メッセージ - 201607のエントリ

金曜徹夜祈祷会 礼拝説教メッセージ
何ゆえダビデは幼くして王に選ばれたのか(1サムエル記16:1)
Youtube動画
メッセージ音声

御言葉はあなたのたましいを救う事ができる(ヤコブ1:18-27)
Youtube動画
メッセージ音声

アサ - 祝福されたゆえに驕り高ぶってしまった後半人生(1列王記15:16-24)
Youtube動画
メッセージ音声

『アサとイスラエルの王バアシャの間には一生の間、戦争があった。イスラエルの王バアシャはユダに攻め上り、ユダの王アサの所に、だれをも出入りさせないためにラマを築いた。』(1列王記15:16-17)

アサは、主の目に適った良い王として記され、その名声は当時鳴り響いたが、勝利し、成功し、栄えた人生を暫く送った時こそ、特に気をつけなくてはならない事がある。
「傲慢」という、成功者の誰にも訪れる敵がひそかに忍び寄り、いつのまにそれに飲まれてしっているかもしれない。
この「傲慢」という敵に対処しなかった故に、せっかく成功したのに大きく落ちぶれてしまった王たち、牧師たちは、沢山いる。
アサも、その例にもれなかった。
第二歴代誌16章に、その詳細が記されている。

『アサの治世の三十六年にイスラエルの王バアシャはユダに攻め上り、ユダの王アサの所にだれをも出入りさせないためにラマを築いた。』(2歴代誌16:1)
彼の治世は41年だったので、36年目は、彼の治世が終わる5年前である。
その時に、事が起きた。

『イスラエルの王バアシャはユダに攻め上り、ユダの王アサの所に、だれをも出入りさせないためにラマを築いた。』(1列王記15:17)
ラマはベテルからエルサレム、ベツレヘムへ至る街道沿いの要所であり(士師記19:13)、そこに要塞を築かれ封鎖されるなら、南ユダにとってかなり不利な事になる。
アサはどう対処したか。

『そこでアサは主の宮の宝蔵と、王の宮殿の宝蔵に残っている金銀をことごとく取って、これを家来たちの手にわたし、そしてアサ王は彼らをダマスコに住んでいるスリヤの王、ヘジョンの子タブリモンの子であるベネハダデにつかわして言わせた、「わたしの父とあなたの父のとの間に結ばれていたように、わたしとあなたの間に同盟を結びましょう。わたしはあなたに金銀の贈り物をさしあげます。行って、あなたとイスラエルの王バアシャとの同盟を破棄し、彼をわたしの所から撤退させてください」。』(1列王記15:18-19)
アサは、かつてのように主に伺ったり寄り頼んだりする事ではなく、持てる資産や手腕を用いて解決しようとした。
それも、「主のもの」として以前聖別したはずの金銀宝蔵を、主の宮から持ちだして、それをダマスコのシリヤの王、ベン・ハダデに贈って、外交交渉をするのだ。

その交渉は成立し、バシャはシリヤと南ユダからはさみうちされる形となったので要害を築く事をやめ、アサは、その素材を流用して近くにゲバ、ミツパの要害を築いた。(1列王記15:17‐22)
しかし、彼が主に寄り頼まず、聖別された主の宮の宝物を、世的な外交手段へと流用した事について、主から警告を受ける。
『そのころ先見者ハナニがユダの王アサのもとに来て言った、「あなたがスリヤの王に寄り頼んで、あなたの神、主に寄り頼まなかったので、スリヤ王の軍勢はあなたの手からのがれてしまった。かのエチオピヤびとと、リビアびとは大軍で、その戦車と騎兵は、はなはだ多かったではないか。しかしあなたが主に寄り頼んだので、主は彼らをあなたの手に渡された。』(2歴代誌16:7-8)

ダビデは預言者からの警告を受けた時、素直に自分が罪を犯した事を認め、主に赦しを乞うた。その本気度は、詩篇51篇を見れば分かる。
しかしアサは、ダビデとは違った。
『するとアサはその先見者を怒って、獄屋に入れた。この事のために激しく彼を怒ったからである。アサはまたそのころ民のある者をしえたげた。』(2歴代誌16:10)
彼は自分を省みるのでなく、その先見者に対して怒りを燃やして、彼に「足かせ」を課した。
その事で、アサは、「足」に災いが降される。

『アサはその治世の三十九年に足を病み、その病は激しくなったが、その病の時にも、主を求めないで医者を求めた。アサは先祖たちと共に眠り、その治世の四十一年に死んだ。』(2歴代誌16:12-13)
病気になったら医者に頼るのは当然と思われるかもしれないが、この時ばかりは、そうではない。
主の言葉を届けに来た人に怒りを燃やし、「足かせ」をした結果、「足」の病が激しくなった。そうであるなら、これは主からの警告である事は明確であり、主の前に出て、自らの罪を悔い改め、赦しを乞うべきなのに、逆に頑なになって、これは普通に病気になったのだとばかりに、医者に助けを求めたのだ。
しかしそれを続けた結果、二年後に、その病が元で死んでしまう。

『主はこう言われる、「おおよそ人を頼みとし肉なる者を自分の腕とし、その心が主を離れている人は、のろわれる。彼は荒野に育つ小さい木のように、何も良いことの来るのを見ない。荒野の、干上がった所に住み、人の住まない塩地にいる。』(エレミヤ17:5-6)
ここには、心が主から離れている人が、いかにむなしくなってしまうかが、記されている。
医者に頼るとか、自分の腕を頼りとするとかは、問題ではない。問題は「心が主から離れている事」であり、その状態であるなら、主はその人に、ご自身を頼りとさせるために、病や災いなど、あらゆる事を起こされる。

心が主から離れてしまっていて、世的な方法に解決を求める人は、荒野に育つ小さい木のように、何も良いことの来るのを見ない、と書いてある。
その人は、幸せが戸口に近づいて来てノックしていたとしても、無視してしまう。
そのノックの音に応え、扉を開きさえすれば、幸せが入って来るというのに、心が主から離れてしまっている人は、そういう事が分からず、そうしてやがては、幸せは扉を叩くのを止めて、去って行ってしまう。
そして、後で気づくのだ。
ああ、あの時、ノックされていたのだ、主の御声に聞き従っていればよかった、と。
あの時、あの預言者の声に、あの信仰の先輩のアドバイスに、聞き従っていればよかった、と、後になって悔やんでも、既に遅かった、というケースは、聖書から幾らでも見つける事ができる。

私達は、いつも主に向かって心を開き、御声に耳を傾け、その御言葉を頼るべきだ。
『おおよそ主にたより、主を頼みとする人はさいわいである。彼は水のほとりに植えた木のようで、その根を川にのばし、暑さにあっても恐れることはない。その葉は常に青く、ひでりの年にも憂えることなく、絶えず実を結ぶ」。』(エレミヤ17:7-8)
いつでも御声に聞き従い、幸せが扉をノックしている時は、すぐに開けて迎え、いつでも幸せな人生を歩む皆さんでありますように!
イエス様のお名前によって祝福します!

ピリピ人への手紙 講解説教メッセージ
死に至るまでの従順により全てに勝る権威を得たキリスト(ピリピ2:1-11)
Youtube動画
メッセージ音声

イザヤ書 講解説教メッセージ
鷲のように翼をかって上る(イザヤ40:27-31)
Youtube動画
メッセージ音声

カレブは他の者と違った心を持っていたゆえ(民数記14:24)
Youtube動画
メッセージ音声

あなた方がキリストの手紙(2コリント3:1-11)
Youtube動画
メッセージ音声

アサ - 久しぶりに現れた主の目に適った王(1列王記15:9-15)
Youtube動画
メッセージ音声

9節以降は、アビヤムの子・アサ王のついての記録となる。

『イスラエルの王ヤラベアムの第二十年にアサはユダの王となり、エルサレムで四十一年世を治めた。その母の名はマアカといってアブサロムの娘であった。アサはその父ダビデがしたように主の目にかなう事をし、神殿男娼を国から追い出し、先祖たちの造ったもろもろの偶像を除いた。』(1列王記15:9-12)
アサは、ソロモン以降では初めて「良い王」として記録されている。
良い王の基準は11節にある通り、ダビデのように、主の目にかなう事を行う事だ。

彼は主の忌み嫌うものを取り除いた。
主の祝福が来るには、まず、自分の内から主の忌み嫌われるもの、性質を取り除く所からである。

『彼はまたその母マアカが、アシラのために憎むべき像を造らせたので、彼女を太后の位から退けた。そしてアサはその憎むべき像を切り倒してキデロンの谷で焼き捨てた。』(1列王記15:13)
彼は自分の母といえど、主が忌み嫌う事をするなら位から退けるという徹底を貫いた。
それは、主の大切な働きを為す器として、相応しい性質である。(ルカ14:26、出エジプト記32:29)

彼が為した事と、その結果、主がどのようにして下さったのかについては、第二歴代誌のほうに、3章に渡って、詳しく記されている。

彼は、諸々の偶像の祭壇を除き去り、また人々に命じて主を求めさせ、教えと戒めとを行わせた。
それで彼が王になってから十年の間、穏やかであった。(1-6節)
『彼はユダに言った、「われわれはこれらの町を建て、その周囲に石がきを築き、やぐらを建て、門と貫の木を設けよう。われわれがわれわれの神、主を求めたので、この国はなおわれわれのものであり、われわれが彼を求めたので、四方において、われわれに平安を賜わった」。こうして彼らは滞りなく建て終った。』(2歴代誌14:7)

しかし、主は時に、その人の信仰を試し、より深くするために、試練を送られる。
すなわち、エチオピア人が百万の軍隊と三百の戦車を率いて攻めてきたのだ。

『時にアサはその神、主に向かって呼ばわって言った、「主よ、力のある者を助けることも、力のない者を助けることも、あなたにおいては異なることはありません。われわれの神、主よ、われわれをお助けください。われわれはあなたに寄り頼み、あなたの名によってこの大軍に当ります。主よ、あなたはわれわれの神です。どうぞ人をあなたに勝たせないでください」。そこで主はアサの前とユダの前でエチオピヤびとを撃ち敗られたので、エチオピヤびとは逃げ去った。・・ユダの人々の得たぶんどり物は非常に多かった。』(2歴代誌14:11-13)
私達の人生でも、試される事がある。その試練は、何によってパスするのか。
アサは、主に依り頼む事によって、見事パスした。

私達が救われる方法は、単純である。
主イエスを信じ、救いの拠り所を彼に置くのだ。
そうするなら、自身も、その家族も、救われる。(使徒16:31)
人生のあらゆる苦難や戦いの時、主を呼び求める事が、救われる鍵である。

『彼らはまた、ゲラルの周囲の町々をことごとく撃ち破った。主の恐れが彼らの上に臨んだからである。そして彼らはそのすべての町をかすめ奪った。その内に多くの物があったからである。また家畜をもっている者の天幕を襲い、多くの羊とらくだを奪い取って、エルサレムに帰った。』(2歴代誌14:14-15)
周囲は彼を恐れて、もはや攻めてくる事は無かった。
主を恐れる人は、周囲から一目置かれ、敵からも恐れられるのだ。(創世記35:5、申命記2:25)

主は、信仰に立って勝利した彼に、預言書を遣わして、激励の言葉をかけた。
『時に神の霊がオデデの子アザリヤに臨んだので、彼は出ていってアサを迎え、これに言った、「アサおよびユダとベニヤミンの人々よ、わたしに聞きなさい。あなたがたが主と共におる間は、主もあなたがたと共におられます。あなたがたが、もし彼を求めるならば、彼に会うでしょう。しかし、彼を捨てるならば、彼もあなたがたを捨てられるでしょう。』(2歴代誌15:1-2)

主にとっては、やっと、主を恐れ敬う良い王が現れたのだ。
ソロモン時代以来、長らく主を呼び求める王が無かった所に。
主は、どれほど喜ばれただろう。
主は彼に、信仰に立って物事を行う事を続けよ、と激励される。

『そのころは、出る者にも入る者にも、平安がなく、大いなる騒乱が国々のすべての住民を悩ました。国は国に、町は町に撃ち砕かれた。神がもろもろの悩みをもって彼らを苦しめられたからです。』(2歴代誌15:5-6)
主を恐れ敬わない期間は、根拠不明な恐怖や不安に悩まされ、する事なす事失敗し、敵にかすめ奪われてしまうものである。
そして、根拠不明な怒りや憎しみが沸き起こるゆえに、味方同士・身内同士で必要の無い争いや喧嘩があって、いらないエネルギーロスで消耗し合い、共に砕かれてしまうのだ。
『あなたがたのうちで生き残る者にも、彼らが敵の国にいる間、彼らの心の中におくびょうを送り込む。吹き散らされる木の葉の音にさえ彼らは追い立てられ、剣からのがれる者のように逃げ、追いかける者もいないのに倒れる。追いかける者もいないのに、剣からのがれるように折り重なって、つまずき倒れる。あなたがたは敵の前に立つこともできない。
それまではそういう時代だった。』(レビ記26:36-37)

『しかしあなたがたは勇気を出しなさい。手を弱くしてはならない。あなたがたのわざには報いがあるからです」。』(2歴代誌15:7)
主は預言書を通して言われた。主を恐れ敬う道には、大きな報いが待っている。
主は言われる。それを期待して歩みなさい、と。

彼が祝福されている様を見て、北イスラエル王国の人々も多く集って来た。(2歴代誌15:8-9)
北イスラエル王国は、ずっと悪い王がずっと続いて災い続きだったためだ。

主の道に歩む事こそ祝福の道であり、その道に歩み続けるなら、成功する。
しかし、成功した時こそ、自分の中から「高慢」という敵が沸き起こって来る事をいつも気をつけるべきである。
彼は、初期の頃は主の喜ばれる良い道を歩み、大いに祝福されたものの、人生後半になると高ぶってしまう。

主の喜ばれる道から、右にも左にもそれる事なく、祝福の道を歩む皆さんでありますように!
イエス様のお名前によって祝福します!

追え、必ず追いついて救い出す事が出来る(1サムエル記30章)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 ダビデは、自分や部下達、家族達の生活の保証を得たいと恐れるあまり、礼拝の場所を離れ、弱肉強食の地・ペリシテへ身を投じ、そこの王アキシュに気に入られるために偽りと略奪、殺戮の日々を送っていたが、ついにその報いが自分の身に追いつき、イスラエルに刃を向けに行かなくてはならなくなってしまった。
御言葉から離れ、世に取り入ろうとするクリスチャンは、必ずダビデのこの葛藤に陥る。しかしその中からでも、自分のどうしようもない弱さや罪を後悔し、悔い改め、主に助けを求めるなら、主は助けて下さる。
ダビデ達がアキシュと一緒に出陣した時、ペリシテの領主達はダビデを見て一斉に反対した。彼がかつて強力な敵将であったから信用ならなかったのだ。そうしてダビデは、神の民に手をかけずに済んだが、主は、彼の偽りと暴虐の生活そのものを改めさせ、健全な信仰生活へと戻すために、少々荒治療をされる。
ダビデ達が出かけていた間、アマレクの略奪隊の手により彼らの妻子も財産も全て奪われてしまったのだ。
ある日家に戻ってみたら、家が焼かれていて、妻子も、それまで築き上げて来た財産も全部失っていたら、どうだろう。しかし弱肉強食の世の中で生き残るための騙し合い・奪い合い・殺し合いを続けるならは、いつそれが自分の身に降り掛かって来るか分からない。早かれ遅かれ、その刈り取りをしてしまうものである。
ダビデの部下達は、怒りの矛先をダビデへと向けた。自分達をミスリードした上司は、死んでお詫びしろと。
ダビデは、偽りと略奪を部下達にもさせ続けた結果、部下達にも、妻子や財産を全部奪われさせてしまったのだ。ダビデの悩みは、どれ程だっただろう。この絶望の極地の時、どうすれば良いか。

ダビデは、主によって奮い立った。『ダビデはアヒメレクの子、祭司アビヤタルに、「エポデをわたしのところに持ってきなさい」と言ったので、アビヤタルはエポデをダビデのところに持ってきた。』(7節)
エポデは祭司が主に御心を伺うための道具である。私達キリスト者も、御心を伺うために「祈りや御言葉というエポデ」持っている。不信仰な行いを続け、絶望のどん底に落とされた時こそ、これを活用すべきだ。
『ダビデは主に伺いをたてて言った、「わたしはこの軍隊のあとを追うべきですか。わたしはそれに追いつくことができましょうか」。』(8節) 主の答は、追え、必ず追いつける、必ず救い出す事が出来る、であった。
私達も、どんな”アマレク”に、大事なものを奪われて来ただろう。ただ悲しんで何も手段を講じずに問題を放置していてはならない。自身の罪と不信仰を悔い改め、主に伺う時、それがV字回復の起点となるのだ。
ダビデ達は追撃を開始した。それまでダビデを殺そうとしていた部下達は、信仰によって奮い立った彼を権威に感じ、彼に追随したのだ。状況はとても厳しい。疲れが激しく川を渡れなかった人が200人もいた。
残り400人で追わなくてはならない。どこにどのくらいの相手がいるかも分からず、あてども無い。
ただ1つ、「追え、必ず追いついて救い出す事が出来る」という、主の御言葉の約束だけが、燦然と輝いている。そのような時、人の側が力を尽くして出来る所まで御言葉に従順するなら、あとは主が働いて下さる。

主が彼らに送って下さった助けは、一人の「行き倒れ」だった。ダビデ達は、略奪隊を追う途上の、貴重な時間と食料を裂き、その行き倒れを助けてやった。彼はアマレクの略奪隊の若者で、病気で使いものにならなくなったと、捨てられた者だった。私達は、危急の時こそ、憐れみを忘れてしまいがちになるが、ダビデがかけた憐れみは、1つも虚しく地に落ちた事は無かった。それは、私達も適用すべき法則だ。
この一人の行き倒れが、後には、ダビデ達600人のみならず、その妻子達全員を救ったきっかけとなった。
ダビデ達が到着した時、略奪隊は戦闘の構えを解き、多くを分捕った故に、地に散り散りになって、飲めや食えやのお祭り騒ぎをしていた。急襲するにはうってつけのタイミングである。ダビデ達は夕暮れから翌日夕暮れまで撃ったので、らくだに乗って逃げた400人の他、逃れた者は一人も無かった。もしダビデが時間を裂いて若者を助けていなかったら、このタイミングも、この膨大な敵を討取る事も、不可能だった。
こうしてダビデ達は、妻子を救ったのみならず、奪われた以上を奪い返し、一転して物持ちになった。
ダビデの部下で、よこしまな者は、”自分達が”分捕ったものは、一緒に行かなかった者に分けてやる必要は無いと言ったが、ダビデは”主が賜ったもの”をそのようにしてはならないと言った。(21-25節)
主は、憐れみ深いお方である。私達も不信仰ゆえに、礼拝から離れ、世の方法で罪深い事を増し加える日々を続けるなら、何もかも失ってしまうが、その時、信仰を奮い立たせて主に帰るなら、主は救って下さる。この素晴らしい主から決して離れる事なく、いつも祝福の王道を歩んでいく皆さんでありますように!

金曜徹夜祈祷会 礼拝説教メッセージ
神の似姿を取り戻すために(創世記1:26-28)
Youtube動画
メッセージ音声

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest