を産むときを知っているか。あなたは雌じかが子を産むのを見たことがあるか。
39:2 これらの妊娠の月を数えることができるか。これらが産む時を知っているか。
39:3 これらは身をかがめて子を産み、/そのはらみ子を産みいだす。
39:4 その子は強くなって、野に育ち、/出て行って、その親のもとに帰らない。

やぎと雌鹿は、険しい岩山を平然と乗り越えて行くため、生態を追跡して調べるのが難しい。
現代は科学技術が発達してある程度は解明されているが、未だに解明されていない生物は多々いる。
それらの生き物が、いかにして命を産み、いかに成長して行くのか、その性質はいかなるものであるのか、その全てを私達は知る事さえ困難だが、主はなんと、何万何億といる動物たちを、それも、たった一羽の雀さえ御心に覚えられ、また野に咲く一輪のゆりさえも、装っておられるのだ。

39:5 だれが野ろばを放って、自由にしたか。だれが野ろばのつなぎを解いたか。
39:6 わたしは荒野をその家として与え、/荒れ地をそのすみかとして与えた。
39:7 これは町の騒ぎをいやしめ、/御者の呼ぶ声を聞きいれず、
39:8 山を牧場としてはせまわり、/もろもろの青物を尋ね求める。

野ろばは、人が荷役に用いるろばとは違って、人間の言う事を一切聞かず、人の住む町から離れ、荒野を好きこのんですみかとする。
ヨブも人間も、彼らを飼いならして荷役に用いる事はできない。
野ろばをそのように自由なものにしたのは、神である。

39:9 野牛は快くあなたに仕え、/あなたの飼葉おけのかたわらにとどまるだろうか。
39:10 あなたは野牛に手綱をつけて/うねを歩かせることができるか、/これはあなたに従って谷を耕すであろうか。
39:11 その力が強いからとて、/あなたはこれに頼むであろうか。またあなたの仕事をこれに任せるであろうか。
39:12 あなたはこれにたよって、あなたの穀物を/打ち場に運び帰らせるであろうか。

野牛もまた牧畜牛と違って、人間の役に立てようと飼いならす事ができない。
もし野牛を農耕に役立てるなら、どれほど人は恩恵を受けられるだろうか、と思えても、それをできないように自然界に生きるよう解き放ったのは、主である。
野牛に限らず、自然界は人がそのまま利用できない大きな力をもったものがあるが、それらを存在させ、治めておられるのは、主である。

39:13 だちょうは威勢よくその翼をふるう。しかしこれにはきれいな羽と羽毛があるか。
39:14 これはその卵を土の中に捨て置き、/これを砂のなかで暖め、
39:15 足でつぶされることも、/野の獣に踏まれることも忘れている。
39:16 これはその子に無情であって、/あたかも自分の子でないようにし、/その苦労のむなしくなるをも恐れない。
39:17 これは神がこれに知恵を授けず、/悟りを与えなかったゆえである。
39:18 これがその身を起して走る時には、/馬をも、その乗り手をもあざける。

ここでは、だちょうが語られている。
「きれいな羽」のヘブライ語はヘスィダー、愛情や恵みを意味するヘセドが変化したもので「こうのとり」とも訳せる。(新改訳)
こうのとりの家族愛は有名で、西洋では、そのこうのとりが巣作りする家は幸いが訪れると言われており、またこうのとりが赤ちゃんを運んで来るとも言われている程である。

それにひきかえ、だちょうの母親は、自分で産んだたまごを自分で暖めず、砂に暖めさせて放置している。
それをどこに埋めたかも忘れ、自分の足、あるいは獣の足で踏まれてしまっても、なんとも思わない。
そのように、知恵も愛情も欠けた鳥であるが、こと、走る事においては、馬も、またそれに乗る人間をもあざける。

このように神は、生き物のあるものは知恵があるように、あるいは無いように、また、ある生き物には力があるように、あるいは無いように創られた。
その非常にバラエティ豊かな生き物達を見る時、私達はただ、その被造物の巧妙さ、美しさに驚き、ただ創造主をほめ讃えざるを得ない。

39:19 あなたは馬にその力を与えることができるか。力をもってその首を装うことができるか。
39:20 あなたはこれをいなごのように、/とばせることができるか。その鼻あらしの威力は恐ろしい。
39:21 これは谷であがき、その力に誇り、/みずから出ていって武器に向かう。
39:22 これは恐れをあざ笑って、驚くことなく、/つるぎをさけて退くことがない。
39:23 矢筒はその上に鳴り、/やりと投げやりと、あいきらめく。
39:24 これはたけりつ、狂いつ、地をひとのみにし、/ラッパの音が鳴り渡っても、立ちどまることがない。
39:25 これはラッパの鳴るごとにハアハアと言い、/遠くから戦いをかぎつけ、/隊長の大声およびときの声を聞き知る。

神は馬を、恐れ知らずな力強い生き物として創造した。
人はそれを戦いのために用いる。事実、聖書の中で馬が登場する場面の前後は、必ずと言っていいほど、戦争のきなくさいにおいがある。

25節は口語訳では「これはラッパの鳴るごとにハアハアと言い」と訳されているが、新改訳では、馬のいななき「ヒヒーン」と訳されている。
原文ヘブライ語は「ハアハ」と発音する擬声語で、他の箇所では、あざけり笑う言葉に訳されている(詩篇35:21,25など)。
人は戦争の時、恐れおののくが、馬はその隊長の怒号も、戦いの合図も、飛び交う矢や槍も、あざ笑う。
そのように創られたのは、まことに主であり、そのわざは人には計り知れない。

39:26 たかが舞いあがり、その翼をのべて南に向かうのは、/あなたの知恵によるのか、
39:27 わしがかけのぼり、その巣を高い所につくるのは、/あなたの命令によるのか。
39:28 これは岩の上にすみかを構え、/岩のとがり、または険しい所におり、
39:29 そこから獲物をうかがう。その目の及ぶところは遠い。
39:30 そのひなもまた血を吸う。おおよそ殺された者のある所には、/これもそこにいる」。

たかやわしは人が行くことが非常に困難な岩山の上に巣をつくる。
その生態も人は知ることは困難であるし、ましてや、それらをそのように創り、彼らにその知恵を授けたのは主である。

神に対して「自分が義だ」「神は不当だ」と高ぶったヨブに対し、神は、これでもかと言うほど、人間には計りきれない総計の深さを示された。

詩篇104篇には、ヨブ記38章以降に通じる神の諸々のわざが記され、それらを創造された主がほめ讃えられている。
『主よ、あなたのみわざはいかに多いことであろう。あなたはこれらをみな知恵をもって造られた。地はあなたの造られたもので満ちている。』(詩篇104:24)

まことに主の創造のみわざを見るに、ただ恐れの念をもってひれ伏す以外には無いが、しかし主は、同時に愛と憐れみに満ちたお方である。
私達はそれ故、大胆に御前に進み行き、おりにかなった助けを得る事が出来る。
それはなんと素晴らしい特権だろうか。

安息日の問題 - エレミヤ書の9つのGolden Key 4/9(エレミヤ17:21)
Youtube動画
メッセージ音声

_______________

この週末の時代を読み解く上で非常に重要なエレミヤ書の9つの鍵。
第4番目は、「安息日」の問題である。

 17:21 主はこう仰せられる。『あなたがた自身、気をつけて、安息日に荷物を運ぶな。また、それをエルサレムの門のうちに持ち込むな。

エレミヤの時代、主が「聖としなさい」と命じられていた安息日は、軽んじられ、人々は平気でその日、世の仕事をしては出歩いていた。
そこで主はエレミヤを通して警告を与えたわけであるのだが、現代、この安息日どのように扱うべきか。
ユダヤにおいては、礼拝するべき安息日は土曜日としているが、我々は礼拝する日をどうすべきだろう。
その問題について、御言葉から見ていきたい。

「安息日」はシャバット、すなわち、終わる、とどまる、休む、という意味である。
天地創造の時、神は第七日目に全ての創造のわざを終え、休まれた。それゆえこの日を覚えて「聖」として区別せよ、と仰せられた。
しかしユダヤ人は、この日を「働いてはならない日」という事を強調するあまり、これは仕事になるのか、そうではないのか、という論点の膨大な議論が発生し、諸々の事細かい規定が定められ、それでユダヤ人は、安息すべき日であるというのに、重荷を負う事になる。これは大丈夫だろうか、やっていいのだろうか、と。

そこでイエス様は言われる。

マタイ11:28 すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。
11:29 わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。
11:30 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。

イエス様は、わたしのくびきを負って、わたしに学びなさい、と言われた。
くびきは、二頭の牛が共に負って、共にひとつの働きをする道具である。重荷を捨てなさい、とは言っておられない。つまりイエス様は、あなたが負っている重荷があるなら、わたしが一緒に負う、と言っておられるのだ。
主が重荷を共に負ってくださる。そうすれば、あなた方の心は、休まれる、と。

律法を完成させて下さるイエス様は、律法や諸々の重荷を、一緒に負って下さる、という事を、認知すべきである。

さらに12章で、再び安息日に関する問題が起きている。
マタイ12:1 そのころ、ある安息日に、イエスは麦畑の中を通られた。すると弟子たちは、空腹であったので、穂を摘んで食べはじめた。
12:2 パリサイ人たちがこれを見て、イエスに言った、「ごらんなさい、あなたの弟子たちが、安息日にしてはならないことをしています」。

弟子達はお腹がすいて、ひもじくなって、麦の穂を摘んで食べたのをパリサイ人達は見て、それを糾弾のねたとした。
すなわち、「籾殻を取る」行為は労働であると見做されており、それでパリサイ人達は「安息日にしてはならない事をしている」と、糾弾したのだが、イエス様は弟子達を弁護される。

イエス様は、ご自身を、安息日の主である、と宣言された。イエス様こそ、安息日を定め、安息日のなんたるかを教えて下さる主である、と。
その安息日の主であられるイエス様が、彼に仕える弟子達、安息日に仕えている弟子達を、「罪のない者」と宣言し、また弁護した。

12:7 『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味か知っていたなら、あなたがたは罪のない者をとがめなかったであろう。

イエス様が、安息日に籾殻を取って食べた弟子達は「罪がない」とした根拠は、何によるのだろう。

12:3 そこでイエスは彼らに言われた、「あなたがたは、ダビデとその供の者たちとが飢えたとき、ダビデが何をしたか読んだことがないのか。
12:4 すなわち、神の家にはいって、祭司たちのほか、自分も供の者たちも食べてはならぬ供えのパンを食べたのである。
すなわち、あなた方が尊敬するダビデがそうしたでしょう、と。
12:5 また、安息日に宮仕えをしている祭司たちは安息日を破っても罪にはならないことを、律法で読んだことがないのか。
12:6 あなたがたに言っておく。宮よりも大いなる者がここにいる。
12:7 『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味か知っていたなら、あなたがたは罪のない者をとがめなかったであろう。
12:8 人の子は安息日の主である」。

さらに神は、預言者ホセアを通して言われた。
やがて、安息日などの全ての例祭をやめさせる時が来る、と。

ホセア 2:11 わたしは彼女のすべての楽しみ、すなわち祝、新月、安息日、すべての祭をやめさせる。

神の恵みの時が到来すると、律法が成就し、すべて安息日や例祭は止めさせられる。
その「時」は、イエス様が十字架上で死なれた時、成就した。
次の御言葉の通りである。

コロサイ 2:14 神は、わたしたちを責めて不利におとしいれる証書を、その規定もろともぬり消し、これを取り除いて、十字架につけてしまわれた。
2:15 そして、もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。
2:16 だから、あなたがたは、食物と飲み物とにつき、あるいは祭や新月や安息日などについて、だれにも批評されてはならない。
2:17 これらは、きたるべきものの影であって、その本体はキリストにある。

すなわち、ありとあらゆる人を「罪あり」と指摘し、不利に陥れる「律法」という債務証書を、無効にしたのだ!十字架の上で。
こういうわけで、食べ物と飲み物について、あるいは、祭りや新月や安息日のことについて、誰にも批評させてはならない、と、16節に書いてある。

1コリント15:56 死のとげは罪である。罪の力は律法である。
15:57 しかし感謝すべきことには、神はわたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜わったのである。

死のとげは罪であり、そして人を罪ありとする力あるものは、律法である。
イエス様は十字架上で、罪を、死を、また人を罪ありとする律法を、十字架の上で釘付けにし、我々をそれらに対する勝利者とし、開放して下さったのだ!
イエス様は十字架上で、我々に、恵みの年、解放の年を宣言して下さったのだ。
それ故、私達は、安息日や、その他諸々の律法の膨大な規定から、解放されているのである。

十字架、それは実に偉大な転換点である。

それでは、どうして新約では主日に、すなわち、日曜日に礼拝を行うのか。
旧約のように土曜日にではなく。

イエス様の十字架以降、安息日や諸々の祭りは十字架上に釘付けにされた事は、先のホセア書と第一コリントに書いてあった通りである。
それ以降、復活のイエス様は、日曜日に現れるようになった。
復活の三日目すなわち日曜日(聖書では当日もカウントする)、弟子達が集っていた所に復活のイエス様が現れ、弟子達に聖霊の息吹を吹きかけられた。
その時その場にいなかったトマスには、その八日後、すなわち次の日曜日、弟子達が集っていた所に、トマスも居たため、トマスもイエス様と出会い交わりをする事が出来た。(ヨハネ20:19-29)
黙示録においても、ヨハネは「主の日」に御霊に感じ、主と出会い、主から啓示を頂いた。(黙示録1:10)
それ故、教会では、日曜日を主の日(主日)と言い、初代教会の聖徒達は復活の主と出会うために、主日に主の御名に集い、パンを割き、メッセージを聞き、聖徒の交わりを行っていた。(使徒20:7)

キリスト教は復活の宗教と言われており、主日は、主の復活の日である。
だからキリスト者達はそれを記念し、そして主と出会うために、主日に集うようになって行ったのだ。

結局、旧約の安息日は、来るべきキリストの影にすぎない。(コロサイ2:17)
核心は、安息日の主人であられるキリストなのだ。
 

手をたたいて神に喜びと賛美の態度を示そう(詩篇47篇)
Youtube動画
メッセージ音声

______________

人智では到底計り切れない主の総計(ヨブ記38:22-41)
Youtube動画
メッセージ音声

_______________
主は天地を創造し、そして彼が創造された宇宙、地球、また、その中における全ての物事の運行を管理しておられる事を、このヨブ記38章において示しておられる。

38:22 あなたは雪の倉にはいったことがあるか。ひょうの倉を見たことがあるか。
38:23 これらは悩みの時のため、いくさと戦いの日のため、/わたしがたくわえて置いたものだ。

ひょうは雲の水蒸気が凝結して氷の塊となって地に降り注ぐと、科学では説明されているが、主はそれを偶然のタイミング・偶然の所に落ちるものではなく、主の敵の悩みのため、いくさと戦いの日のために蓄えている事を示している。事実聖書には、その記述がある。
主は主の民を悩ますエジプトに対し、10の災いを降したが、そのうちの一つとして、ひょうによってエジプトを打った事がある。(出エジプト記9:18)
また、ヨシュアの時代にも、主の民と同盟を結んだ異邦のギブオン人を助ける戦いにおいて、主はひょうをもって敵を打ち、ひょうで打たれた人のほうが、剣で倒された人よりも多かったことが記されている。それのみならず、主はヨシュアの祈りに聞いて、太陽と月を一昼夜止め、主の民の敵を殲滅する事を助けられた。(ヨシュア記10章)
主は、主につく民が、たとえ異邦人であろうとも、その助けを求める祈りの声に聞いて天気を動かして助け、また、終末においては、神の民を虐げる者達へ降す災いの道具として、なんと1タラント(約35キログラム)の雹を降らせる事も予告しておられる。(黙示録16:21)

38:24 光の広がる道はどこか。東風の地に吹き渡る道はどこか。
38:25 だれが大雨のために水路を切り開き、/いかずちの光のために道を開き、

ここにおいて主は、4つのものに、すなわち、光、東風、大雨、いかずちに、通り道を備えておられる事を示しておられる。
それらは、どのように進んでいくか、人間には計り知れないものであるが、しかし主はその全て道を備えておられ、決して偶然に、無秩序に、落ちたり、広がったり、集まったり、固まったりするものではない事を、主は教えておられる。

38:26 人なき地にも、人なき荒野にも雨を降らせ、
38:27 荒れすたれた地をあき足らせ、/これに若草をはえさせるか。

さらに主は、人が未だ見たことも入った事もない前人未踏の地さえ、養っておられる事を示される。
ヨブはあたかも神と対等であるかのように物申したが、ヨブが行ったことも見た事もない土地さえ、主は養い、潤しておられるのだ。

38:28 雨に父があるか。露の玉はだれが生んだか。
38:29 氷はだれの胎から出たか。空の霜はだれが生んだか。
38:30 水は固まって石のようになり、淵のおもては凍る。

水は雨として降り、霧になり、露にもなり、氷にもなり、深淵で、空で、大地で、それぞれの場所場所で形を変える。
その全てを支配しておられるのは、神である。
さらに主は、宇宙の天体にまで、支配の御手がある事を示される。

38:31 あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか。
38:32 あなたは十二宮をその時にしたがって/引き出すことができるか。北斗とその子星を導くことができるか。

神は北斗七星を北半球のどこからでも見えるようにし、それを目印に、北極星を示し、また、北極星を決して動かない星として下さったゆえに、人々は古来より航海ができ、目的地までたどり着く事ができた。
星々は、たとえ人が光速の乗り物をつくって宇宙を旅できたとしても、何万年・何億年もかかる程の、人には到底到達できない遠い場所にあるが、その、星と星との遠大な距離間に、主は、見えない鎖をもって結び、それらをその位置に配置された。
このような星々を主が創られた理由が、創世記1章に書いてある。

創世記1:14 神はまた言われた、「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、
1:15 天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。そのようになった。
1:16 神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。
1:17 神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、
1:18 昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた。神は見て、良しとされた。
1:19 夕となり、また朝となった。第四日である。

神は星々を、「しるし(オット)」のため、また季節(モエド)のために、定められた。
オット(しるし)とは「神の意味が付与された出来事」であり、モエドとは「祭り」、すなわち、神と人とが出会う、約束された日時、約束された場所において、その時々に違った「まつりごと」をもって神と交際する一時である。
神は星々をオットとモエドのために創り、それを遠大なる鎖をもって配置しておられるのだ。
まことにヨブにも、私達にも、全く計り知れない事である。

38:33 あなたは天の法則を知っているか、/そのおきてを地に施すことができるか。

人は、将来の天体の動きを、諸々の物理方程式を用いて推測する事が出来、また、過去にどのような星の配列であったかも、推測できる。
それは、諸々の物理定数や公式などの「天の法則」を人が発見し、それを計算したからであるが、そもそも、これら「天の法則」を定め、そのおきてを地に施したのは、まことに神である。

38:34 あなたは声を雲にあげ、/多くの水にあなたをおおわせることができるか。
38:35 あなたはいなずまをつかわして行かせ、/『われわれはここにいる』と、/あなたに言わせることができるか。
ここの直訳は「あなたが稲妻を送り出すと,それが出て行き,あなたに『はい,ここにおります』と言うだろうか」である。(聖書注解)
主は雲に号令して雲に蓄え、あるいは地に降し、また主は稲妻に号令して、稲妻はそれに忠実に従う。

38:36 雲に知恵を置き、/霧に悟りを与えたのはだれか。
38:37 だれが知恵をもって雲を数えることができるか。だれが天の皮袋を傾けて、
38:38 ちりを一つに流れ合わさせ、/土くれを固まらせることができるか。

主は雲に、霧に、ちりに、土くれに、それぞれに号令し、集め、あるいは分離させ、人や動植物が生活できるよう配分させ、そうして地球が出来上がった。
それらがうまく存続できるようにするために、主は、月と地球を太陽を、ちょうど良い位置関係に配置し、ちょうど良い自転速度・公転速度を定め、今なお、主が創世記1章にて御口をもって発せられた「天の法則」が生きているから、私達はこうして当たり前のように朝目が覚めたら太陽を見、地に足をつけ、歩いたり走ったり、また、当たり前のように動植物が今日も生きているのを目の当たりにし、当たり前のように食べ物を毎日口に入れる事が出来るのである。

ヘブライ思考では、ヘブライ語の動詞は「生きているもの」とされており、例えば、神の御口から「イェヒー・オール(光よあれ)」という命令形動詞が発せられた、かの瞬間から、今に至るまで、そしてこれからも、その動詞が「生き続けている」からこそ、光は今もなお存続し続けているのだ、と、という思考である。
まことに、はじめにことばがあり、ことばは神とともにあり、ことばは生きておられる神なのだ。(ヨハネ1:1)

38:39 あなたはししのために食物を狩り、/子じしの食欲を満たすことができるか。
38:40 彼らがほら穴に伏し、/林のなかに待ち伏せする時、/あなたはこの事をなすことができるか。
38:41 からすの子が神に向かって呼ばわり、/食物がなくて、さまようとき、/からすにえさを与える者はだれか。

主は続いて、人には計り知れないような「動物の生態」についてヨブに問うており、この章では特に「しし」「からす」について問うている。
からすは、神に向かってえさを求めて鳴く鳥として詩篇147:9にも記されている。
この世に何千万・何億羽のからすがいるのかは私達には分からないが、その、全からすのえさを呼び求める声の一つ一つに、主は答えて、からす達にえさを与えておられる。
また、ししは、動物を狩って食を得ているが、主はそのししが食べる獲物をも、備えておられる。

まことに次の詩篇の通りである。
詩篇139:17 神よ、あなたのもろもろのみ思いは、なんとわたしに尊いことでしょう。その全体はなんと広大なことでしょう。
139:18 わたしがこれを数えようとすれば、その数は砂よりも多い。わたしが目ざめるとき、わたしはなおあなたと共にいます。

流れる川のごとく潤し続ける聖霊(ヨハネ7:37-39)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 本日は御霊のご性質の一面を、すなわち、その流れる川のごとく人を潤す性質について学びたい。
『祭の終りの大事な日に、イエスは立って、叫んで言われた、「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。』(ヨハネ7:37) 時は、祭りの終わりの最も盛大な日。一番盛り上がる日のはずが、イエス様は裏腹にも「渇くなら」と言われる。祭りの「盛り上がり」についていけない人もいるであろうが、結局、人同士の祭り・盛り上がりの行き着く先は必ず「渇き」であり、真に渇きを癒やす事が出来るのは、イエス様だけだ。
5章にも「祭り」の日、イエス様は38年間も病だった人の所に行って癒やして下さった記事がある。彼は38年も病で祭りに参加できず、癒やされる事も、誰かが助けてくれる事も、とうの昔にあきらめ尽くしていた。
そんな「祭り」の最中、イエス様は彼を訪ねて来られ、「よくなりたいか」と言われた。しかし彼は治る事は既にあきらめ切って、ただ自分には「誰もいない」事をイエス様に答えるだけだった。
イエス様は彼に向かい、「起きて、床を取り上げて歩きなさい」と言われた。イエス様のそのたった一言を実行した結果、38年も頑固にまとわりついていた病が一瞬で癒やされたのだ。彼は癒やされた後、神殿の中でイエス様に見出された。つまり彼は、無意識的に、よくなったら神に感謝し、礼拝する志があったのだ。
彼は38年、ベテスダから一歩も出ておらず、その間「なにも出来なかった」事で、対人能力が萎え、衰え、自己卑下やマイナス思考などの負の遺産が積りに積もって地層を為していたかもしれないが、そのような人であっても、イエス様は癒す事が可能である。イエス様のお言葉どおり行い、神を敬う志があるのなら。

イエス様は祭りの終わりに、カラカラに渇いていた人々を見るに見かね、大声で言われた。「誰でも渇く者は、わたしのところにきて飲むがよい」と。イエス様は「飲ませてくださるお方だ」と認知すべきである。
どうやって飲むのか?「信じる事によって」である。『わたしを信じる者は、聖書に書いてある通り、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう』(38節) ここの「腹」と訳されたギリシア語はコイリア、他に「子宮」や「知・情・意の座」を意味する。イエス様のお言葉を飲む、すなわち「信じる」なら、何かがすとんと自分の中に入り、その奥底から生ける水が川となって出て来て、自分を潤し、他人を潤す。これは一体何か。
『これは、イエスを信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのである。すなわち、イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊(プネウマ・ハギオン=聖なる霊)がまだ下っていなかった(be動詞)のである。』(39節) イエス様がまだ栄光を受けていなかった時、すなわち、十字架と復活を経る前は、人々にはまだ聖霊が与えられなかった。しかし、イエス様が御父のところに行った事により、助け主・聖霊が与えられるようになる。『しかし助け主、すなわち、父がわたしの名によって遣わされる聖霊は、あなた方に全ての事を教え、またわたしが話しておいた事をことごとく思い起させるであろう。』(14:26)
だから聖霊を受けると受けないとでは、莫大な違いが出てくる。

聖霊を受けない人は、御言葉を聞いても、知的に表面上の事しか理解できない。「手をうち、喜びの声をあげ、神にむかって叫べ」(詩篇47:1)と書いてあるのを見ても、神学的解釈に走ったり、賛美中に(楽しくないのに)がんばって手を叩くのが関の山だが、聖霊を受けた人が読むなら、腹の奥底から、主を讃えたい気持ちに同調する。主を喜ぶ実感があるからだ。聖霊が来てくださるなら、御言葉を読む都度、神との関係や、神の栄光について教えてくださり、のみならず、人との関わり方も教えてくださる。
聖霊が来る前は、人と会っても挨拶程度で終わっていたのが、聖霊が来ると、その人が今どのような状況で、自分はどう関わらなければならないのか、どう会話を切り出しどう返事をすべきか、細かく教えて下さる。
聖霊は水のように、川のように、流れるもので、渇きを癒やし、人を潤す。それは一時的にではなく、流れ続ける川のごとく、ずっと流れ込んできて、潤し続け、きよめ続けるものである。
御霊の人はその流れに乗り、押し出され、自動的に進んでいく。それは何の無理も無く、楽しい道であり、行けば行くほど潤い、若々しくなり、愛、喜び、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制の実を結んでいく。
対して肉の人は、苦心してがんばり続けなければ進んで行かず、良い行いをしようとしても、すぐ疲れ、無理が出て、自動的に不品行や汚れ、怒りなど、肉の実を結んで行ってしまう。『わたしは命じる、御霊によって歩きなさい。そうすれば決して肉の欲を満たす事はない。』(ガラテヤ5:16) 常に御霊に歩み続け、豊かに御霊の実を結んで行く皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

あらしの中から答えられた神(ヨブ記38:1-21)
Youtube動画
メッセージ音声

______________
ヨブは今まで、この災が自分に望むのは不当だ、神と対話がしたい、と、長らく息を荒げて訴えていたが、彼が望んだ通り、ついに神ご自身が沈黙を破って彼に現れ、答えられる。
その現れた様は、圧倒的である。

38:1 この時、主はつむじ風の中からヨブに答えられた、

つむじ風と訳された語「セアーラー」は、暴風、竜巻の意味である。
人は、この地上に起きる竜巻には立ちおおせないし、ましてや、エベレストの頂上で吹き荒れる最大風速300km/hを超える暴風や、宇宙空間に吹き荒れる太陽風など、人間が直でさらされれば、ひとたまりもない。
この地上は、神の保護によって、あらゆる風から守られているのである。(黙示録7:1)

主は、そんなか弱い人間が死なないで済む程度の「つむじ風」にわざわざレベルを落とし、その中から語りかけられたのだ。
なぜなら、主は人が死ぬ事を望まず、人がより良く神と共に生きる事を望んでおられるからだ。

38:2 「無知の言葉をもって、/神の計りごとを暗くするこの者はだれか。

計りごと、と訳された語はエーツァー、「協議」「助言」を意味する語で、KJVではカウンセルと訳されている。
神は、神の子ら(ベン・ハーエローヒム: ヨブ記1:6)の間で協議をし、地上の全ての物事の運行を取り決め、人の処遇を決定する。(ヨブ1:6、1歴代誌21:1、ゼカリヤ3:1)
ヨブは、身勝手な主張によって、この天的なカウンセルを暗くしたのだ。

38:3 あなたは腰に帯して、男らしくせよ。わたしはあなたに尋ねる、わたしに答えよ。

腰に帯を締める。それは、これから何か大きな仕事をする前にする行為である。
神はヨブに、これから男らしく立ち振る舞って、わたしがこれから尋ねる言葉に答える備えをせよ、と言われる。

38:4 わたしが地の基をすえた時、どこにいたか。もしあなたが知っているなら言え。
38:5 あなたがもし知っているなら、/だれがその度量を定めたか。だれが測りなわを地の上に張ったか。
38:6 その土台は何の上に置かれたか。その隅の石はだれがすえたか。

この地には私達の知らない基があり、主がそれを定められた。
そして主は、その度量を定め、測りなわを地の上に張りめぐらし、土台を「何か」の上に置いた。
その土台が一体「何」であるのか、また、その隅の石の組成は一体何であるのか、主はヨブに問うている。
このわずかな質問さえ、人は何も答えられないが、主の応答は、まだまだ始まったばかりである。

38:7 かの時には明けの星は相共に歌い、/神の子たちはみな喜び呼ばわった。

その時、ヨブどころか誰一人人間は存在していない時代である。
その時、その素晴らしい主の創造に御業を見て、喜び叫ぶ声が上げたのは、明けの星たち、すなわち、神の子たちだった。

明けの星といえば、サタンとなったルシファー(ヘブライ語:ヘイレル)を連想するが、ここにはヘイレルという言葉は使われておらず、コヴェイ・ボーケル(暁の星々)という言葉が使われている。
サタンは、神を賛美する楽隊長だったが(イザヤ書14章)、この時点では、サタンはまだ堕落する前だったのだろう。

ちなみに、創世記1:1で、神は最初に天地を創造した(バラー)事が記されているが、そのバラーには「秩序を立てた」という意味もある。
しかしその次の節には、既に秩序はなく、混沌となってしまっている。
学者たちは、それを説明する理由として、創世記1章1節と2節の間に、秩序が無秩序となってしまった事件、すなわちサタンが起こした天的な戦争があったのでは、と見ている。

38:8 海の水が流れいで、胎内からわき出たとき、/だれが戸をもって、これを閉じこめたか。

神は、海を「胎内」から湧き出させた。
その「胎」とは一体何であるのか、私達には知る由がないし、また、海が今、何億リットルあるのかも分からないが、これほどの分量が、今の世界地図どおりの水陸の境界線となるように正しくはかり、「これ以上は進むな」と言って切り分けた主の御業も、私達人間には計り知れない。

38:9 あの時、わたしは雲をもって衣とし、/黒雲をもってむつきとし、

この「むつき」と訳された言葉は、ヘブライ語で「ハトラー」、それは、古来よりユダヤ人達が生まれたての乳児を包むための、封筒のような布団の事を指す。
主は、地球が生まれたばかりの時、雲を地球の衣とし、黒雲をもってハトラーとした。
それ故、宇宙から見た地球は、雲の衣に覆われた形になっているのであるが、実はユダヤ人達は古来から、赤ちゃんが生まれた時、神が地球を造られたときと同じ事を、ずっとして来た。

地球は神の御手によって生まれたばかりの時、主の霊によって覆われていたが、同じように、ユダヤ人の母は、胎に宿った子に向かって、午前、午後、夜と、合計3時間以上、テフィリンによって暗記しているモーセ五書5845節を宣言し、胎の子に聞かせながら、御言葉の包みである「ハトラー」をひと織りひと織り編んでつくる。。
そして、実際に赤ちゃんが生まれてから2歳まで、ずっとそのハトラーに赤ちゃんをくるんで育てる。
この教育方法を「ハトラー教育」という。
最近はハトラーは市販されていて、それを買えば、わざわざ織る必要も無いようであるが、昔は、赤ちゃんが身ごもった時から、母親は子供のために刺繍の一折り一折りを祈りを込めつつ行った。
そうして、赤ちゃんが、世から、サタンから、御言葉によって守られるように、と祈るのだ。

神が天地を造られた時、混沌の闇の中にある地を、主の霊が翼を広げためんどりのように覆っていたがごとく、ユダヤ人の母親は、御言葉によって子供を覆って守る事を、伝統的にずっとし続けて来たのだ。

38:10 これがために境を定め、/関および戸を設けて、
38:11 言った、『ここまで来てもよい、越えてはならぬ、/おまえの高波はここにとどまるのだ』と。

神が海と陸の境界線を定められ、そしてそれは、人にとってちょうどよい形に収まっている。
2011年の地震の時、津波がその境界線を超えて、大きな災害が起きたが、それはまさに、主の創造の秩序が破壊された形である。
主の創造のわざの破壊が起きたのは、神のわざが不完全だからではないし、自然の力が神の力を勝ったからでもない。
唯一、神の創造の御業を破壊できるのは、人間の、御言葉に対する不従順によって、である。

エデンの園において、人が主の御言葉を超えて、食べてはならない善悪を知る木を食べた故に、地は、呪われてしまった。(創世記3章)
以来、被造物はうめきつつも人類に対していばらやあざみを生えさせ、人が敢えて汗して労しなければならないようにと、反旗を翻すようになり、それ以来、被造物はうめきながら神の子達のあらわれを待ち望むようになった。(ローマ8章)
結局、地が地震や津波などによって人間を脅かすようになったのは、人の罪が原因であり、唯一、それを収める事が出来るのは、イエス・キリストを信じる神の子達があらわれて、被造物のために執り成し祈り、また、イエスの血によって贖われた神の子として、正当な統治をする事によって、である。

38:12 あなたは生れた日からこのかた朝に命じ、/夜明けにその所を知らせ、
38:13 これに地の縁をとらえさせ、/悪人をその上から振り落させたことがあるか。
38:14 地は印せられた土のように変り、/衣のようにいろどられる。
38:15 悪人はその光を奪われ、/その高くあげた腕は折られる。

神は、悪人の手をへし折り、彼らを地の縁から、振り落とすお方である。
実際、神はサタンを天から投げ落とし、地の底に閉じ込めた。
ヨブは、悪人が栄えているのはいかに?と友人たちに質問を投げかけたが、神は、悪人がいつまでものさばる事をお許しにはならず、やがてはその悪を行う腕をへし折り、光を奪い、地の縁から振り落とされる事を直接言われた。

38:16 あなたは海の源に行ったことがあるか。淵の底を歩いたことがあるか。
38:17 死の門はあなたのために開かれたか。あなたは暗黒の門を見たことがあるか。
38:18 あなたは地の広さを見きわめたか。もしこれをことごとく知っているならば言え。
38:19 光のある所に至る道はいずれか。暗やみのある所はどこか。
38:20 あなたはこれをその境に導くことができるか。その家路を知っているか。

神は、海、生死、地、光と闇の、その成り立ちと極みについて問い、そして言われる。

38:21 あなたは知っているだろう、/あなたはかの時すでに生れており、/またあなたの日数も多いのだから。

ヨブは神に対して「タイマンを張った」のだから、さぞやヨブ、あなたは昔から生きていて、多くの日数を過ごし、全部知っているのだろう、と、皮肉を言われたのだろう。
まことに、主を前にして高ぶるのは、愚かである。

私達は、この100年足らずの人生で、主の御業の偉大さ、高さ、深さをどれほど知ることが出来るだろう。
私達はただ、この短い人生の時間を用いて、主の素晴らしさを少しでも知り、それを人々に伝えて行く事を為していくのみである。

神ご自身が直接その人に現れるための導き方(ヨブ記37章)
Youtube動画
メッセージ音声

_____________
ヨブ記37章は、人間の議論の最後の章である。
その後、主ご自身が激しい臨在をもって現れ、ヨブに直接答えられるが、その、橋渡し的なこの章において頻発するキーワードは、雷、いなずま、かみなり、雷鳴である。

37:1 これがためにわが心もまたわななき、/その所からとび離れる。
37:2 聞け、神の声のとどろきを、/またその口から出るささやきを。
37:3 彼はこれを天が下に放ち、/その光を地のすみずみまで至らせられる。
37:4 その後、声とどろき、/彼はそのいかめしい声をもって鳴り渡られる。その声の聞える時、/彼はいなずまを引きとめられない。

それは恐ろしいものに見えるが、しかしそれは、神の民に対しては豊かな実りをもたらす前触れである。

37:5 神はその驚くべき声をもって鳴り渡り、/われわれの悟りえない大いなる事を行われる。
37:6 彼は雪に向かって『地に降れ』と命じ、/夕立および雨に向かって『強く降れ』と命じられる。
37:7 彼はすべての人の手を封じられる。これはすべての人にみわざを知らせるためである。
37:8 その時、獣は穴に入り、そのほらにとどまる。

神が御声を発せられるのは、私達が悟りえない大いなる事を行うためだ。
稲光が輝く時、神の敵は蹴散らされ、私達は主の大いなる事をなさることを期待をするべき時である。

37:9 つむじ風はそのへやから、/寒さは北風から来る。
37:10 神のいぶきによって氷が張り、/広々とした水は凍る。
37:11 彼は濃い雲に水気を負わせ、/雲はそのいなずまを散らす。
37:12 これは彼の導きによってめぐる。彼の命じるところをことごとく/世界のおもてに行うためである。
37:13 神がこれらをこさせるのは、懲らしめ(原語:鞭あるいは杖)のため、/あるいはその地のため、/あるいはいつくしみのためである。

主が雷を轟かせ、激しい御声を発せられるのは、懲らしめのため、彼の地のため、あるいは、いつくしみのため、であると書いてある。
神はこの後、ヨブに激しい形で現れるのは、最終的には彼を癒やすためだ。

ルカ10:17 七十二人が喜んで帰ってきて言った、「主よ、あなたの名によっていたしますと、悪霊までがわたしたちに服従します」。
10:18 彼らに言われた、「わたしはサタンが電光のように天から落ちるのを見た。
10:19 わたしはあなたがたに、へびやさそりを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を授けた。だから、あなたがたに害をおよぼす者はまったく無いであろう。
10:20 しかし、霊があなたがたに服従することを喜ぶな。むしろ、あなたがたの名が天にしるされていることを喜びなさい」。
10:21 そのとき、イエスは聖霊によって喜びあふれて言われた、「天地の主なる父よ。あなたをほめたたえます。これらの事を知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子にあらわしてくださいました。父よ、これはまことに、みこころにかなった事でした。。

神は稲妻でもって、サタンを地に投げ落とされた。
しかし弟子達には、福音を伝える事による、豊かないのちの刈り取りを与えられた。
雷は、敵に対しては恐ろしいものでも、私達・神の民に対しては潤いと恵みのしるしである。

37:14 ヨブよ、これを聞け、/立って神のくすしきみわざを考えよ。
37:15 あなたは知っているか、/神がいかにこれらに命じて、/その雲の光を輝かされるかを。
37:16 あなたは知っているか、雲のつりあいと、/知識の全き者のくすしきみわざを。
37:17 南風によって地が穏やかになる時、/あなたの着物が熱くなることを。
37:18 あなたは鋳た鏡のように堅い大空を、/彼のように張ることができるか。
37:19 われわれが彼に言うべき事をわれわれに教えよ、/われわれは暗くて、言葉をつらねることはできない。

エリフはヨブに、神のなさる御業について、自然界の妙なる様について、あなたはこれを知っているのか、と問いただす。
この直後、神が直接、ヨブに問いただすが、私達も、頑なな人々と対峙する時、彼らに神の大いなる御業を告げるなら、あとは、主ご自身が直接現れて、その人に問いただして下さる。

37:20 わたしは語ることがあると/彼に告げることができようか、/人は滅ぼされることを望むであろうか。
37:21 光が空に輝いているとき、風過ぎて空を清めると、/人々はその光を見ることができない。
37:22 北から黄金のような輝きがでてくる。神には恐るべき威光がある。

ヨブ記において延々と行われてきた「人間の議論」の最後は、神の栄光と神の恵みを数える事だった。
そうして後、栄光の神ご自身が現れ、自ら語りだされる。

37:23 全能者は――/われわれはこれを見いだすことができない。彼は力と公義とにすぐれ、/正義に満ちて、これを曲げることはない。
37:24 それゆえ、人々は彼を恐れる。彼はみずから賢いと思う者を顧みられない」。

そう、神は自らを賢いとし、義とする者は顧みない。
イエス様が「これらの事を知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子にあらわしてくださいました。」と言われた通りである。

自己義を貫き通し、頑として自分の意見を変えない者に対しては、論理や哲学は通じない。
そのような時には、エリフが最後にヨブに対してしたように、私達はただ、彼らに神の栄光を伝え、あとは、神ご自身がその人に直接現れて直接的に取り扱って下さるのに任せるのが一番なのだろう。
主の現れは、確かに、雷のように恐ろしい。
しかしそれは、人を滅ぼすためでなく、生かすためなのだから。

罪あるちっぽけな人間が、主の前にできる事とは(ヨブ記36章)
Youtube動画
メッセージ音声

______________
エリフは、一通りヨブが発した言葉の間違いを指摘したが、なお、語るべき事があった。

36:1 エリフは重ねて言った、
36:2 「しばらく待て、わたしはあなたに示すことがある。なお神のために言うべき事がある。
36:3 わたしは遠くからわが知識を取り、/わが造り主に正義を帰する。
36:4 まことにわたしの言葉は偽らない。知識の全き者があなたと共にいる。

エリフがさらに言いたかった内容は、「神のために言うべき事」、すなわち「わが造り主に正義を帰する」事だった。
ヨブがあくまで自分を義とし、神のほうを間違っている、とした事が、耐え難かったのだ。(32:2)

36:5 見よ、神は力ある者であるが、/何をも卑しめられない、/その悟りの力は大きい。
36:6 彼は悪しき者を生かしておかれない、/苦しむ者のためにさばきを行われる。

神は力強い。しかし神は人とは違う。
人は、権力や力を持つと、とたんにその力を試みに乱用し、他人を軽んじたり、貶めたりと、他人を軽んじ卑しめるような心無い行動をはじめる傾向があるが、神は決してそうしない。
神のさばきは正しく、彼が行う統治の根底には、人を生かそうという愛がある。

36:7 彼は正しい者から目を離さず、/位にある王たちと共に、とこしえに、/彼らをすわらせて、尊くされる。
36:8 もし彼らが足かせにつながれ、/悩みのなわに捕えられる時は、
36:9 彼らの行いと、とがと、/その高ぶったふるまいを彼らに示し、
36:10 彼らの耳を開いて、教を聞かせ、/悪を離れて帰ることを命じられる。

ヨブは以前のままでは、相変わらず自己義や高ぶりの「根っこ」を抱えたまま、神との関係を「貧しく」過ごさざるを得なかったが、この度のサタンの試みをきっかけに、神はそれをも益として用い、ヨブを、より良い(トーブな)状態へと導こうとしておられる。
それでエリフは、ヨブに、心を低くして神に仕えるよう勧める。

36:11 もし彼らが聞いて彼に仕えるならば、/彼らはその日を幸福に過ごし、その年を楽しく送るであろう。
36:12 しかし彼らが聞かないならば、つるぎによって滅び、/知識を得ないで死ぬであろう。

ヨブは最終的に、神を知る事となり、その後の日々は、幸福で楽しいものとなっていった。
それは、彼は最終的に神の前に低くなり、悔い改めたからだ。

13節はまさに、サタンとそれに類する者達の性質を、一言で表している。

36:13 心に神を信じない者どもは怒りをたくわえ、/神に縛られる時も、助けを呼び求めることをしない。
36:14 彼らは年若くして死に、/その命は恥のうちに終る。

恥のうちに終る、と訳された箇所は、直訳すると「神殿男娼の中にある」である。
彼らの性質は、自分の意図する通りに、物事が起きない、あるいは、意図に反する事が起きると、怒り、神に対して顔向けしない。
ちょうど、カインがそうだったように。

創世記4:3 日がたって、カインは地の産物を持ってきて、主に供え物とした。
4:4 アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。主はアベルとその供え物とを顧みられた。
4:5 しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。

このような者は、神殿男娼のように、その生涯は短く、その終わりは恥に満ちたものである。

自分の思い通り行かないで怒りが満たされるような時、が私達にもあるかもしれない。
そのような時、私達は、自分が果たして神の前に正しかったかどうかを反省し、低くなって悔い改めるべきだ。
ヨブは怒りに満たされ、自己義を貫いて、自分を高くしていた故に、ちょうどその災いの道を通っていた。
エリフはそれを指摘する。

36:15 神は苦しむ者をその苦しみによって救い、/彼らの耳を逆境によって開かれる。
36:16 神はまたあなたを悩みから、/束縛のない広い所に誘い出された。そしてあなたの食卓に置かれた物は/すべて肥えた物であった。

エリフが他の3人の友人達と違う所は、他の3人は、災いが起きるのは因果応報の故だという機械的な押し付けばかりしていたが、エリフは、神は人をより「良い(トーブ)」状態へと導くために、そのとっかかりとして、災いと見える事も起こし、さらに良い状態へと導くために、その事を起こす事もあるのだ、という所だ。

エリフがここで言っているように、主は、御言葉に聞き従おうとして努力する人を、束縛のない広い所に誘い出される。
ダビデも言っている。

詩篇18:16 主は高い所からみ手を伸べて、わたしを捕え、大水からわたしを引きあげ、
18:17 わたしの強い敵と、わたしを憎む者とから/わたしを助け出されました。彼らはわたしにまさって強かったからです。
18:18 彼らはわたしの災の日にわたしを襲いました。しかし主はわたしのささえとなられました。
18:19 主はわたしを広い所につれ出し、わたしを喜ばれるがゆえに、わたしを助けられました。

主はなぜダビデを喜びとされたか。
それは、彼が主を「わたしの助け」としたからであり、苦しむ時に主に向かって助けを求めたからである。

詩篇18:1
聖歌隊の指揮者によってうたわせた主のしもべダビデの歌、すなわち主がもろもろのあだの手とサウルの手から救い出された日にダビデはこの歌の言葉を主にむかって述べて言った
わが力なる主よ、わたしはあなたを愛します。
18:2 主はわが岩、わが城、わたしを救う者、わが神、わが寄り頼む岩、わが盾、わが救の角、わが高きやぐらです。
18:3 わたしはほめまつるべき主に呼ばわって、わたしの敵から救われるのです。
18:4 死の綱は、わたしを取り巻き、滅びの大水は、わたしを襲いました。
18:5 陰府の綱は、わたしを囲み、死のわなは、わたしに立ちむかいました。
18:6 わたしは悩みのうちに主に呼ばわり、わが神に叫び求めました。主はその宮からわたしの声を聞かれ、主にさけぶわたしの叫びがその耳に達しました。

ヨブは苦しみの時、主に助けを求めるのではなく、自分のみじめな状態を吐露し、自己義を叫び、頑として主張したが、ダビデは主に助けを求めた。
それで主は、ダビデを「喜び」とし、助け出されたのだ。

ヨブ記36:17 しかしあなたは悪人のうくべき/さばきをおのれに満たし、/さばきと公義はあなたを捕えている。
36:18 あなたは怒りに誘われて、/あざけりに陥らぬように心せよ。あがないしろの大いなるがために、おのれを誤るな。
36:19 あなたの叫びはあなたを守って、/悩みを免れさせるであろうか、/いかに力をつくしても役に立たない。
36:20 人々がその所から断たれる/その夜を慕ってはならない。
36:21 慎んで悪に傾いてはならない。あなたは悩みよりもむしろこれを選んだからだ。

エリフは続く節で、主がいかに力強く、栄光に富んでおられるかを示している。
38章以降、主は圧倒的臨在をもって、ご自身の栄光をあらわしているが、その導入として、この主を褒め称えるように、ヨブに促している。

36:22 見よ、神はその力をもってあがめられる。だれか彼のように教える者があるか。
36:23 だれか彼のためにその道を定めた者があるか。だれか『あなたは悪い事をした』と/言いうる者があるか。
36:24 神のみわざをほめたたえる事を忘れてはならない。これは人々の歌いあがめるところである。
36:25 すべての人はこれを仰ぎ見る。人は遠くからこれを見るにすぎない。

エリフが「神のみわざをほめたたえる事を忘れてはならない」と言っているように、私達ができる事は、ただ主の素晴らしさを仰ぎ見て、主に栄光を捧げる以外にない。
ヨブのように、自分のわずかばかりの義を掲げ、それを盾にして主の素晴らしさを曲げようとするなど、愚の骨頂なのだ。

36:26 見よ、神は大いなる者にいまして、/われわれは彼を知らない。その年の数も計り知ることができない。
36:27 彼は水のしたたりを引きあげ、/その霧をしたたらせて雨とされる。
36:28 空はこれを降らせて、人の上に豊かに注ぐ。
36:29 だれか雲の広がるわけと、/その幕屋のとどろくわけとを/悟ることができようか。
36:30 見よ、彼はその光をおのれのまわりにひろげ、/また海の底をおおわれる。
36:31 彼はこれらをもって民をさばき、/食物を豊かに賜い、
36:32 いなずまをもってもろ手を包み、/これに命じて敵を打たせられる。
36:33 そのとどろきは、/悪にむかって怒りに燃える彼を現す。

結局、人は、どんなに徳を積んでも、どんなに善行を行っても、主の義に届くものではないし、主の栄光を前にしては全く無に等しい。
圧倒的に大いなる主。
その主は、ちっぽけで罪を内在させている人間をまたたく間に消し去るのではなく、人を愛し、憐れみ、主に立ち返らせ、主と関係を持ちつつ生きるようにと、招いておられる。
そのために必要な態度は、ヨブのようにそそりたつ自己義という高慢を捨て、へりくだって主に栄光を帰す事なのだ。

いつでも「神」を主語とし、何をしても祝福されたヨセフ(創世記39:1-10)
Youtube動画
メッセージ音声

_______________
創世記39:1 さてヨセフは連れられてエジプトに下ったが、パロの役人で侍衛長であったエジプトびとポテパルは、彼をそこに連れ下ったイシマエルびとらの手から買い取った。
39:2 主がヨセフと共におられたので、彼は幸運な者となり、その主人エジプトびとの家におった。
39:3 その主人は主が彼とともにおられることと、主が彼の手のすることをすべて栄えさせられるのを見た。
39:4 そこで、ヨセフは彼の前に恵みを得、そのそば近く仕えた。彼はヨセフに家をつかさどらせ、持ち物をみな彼の手にゆだねた。
39:5 彼がヨセフに家とすべての持ち物をつかさどらせた時から、主はヨセフのゆえにそのエジプトびとの家を恵まれたので、主の恵みは彼の家と畑とにあるすべての持ち物に及んだ。
39:6 そこで彼は持ち物をみなヨセフの手にゆだねて、自分が食べる物のほかは、何をも顧みなかった。さてヨセフは姿がよく、顔が美しかった。
39:7 これらの事の後、主人の妻はヨセフに目をつけて言った、「わたしと寝なさい」。
39:8 ヨセフは拒んで、主人の妻に言った、「御主人はわたしがいるので家の中の何をも顧みず、その持ち物をみなわたしの手にゆだねられました。
39:9 この家にはわたしよりも大いなる者はありません。また御主人はあなたを除いては、何をもわたしに禁じられませんでした。あなたが御主人の妻であるからです。どうしてわたしはこの大きな悪をおこなって、神に罪を犯すことができましょう」。
39:10 彼女は毎日ヨセフに言い寄ったけれども、ヨセフは聞きいれず、彼女と寝なかった。また共にいなかった。

1サムエル記2:17 このように、その若者たちの罪は、主の前に非常に大きかった。この人々が主の供え物を軽んじたからである。
2:18 サムエルはまだ幼く、身に亜麻布のエポデを着けて、主の前に仕えていた。

3:13 わたしはエリに、彼が知っている悪事のゆえに、その家を永久に罰することを告げる。その子らが神をけがしているのに、彼がそれをとめなかったからである。

創世記40:8 彼らは言った、「わたしたちは夢を見ましたが、解いてくれる者がいません」。ヨセフは彼らに言った、「解くことは神によるのではありませんか。どうぞ、わたしに話してください」。

創世記41:16 ヨセフはパロに答えて言った、「いいえ、わたしではありません。神がパロに平安をお告げになりましょう」。

41:25 ヨセフはパロに言った、「パロの夢は一つです。神がこれからしようとすることをパロに示されたのです。
・・・
41:28 わたしがパロに申し上げたように、神がこれからしようとすることをパロに示されたのです。

41:32 パロが二度重ねて夢を見られたのは、この事が神によって定められ、神がすみやかにこれをされるからです。

41:38 そこでパロは家来たちに言った、「われわれは神の霊をもつこのような人を、ほかに見いだし得ようか」。
41:39 またパロはヨセフに言った、「神がこれを皆あなたに示された。あなたのようにさとく賢い者はない。
41:40 あなたはわたしの家を治めてください。わたしの民はみなあなたの言葉に従うでしょう。わたしはただ王の位でだけあなたにまさる」。

41:51 ヨセフは長子の名をマナセと名づけて言った、「神がわたしにすべての苦難と父の家のすべての事を忘れさせられた」。
41:52 また次の子の名をエフライムと名づけて言った、「神がわたしを悩みの地で豊かにせられた」。

45:5 しかしわたしをここに売ったのを嘆くことも、悔むこともいりません。神は命を救うために、あなたがたよりさきにわたしをつかわされたのです。
45:6 この二年の間、国中にききんがあったが、なお五年の間は耕すことも刈り入れることもないでしょう。
45:7 神は、あなたがたのすえを地に残すため、また大いなる救をもってあなたがたの命を助けるために、わたしをあなたがたよりさきにつかわされたのです。
45:8 それゆえわたしをここにつかわしたのはあなたがたではなく、神です。神はわたしをパロの父とし、その全家の主とし、またエジプト全国のつかさとされました。
45:9 あなたがたは父のもとに急ぎ上って言いなさい、『あなたの子ヨセフが、こう言いました。神がわたしをエジプト全国の主とされたから、ためらわずにわたしの所へ下ってきなさい。

平安の問題 - エレミヤ書の9つのGolden Key 3/9(エレミヤ14:13)
Youtube動画
メッセージ音声

_____________
この週末の時代を読み解く上で非常に重要なエレミヤ書の9つの鍵の、第3番目は、「平安(シャローム)」の問題である。

現代、ユダヤ人はこのシャロームが挨拶言葉となっているが、元々はそうではなかった。
彼らが国を失って、いつ死ぬかも分からない毎日であった。それで、朝ごとに「あなたは大丈夫(シャローム)ですか?」と言うのが挨拶言葉になった。
元々はルツ記2:4で、ボアズが人々に「主があなたがたとともにおられますように。」と言って、人々は「主があなたを祝福されますように。」と答えたが、それが本来の挨拶だった。
しかし、ユダヤ人はあまりに切迫した状況を生きていたため、シャッレーシャローム、それがさらに短縮し、シャロームだけになった。

エレミヤ14:13 わたしは言った、「ああ、主なる神よ、預言者たちはこの民に向かい、『あなたがたは、つるぎを見ることはない。ききんもこない。わたしはこの所に確かな平安をあなたがたに与える』と言っています」。

エレミヤは主に切実に求めている。他の預言者達は、シャロームを宣言しています、と。
しかし主は、あいにく彼らは偽預言者だ、シャロームでないのに、シャロームだと宣言している、と、断罪する。

カン・シンゴン博士は言う。旧約聖書を一言で表すなら平安(シャローム)、新約聖書を一言で表すなら「恵み」だと。
ユダヤ人は誰もが求め、偽預言者が乱発している「平安」、これはいかにして与えられるのか。
それは、油そそがれた者、メシヤによってである。

イザヤ61:1 主なる神の霊がわたしに臨んだ。これは主がわたしに油を注いで、貧しい者に福音を宣べ伝えることをゆだね、わたしをつかわして心のいためる者をいやし、捕われ人に放免を告げ、縛られている者に解放を告げ、
61:2 主の恵みの年と/われわれの神の報復の日とを告げさせ、また、すべての悲しむ者を慰め、
61:3 シオンの中の悲しむ者に喜びを与え、灰にかえて冠を与え、悲しみにかえて喜びの油を与え、憂いの心にかえて、さんびの衣を与えさせるためである。こうして、彼らは義のかしの木ととなえられ、主がその栄光をあらわすために/植えられた者ととなえられる。

これがイエス様の働きである。イエス様が来られる時、主の恵みの年が成就する。
イエス様は自分の故郷、ナザレの会堂で、これを宣言された。

ルカ4:16 それからお育ちになったナザレに行き、安息日にいつものように会堂にはいり、聖書を朗読しようとして立たれた。
4:17 すると預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を出された、
4:18 「主の御霊がわたしに宿っている。貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、わたしを聖別してくださったからである。主はわたしをつかわして、囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に自由を得させ、
4:19 主のめぐみの年を告げ知らせるのである」。
4:20 イエスは聖書を巻いて係りの者に返し、席に着かれると、会堂にいるみんなの者の目がイエスに注がれた。
4:21 そこでイエスは、「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」と説きはじめられた。
4:22 すると、彼らはみなイエスをほめ、またその口から出て来るめぐみの言葉に感嘆して言った、「この人はヨセフの子ではないか」。

ここを、ハイネケンイシューという。ハイネケン(εινεκεν)とは「**のために」という意味で、ビール会社がそのギリシア語を社名に用いた。
しかしこのルカ4章には、イエス様が「何のために(ハイネケン)」来られたのか、その理由が一つ一つ記されている。

1,貧しい者に福音を伝えるために。
2,わたしに油をそそぎ。
3,<新改訳では欠如、原典にはあり>心の虐待された者を癒やすため。
4,捕虜に自由を。
5,目が見えない人に見える事を。
6,抑圧された者を自由に。

これらの働きは、私達キリスト者の働きでもある。
キリスト者もまた聖霊の油注ぎを受け、この地上にイエスキリストの働きをするように召し出されたゆえ、貧しい者に福音を伝え、心の虐待された者を癒やすために、罪とサタンによってがんじがらめにされてしまった人々を自由にするために、また、真理が見えず、イエス様が見えない霊的盲目な人々の目を癒すために、そして、抑圧された人を自由にするために、召し出されている。
これによって、恵みの年が告知されていくのだ。

イエス・キリストの十字架と復活を抜きにして、真の平安は無い。イエス様は復活の日、弟子達に平安を宣言し、聖霊を受けるようにと息を吹きかけられた。
そして私達は、世界へ宣教に出かけることが出来るのだ。
これは全て、恵みによる。

聖書最後の言葉は、次の言葉である。
黙示録22:21 主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。(アーメン)

これが、聖書全体の結論である。
まず、イエス・キリストの恵みがありきで、それによって、父なる神の平安が与えられる土台が整えられる。
イエス様はまことの門であり、この御方を通ってでなければ、誰も父なる神には至らないからである。

イスラエルのシャローム(平安)の問題、それはただ、メシヤであられるイエス・キリストを通してのみ、成就するのだ。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest