メッセージ - 201701のエントリ

祝福の道に歩むための根源 - 主との関係を正す(出エジプト記20:1-11)
Youtube動画
メッセージ音声

働き人に貧しい思いをさせない主(2列王記6:1-7)
Youtube動画
メッセージ音声

偶像(アイドル)に夢中になってはならない(レビ記26章)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 先週、主が発せられる動詞には宣言型と命令形がある事を学んだ。主の宣言型動詞は100%成就し、生きていて、今も全宇宙の秩序が成り立っているが、唯一、人間には特別に「命令形動詞」が与えられた。
人が主の命令型動詞に服従するなら、宣言された通りの祝福が与えられ、逆らうなら、呪いが待っている。
祝福と呪いの分岐点はシンプルで、主の御言葉に聞き従い守り行うなら祝福が、聞き従わず守り行わないなら呪いが待っている(申命記28章)。今回、この祝福と呪いの大本を、レビ記26章から学びたい。
レビ記26章も申命記28章同様、祝福と呪いの箇所だが、ここの特徴は、最初に「あなたがたは自分のために、偶像(エリィル:無駄・無益)を造ってはならない」「わたしの安息日を守り、またわたしの聖所を敬わなければならない」 という命令で始まる事だ。祝福と呪いの大本は、主の御言葉と共に歩み、それを守り行うかどうか(3,14節)、そして、その根本となる事が、「自分のために偶像を造ってはならない」である。
これはとても大切であり、十戒の第一・第二にもある程だ。もし自分と主との間に何かを置き、主よりもそちらを優先するなら、それが偶像だ。それはお金であったり、異性であったり、自分自身であったりする。
偶像は元々、無益・無駄なイメージ、英語ではアイドルである。現代、スマホから来る無益な映像やゲームも、まさにそれではなかろうか。それは魅力的なもの、夢中になる類のもので「自分のために造る」のだ。
夢中になるアイドル、それは最初は甘くても後には苦くなり、人から、社会から、主から見捨てられてしまう。
偶像によってまず壊れるのは、主との関係で、安息日を守る事、聖所を敬う事が、おろそかになって行く。
命令の順序は、第一に偶像の禁止、次に礼拝の尊守、その後に、主の命令を守り行う事だった。つまり順番として、もし偶像を作るなら、主との関係が壊れ、礼拝がおろそかになり、主の「しなさい、してはならない」が守れなくなって行く。だから偶像礼拝者に真っ先に現れる兆候は、約束を守れなくなる事である。

祝福の前提条件は「もしあなたがたがわたしの定めに歩み、わたしの戒めを守って、これを行うならば」で、その人には主が豊かに雨を降らせ、豊かに実らせ、麦打ちは春から秋まで、秋の収穫は、種まきのシーズンまで続く程におびただしく穫れる。なぜなら、産まれて来る子もおびただしく増えるからだ。(4-13)
しかしもし御声に聞き従わず、守り行わず、主との契約を破るなら、来る呪いは段階的に厳しくなって行く。
まずは恐怖と病が降され、命がやせ細り、自分の労苦は他人に奪われる(14-16)。それでも立ち返らないなら、その罰は七倍重くなり、天は鉄のように雨を降らせず、地は青銅のように作物が出なくなり、力は無駄に費やされてしまう(19-20)。それでも聞かないなら、さらに七倍罰が重くなり、野獣がはびこって子供や家畜が奪われ、国が荒れ廃らされてしまう(21-22)。それでも聞かないならさらに罰は七倍重くなり、剣や疫病が国内に臨み、敵の手に渡されてしまう。また、食料が主に打たれ、ひもじくなってしまう(23-26)。
それでも聞かないなら、さらに罰は七倍重くなり、自分の子供を食べる程の深刻な食糧難となり、さらには、その地から追い出されて国々に散らされ、敵国にいるようになる。実際、そのような呪いを、イスラエルは全て味わい尽くしてしまった。なぜなら「主に聞き従わない事」を、し続けたからだ。主は代々預言者を通し、多くの不思議な事や奇跡を通して、警告して来たのを全部無視し、自分のアイドルを捨てなかったからだ。
イスラエル2500年の離散の根本と、ノアの洪水の根本は同じで、それは「異性」というアイドルだ。
イスラエルに偶像礼拝の元をつくってしまったのはソロモンであったが、彼は元々、主の御声に聞き従う人だった。しかし異性が彼の信仰を台無しにしてしまい、イスラエルに立派な神殿を建てたのに、多くの妻達に惑わされ、偶像の宮も建ててしまった。ダビデは罪を指摘されたら一度で悔い改めたが、ソロモンは二度戒めを受けたのに二度も蹴り、もはや戒めは与えられなくなった。彼は自分の好む女やアイドルを存分に耽り楽めたであろうが、その人生の最後は、全てが虚しいものとなってしまった。(伝道者の書)
彼がもたらした偶像礼拝は、その後ずっとイスラエルの歴史に尾を引き、ついにはバビロン捕囚の憂き目に遭ってしまった。それでも主の憐みにより、70年の後に帰って来たというのに、すぐまた異邦の女をめとって、同じ過ちを繰り返しそうになった。そこをエズラが改革を断行し、異邦の女や御言葉を知らない子供を国から追い出した。それは身を切るような辛さであったろうが、そこから暫くの平和な時代が始まった。
主は、私達が滅びに至らないよう、「災い」という囲いを用意して、祝福への門を開いておられる。
私達は盲目で、好き勝手な道を歩もうとしていても、主は災いという囲いで無理矢理祝福の道へと導いて下さる。主の道に歩む幸いは、押入れゆすり入れの祝福、災いもまた、踏んだり蹴ったりの「祝福」なのだ。

金曜徹夜祈祷会 礼拝説教メッセージ
祝福から呪いへと倒れてしまう人が引っかかってしまう罠とは(レビ記26章)
Youtube動画
メッセージ音声

不正の富を欲しがる人は、不正の富に絡む呪いも同時に来る事を覚悟すべきである(2列王記5:15-27)
Youtube動画
メッセージ音声

5:15 彼はすべての従者を連れて神の人のもとに帰ってきて、その前に立って言った、「わたしは今、イスラエルのほか、全地のどこにも神のおられないことを知りました。それゆえ、どうぞ、しもべの贈り物を受けてください」。

ナアマンはすぐにエリシャの元に帰ってきて、お礼をし、イスラエルの神である主に栄光をささげた。このような素養が彼にあったからこそ、主が「らい病の人の癒やし」を行われたのは、イスラエルのどの人でもなく、彼だったのだろう。

イエス様の時代も、らい病10人がイエス様の言葉どおり行なった結果癒されたのに、イエス様の所に帰ってこなかったイスラエル人9人がいたが、しかし一人の異邦人は栄光を主に捧げるためにイエス様の所に帰ってきた。

5:16 エリシャは言った、「わたしの仕える主は生きておられる。わたしは何も受けません」。彼はしいて受けさせようとしたが、それを拒んだ。
主の働き人が報酬を受けるのは当然ではあるが、エリシャは頑なに拒んだ。

パウロもそうだった。パウロの場合は、人々にしっかり働くよう示すためだったが、エリシャには、彼から報酬を受け取ってはならない何らかの理由があったようである。

5:17 そこでナアマンは言った、「もしお受けにならないのであれば、どうぞ騾馬に二駄の土をしもべにください。これから後しもべは、他の神には燔祭も犠牲もささげず、ただ主にのみささげます。
5:18 どうぞ主がこの事を、しもべにおゆるしくださるように。すなわち、わたしの主君がリンモンの宮にはいって、そこで礼拝するとき、わたしの手によりかかることがあり、またわたしもリンモンの宮で身をかがめることがありましょう。わたしがリンモンの宮で身をかがめる時、どうぞ主がその事を、しもべにおゆるしくださるように」。5:19 エリシャは彼に言った、「安んじて行きなさい」。ナアマンがエリシャを離れて少し行ったとき、

厳格に律法に照らすとするなら、イスラエルの土を持ち帰ってシリヤで主を礼拝する事はナンセンスであるし、また偶像の宮で身をかがめる事も、違法な事である。なぜエリシャは彼に「安んじて行きなさい」と言ったのか。

エリシャは、自分は主君に仕える故に偶像の宮で身をかがめなくてはならない、と、正直に告白したナアマンに、偶像礼拝して良いのだよ、とは言わず、安心して(シャローム)帰りなさい、と答えた所がミソである。

偶像礼拝も、主の定められた場所以外で礼拝する事も、律法では罪である事は確かであるが、御前に正直に罪を告白するなら、主は真実で正しいお方だから、その罪を赦してくださる。

ナアマンは、主を信じて救われたばかりである。そんな彼に、いきなり律法の高度な事をするように、主は求めない。

主はむしろ、その人にやっとともったった「くすぶる灯芯」を消す事をせず、徐々に成長させて下さり、彼が主と共に日々歩んで行くなら、一歩一歩、主は霊的な高みへと成長させてくださるのだ。

ナアマンの立場は異邦の王に仕える将軍であり、そして、彼の場合は神の国イスラエルに亡命するよりも、むしろ自国に留まって、その癒された体を人々に見せて、彼が体験した主のすばらしさを伝える事こそ、主の栄光となる。

悪霊の軍団レギオンをイエス様に追い出していただいた人も、本当はイエス様について行きたかったがイエス様はそれをお許しにならず、そこに留まって主がいかに素晴らしい事をして下さったかを伝えるように言われた。

それぞれに対し、それぞれのミニストリーが違うのだ。

 

5:20 神の人エリシャのしもべゲハジは言った、「主人はこのスリヤびとナアマンをいたわって、彼が携えてきた物を受けなかった。主は生きておられる。わたしは彼のあとを追いかけて、彼から少し、物を受けよう」。
5:21 そしてゲハジはナアマンのあとを追ったが、ナアマンは自分のあとから彼が走ってくるのを見て、車から降り、彼を迎えて、「変った事があるのですか」と言うと、
5:22 彼は言った、「無事です。主人がわたしをつかわして言わせます、『ただいまエフライムの山地から、預言者のともがらのふたりの若者が、わたしのもとに来ましたので、どうぞ彼らに銀一タラントと晴れ着二着を与えてください』」。
5:23 ナアマンは、「どうぞ二タラントを受けてください」と言って彼にしい、銀二タラントを二つの袋に入れ、晴れ着二着を添えて、自分のふたりのしもべに渡したので、彼らはそれを負ってゲハジの先に立って進んだが、
5:24 彼は丘にきたとき、それを彼らの手から受け取って家のうちにおさめ、人々を送りかえしたので、彼らは去った。
5:25 彼がはいって主人の前に立つと、エリシャは彼に言った、「ゲハジよ、どこへ行ってきたのか」。彼は言った、「しもべはどこへも行きません」。
5:26 エリシャは言った、「あの人が車をはなれて、あなたを迎えたとき、わたしの心はあなたと一緒にそこにいたではないか。今は金を受け、着物を受け、オリブ畑、ぶどう畑、羊、牛、しもべ、はしためを受ける時であろうか。
5:27 それゆえ、ナアマンのらい病はあなたに着き、ながくあなたの子孫に及ぶであろう」。彼がエリシャの前を出ていくとき、らい病が発して雪のように白くなっていた。

異邦人であるナアマンは御前に正直に告白してシャロームの内に出ていった。

しかし神の人に仕える、主のしもべであるはずのゲハジは、うそを言い、ナアマンがそれまで負っていたらい病という重荷を背負ってしまった。 

ナアマンは、主の御前に捨てるべきプライドを捨て、滅ぼすべきらい病をきよめて頂いた。

ゲハジはその逆で、主人にうそをついてまで、ナアマンの持っている富をよこどりした。彼はその富を用いて、オリブ畑、ぶどう畑、羊、牛、しもべ、はしためを得ようとしたようだ。主のしもべとして働く事を差し置いて。

しかし、もし世の富を手に入れようとするなら、同時に、世の富につきまとう呪いも手に入ってしまう事を、忘れてはならない。

Luk 16:13  どの僕でも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない」。

1テモテ6:9  富むことを願い求める者は、誘惑と、わなとに陥り、また、人を滅びと破壊とに沈ませる、無分別な恐ろしいさまざまの情欲に陥るのである。
1Ti 6:10  金銭を愛することは、すべての悪の根である。ある人々は欲ばって金銭を求めたため、信仰から迷い出て、多くの苦痛をもって自分自身を刺しとおした。
1Ti 6:11  しかし、神の人よ。あなたはこれらの事を避けなさい。そして、義と信心と信仰と愛と忍耐と柔和とを追い求めなさい。

 

御言葉の通り行うなら(2列王記5:1-14)
Youtube動画
メッセージ音声

 5:1 スリヤ王の軍勢の長ナアマンはその主君に重んじられた有力な人であった。主がかつて彼を用いてスリヤに勝利を得させられたからである。彼は大勇士であったが、らい病をわずらっていた。 5:2 さきにスリヤびとが略奪隊を組んで出てきたとき、イスラエルの地からひとりの少女を捕えて行った。彼女はナアマンの妻に仕えたが、 5:3 その女主人にむかって、「ああ、御主人がサマリヤにいる預言者と共におられたらよかったでしょうに。彼はそのらい病をいやしたことでしょう」と言ったので、 5:4 ナアマンは行って、その主君に、「イスラエルの地からきた娘がこういう事を言いました」と告げると、 5:5 スリヤ王は言った、「それでは行きなさい。わたしはイスラエルの王に手紙を書きましょう」。そこで彼は銀十タラントと、金六千シケルと、晴れ着十着を携えて行った。

ナアマンというシリヤ(アラム)の将軍は、主(エホバ)の特別な力添えにより大活躍し、王に重んじられるようになった。

主がイスラエルのみならず、アラムにも栄光をあらわすために、ナアマンを器として用いられたのである。

そのために用いられたのは、たまたま、イスラエルから捕らえて来た一人の名も無き少女だった。

彼女は、イスラエルには主エホバの預言者がいる、彼はらい病をさえも癒やしてくれるだろう、と信仰の宣言をした。

もし、ナアマン将軍という有名人が、らい病だったのが癒やされて帰って来るなら、シリヤの国に、主の栄光が大いに表される。

この一人の名も知れぬ少女の信仰が、将軍を動かし、王の耳にイスラエルには預言者がいるという事を知らせ、そして、主の栄光をその国に轟かせる事になる。

5:6 彼がイスラエルの王に持って行った手紙には、「この手紙があなたにとどいたならば、わたしの家来ナアマンを、あなたにつかわしたことと御承知ください。あなたに彼のらい病をいやしていただくためです」とあった。 5:7 イスラエルの王はその手紙を読んだ時、衣を裂いて言った、「わたしは殺したり、生かしたりすることのできる神であろうか。どうしてこの人は、らい病人をわたしにつかわして、それをいやせと言うのか。あなたがたは、彼がわたしに争いをしかけているのを知って警戒するがよい」。

シリヤの王の手紙には、ナアマンを預言者に癒やすようにさせて下さい、とは書いておらず、ただ、「あなたに」「彼のらい病をいやしていただくためです」とだけ書いてあった。

シリヤの王は、イスラエルの王にらい病の人を送れば、そのまま彼を預言者に取り次いで、らい病をきよめてもらえるのだろう、と思っていたのだろうか、非常にシンプルな手紙を書いた。

ところがあいにく、イスラエルの王には、病人が送られてきたらそのまま預言者に取り次ぐ、という発想が欠如していた。

イスラエルの王は、「わたしは神であろうか」と、自分の力、自分の知恵でなんとかさせるための事と思い込み、服を引き裂いた。らい病を癒し清める事は、人には不可能な事だ。だから、できない難題を吹きかけて因縁をつけて来たのだ、などと、物事を悪いほうに考えて行く思考の持ち主だった。それは3章でモアブとの一件の時から、全く変わっていない。

そこで、神の人・エリシャ自ら動く。

5:8 神の人エリシャは、イスラエルの王がその衣を裂いたことを聞き、王に人をつかわして言った、「どうしてあなたは衣を裂いたのですか。彼をわたしのもとにこさせなさい。そうすれば彼はイスラエルに預言者のあることを知るようになるでしょう」。 5:9 そこでナアマンは馬と車とを従えてきて、エリシャの家の入口に立った。 5:10 するとエリシャは彼に使者をつかわして言った、「あなたはヨルダンへ行って七たび身を洗いなさい。そうすれば、あなたの肉はもとにかえって清くなるでしょう」。

ナアマンは、王から重く用いられている将軍である。一国の貴賓として、うやうやしく応対される事に慣れていたかもしれないが、主の預言者エリシャは、神の国の言葉を取り次ぐ自分達が「上」であり、あなた方が、主の言葉どおり実行すべきだ、という姿勢を貫く。

エリシャは、せっかくナアマンが自分の所に出向いてきてくれたのに、家から出る事もせず、一人の若造を遣わして、これこれをしなさい、と指示した。

5:11 しかしナアマンは怒って去り、そして言った、「わたしは、彼がきっとわたしのもとに出てきて立ち、その神、主の名を呼んで、その箇所の上に手を動かして、らい病をいやすのだろうと思った。5:12 ダマスコの川アバナとパルパルはイスラエルのすべての川水にまさるではないか。わたしはこれらの川に身を洗って清まることができないのであろうか」。こうして彼は身をめぐらし、怒って去った。5:13 その時、しもべたちは彼に近よって言った、「わが父よ、預言者があなたに、何か大きな事をせよと命じても、あなたはそれをなさらなかったでしょうか。まして彼はあなたに『身を洗って清くなれ』と言うだけではありませんか」。

ナアマンは、怒った。自分の思い描き通りでない、と。ナアマンは、自分の国の川のほうがイスラエルの川よりも優れているではないか、そちらのほうが清められる力があるではないか、と言った。その人から癒される事を遠ざけているものは、人のプライドや高ぶり、思い込みである。

ナアマンは、エリシャが自ら出てきて、手を動かしてくれるのではないか、と思っていた。

人は、自分がきよくなるために、自分が考案した仕方を貫こうとする。ある人は滝に打たれる修行をして心を清めようとするが、どんな川、どんな水も、人の汚れはきよくせられない。ただ、主の御言葉の水の洗いでのみ、清められるのだ。

プライドは、自分が「上」であろうとさせる。しかし「上の立場」であるのは自分ではなく主の言葉であり、そして、癒やしを与えて下さる主イエス様である。主の御前にひれふし従順する時、癒される力が働く。

主は確かに人が清められ癒やされてほしいと願っておられるが、主の癒しの方法は、人それぞれに対し違う。

マタイ 8:2 すると、そのとき、ひとりのらい病人がイエスのところにきて、ひれ伏して言った、「主よ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。 8:3 イエスは手を伸ばして、彼にさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」と言われた。すると、らい病は直ちにきよめられた。

このらい病人の場合は、イエス様がみずから手をのばし、動かして言葉をかけ、癒やされた。

らい病人は、もし「みこころでしたら(If you are willing)」清められます、と言い、そしてイエス様もまた、それを「willing」と答えた。

彼の場合は、ナアマンと違い、イエス様自ら御手を動かされた。イエス様の前にひれ伏したからだ。

イエス様のみこころは、人が癒されきよくされる事だが、その仕方は、人それぞれの霊性や状況によって違う。

  5:14 そこでナアマンは下って行って、神の人の言葉のように七たびヨルダンに身を浸すと、その肉がもとにかえって幼な子の肉のようになり、清くなった。

ナアマンの場合、ひれ伏す心は無かった。しかし彼の心はどうあれ、たとえ嫌々ながらであったとしても言葉に従ったから、癒やされたのだ。

そして彼の心は、それ以来、がらっと変化する。次回にそれを見ていきたい。

ルカによる福音書 講解説教メッセージ
処女がみごもったという事について(ルカ1:26-38)
Youtube動画
メッセージ音声

イザヤ書 講解説教メッセージ
たとえ侮辱されても主に弁護され、主から栄誉を与えられる主のしもべ(イザヤ50:5-11)
Youtube動画
メッセージ音声

主を慕ってついてくる人々に与えられる保証(2列王記4:38-44)
Youtube動画
メッセージ音声

 4:38 エリシャはギルガルに帰ったが、その地にききんがあった。預言者のともがらが彼の前に座していたので、エリシャはそのしもべに言った、「大きなかまをすえて、預言者のともがらのために野菜の煮物をつくりなさい」。
 4:39 彼らのうちのひとりが畑に出ていって青物をつんだが、つる草のあるのを見て、その野うりを一包つんできて、煮物のかまの中に切り込んだ。彼らはそれが何であるかを知らなかったからである。
 4:40 やがてこれを盛って人々に食べさせようとしたが、彼らがその煮物を食べようとした時、叫んで、「ああ神の人よ、かまの中に、たべると死ぬものがはいっています」と言って、食べることができなかったので、
 4:41 エリシャは「それでは粉を持って来なさい」と言って、それをかまに投げ入れ、「盛って人々に食べさせなさい」と言った。かまの中には、なんの毒物もなくなった。

ききんの時である。食料がとても貴重な時であるが、この時、一人の預言者が、その貴重な食料の入ったなべに無知のゆえに毒を入れてしまい、人々の口に持って行かせてしまった。

主に在る兄弟姉妹の口に入るものを作る時にはよくよく注意すべきではあるが、彼は鞭であった。

彼は預言者のともがら達から非難を浴びたかもしれない。

これがもとでその集会の全員が死んでしまう危機であったが、主を信じる人、神の国の働き人には、保証が与えられている。

マルコ16:17 信じる者には、このようなしるしが伴う。すなわち、彼らはわたしの名で悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、へびをつかむであろう。また、毒を飲んでも、決して害を受けない。病人に手をおけば、いやされる」。

私達は御言葉に望みを置きつつ、生きる特権があたえられている。

パウロも、毒蛇にかまれても死なず、かえってそのしるしをもって、現地の人々を救いへと導いた。

この信仰のうすい、毒に満ちているこの国において「信じる者には・・・毒を受けても害を受けない」というしるしは、信じる私たちにとって大きな希望である。

4:42 その時、バアル・シャリシャから人がきて、初穂のパンと、大麦のパン二十個と、新穀一袋とを神の人のもとに持ってきたので、エリシャは「人々に与えて食べさせなさい」と言ったが、

 4:43 その召使は言った、「どうしてこれを百人の前に供えるのですか」。しかし彼は言った、「人々に与えて食べさせなさい。主はこう言われる、『彼らは食べてなお余すであろう』」。
 4:44 そこで彼はそれを彼らの前に供えたので、彼らは食べてなお余した。主の言葉のとおりであった。

この事も、イエス様の奇跡を思い起こさせる。

イエス様はわずか5つのパンを2引きの魚で、5000人をも養った。そのイエス様の奇跡が与えられるのは、イエス様に望みを置いて集まった群衆である。

6:34 イエスは舟から上がって大ぜいの群衆をごらんになり、飼う者のない羊のようなその有様を深くあわれんで、いろいろと教えはじめられた。

イエス様は、憐れまれる。無計画にではあってもイエス様を慕って集う人々に対し。

そして彼らの無計画ゆえに手持ちの食料も持ってこなかったという報いを、そのまま「自己責任だ」などと言う事なく、むしろ、イエス様がみずから彼らを心配してくださり、しっかりと保証を与えられた。

 6:35 ところが、はや時もおそくなったので、弟子たちはイエスのもとにきて言った、「ここは寂しい所でもあり、もう時もおそくなりました。
 6:36 みんなを解散させ、めいめいで何か食べる物を買いに、まわりの部落や村々へ行かせてください」。
 6:37 イエスは答えて言われた、「あなたがたの手で食物をやりなさい」。弟子たちは言った、「わたしたちが二百デナリものパンを買ってきて、みんなに食べさせるのですか」。

弟子達が言った事は、エリシャの弟子が心配して言った事と似ている。

そして、主の保証の仕方は同じである。

 6:38 するとイエスは言われた。「パンは幾つあるか。見てきなさい」。彼らは確かめてきて、「五つあります。それに魚が二ひき」と言った。
 6:39 そこでイエスは、みんなを組々に分けて、青草の上にすわらせるように命じられた。
 6:40 人々は、あるいは百人ずつ、あるいは五十人ずつ、列をつくってすわった。
 6:41 それから、イエスは五つのパンと二ひきの魚とを手に取り、天を仰いでそれを祝福し、パンをさき、弟子たちにたして配らせ、また、二ひきの魚もみんなにお分けになった。
 6:42 みんなの者は食べて満腹した。
 6:43 そこで、パンくずや魚の残りを集めると、十二のかごにいっぱいになった。
 6:44 パンを食べた者は男五千人であった。

主は、主を慕い求める者を満腹させ、道足らせるばかりでなく、主の働き人の分もちゃんとたっぷり整えて下さるのだ。

私達はこの事を信じるだろうか?信じる者には、その通りになるのである。

生きて働いており、全てを貫く力のある神の言葉(ヘブル4:6-13)
Youtube動画
メッセージ音声

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest