メッセージ - 最新エントリー

 

礼拝説教メッセージ音声:何ゆえに人をこれほどまで(ヘブル2:5-9):右クリックで保存

韓国語通訳有 한국어예배

偉大な被造物を見るにつけ、人間は本当にちっぽけだと実感する。

万物は御子のために創られており、御子キリストは教会のかしらであり、教会(召しだされた者達)とは私達である。(コロサイ1:15-20)
という事は、万物は私達のために存在する。
そこまで特別扱いされる人間とは、一体何者なのだろうか。

人間は、万物の源なる御子イエス様の、結婚相手である。
人は元々、結婚相手の花嫁として創られ、万物はその結婚生活をするための王子の宮殿、愛の巣として創られたのである。

しかし万物はアダムとエバの過ちによって呪われ、人は霊において死に、ゾンビのように腐乱臭を撒き散らしながら、愛の巣であるはずの素晴らしい世界を好き放題に破壊活動するようになってしまった。

神はゾンビをそのまま滅ぼす事はなさらず、御子の花嫁として生き返らせるために、御子自身の身代わりの血によって買戻し、そうして私達人間はこの御子にあって、新しい永遠のいのちが与えられ、神と和解させられた。

万物はいまだに贖われる事を切に望んで、御国の子達の表れを待ち望み、海の苦しみをしている。(ローマ8:18)
また私達も、この肉体において、魂において、贖われる事を切に待ち望んでいる。

生まれながらの私達は、霊・肉・魂において希望を持つ事はできない。
まことのぶどうの木である御子イエスに繋がっていなければ、私達は何も出来ないが、御子イエスに繋がっていれば、主のわざを成す事が出来、豊かな実を結ぶ事が出来る。

被造物は御子のあらわれを切に待ち望んでおり、私達贖われた者達のあらわれを待ち望まれている。
それ故私達は、御子にあって、被造物を支配しなくてはならない。
その資格を得るには、一度死ぬ必要がある。
ゾンビとしてのいのちには死に、イエスにあって新しく生まれ直す必要がある。

イエス様が栄誉を受けたのは、十字架の死に至るまで従順だったからである。(ピリピ2:6-11)
私達もキリストにならって、自分の好き勝手に生きたいという、生まれながらのいのちは十字架の死に明け渡し、御子イエスのご支配にお委ねするべきである。
その時、私達は創られた目的に添って生きる事が出来、エデンの園におけるように全ての必要は満たされ、世を正しく支配する事ができるのである。

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

姪と初対面

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » パスター日記
執筆 : 
pastor 2011-2-5 6:40

今日、義理の姉が入院している産婦人科へ行き、姪と対面しました。
赤ちゃんは私の指一本を、あたかもバットを握るみたいに手全体で握っていました。
どうしてあんなに、小さくかわいく創られているのでしょう!
あれではお父さんもおかあさんも、いのちを投げ出して守り育てるしか無いですね。

そのように、愛する子は大切に守り育てたいという衝動が起こるように人間が創られているのは、まことの親と子の愛を、表現する為なのでしょう。
そして、御子のいのちを身代わりにしてまで人を救うとは、どれほど大きな愛でしょう。
考えれば考えるほど、その総計が大きすぎて分からなくなります。

礼拝説教メッセージ音声:テオフィロスとルカと私達(使徒1:1-2):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

使徒行伝の書き出しは、ルカ福音書と同様、テオフィロスへの献辞で始まる。
つまり、使徒行伝の著者は、ルカである。
ルカ福音書は、イエスキリストと弟子達、およびその周辺に関する出来事を、詳細に調べ、テオフィロスに順を追って報告する形式で書かれている。
彼は既に記されている文献を調べ、色々な人に聞き込み調査をし、福音とイエス様に関わる事を、イエスの誕生から死、復活と昇天に至るまで順を追ってルカの福音書を編纂し、昇天以降の出来事を使徒行伝として記した。

コロサイ4:14によると、ルカはパウロに愛された医者である事が分かる。
ルカの書き方は、パウロが第2伝道旅行に行くあたりから違って来る。
それまで弟子達やパウロを、第3者の他人として書いていたものが、16章10節以降は「私達は」と、あたかもルカ自身もパウロの伝道旅行に自ら参加しているような書き方に変わる。
それまでテオフィロスに報告する立場として、客観的にキリスト者集団と関わってきたのが、途中から自ら、福音の伝道旅行にパウロの専属医として同行し、苦楽を共にして、ついにはキリストの魅力にのめり込んでしまったようである。
後にパウロが殉教する直前、2テモテ書簡の最後のほうに、デマスや他の弟子達は離れて行ったがルカだけが共にいた、という事を書いている。
ほかの弟子達はパウロを見捨てて行く中、あくまでパウロの傍を離れないほど、ルカはパウロを慕うようになったという事である。

ルカは医者である。
処女が身篭ったとか、死人が蘇ったとか、病人が手を置いたら癒されたとか、医学会から追放されてもおかしくない事を堂々と書いたのは、彼自身がイエスキリストの名における様々な徴を見、その力を体験し、実際に生きておられるイエス様ご自身と出会ってしまったからである。

今日本においてはペ・ヨンジュンが人気であり、彼のファンは北海道にも九州にもいて、彼に関する事であればすぐに意気投合するであろうが、ヨン様とイエス様の決定的な違いは、ヨン様は日本各地のファン一人一人の事は知らないが、イエス様は日本各地どころか全世界、あらゆる時代の一人一人の事を知っており、愛しており、命を投げ出した事である。
だから、北海道でも九州でも、全世界でも過去でも未来でも、私達の大好きなイエス様が愛された兄弟姉妹という事でつながる事が出来るし、私達の大好きなイエス様がその人のためにもいのちを投げ出してくださったという事で、例え一度も会った事が無いとしても、私達も彼らを愛し、病気であれば祈り、不幸があれば共に泣き、栄誉を受ければ共に喜ぶのである。

ルカもイエス様にあって兄弟姉妹と関わる内に、彼らだけでなく自分自身さえも愛して下さったキリストの魅力に取り付かれ、キリスト気違いになり、パウロと苦難を共にして、彼の処刑される直前まで共にいるほどになったのである。

この書物はテオフィロスへの献辞で始まる。
彼がどんな人物であるか色々な憶測はあるが、どんな人物であっても私達には関係が無い。
テオフィロスの名前の意味は「神の友」である。
私達信じる者も、神の友である。
つまり、ルカが記したのは、テオフィロスという一人の人物ばかりでなく「神の友」である我々にも記しているのである。

この物語を読む皆さんも、パウロ達と苦楽を共にし、伝道に参加し、現代を生きる使徒として、福音の働きを完成する手伝いをする者でありますように、イエス様の名前によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

昨日、兄から連絡があり、娘が無事誕生したとの事でした。
写真を見ると、兄の赤ちゃんだった頃にそっくりです。
人は歳を取り、歴史は変遷して行っても、同じいのちは受け継がれていくのだなあと、しみじみ思いました。

娘が生まれた事で思い出すのは、「部屋とYシャツと私」のPVです。
http://www.youtube.com/watch?v=re3PzspwEWo
結構、泣けます。

余談ですが、本日のバイブルメッセージから、使徒の働きに入りました。

聖書の学び会音声

カテゴリ : 
その他音声
執筆 : 
pastor 2011-2-4 0:23

豊川兄弟による聖書の学び会 第7回です。

第7回音声

今までマルコを中心に福音書を解き明かしてきましたが、本日でマルコ福音書は終りで、明日以降は、使徒の働きに移りたいと思います。
昨年7月以来、今日までの平日の毎朝、総計でおよそ130回。
最初は福音書を簡潔に説いて行こうと軽い気持ちで始めたのですが、まさかこんなに壮大になるとは思わず、またこんなに深い真理をたくさん得る事が出来るとは思ってもみませんでした。
御言葉は1節1節の中に、実に多くの宝が隠されており、他の箇所と有機的に結び合い、共鳴し合い、人間わざではとても手に負えるシロモノではないです。
今日の御言葉の中に、信じる者は「新しい異言(言葉)を語る」とありますが、まさに、それまでの私の知識や経験とは「異なる」源、聖霊から来るからこそ、御言葉を解き明かす事が出来るのです。
主が語らせて下さる限り、語り続けたいと思います。
なお、早天礼拝、主日礼拝、祈祷会メッセージは基本全て録音しておりますので、音声CDとしていただきたい方はお申し付け下さい。
CD1枚につき早天メッセージなら3〜4日分が入って、今なら限定価格の1枚200円、6枚セットで1000円です。

昨年7月以来、マルコ福音書を中心に解き明かしてきたが、本日でマルコ福音書は最後である。
明日以降は、使徒の働きに移りたい。

礼拝説教メッセージ音声:福音を伝えよ(マルコ16:15-20):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

マルコ福音書は、主イエス様による全被造物に対する福音宣教の命令で終わる。

 

全ての「人に」ではなく全ての「被造物に」と言う所がミソである。
全被造物は、切実な思いで御国の子達の表れを待ち望んでいる(ローマ8:18-23)とあるため、福音を信じて神の子とされた者が増える事、その事が、被造物にとって福音である。
そして人に対しては、言葉による宣教が定められている。

福音(エウアンゲリオン)とは元々、ギリシャ語で「良い(エウ)知らせ(アンゲリオン)」という意味で、戦いの勝利の伝令のような、喜ばしいことを伝えるたよりの事である。
戦勝地から伝令が自国に向かって行く先々で「我々が勝利したぞ!」と伝え、それを聞いた自国の者達は喜び湧き上がったが、我々にとっては何に対する勝利であろうか?

私達の軍の最高司令官・イエス様は、サタンに対して、死に対して、罪に対して勝利した。
それまで罪の断罪下にあり、死に対する恐怖につきまとわれ、サタンの圧政下に奴隷状態でいいように搾取され、こき使われてきたが、もはやその必要はないのである!
単に勝利したというだけでなく、勝利された私達の新しい王様は愛なるお方、すばらしいお方である事も、私達に良い知らせである。
私達はイエス様の愛の統治の内に入れられ、永遠の御国の支配下にいるのだ。

イエス様の事を聞いていながら、信じない者は、既に、裁かれている。(ヨハネ3:16-21)
なぜ「既に」なのか。
それはその人が光よりもむしろ暗闇を愛し、元々が暗闇であった事が明らかとされたからである。
神は光であって暗いところは全く無いが、私達は世にある限り、所々にぽつぽつと闇がある。
所々に闇がある事を望まない者は光を愛する者であり、さらに光に照らされて闇が無くなっていく事を望み、ますます主の元に行く。
しかし闇を愛する者は、自分の中にある闇が光に照らされる事を望まないため、光の元に来ない。

イエス様を信じる者には、数々の良い徴が現れる。

まずイエス様の名によって悪霊を追い出す権威が与えられる。
悪の頭・サタンに対して勝利しているため、権威的には私達が上だからである。

また、新しい異言(言葉)を語る。
この新しい言葉は、異国語であるかもしれないし自国語であるかもしれないが、それまでの自分とは「異なる」源、聖霊から来る言葉であり、福音を語る必要のある場面において、人間自身の知識や経験に基づくのではなく、神様からの知識による言葉を、語る事が出来るのである。

また、手で蛇をも掴みむ事が出来、毒を受けても害を受けない。
パウロは火の中から蛇が出てきて、それを何の害も受けず火の中へ払い落とす事が出来た。
パウロが手で蛇を払ったのと同じように、私達もサタンや悪霊を火の中に払い落とし、毒を受けても害される事は無い。
映画の中で、サタンや悪霊は絶望的な力で人間を屈服させる様子をたまに見るが、イエスにあって勝利者の側にいる我々は、権威的に奴らのはるか上におり、私達を主のゆるし無しに出来る事は何も無く、むしろ、私達が命じる事が出来るのである。

また、病んだ者達に手を置けば、彼らは元気になる。
正しい人の信仰に基づく祈りは病人を救い、主がその人を起き上がらせてくださる。(ヤコブ5:15)
事実、教会においても手を置いて癒されている事例がある。

信じる者には、これら数々の良きしるしが伴われるのである。

イエス様は天に上げられていった時、祝福しているその姿勢のまま離れていった。(ルカ24:51)
そこで彼らは喜びを持って、至る所で福音をのべ伝え、信じた者達の中には数々の良き徴が現れ、使徒の働きに多く記されている。
使徒達の働きは今の時代にも、我々主を信じる者達を通して成されており、イエス様は今も天において私達を祝福し続けておられる。

イエス様を信じる事によって、その名による数々の徴を成し、良き働きを行う皆さんでありますように、イエス様の名前によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

 

鍋を焦がしてしまいまして、集会室が微妙に焦げ臭いです。
キャンドルを灯したり、ファブリーズを壁に吹きまくっていますが、なかなかニオイが取れません。
何か良い方法は無いものでしょうか?
ご存知の方がありましたら、教えて下さい。

礼拝説教メッセージ音声:定められた歩みで(ヨハネ21:18-25):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

ペテロは3度、主イエス様に「ほれこんでいる(フィレオー)」と告白し、主はペテロに「私の羊たちの世話をしなさい」と使命を託した。

「アーメン、アーメン、あなたに言う。あなたは若かった頃は、〔自分で〕あなた自身の帯を締めていたし、自分の望むところを歩いていた。だが、年をとれば、あなたは両手を拡げ〔るだけで〕、ほかの人があなたの帯を締め、あなたの望まないところへ連れて行くことになるだろう」(18節 岩波訳)

イエス様にほれこんで、ついて行きたいと思う働き人は、まさしくこの姿になってゆく。
信仰が若ければ若いほど、自分のやりたい事をしたく思い、自分の望む所へ行きたいと思うが、信仰が成熟すればするほど、自分は単に両手を広げるだけで、あとは主の導かれるまま、聖霊にうながされるままになって行く。
自分の望む事ではなく主の望む事に委ねれば委ねるほど、また、生まれながらの魂が死ねば死ぬほど、主に栄光を帰する事となって行くのだ。
主がペテロに「私について来なさい」と言ったとおり、私達も従うべきである。

ペテロは、ヨハネはどうか、と主に尋ねた。
人はどうしても、他人の事も気になるもので、事実、他の弟子達も、ヨハネは死なない、と、イエス様の言葉を誤解して噂を立てるほどだった。
しかし、人がどうこう思うかは関係ないし、主がどう"願って"いるかさえも、関係ない。(22節)
ただ御父が定められた通りの御心が成っていく。
例え主が死なない事を"願って"いたとしても、死ぬ事が定められている人は、死ぬのであり、それぞれに量り与えられた運命を両手を広げて受け入れ、御霊の帯に委ね、導かれるまま生きていけば良いのである。

ある者は平穏な人生、ある者は病気、ある者は牢、ある者は殉教が定められているかもしれないが、自分の運命も、他人の事も心配するには及ばない。
各々にしか背負う事の出来ない使命が量られ、道のりを一日一日を感謝しつつ、聖霊に導かれながら歩んで行くなら、安らかに歩んで行く事が出来る。

それは自分の魂の望み通りではないが、単に両手を広げて委ねているだけのラクな生き方であり、委ねれば委ねるほどその生き方が麗しく、甘くなって行き、後には神に栄光を帰する形で御国に凱旋する事が出来る。

主の証しは真実であり、これらの事を書き記したのはこれを読んだ者が主の交わりに入るためだ、とヨハネは書簡に書いた。
ヨハネが書物を持ってイエスを証ししたように、一人一人もイエス様の事を証するべきである。
イエス様のわざが一つ一つ書き記されるとすれば、その書き記されるはずの書物は、この世さえも収めきれないだろう、とヨハネは記したが、決して誇大表現ではない。
この世はこのお方によって創られ、このお方によって成り立っているからである。
世の中は広く、福音によって埋まっていない所がまだまだ多い。
だから惜しみなく、安心して福音を広める皆さんでありますように、イエス様の名前によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

早天礼拝で主に使う聖書は「岩波書店新約聖書翻訳委員会訳」(略して岩波訳)です。
これはリベラルな方々が訳したものですが、原語に徹底して忠実で、日本語的にヘンに聞こえるほどです。
しかし、神学的な意訳や、聞こえの良い人工装飾も混ぜ込んでいないため、ロゴスとしての言葉を説明する際に、非常に役立っています。
今日の箇所は、その岩波訳の威力が発揮されている所です。
ちなみに主日礼拝や、早天で旧約を引用する際は、新共同約を使っています。
私が30年来使って一番馴染んでいる聖書は新改訳ですが、著作権の関係で公には使用しません。
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest