メッセージ - 201412のエントリ

礼拝説教メッセージ音声:姦淫の裏切り女を引き戻すレビ人(士師記19:1-15):右クリックで保存

前章までの所では、イスラエルではいかに偶像礼拝が蔓延しているかを見た。

しかしこの19章以降、イスラエルの堕落はもっと深刻な事態になっている様を見る事になる。

『そのころ、イスラエルに王がなかった』(士師記19:1a)
イスラエルは本来、神である主こそが唯一の王であるはずなのに、そうではなく、ある者はあの神を、別の者はこの神を、別の者はあの人この人を、それぞれ好き勝手に王としている時代であった。

『エフライムの山地の奥にひとりのレビびとが寄留していた。彼はユダのベツレヘムからひとりの女を迎えて、めかけとしていたが、そのめかけは怒って、彼のところを去り、ユダのベツレヘムの父の家に帰って、そこに四か月ばかり過ごした。』(士師記19:1b-2)
前回は、ベツレヘム出身のレビ人が、エフライム山地のミカの家に行った。
今回は、エフライム山地のレビ人が、ベツレヘム出身の女性を「めかけ」としてめとっている。
ルツ記を見ても、ベツレヘム出身のエリメレク一家がモアブへと出て行ったように、このベツレヘムという地からは、出て行く人は多かったかもしれないが、この地はダビデ王の故郷であり、イエス・キリストの生まれた場所でもある。
ベツレヘム(パンの家)という地は、そこに留まる信仰者は、幸いを受けるが、そこから出て行く人には碌な事が起こらない。
このレビ人の「めかけ」の女性も同じである。

彼女は「怒って」彼のところを去ったとあるが、「怒る」と訳された後のヘブライ語「ザーナー」は、「姦淫を犯す」という意味である。
KJVでは、「his concubine played the whore against him」と記されており、明確に、彼女が姦淫を犯したためにこのレビ人の所を去ったと記されている。
律法に照らすなら、夫のある身でありながら姦淫の罪を犯した女は死刑であり(レビ記20:10)、もしこのレビ人が祭司であるなら、女は火で焼かれなければならない。(レビ記21:9)
しかしこのレビ人は、彼女を平和の内に連れ戻そうとした。

これを読む時、預言者ホセアを思い出す。
主はホセアに「姦淫の女をめとれ」と命じ、そして彼はその通りに実行したのだが、その女は夫に子を産んで愛されていながら、姦淫するために出て行ってしまった。
そこで主は、彼女を呼び戻せ、と言われる。
『主はわたしに言われた、「あなたは再び行って、イスラエルの人々が他の神々に転じて、干ぶどうの菓子を愛するにもかかわらず、主がこれを愛せられるように、姦夫に愛せられる女、姦淫を行う女を愛せよ」と。そこでわたしは銀十五シケルと大麦一ホメル半とをもって彼女を買い取った。わたしは彼女に言った、「あなたは長くわたしの所にとどまって、淫行をなさず、また他の人のものとなってはならない。わたしもまた、あなたにそうしよう」と。』(ホセア3:1-3)

本来なら死刑のはずの、姦淫の裏切り女にやさしく声をかけ、銀で買い戻し、「もう他の所に行くな、いつまでもわたしの所にとどまれ」と言う。
それはまさしく、イエス様と私達の関係と同じではなかろうか。
かのレビ人も、ねんごろに裏切り女に声をかけ、よりを戻そうとした。しかし残念ながら、このレビ人は、彼女を命がけで守ろうという気概は、さらさら無かった。(後述)
それに引き換え、私達の主イエス様は、平気で裏切った私達のために命を投げ出し、私達が受けるべき罪の刑罰を身代わりに受けくださり、そしてねんごろに声をかけ、主の元へと引き寄せて下さった。

『そこで夫は彼女をなだめて連れ帰ろうと、しもべと二頭のろばを従え、立って彼女のあとを追って行った。彼が女の父の家に着いた時、娘の父は彼を見て、喜んで迎えた。娘の父であるしゅうとが引き留めたので、彼は三日共におり、みな飲み食いしてそこに宿った。四日目に彼らは朝はやく起き、彼が立ち去ろうとしたので、娘の父は婿に言った、「少し食事をして元気をつけ、それから出かけなさい」。』(士師記19:3-5)
彼女の父はこのレビ人によほど好意を寄せたのだろう、何日も彼を引き止めて歓待した。
創世記でも学んだように、パレスチナ地方では、旅人を篤くもてなす事が美徳とされている。

しかし、何日も歓待が続くので、彼らは、実に悪いタイミングで出立してしまう。
『その人がついにめかけおよびしもべと共に去ろうとして立ちあがったとき、娘の父であるしゅうとは彼に言った、「日も暮れようとしている。どうぞもう一晩泊まりなさい。日は傾いた。ここに宿って楽しく過ごしなさい。そしてあしたの朝はやく起きて出立し、家に帰りなさい」。しかし、その人は泊まることを好まないので、立って去り、エブスすなわちエルサレムの向かいに着いた。くらをおいた二頭のろばと彼のめかけも一緒であった。』(士師記19:9-10)
あまりにずるずると引き止めてしまう事も、引き止められてしまう事も、共に良くない。
アブラハムのしもべは、わずか1日歓待を受けただけで、翌日に早速出立したが(創世記24章)、それはやはり賢かったのだ。

『彼らがエブスに近づいたとき、日はすでに没したので、しもべは主人に言った、「さあ、われわれは道を転じてエブスびとのこの町にはいって、そこに宿りましょう」。主人は彼に言った、「われわれは道を転じて、イスラエルの人々の町でない外国人の町に、はいってはならない。ギベアまで行こう」。
『彼はまたしもべに言った、「さあ、われわれはギベアかラマか、そのうちの一つに着いてそこに宿ろう」。彼らは進んで行ったが、ベニヤミンに属するギベアの近くで日が暮れたので、ギベアへ行って宿ろうと、そこに道を転じ、町にはいって、その広場に座した。だれも彼らを家に迎えて泊めてくれる者がなかったからである。』(士師記19:11-15)

ギベアはベニヤミン族の領地であり、イスラエルの初代王・サウル王の故郷であるが、どうも様子がおかしい事に、この町の住人は誰一人として、家に迎えようとはしない。
不信仰の異邦人の町に留まるよりは、イスラエル人の町に留まる、という判断は正しいはずなのに、実は、この判断は、後に災いの元となってしまう。
人から御言葉から離れ、おのおの、自分のよかれで動くような時代は、何が安全で確実であるのかも、分からない時代になってしまうのだ。

ザカリヤ - 口を閉ざされるしるし(ルカ1:5-23)
第一礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
賛美集会音声:右クリックで保存
第二礼拝・礼拝音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

暗く荒んだヘロデ大王の時代、ザカリヤという名の祭司がいた。主のご降誕におけるしるしが、最初に現れたのは、彼であった。待降節の第二日、この人物について見て行きたい。
彼の妻はエリザベツで、この夫婦は御前に正しかったが、子に恵まれなかった。彼らは若い時から子を授かるように願って来たのに、歳を取っても叶えられず、その祈りはますます切なるものとなって行っただろう。
それでも彼らは、御前に、誰より凛と立ち、落ち度なく戒めを行っていたが、もう産むには難しい年齢に達してしまった。そんなある日の事、くじによって、ザカリヤに日毎の香を捧げる役が決まった。
大勢の人々が祈る中、役目を遂行する為に彼が聖所に入って行った所、なんと、香壇の右に御使いが立っていた。恐怖に襲われた彼に、御使いは言う。「恐れるな、ザカリヤよ、あなたの祈が聞きいれられたのだ。あなたの妻エリサベツは男の子を産むであろう。その子をヨハネと名づけなさい。」(13節)
みどり子が生まれる事を久しく切望し、その祈りが切々と積まれた時、聖なる所の奥深くで、待望していた子の生まれる事が告げられる。それはメシヤのお生まれを象徴的に表している。
子が与えられる事は老夫婦の願いであったが、神は一夫婦の願いを叶える以上の事をご計画されていた。
ヨハネの名には、「神は恵み深い」「神の賜物」という意味がある。神のそのご計画とは、人類全体が久しく待望し、人類全体に注がれる、神の深い恵みであり、慈しみであり、喜びである。
その子は胎内にいる時から既に聖霊に満たされており、御前に大いなる者となって、イスラエルの民の多くを主立ち帰らせる。しかもその子は、エリヤの霊と力をもって御前に先立って行き、父の心を子に向けさせ、逆らう者に義人の思いを持たせて、そうして整えられた民を、主に備えるというのだ。(15-17節)
人は、人並みのささやかな幸せを求めがちだが、神を愛し恐れる人達に用意されているご計画は、途方もなく素晴らしいもの、にわかには信じ切れない次元のものである。(1コリント2:9)

「どうしてそんな事が、わたしにわかるでしょうか。わたしは老人ですし、妻も年をとっています」(18節)
ザカリヤは乙女マリヤと違って「祭司」という公の立場にあり、そして彼自身、長年祈り求めて来た事が、やっと叶えられるというのに、「何によって」「わたしは」「知ることができるか」と、神の聖所で要求したのだ。
御言葉が与えられても「自分が」理解したがる人に与えられるしるしは、その口が閉ざされてしまう事である。
御言葉に従順できない人にとっての最善は、口をつぐむ事であり、それは周囲にとっても益である。
この、彼が口をつぐまされている時、彼の妻エリザベツは受胎した。

「さてエリサベツは月が満ちて、男の子を産んだ。」(57節)老夫婦に子が与えられるのは大きな慰めである。
人々は共に喜び、その子に父ザカリヤと同じ名をつけようとしたが、エリザベツは、そうではなくて「ヨハネ」にしなくてはならないと答え、人々を不思議がらせた。
その子は、ザカリヤの一後継者としてではなく、生まれる前から最も偉大な務めが与えられているのだ。
彼はその名の通り、神が贈られた最高の賜物・神様の恵みであるイエス様への道を、人々に整えさせる。そしてこのヨハネの名が人々に知られる毎に、神様の恵み深さ、賜物の素晴らしさが広まって行くだろう。
ザカリヤの口が開かれたのは、「その子の名はヨハネ」、と、主に命じられた通りに、公に示した時であり、口が開かれてから真っ先に彼の口から出たのは、神への賛美と、預言だった。
ザカリヤ自身、やっと与えられた念願の子に、自分の名をつけたかったであろう。しかし、彼らが人間的な願望を手放し、口をつぐんで従順を学び、御言葉の通りを、神と人との前で行うその時、主の素晴らしさは公に明かされ、賛美の口は開け、人々は、神が確かにみわざを働かれるのだと知るのだ。

ザカリヤはかつて、自分が「理解」する事を御使いに要求し、それで口をつぐまされてしまったが、その「要求」を止め、言葉をつぐんだこの期間、彼はバプテスマのヨハネの父として訓練され、練られていたのだ。
ヨハネは成長すると霊は強くなったが、彼もまた、主が定めた時まで荒野におり、公に活動する事が許される日まで、口をつぐんだ。主の御言葉は、理解してから実行するものではなく、実行したなら、素晴らしさを理解する。その上で口をつぐむ事は、とても有益である。人間由来の唇は閉じ、御言葉に従順して主を待ち望む皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
神の真剣で本気な愛(マタイ27:46-50):右クリックで保存
祈り会音声:右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
神は季節と時を変え、王を廃し王を立てる(ダニエル2:26-49):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
口から出るものが人を汚す(マタイ15:10-20):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
夜、思い巡らせるは、愛する花婿イエスのみ(雅歌3:1-4):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声:ダンは道のかたわらの蛇(士師記18:27-31):右クリックで保存

『さて彼らはミカが造った物と、ミカと共にいた祭司とを奪ってライシにおもむき、穏やかで、安らかな民のところへ行って、つるぎをもって彼らを撃ち、火をつけてその町を焼いたが、シドンを遠く離れており、ほかの民との交わりがなかったので、それを救うものがなかった。その町はベテレホブに属する谷にあった。彼らは町を建てなおしてそこに住み、

イスラエルに生れた先祖ダンの名にしたがって、その町の名をダンと名づけた。その町の名はもとはライシであった。』(士師記18:27-29)
こうしてダン族は定住後を得たが、そこは、ヨシュアが”くじ”で割り当てた地ではなかった。
本来なら、くじで割り当てられた自分本来の地を、信仰によって奪い返す事が先のはずなのに、彼らは信仰による戦いを回避し、弱そうな相手を選んで、楽にその地を勝ち取った。

そして彼らはその地に自分たちの名をつけたが、そこで何を行ったか。
『ダンの人々は刻んだ像を自分たちのために安置し、モーセの孫すなわちゲルショムの子ヨナタンとその子孫がダンびとの部族の祭司となって、国が捕囚となる日にまで及んだ。』(士師記18:30)
彼らはそこで、偶像礼拝を盛んに行ったのだ。

なお、かの雇われ祭司は、日本語聖書では「モーセ」の孫とあるが、ヘブル語本文では、モーセではなく「マナセ」となっている。
また、ここには「モーセの孫すなわちゲルショムの子ヨナタン」と記されているが、モーセの孫・ゲルショムの子は「シュブエル」のはずであり(1歴代誌23:16、26:24)、「ヨナタン」ではないはずだ
つまり、このヨナタンなる「レビ人の祭司」は、出生詐称の可能性もある。(もっとも、本当に彼がモーセの子孫・ゲルショム族の出だとしても、元々祭司職は得られないが。)

この時以降、ヨナタンの子孫がダン族の祭司となって、それは「国が捕囚となる日にまで及んだ。」(31節)
ヨナタンとその子孫は、いきなりイスラエル一部族の祭司となったので、棚からぼた餅的な立身出世であっただろう。
しかし、彼らにとっての「世的な成功」は、後のイスラエルに、大いに悪影響をもたらすことになる。
牧師や伝道者など、神の働き人の”世的な”立身出世は、神の国に成功をもたらすとは限らず、むしろ逆に、神の国を大いに損なってしまう事もあるのだ。

『神の家がシロにあったあいだ、常に彼らはミカが造ったその刻んだ像を飾って置いた。』(士師記18:30-31)
神の箱がシロにあったのは、サムエルの時代までであり、ダビデの時代以降はエルサレムに移された。
士師記の時代が終わった後、他の部族が正当な信仰に戻っても、ダン族だけは、シロやエルサレムに礼拝に行かず、このイスラエルの最北の地で、不当な礼拝をしていたのだろう。

ダビデの子ソロモンの時代が終わると、イスラエルは南北に分裂し、北イスラエル王国最初の王ヤロブアムは、ダンとベテルに金の子牛像を据え、そこを偶像礼拝の中心地とした。(1列王記12:26-30)
それ以降、「ヤロブアムの罪」と言えば偶像礼拝の代名詞となったが、その大元は、はるかさかのぼって、この士師時代のダン族にあったわけである。
つまり、この士師記の時代以降、北イスラエル王国がアッシリアへ捕囚された紀元前700年前半くらいまでずっと、偶像礼拝の中心地だった事になる。

父祖イスラエルは、死ぬ直前、預言している。
『ダンは道のかたわらのへび、/道のほとりのまむし。馬のかかとをかんで、/乗る者をうしろに落すであろう。主よ、わたしはあなたの救を待ち望む。』(創世記49:17-18)
ダン族は道の傍らの蛇となって、ミカの家を噛み、ライシュを噛み、そして後々、北イスラエル王国の歩みを噛む事になった。

聖書の最後の書・黙示録には、神の印が押されるイスラエル十二部族が出てくるが、そこには、ダン族は外されてしまっている。(黙示録7:4-8)
他の兄弟姉妹が正当な礼拝に戻っても、自分勝手な礼拝を捨て去らず、かえって兄弟姉妹につまづきを与えてしまうような者は、神の民から除外されてしまうのだ。
間違った道に逸れる事なく、御言葉に従って正当に歩み、信仰と祝福の王道を歩んで行く皆さんでありますように!
イエス様のお名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声:奪われてしまっても何も出来ない神(士師記18:21-26):右クリックで保存

『かくて彼らは身をめぐらして去り、その子供たちと家畜と貨財をさきにたてて進んだ。』(士師記18:21)

彼ら、すなわちダン族がそのようにしたのは、彼らが自身がミカの家の持ち物と祭司とを奪うという「やましい事」をしたためであり、ミカ達が武装して取り返しに来ても対抗できるよう備えるためだ。

『ミカの家をはるかに離れたとき、ミカは家に近い家の人々を集め、ダンの人々に追いつき、ダンの人々を呼んだので、彼らはふり向いてミカに言った、「あなたがそのように仲間を連れてきたのは、どうしたのですか」。』(士師記18:22-23)
人の資産を奪い、従業員もさらって置きながら、「あなたがそのように仲間を連れてきたのは、どうしたのですか」などと、とぼけた事を言ったが、ミカが奪われた資産とは、ミカにとっての「神」である。

『彼は言った、「あなたがたが、わたしの造った神々および祭司を奪い去ったので、わたしに何が残っていますか。しかるにあなたがたがわたしに向かって『どうしたのですか』と言われるとは何事ですか」。』(士師記18:24)
ミカは、自分の神が奪われた、わたしに何が残っているか、と訴えたが、ここに一つ、質問をさせていただく。

皆さんの神は、誰々に奪われてしまう神であろうか。
神の御子キリストは、誰かが暴力的に私達の所から奪って行ったら、もう手元には無くなってしまうようなお方だろうか。
世の神にはそのような事はあっても、私達の神に限っては、決してありえない事を、私達は感謝するのみである。

『だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。「わたしたちはあなたのために終日、/死に定められており、/ほふられる羊のように見られている」/と書いてあるとおりである。しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、わたしたちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある。
わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。』(ローマ8:35-39)
主は、たとえ私達が地の底に降っても、あるいは天のかなたに宿っても、決して離れる事なく、いつも共におられ、見ておられ、守っておられる生きたお方である。(詩篇139編)

『ダンの人々は彼に言った、「あなたは大きな声を出さないがよい。気の荒い連中があなたに撃ちかかって、あなたは自分の命と家族の命を失うようになるでしょう」。こうしてダンの人々は去って行ったが、ミカは彼らの強いのを見て、くびすをかえして自分の家に帰った。』(士師記18:25-26)
ミカからは神が奪われてしまったが、その神が守ってくれる事を信じて戦いに出る事も、命賭けで取り戻そうとする事も、しなかった。
ただ多勢に無勢で何も出来ず、すごすごと引き返しただけだった。
結局は、母の銀二百枚を用いて、自分の自由にできる「礼拝王国」を構築し、それで宗教ごっこの自己満足をしていたただけの事が、あらわにされたのだ。

士師記には、命の危険を賭しても主の御声に聞き従い、父の家のバアル像を切り倒して、まことの神である主にいけにえを捧げ、「自分の祭壇が打ちこわされたのだから、バアルみずからその人と言い争うべきだ」(士師記6:32)と言わしめた「エルバアル」がいたが、その全く逆である。
盗もうとしていた母の銀を使って「神」を作り、その神が、強い他人に奪われても、命おしさに何も出来ない。何と、情けない話だろうか。
士師記の時代、すなわち、人がそれぞれ自分の「よかれ」で生きる時期が長くなればなるほど、このように情けなく、御前に罪深い時代へと、落ち込んで行くのである。

『刻める像、鋳像および偽りを教える者は、その作者がこれを刻んだとてなんの益があろうか。その作者が物言わぬ偶像を造って、その造ったものに頼んでみても、なんの益があろうか。わざわいなるかな、木に向かって、さめよと言い、物言わぬ石に向かって、起きよと言う者よ。これは黙示を与え得ようか。見よ、これは金銀をきせたもので、その中には命の息は少しもない。しかし、主はその聖なる宮にいます、全地はそのみ前に沈黙せよ。』(ハバクク2:18-20)

その後のミカの行動については、記されていない。
これを機に目覚めて、まことの神に立ち返ってくれれば良いのだが、彼の性質を見るならば、残った母の銀九百枚を使って、また新たに神を作った可能性が高い。

決して誰にも奪われる事の無い神、そして、世の何者も引き離す事のない主であるキリストにのみ仕える皆さんでありますように!
イエス様のお名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声:化けの皮が剥がされた礼拝者たち(士師記18:11-20):右クリックで保存

ダン族は予め派遣した斥候たちに促され、自分の地を離れてライシュを略奪すべく旅立った。

『そこでダンの氏族のもの六百人が武器を帯びて、ゾラとエシタオルを出発し、上って行ってユダのキリアテ・ヤリムに陣を張った。このゆえに、その所は今日までマハネダンと呼ばれる。それはキリアテ・ヤリムの西にある。』(士師記18:11-12)
マハネ・ダンとは、ダンの宿営、という意味である。
この部族は、土地によく自分の部隊の名をつけるようである。

『彼らはそこからエフライムの山地に進み、ミカの家に着いた。かのライシの国をうかがいに行った五人の者はその兄弟たちに言った、「あなたがたはこれらの家にエポデとテラピムと刻んだ像と鋳た像のあるのを知っていますか。それであなたがたは今、なすべきことを決めなさい」。そこで彼らはその方へ身をめぐらして、かのレビびとの若者の家すなわちミカの家に行って、彼に安否を問うた。しかし武器を帯びた六百人のダンの人々は門の入口に立っていた。』(士師記18:13-16)
彼らは「今、なすべきことを決めなさい」と言ったが、それはようするに、この家にあるエポデやテラピムや偶像などを奪って自分たちのものとしなさい、と言っているのである。

『かの土地をうかがいに行った五人の者は上って行って、そこにはいり、刻んだ像とエポデとテラピムと鋳た像とを取ったが、祭司は武器を帯びた六百人の者と共に門の入口に立っていた。』(士師記18:17)
これは「強奪」と言う行為に他ならない。

一体彼らの信じるその「神」は、その化身(?)たる像を「強奪」されても、おかまいなしに、新しいほうの持ち主を幸いにしてくれるとでも思っていたのだろうか。
もしそうだとしたら、「神の真実」とは、一体何だろう。そしてそれなら、人は、どうして真実へと導かれるというのだろう。
神の祝福が、他者から強奪できる者のものであるとしたら、また、「地獄の沙汰も金次第」という言葉のごとく、救いが金で何とかなるようであるとするなら、一体弱く貧しい人の救いは、どこにあるのだろう。
このように、人が好き勝手にこしらえた宗教のはびこる所には、救いは何も無い。
救いはただ、御言葉なるお方・イエス様の元にのみ、存在する。

御言葉こそ真理であり、人は、御言葉によってこそ正しく判断し、解釈できる。
この士師記17-18章に登場した人物達を、最も基本的な御言葉である「十戒」に照らし合わせるなら、次のように幾つも破って(あるいは未遂して)いる事がわかる。
「あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。」(第一戒)
「あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。」(第二戒)
「あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。」(第三戒)
「あなたの父と母を敬え。これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである。」(第五戒)
「あなたは殺してはならない。」(第六戒)
「あなたは盗んではならない。」(第八戒)
「あなたは隣人の家をむさぼってはならない。隣人の妻、しもべ、はしため、牛、ろば、またすべて隣人のものをむさぼってはならない。」(第十戒)
結局、御言葉が無い所には罪のはびこりがあり、秩序の乱れがあり、この士師記の時代のように、神を恐れぬ人間による暴虐と不毛な争いが満ち満ちるのだ。

『彼らがミカの家にはいって刻んだ像とエポデとテラピムと鋳た像とを取った時、祭司は彼らに言った、「あなたがたは何をなさいますか」。彼らは言った、「黙りなさい。あなたの手を口にあてて、われわれと一緒にきて、われわれのために父とも祭司ともなりなさい。ひとりの家の祭司であるのと、イスラエルの一部族、一氏族の祭司であるのと、どちらがよいですか」。祭司は喜んで、エポデとテラピムと刻んだ像とを取り、民のなかに加わった。』(士師記18:18-20)
このレビ人が、神と人との間を取り持つ「祭司」の端くれでもあるなら、神の義を示し、人の罪を正すべきであるはずなのに、より条件の良い就職先が見つかるやいなや、目を輝かせ、喜んでそちらになびき、今までお世話になって来たミカを平気で捨て、しかも、ミカの資産であるはずのエポデとテラピムと刻んだ像とを持ち出して来て、その人々の中に加わっていく。
一体このような「神の国の働き人」を、どう思うだろうか。
しかし、そのような「主の働き人」は、どの時代でもいるし、そして現代にも、いる。
そのような者は、神の国と神の義の事は何とも思わず、自分に都合が良い条件が提示されるなら、その者達の不法には口をつぐみ、その勢力の中へと、喜んで入っていくものだ。

ダン族も、そのレビ人も、何も起きなければ、一見誠実な礼拝者に見えていたかもしれない。
しかしいざ、誘惑の試練をくぐらされると、実にあっさり化けの皮が剥がれてしまった。

私達も、試練の火をくぐらされる時、内側があらわにされ、主に対する姿勢が明らかにされる。
その時、ある者は化けの皮が剥がされてしまい、別の人は、本当に主に真実を尽くすまことの礼拝者である事が明らかにされるのだ。

イエス様は言われた。
『しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」』(ヨハネ4:23-24)
私達は日頃から、目に見えるものによってではなく、心を尽くし、力を尽くし、霊とまことによって主を礼拝するものでありたい。

礼拝説教メッセージ音声:ダン族の「見える所によって歩む」不信仰(士師記18:1-10):右クリックで保存

『そのころイスラエルには王がなかった。そのころダンびとの部族はイスラエルの部族のうちにあって、その日までまだ嗣業の地を得なかったので自分たちの住むべき嗣業の地を求めていた。それでダンの人々は自分の部族の総勢のうちから、勇者五人をゾラとエシタオルからつかわして土地をうかがい探らせた。すなわち彼らに言った、「行って土地を探ってきなさい」。彼らはエフライムの山地に行き、ミカの家に着いて、そこに宿ろうとした。』(士師記18:1-2)


ダン族には「その日までまだ嗣業の地を得なかった」とあるが、そんな事は無いはずである。
ヨシュア記を読むと、彼らにはヨシュアのくじによって、確かに相続地が割り当てられている。(ヨシュア記19:40-46)
しかしダン族は、情けない事に、原住民によってそこから追い出されてしまったのだ。(士師記1章)
他の部族は原住民を制圧し、完全には追い出し尽くさなかったものの、苦役に復させたりしたのに、ダン族に限っては、その原住民に圧倒されてしまっているのだ。
ようするに、彼らが信仰に立って動こうとしない「霊的怠慢」の結果、彼らは追い出され、定住地を得ずに放浪していたのだ。

『彼らがミカの家に近づいたとき、レビびとである若者の声を聞きわけたので、身をめぐらしてそこにはいって彼に言った、「だれがあなたをここに連れてきたのですか。あなたはここで何をしているのですか。ここになんの用があるのですか」。若者は彼らに言った、「ミカが、かようかようにしてわたしを雇ったので、わたしはその祭司となったのです」。』(士師記18:3-4)
ダン族の斥候たちは、レビびとの「声を聞き分け」たので、色々と質問している。
誰に連れて来られ、ここで何をしていて、何の用があるのか、と。

このレビ人は一見、祭司風の格好をして、礼拝風の事をしているのだから、別に、根掘り葉掘り聞く程でもないであろうに、そこまで彼に興味を持ったのは、彼の言葉の内容、あるいは、その礼拝形式が、彼らにとって普通ではなかったのだろう。
もしかしたら彼の礼拝形式が、何か斬新で、いかにもご利益ありげに見えたのかもしれない。
『彼らは言った、「どうぞ、神に伺って、われわれが行く道にしあわせがあるかどうかを知らせてください」。その祭司は彼らに言った、「安心して行きなさい。あなたがたが行く道は主が見守っておられます」。』(士師記18:5-6)
このレビ人は「主が」と言って、エホバの御名を出しているが、それにしても随分と素早い返答である。

正当な神の預言者であるなら、まず主に伺うはずである。
モーセは、過越祭をやむを得ない理由で祝えなかった人々から質問された時、『しばらく待て。主があなたがたについて、どう仰せになるかを聞こう。』(民数記9:8)と言ったし、エレミヤも、主の御心を求められた時は、10日間主の御前に出て御心を求めた。(エレミヤ42章)
御言葉の根拠も無しに、あるいは主に伺いもせずに、幸いな言葉を即答したり、幸いな預言を乱発するような人は、要注意である。

『そこで五人の者は去ってライシに行き、そこにいる民を見ると、彼らは安らかに住まい、その穏やかで安らかなことシドンびとのようであって、この国には一つとして欠けたものがなく、富を持ち、またシドンびとと遠く離れており、ほかの民と交わることがなかった。』(士師記18:7)
このライシという場所(後にダンの名が付される)は、聖書地図を確認すると、イスラエルの領土の中でも北のはずれに位置する。
それで、「ダンからベエル・シェバまで」という言葉が、イスラエルの領土の最北端から最南端までのイスラエル全領土を意味する言葉となった。
彼らは、どういうわけで、その地に目を留めたのか。

『かくて彼らがゾラとエシタオルにおる兄弟たちのもとに帰ってくると、兄弟たちは彼らに言った、「いかがでしたか」。彼らは言った、「立って彼らのところに攻め上りましょう。われわれはかの地を見たが、非常に豊かです。あなたがたはなぜじっとしているのですか。ためらわずに進んで行って、かの地を取りなさい。あなたがたが行けば、安らかにおる民の所に行くでしょう。その地は広く、神はそれをあなたがたの手に賜わるのです。そこには地にあるもの一つとして欠けているものはありません」。』(士師記18:8-10)
彼らが、そこに攻め上ろう、と言った根拠は、その地の人々は弱そうで、孤立しており、たやすく攻め落せそうだというのが理由だ。
彼らは取って付けたように「神はそれをあなたがたの手に賜わる」と言っているが、そこは主がヨシュアを通して示された地ではなかったはずだ。

かつて、ヨシュアとカレブは、いかに敵が巨体であろうと、城壁を持っていようとも、主が共におられるのだから、必ず攻め落とせる、と、信仰によって攻撃を仕掛け、そして実際に攻め落とした。
しかしダン族の考えは、その全く逆である。
その地は相続地として示されていないし、しかも、相手が弱そうだから攻めていこう、と言うのである。
随分情けない。

信仰者の歩みは、見える所によってではなく、御言葉に信頼し、まだ見ていない主の祝福を勝ち取って行くものである。
私達はダン族のようでなく、ヨシュアやカレブのように、御言葉の約束を信じ、積極的に祝福を勝ち取っていくものでありたい。 

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest