メッセージ - 最新エントリー

礼拝説教メッセージ音声:マッテヤ(使徒1:15-26):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

イエス様が天に挙げられた時、キリストを信じる者達は120人ばかりの群れだった。
結構な人数にも見えるが、使徒行伝を読み進めて行くうちにその人数はさらに膨らんで行き、当時はユダヤ一地方の集まりだったが、今ではその集まりは全世界に広がっている。

本日の箇所でペテロは、ユダについて語り、彼が元々どのような務めがあり、どのように脱落し、彼の亡き今、その職を他の人に継がせたい、という事を語った。

ユダは使徒のうちに数えられ、奉仕の分け前を「くじで」受けて(岩波訳)おり、イエス様も「わたしがあなたがたを選んだのではないか」と言っているため、この職は自らなるものではなく、主から選ばれ与えられるものである。
私達が神に愛され、呼び出され、任命されたのである。
私達から神を愛したのでもなく、聖なる務めに自ら就いたのでもない。

しかしユダは、良くないやり方で報酬を手に入れ、どういう経緯でかは判らないが尋常でない死に方をし、その事は有名になってしまった。彼は召されたが、聖なる職権を乱用し、不正な手段で得るべきではない報酬を得、そして、その報酬の真ん中へまっ逆さまに落ちて、粉々になってしまった。
このような形で最後を遂げたり、有名にはなりたくないものである。

ペテロは、ユダが「はらわたが飛び散った」云々と言ったが、果たしてそう言える口なのだろうか。
ペテロは確かに裏切ったが、誰にも咎められなかったのは、他の弟子達も同様一人残らず裏切ったのであり、そして、悔い改めたからである。
ペテロは聖徒達の交わりに復帰し、イエス様に聖霊を息吹かれ、心のわだかまりも復活の主ご自身に取り扱ってもらった。

使徒信条は「聖なる教会、聖徒の交わり、罪の赦し、からだのよみがえり、とこしえのいのち」の順番で続く。
聖徒の交わりの中にいれば、赦しがあり、よみがえりがあり、とこしえのちのちへ入る事が出来る。それだから、教会における聖徒の「交わり」は大切なのである。

ユダが脱落したため、彼の受け持っていた職を、他の者に継がせなくてはならなかった。

使徒職にふさわしい者とは、ペテロが示している通り、第一に「ヨハネの洗礼の時から始めて、私たちのもとから挙げられた日に至るまで、共にいた人々」であり、二つ目として「よみがえりの証人」である。(22節)
つまり使徒たる条件は、イエス様がどのようなお方であり、どのような事をなされたのか、という事を体験し、そして、彼が死人の中から復活した事を証言する者である。

くじはマッテヤという人物に当たった。

彼はこの箇所にしか登場しないため、どのような人物であるのかは分からないが、彼がどのような人物であったかと議論する必要は、全く無い。
なぜなら、イエス様の証人である私達こそが、マッテヤだからである。

私達もマッテヤ同様、脱落したイスカリオテ・ユダの不足分を補い、イエスが死者の中から復活して今生きており、その彼はどういうお方であるかという事を、伝える者達である。
同様に、脱落して行ったユダも歴史上の一人物とは限らず、もし神に選ばれた聖なる務めを軽んじ、不正な利益を得ようとするならば、その者はユダと同様であり、聖なる務めは剥奪され、自らの欲望へまっさかさまに落ち込んで行き、他の者がその務めの跡を継ぐのである。

マッテヤのように、立派な証人となる事が出来る皆さんでありますように、イエス様の名前によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

昨日はある家庭に祝福の訪問をして来ました。
家に入ったとたん、訪問した側も、迎えた側も、言いようの無い喜びに包まれました。

私も、用意してきたメッセージは御霊によって差し止められ、その場で示された御言葉を語り、予期していたよりもはるかに豊かないのちが、その場所を包みました。

主です!

やはり信仰が受け継がれ、祈り込まれてきた家庭は、祝福が違います。

礼拝説教メッセージ音声:なぜ天を仰いで立っているのか(使徒1:9-14):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

弟子達の他、イエス様の兄弟達や、いつも離れずに共にいた女達もこの場所におり、彼らが見ている前で、主は天に上げられた。
彼らは約束された聖霊を受ける時までの暫くの間、共に集まり、アッパルーム(屋上の間)にて熱心な祈りを捧げる事になる。

イエス様は両手を挙げて弟子達を祝福し、その祝福している姿のままに離れて行き天に運び上げられて行った。(ルカ24:50-52)
そこに二人の白い衣を着た人達が現れ、語った。
白い衣を着た人達は恐らく御使いであろう。

御使いが現れるからには重要な場面であるので、彼らの語った言葉を詳しく見たい。

「ガラリヤの人たちよ」

ガラリヤ地方は異邦人と混合する、蔑まれるべき田舎の地方であった。
弟子達は、人々からは蔑みの対象として呼ばれる「ガリラヤの人達」かもしれないが「異邦人のガリラヤは、栄光を受ける。」(イザヤ8:23新共同訳、口語訳9:1)
ガリラヤの人達は、人々から虐げられ、自分で自分さえも虐げられるに相応しいと思っていたかもしれない。
闇の中を歩んでいたかもしれないし、死の陰の地に住んでいたかもしれない。
しかし、そんな彼らが、栄光を受けるのだ。
なぜなら、ひとりのみどりごが、彼らの為に与えられるからである。(イザヤ9章)

弟子達はとても喜べる状況ではなかったが、それでも彼らは喜んだ。
「驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君」(イザヤ9:6)が、世の終りまで、決して離れる事無くいつも共におられると約束されたからである。
私達もこのお方にあって、大いによろこび、楽しみを得る事ができる。

「なぜ天を仰いで立っているのか。」

現代においても、ある人達は再臨を待ち望み、山の頂上で待っていたようであるが、そんな事をしていたらこの御使い達に「なぜ天を仰いでいるのか」と叱られるであろう。
私達は、雲の向こうに見えなくなったイエスを期待して、天を見上げて立っているべきではないし、口を開けて木の実が落ちるのを待つ者のように、目に見える徴や奇跡を期待して待っているべきでもない。
それぞれの場所、それぞれの日常においてしっかりと根ざし、共に集まり、熱心に祈っているべきである。

「イエスは、天に昇るのをあなたたちが見たのと同じ有様で、やって来るであろう」

この事は、何も再臨の時に限った事ではない。
信じる者達全てに、今も、祝福の姿勢のまま現れて下さる。

目に見える主の現われや、目に見える徴・奇跡が来るのを天をあおいで待つのではなく、日常生活の中で熱心に祈り、一致し、集まるみなさんでありますように、イエス様の名前によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

昨日も姪に会いに行ったのですが、黄疸の治療のため、抱く事はできませんでした。
でも、久しぶりにお会いした兄の義理の母と、父と、兄夫婦と、楽しいひと時を過ごせました。
父は今、私の家に宿泊しているのですが、どうやら私の家が気に入ったようです。
その家も奇跡的に与えられているのですが、、、それについてはいずれまた。。。

礼拝説教メッセージ音声:聖霊を受ける理由(使徒1:3-8):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

主は復活の後、十字架に釘付けられた跡をお示しになり、共に食事をされ、40日にわたり、ご自身が生きておられる事を弟子達に示され、神の王国に関する事を語った。
そして、聖霊によってバプテスマを受けるまでエルサレムから離れないでいる事を命じられた。

福音の根幹とは、主イエス様が罪の為に死なれ、十字架につけられ、葬られ、3日目によみがえられた事であり、それは主を信じる者が、死と罪から救われるためである。

弟子達は、今こそイスラエルのために王国を復興されるのですか、と、彼ら

が切に願っている事を聞いたが、主は、その事は知る権利は無いと言われる。
彼らが望んでいた事は、支配される側から支配する側になり、権力を振るう事であったが、天の父が望んでおられる事ははるかに優れ良い事であった。
救いとは、この世において成功や富の獲得、権威を受けるといった事ではな

く「イエス様の名による罪の悔い改め」である。

例えこの世の支配者となり、全世界を手に入れる事ができたとしても、明日

死んでしまってはどうしようもないし、罪を持ったまま全世界を支配する事になったとしたら、全世界こそ災いである。
だから、死と蘇りと、罪の赦しが必要なのである。

イエス様はエルサレムから離れないで、父の約束を待つように言われた。
父の約束とは、聖霊によってバプテスマを受ける(聖霊の内に浸し込まれる)事。
聖霊に浸しこまれる時、力を受け、エルサレムから始まり、ユダヤ、サマリ

ヤ、さらには地の果てまで「イエス様の証人」となる。

私達が聖霊に満たして下さいと願うのは、なぜだろうか?
されに力を得て人々に力を誇示したいからだろうか。
あるいは、この世でさらに良い地位を得たり、お金に困らないようになりたいからだろうか?
否、イエス様の証人となるためである。

弟子達も主と一緒にイスラエルを復興して支配者になる事を願ったが、私達が聖霊によって力を得るのは、イエス様の証人となる事が動機となるべきである。
自分が主体のまま富や力を得ても、人を蹴落とすだけであるが、イエス様が主体となったなら、人を救う。
私達が伝えるべき福音の根幹は、イエスが生きておられるという事、罪が赦される事、新しい永遠のいのちが与えられる事であり、私達が聖霊によって力を得るのは、全て創られたものに対してイエス様の証人となるためである。
そのような皆さんでありますように、イエス様の名前によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

昨日は礼拝後、教会で、ファミレスで交わりし、その後寝不足だったので仮眠してからミザリーという映画を観ました。
人気作家が事故に遭い、ある狂信的なファンの家に閉じ込められる恐怖体験を描く映画ですが、実にコワかった。

誰か人間を狂信的に執着したら、悲劇しか生み出さないですね。
どうせ執着するのなら、イエス様にして欲しいです。

礼拝説教メッセージ音声 安息に入るには(ルカ14:1-6) :右クリックで保存

ファリサイ派の人達が見ていた事(ルカ14:1-6)
ある安息日、イエス様がファリサイ派の家に入った時、人々は彼をじっと見ていた(ルカ14:1)
彼らは、そこにいる水腫を患っている人を癒すか、癒さないかを注視し、病人さえイエス様を訴えるネタとして用いようとし、その病人に対する憐れみの心は、全くなかった。
パリサイ人たちは、働いてはならないという事に固執し、歩くのは何歩以上は良く何歩以上はダメ、といった細かい決まり事を制定し、いのちを救う、救わないではなく「する」「しない」を強烈にこだわっている。

そこで、安息日の主であるイエス様は言われる。
「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか?命を救うことか、殺すことか?」(マルコ3:4)
主が求めるのは、あわれみであっていけにえではないし、善悪の行いではなく、いのちを救う事である。

安息日とは?
安息日の制定は、十戒の第4戒においてである。(出エジプト20:8−11)
主が真っ先に言われているのは「安息日を心に留め、これを聖別せよ」である。
つまり、主の創造の仕事が完成した事を祝い、その時の主の満足を満足し、主の安息を共に安息するべきであって、「働かない」「動かない」といった2次的な事に心奪われるのは、本末転倒である。
創造のみわざが完成した次第は、創世記2:1−3 に書かれてある。
ご自分の仕事が終り、全ての創造のみわざが完成し、休まれた日が、安息日である。
私達も、仕事が終わった後は、休んで安息し、あれやこれやと仕事をする事はしない。

完成された被造物を壊すもの
ところが、完全だった創造の御技はサタンによって破壊され、アダムの過ちにより罪と死が入ってしまった。
完全な美しい調和が保たれていた世界は混沌となってしまったのは、神様以外の者が介入したからだ。
安息日とはああだこうだ、御言葉とはああだこうだ、と言って、御技も御言葉もさも不完全であるかのような、さも自分達が主の御言葉を完成させるかのような振る舞いは、創造のみわざを壊す事である。

壊された被造物を贖う主
水腫の人は、その病によって、本来あるべきはずの完全さが破壊され、長らく安息できなかった。
ファリサイ人のネタにされている事に甘んじ、何も言わず、ただ主の御前に出て行った。
そんな彼に、主は御技をなす事によって、彼がそれまで心底欲していた安息が復活させられたのである。
病によって破壊された体は癒されなくてはならなず、不完全な状態は完全にされなくてはならない。
破壊された状態から回復するには、どうすれば良いのか。
「イエスによって与えられる信仰が、この人を皆さんの目の前で完全なからだにしたのです。」(使徒3:16)
完全な状態に復帰されるには、安息日のマスターである主、イエス様を信じ、御前に出て行く事である。

信仰によって安息に入る
創造のみわざは完成されたが、サタンによって、人の罪にって台無しにされてしまった。
それを主イエスが十字架の死によって罪を罰し、死から蘇った事によって、死と病と貧しさに勝利し、彼を信じる信仰によって、台無しの状態から完全な状態へと復活し、そして安息できる。それが福音である。
安息日の休みは、神の民に残されている。なぜなら、神の安息にあずかった者は、自分のわざを終え休み、神の用意された安息に入るからである。(ヘブル4:9、10)
この神様の安息への招待状を、信仰によって受け取り、みわざの完成にただ入る皆さんでありますように、イエス様の名前によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

本日、両親が初めて私の教会の主日礼拝に参加しました。

幼かった頃、家族揃って礼拝に参加していた日々を思い起こし、不思議な気持ちになりました。
社会人として20,30代を過ごして来たので、まさか自分が講壇に立ち、親が会衆席にいるような日が来るとは、思ってもみませんでした。

今更ですが、主は私達の思いもしない所へと導くものですね。

 

礼拝説教メッセージ音声:何ゆえに人をこれほどまで(ヘブル2:5-9):右クリックで保存

韓国語通訳有 한국어예배

偉大な被造物を見るにつけ、人間は本当にちっぽけだと実感する。

万物は御子のために創られており、御子キリストは教会のかしらであり、教会(召しだされた者達)とは私達である。(コロサイ1:15-20)
という事は、万物は私達のために存在する。
そこまで特別扱いされる人間とは、一体何者なのだろうか。

人間は、万物の源なる御子イエス様の、結婚相手である。
人は元々、結婚相手の花嫁として創られ、万物はその結婚生活をするための王子の宮殿、愛の巣として創られたのである。

しかし万物はアダムとエバの過ちによって呪われ、人は霊において死に、ゾンビのように腐乱臭を撒き散らしながら、愛の巣であるはずの素晴らしい世界を好き放題に破壊活動するようになってしまった。

神はゾンビをそのまま滅ぼす事はなさらず、御子の花嫁として生き返らせるために、御子自身の身代わりの血によって買戻し、そうして私達人間はこの御子にあって、新しい永遠のいのちが与えられ、神と和解させられた。

万物はいまだに贖われる事を切に望んで、御国の子達の表れを待ち望み、海の苦しみをしている。(ローマ8:18)
また私達も、この肉体において、魂において、贖われる事を切に待ち望んでいる。

生まれながらの私達は、霊・肉・魂において希望を持つ事はできない。
まことのぶどうの木である御子イエスに繋がっていなければ、私達は何も出来ないが、御子イエスに繋がっていれば、主のわざを成す事が出来、豊かな実を結ぶ事が出来る。

被造物は御子のあらわれを切に待ち望んでおり、私達贖われた者達のあらわれを待ち望まれている。
それ故私達は、御子にあって、被造物を支配しなくてはならない。
その資格を得るには、一度死ぬ必要がある。
ゾンビとしてのいのちには死に、イエスにあって新しく生まれ直す必要がある。

イエス様が栄誉を受けたのは、十字架の死に至るまで従順だったからである。(ピリピ2:6-11)
私達もキリストにならって、自分の好き勝手に生きたいという、生まれながらのいのちは十字架の死に明け渡し、御子イエスのご支配にお委ねするべきである。
その時、私達は創られた目的に添って生きる事が出来、エデンの園におけるように全ての必要は満たされ、世を正しく支配する事ができるのである。

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

姪と初対面

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » パスター日記
執筆 : 
pastor 2011-2-5 6:40

今日、義理の姉が入院している産婦人科へ行き、姪と対面しました。
赤ちゃんは私の指一本を、あたかもバットを握るみたいに手全体で握っていました。
どうしてあんなに、小さくかわいく創られているのでしょう!
あれではお父さんもおかあさんも、いのちを投げ出して守り育てるしか無いですね。

そのように、愛する子は大切に守り育てたいという衝動が起こるように人間が創られているのは、まことの親と子の愛を、表現する為なのでしょう。
そして、御子のいのちを身代わりにしてまで人を救うとは、どれほど大きな愛でしょう。
考えれば考えるほど、その総計が大きすぎて分からなくなります。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest