メッセージ - 201402のエントリ

礼拝説教メッセージ音声:初物は主のもの(申命記15:19-23):右クリックで保存

『牛、羊の産む雄のういごは皆あなたの神、主に聖別しなければならない。牛のういごを用いてなんの仕事をもしてはならない。また羊のういごの毛を切ってはならない。あなたの神、主が選ばれる所で、主の前にあなたは家族と共に年ごとにそれを食べなければならない。』(申命記15:19-20)
動物も人も、全て「男の初物は主のもの」としなければならないという、主のルールがあり、そして、その初子はいわば「代表選手」で、代表選手がした事は、それに属する全部が「した」と見なされる。
だから、初物を主に捧げた事によって、それに属する全ても「主に捧げられた」とみなされるのである。

罪は、人類全ての代表選手であるアダムによって入り込み、こうして、一人の人を通して、人類全体に罪が入り込んだ。(ローマ5:12)
しかしキリストは、人類全ての身代わりとなって、十字架上で罰を受け、死んで下さった。
そのキリストを、私達の主とし、私達の「代表選手」とする事によって、キリストが受けられた罰も、死も、よみがえりも、全て私達も「した」と、御父の前でみなされるのである。
そればかりでなく、キリストが成就して下さった律法も、キリストの義なる行いも、キリストの信仰も、キリストの愛も、全て、私達も「した」と見なされるのだ。

また、初子であっても、傷物は主に捧げてはならない、と、されている。
『しかし、その獣がもし傷のあるもの、すなわち足なえまたは、盲目など、すべて悪い傷のあるものである時は、あなたの神、主にそれを犠牲としてささげてはならない。町の内でそれを食べなければならない。汚れた人も、清い人も、かもしかや、雄じかと同様にそれを食べることができる。』(申命記15:21-22)

私達は、総理大臣や大統領に対して、傷物のものや、賞味期限切れのものを、プレゼントできるだろうか。
私達は、目に見える人間は普通に敬えるのに、目に見えない神は、あたかもいないかのように思ってしまい、無意識的に軽んじやすい。
しかし、主こそ総理大臣や大統領よりも大いなる方であり、何よりも恐れ敬うべき方である。
『わたしの名を侮る祭司たちよ、と万軍の主はあなたがたに言われる。ところがあなたがたは『われわれはどんなふうにあなたの名を侮ったか』と言い、汚れた食物をわたしの祭壇の上にささげる。またあなたがたは、主の台は卑しむべき物であると考えて、『われわれはどんなふうに、それを汚したか』と言う。
あなたがたが盲目の獣を、犠牲にささげるのは悪い事ではないか。また足のなえたもの、病めるものをささげるのは悪い事ではないか。今これをあなたのつかさにささげてみよ。彼はあなたを喜び、あなたを受けいれるであろうかと、万軍の主は言われる。』(マラキ1:6-8)

神はいない、と、みなしている人にとって、神に捧げる一連の行為は、単なる体裁の取り繕いに過ぎず、自分の資産のプラスマイナスで見るなら、マイナスの行為であると見なすものだ。
だから彼らにとって、きず物や無価値のものを神に捧げるほうが、エコで効率的、という事になり、傷のない良いものは自分のために残そう、という事になるのだ。

しかし、あいにく、神は生きておられ、私達を創造された聖なる尊きお方であり、決してエコで省けるようなお方ではない。
私達の一挙手一投足を見ておられ、心の動機も見ておられる、全能なるお方である。
だから、主を軽んじた捧げ物は、主に忌み嫌われ、その人の身に呪いを招く事になってしまう。

主を軽んじるような捧げ物を、主は「糞」と呼び、それをあなたたちの顔面に投げ返す、とさえ言っている。
『祭司たちよ、今この命令があなたがたに与えられる。万軍の主は言われる、あなたがたがもし聞き従わず、またこれを心に留めず、わが名に栄光を帰さないならば、わたしはあなたがたの上に、のろいを送り、またあなたがたの祝福をのろいに変える。あなたがたは、これを心に留めないので、わたしはすでにこれをのろった。見よ、わたしはあなたがたの子孫を責める。またあなたがたの犠牲の糞を、あなたがたの顔の上にまき散らし、あなたがたをわたしの前から退ける。』(マラキ2:1-3)

私達は、物やお金に限らず、礼拝や奉仕においても、「残りカス」を捧げてはならない。
世で遊ぶ事に疲れて、肝心の礼拝を休んでしまったり、礼拝の時は居眠りしてしまうとしたら、「残りカス」を捧げているのだ。
私達は、しっかりと自分を管理し、最も力のみなぎった自分自身という「初物」を、きよい供えものとして、主に捧げるべきである。

礼拝説教メッセージ音声:神の民に搾取されっぱなしは無い(申命記15:12-18):右クリックで保存

『もしあなたの兄弟であるヘブルの男、またはヘブルの女が、あなたのところに売られてきて、六年仕えたならば、第七年には彼に自由を与えて去らせなければならない。彼に自由を与えて去らせる時は、から手で去らせてはならない。群れと、打ち場と、酒ぶねのうちから取って、惜しみなく彼に与えなければならない。すなわちあなたの神、主があなたを恵まれたように、彼に与えなければならない。』(申命記15:12-14)

主は、人がいつまでも人の奴隷である事を、良しとしない。
六年仕えたなら、第七年には自由にしてやらなければならないと命じておられる。
そして、彼らを自由にした時には、必ず彼らが自立して家庭を築き、家族をしっかり養っていけるようにしてやるべきであり、その手元に何も残さずに出すような事はしてはならない。

だから、現代日本のように、6年以上働いても、家を買うどころか、結婚して子供を生む事さえままならないような労働条件は、奴隷以下であると言える。
そのように、人の弱みにつけ込んで不当に搾取をする事は、「ほふられる日のために災いを積み上げる」事である。
『見よ、あなたがたが労働者たちに畑の刈入れをさせながら、支払わずにいる賃銀が、叫んでいる。そして、刈入れをした人たちの叫び声が、すでに万軍の主の耳に達している。あなたがたは、地上でおごり暮し、快楽にふけり、「ほふらるる日」のために、おのが心を肥やしている。』(ヤコブ5:4-5)
という事は、今日本は、何千万人という人々の未払い賃金が、主に向かって叫び声を上げている事になる。
日本に次から次へと災いが降りかかるのは、偶像崇拝など主の忌み嫌われる事を幾つもしているからだが、その理由一つに、この「不当な搾取」がある事は確かだ。

神の民は、搾取されっぱなし、やられっぱなし、という事は無い。
エジプトで400年間奴隷だったイスラエルに対し、主は、エジプトからはぎ取るよう命じられ(出エジプト記3:22)、事実、その通りになった。
ヤコブも、ラバンの元で7年間ラケルのために、さらに7年間レアのために、さらに6年間、一人立ちするための財産を得るために、ラバンの持ち物の面倒を見たが、ラバンはヤコブが何をしても祝福されるので、彼を去らせる事を嫌がり、また、彼に報酬を与える事も惜しんで、何度も報酬の条件を変えた。
しかし主は、ヤコブがいいように搾り取られる事を赦さず、ヤコブのために弁護して下さり、ヤコブは祝福され、多くの物持ちになって、無事、ラバンの元を去る事が出来た。(創世記31章)

『あなたはかつてエジプトの国で奴隷であったが、あなたの神、主があなたをあがない出された事を記憶しなければならない。このゆえにわたしは、きょう、この事を命じる。』(申命記15:15)
イスラエルはかつて奴隷であった事を、いつも覚えていなくてはならない、と、命じられているのは、奴隷を雇うまでに祝福された時、彼らにきつく当たらせないためである。

自分の元にいる奴隷が、とても有能であるなら、ラバンがヤコブを去らせなかったようにしたくなるのが実情であるが、それは主の命令に反する事である。
奴隷を自由にしてやった後の、自分の家や事業の心配は、全く無用である。なぜなら、次のように、祝福の約束があるからだ。
『彼に自由を与えて去らせる時には、快く去らせなければならない。彼が六年間、賃銀を取る雇人の二倍あなたに仕えて働いたからである。あなたがそうするならば、あなたの神、主はあなたが行うすべての事にあなたを祝福されるであろう。』(申命記15:18)

日本には奴隷制度は無く、一見、日本には奴隷は一人もいないように見えるが、実は、人は誰しも、何かしらの奴隷である。
『あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至るのです。』(ローマ6:16)
皆さんは、何の奴隷だろうか。
私達キリスト者は、キリストの奴隷であるべきである。

『その人があなたと、あなたの家族を愛し、あなたと一緒にいることを望み、『わたしはあなたを離れて去りたくありません』と言うならば、あなたは、きりを取って彼の耳を戸に刺さなければならない。そうすれば、彼はいつまでもあなたの奴隷となるであろう。女奴隷にもそうしなければならない。』(申命記15:16-17)

それまで仕えて来た奴隷が、いつまでもその主人の元にいたい、という場合、その奴隷の「耳」を、きりで戸に刺し貫いて打ち付ける、というのは、実に興味深い。
皆さんは、主人であるキリストの元を去りたいだろうか?
去りたくないのであるなら、皆さんの「耳」は、キリストの家の扉へと、打ち付けるべきである。
主の宮において、いつも主に耳を開き、いつも主の門にいて耳をすましているなら、皆さんは、いつまでも主の門で仕える主のしもべなのだ。

礼拝説教メッセージ音声:兄弟姉妹を助ける事の祝福(申命記15:1-11):右クリックで保存

主は、困っている兄弟姉妹には、惜しまずに貸し、そして7年ごとの「ゆるしの年」には、その負債を免除しなくてはならないと命じている。
『すべてその隣人に貸した貸主はそれをゆるさなければならない。その隣人または兄弟にそれを督促してはならない。主のゆるしが、ふれ示されたからである。外国人にはそれを督促することができるが、あなたの兄弟に貸した物はゆるさなければならない。しかしあなたがたのうちに貧しい者はなくなるであろう。(あなたの神、主が嗣業として与えられる地で、あなたを祝福されるからである。)』(申命記15:2-4)

「ゆるしの年はもう近い」と考えて、貸す事を惜しむなら、貧しい人がその人を主に訴えるなら、その人は罪と定められてしまう。(9節)
しかし、惜しまずに貸すなら、以下のような祝福の約束がある。
『あなたの神、主が約束されたようにあなたを祝福されるから、あなたは多くの国びとに貸すようになり、借りることはないであろう。またあなたは多くの国びとを治めるようになり、彼らがあなたを治めることはないであろう。』(申命記15:5-6)

だから、「これを貸して、もし戻って来なかったら、自分は損をして、もっと貧しくなってしまうのではないか」という心配は、無用である。
逆に、他の国々に沢山貸すまでに物が祝福され、多くの国を支配するまでになるのだ。

「他を支配するのは良くないのでは」と思う方もいるかもしれないが、そう思う背後には、圧政したり搾取したりという「悪い支配」の事例を、世の中で数多く見て来た経験がある。
しかし、神の御心に叶った「正しい支配」というものがあり、神を恐れ、御言葉に忠実な人が行う「正しい支配」は、多くの人を幸いにする。
実際、エジプトの宰相となったヨセフは、世界中がききんの時、憐れみ深い政策を取り、当時の世界の人々は、喜んでヨセフの支配下に入った。
(創世記47章 詳細: http://voh.plala.jp/modules/d3blog/details.php?bid=1139&cid=23)
だからむしろ、神を敬う神の子達が、悪い者が支配している世から支配権を奪回し、正しく支配するべきなのだ。

『貧しい者はいつまでも国のうちに絶えることがないから、わたしは命じて言う、『あなたは必ず国のうちにいるあなたの兄弟の乏しい者と、貧しい者とに、手を開かなければならない。』(申命記15:11)
貧富の差というものは、必ず出てくるものだ、と、主は言われた。
確かに、人は罪の故に貧しくなる事はあるが、ヨブのように、主が何かを学ばせるために、敢えてその人を低くする場合もある。
もし兄弟姉妹が貧しくなり、困った場合、私達は彼らを助けるべきである。
なぜなら、私達の主・キリストがそうされたからだ。

『あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っている。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、あなたがたが、彼の貧しさによって富む者になるためである。・・・それは、ほかの人々に楽をさせて、あなたがたに苦労をさせようとするのではなく、持ち物を等しくするためである。すなわち、今の場合は、あなたがたの余裕があの人たちの欠乏を補い、後には、彼らの余裕があなたがたの欠乏を補い、こうして等しくなるようにするのである。』(2コリント8:9-13)
だから私達も、キリストにならうべきである。
もし兄弟姉妹を助けられる程の祝福を頂いているなら、惜しまず、助けるべきである。

「交わり」のギリシア語・コイノニアとは、兄弟姉妹が当たり障りなく談笑するだけのものではなく、寄付や援助などの、具体的な相互援助も意味している。
皆さんは、兄弟姉妹の「交わり」の中から、金銭的・物質的援助を、除外して考えてはいないだろうか。
『キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、「いのち(プシュケー:感情や意志、思い)」を捨てるべきです。世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。
子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。それによって、私たちは、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。愛する者たち。もし自分の心に責められなければ、大胆に神の御前に出ることができ、また求めるものは何でも神からいただくことができます。』(1ヨハネ3:16-22)

働かずに他人からの援助で生きていこうとするような怠け者に対しては、自分の手で骨折って働くよう戒めるべきであるが(2テモテ3:12)、もしその人に自立する気があって、たまたま貧しくなってしまったような場合であるなら、惜しまず援助するべきである。
それをするなら、さらに豊かに祝福され、ますます豊かに与えるまでになる、という、以下の約束が伴っている。

『少ししかまかない者は、少ししか刈り取らず、豊かにまく者は、豊かに刈り取ることになる。各自は惜しむ心からでなく、また、しいられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛して下さるのである。神はあなたがたにあらゆる恵みを豊かに与え、あなたがたを常にすべてのことに満ち足らせ、すべての良いわざに富ませる力のあるかたなのである。「彼は貧しい人たちに散らして与えた。その義は永遠に続くであろう」と書いてあるとおりである。
種まく人に種と食べるためのパンとを備えて下さるかたは、あなたがたにも種を備え、それをふやし、そしてあなたがたの義の実を増して下さるのである。こうして、あなたがたはすべてのことに豊かになって、惜しみなく施し、その施しはわたしたちの手によって行われ、神に感謝するに至るのである。なぜなら、この援助の働きは、聖徒たちの欠乏を補うだけではなく、神に対する多くの感謝によってますます豊かになるからである。』(2コリント9:6-12)

アダムとエバ - 覆い隠しと訴えの始まり(創世記3:6-13)
第一礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

『すると、ふたりの目が開け、自分たちの裸であることがわかったので、いちじくの葉をつづり合わせて、腰に巻いた。』(創世記3:7)
善悪の実を食べたアダムとエバは、善悪判断の目が開かれ、そこで真っ先にした事は、自分を見、裸である事を認知し、それを「良くない」と判断して、その見られたくない部分を、手頃な物で覆い隠した事だった。
そして、主なる神の歩まれる音を聞くと、恐れ、全てを見ておられる主の御顔を避けるために、園の木の間に隠れるという、実に”あさって”な事をするようになった。
ダチョウは、目の前に猛獣が現れると、砂の中に頭を埋めるらしい。そうするとダチョウの目には猛獣が見えなくなるため、猛獣から逃げおおせた、と、思い込んでいるのだが、猛獣の前には、相変わらず頭だけ砂に突っ込んだ大きな図体を晒し続けているだけなのだ。
この時のアダムとエバは、このダチョウと同じ愚かさを演じている。そして、神はいないと言っている人も、あるいは、神はいないと自らに言い聞かせ、好き放題に罪を飲み食いしている人も、同様である。

『あなたが裸であるのを誰が知らせたのか。食べるなと命じておいた木から、あなたは取って食べたのか』
神は、分からないから質問したのではない。神は全能だから、何でも知っておられる。
神が敢えて聞かれたのは、自分の事を、自分の口で告白させるためである。(マルコ10:36,51)
彼は、自分が行った事は一切言わず、他人が行った事を指摘して、フォーカスをずらした。
『わたしと一緒にしてくださったあの女が、木から取ってくれたので、わたしは食べたのです。』
この言葉の中には、自分が悪かったという告白は一片も無く、神様が自分のあばら骨から造って下さった女のせいにし、ひいては、女を自分の所に連れてきて下さった神様にも、責任の一端があるように言った。
女もまた、自分が悪かったという告白をせず、男になぜ食べさせたのかも言わず、ただ蛇のせいにした。
他人の欠点や罪をあら捜しばかりして、それを糾弾する人がいる。彼らはなぜそれをするのか。
それは、他人の罪や欠点にフォーカスを向けさせる事で、自分から視線を離させ、自分の罪を覆い隠したいからだ。だから、やましさのある人ほど、他人の欠点や罪をあら捜しばかりするものだ。「先に訴え出る者は正しいように見える、しかしその訴えられた人が来て、それを調べて、事は明らかになる。」(箴18:17)

もしアダムとエバが、あの時、自分の罪を告白し、主に赦しを請い願っていたら、どうなっていただろうか。
主のご性質から、彼らは赦されていたのではないか、と、私は思う。なぜなら、主は赦しに富みたもうお方であり、自分の罪を素直に認めたダビデの罪を、神は罪を見過ごしてくださったからだ。
放蕩息子も、罪を告白した時、父は罪を不問にし、肥えた子牛をほふり、子として元の地位に戻してくれた。
「もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。」(1ヨハネ1:9)
だから、私達が罪を指摘された時、ただそれを認め、悔い改めて赦しを乞うのみである。
自分の罪を告白し、悔い改めるなら、主は赦してくださる。しかし、自分を棚に上げ、「兄弟姉妹を中傷する」という、サタンと同じ座に着く者は、アダムとエバのように呪われてしまう。
ゼカリヤ3章には、神の裁きの座にノコノコと来て立ち、大祭司ヨシュアをを罪定めしようとするサタンの様子が書かれているが、ぬけぬけと神の裁きの座に立って、訴えようとする者は、逆に神に訴えられるのだ。

アダムとエバは、自分の罪を認めず、告白せず、他人あるいは神のせいにして呪いを受け、エデンの園から追い出されてしまった。もし彼らが、あの時、罪を認め、告白し、悔い改めていたなら、どうなっていたか。
それは起きていない事なので、正確には分からないし、推測する以外に無いが、一つ確かな事は、皆さんは、主から罪を示されたのであれば、それを認め、主に赦しを乞い、悔い改めるなら、赦されるのである。
そうではなく、他の人(愛すべき妻や夫、両親、兄弟姉妹、働き人、そして、神ご自身)を糾弾して、自分の罪を隠そうとするなら、呪いを受け、エデン(「歓喜の場所」という意味」)からは追い出されてしまうのだ。
ダビデのように、罪が指摘されたら素直に認め、主に罪を赦していただき、神と聖徒との光の交わりを、常に保って行く皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声:十分の一を捧げる事の祝福(申命記14:22-29):右クリックで保存

『あなたは毎年、畑に種をまいて獲るすべての産物の十分の一を必ず取り分けなければならない。そしてあなたの神、主の前、すなわち主がその名を置くために選ばれる場所で、穀物と、ぶどう酒と、油との十分の一と、牛、羊のういごを食べ、こうして常にあなたの神、主を恐れることを学ばなければならない。』(申命記14:22-23)
主が人に十分の一を捧げるよう命じられたのは、全地は元々主のものであり(詩篇24:1、詩篇95篇)、主が恵みによって人々を養っておられる事を、思い起こさせ、主を恐れることを学ぶためである。

もし人が、主が支配しておられる自然界からの恵みを下さる事に感謝せず、主を覚えもせず、ただむさぼり食っているとしたら、それは「ただ食い」であり、主のものを盗んでいる事になり、そういう人は、呪われる。
『人は神の物を盗むことをするだろうか。しかしあなたがたは、わたしの物を盗んでいる。あなたがたはまた「どうしてわれわれは、あなたの物を盗んでいるのか」と言う。十分の一と、ささげ物をもってである。あなたがたは、のろいをもって、のろわれる。あなたがたすべての国民は、わたしの物を盗んでいるからである。』(マラキ3:8-9)

だから私達も、恵みによって養って下さる主に感謝し、十分の一を捧げるのならば、全てを支配しておられる主が、さらに恵みを増し加えて下さる。
『わたしの宮に食物のあるように、十分の一全部をわたしの倉に携えてきなさい。これをもってわたしを試み、わたしが天の窓を開いて、あふるる恵みを、あなたがたに注ぐか否かを見なさいと、万軍の主は言われる。
わたしは食い滅ぼす者を、あなたがたのためにおさえて、あなたがたの地の産物を、滅ぼさないようにしよう。また、あなたがたのぶどうの木が、その熟する前に、その実を畑に落すことのないようにしようと、万軍の主は言われる。こうして万国の人は、あなたがたを祝福された者ととなえるであろう。あなたがたは楽しい地となるからであると、万軍の主は言われる。』(マラキ3:10-12)

また主は、貧しい人達や、主の働き人であるレビ人達にも、十分の一によって恵みの分かち合いをするよう、命じている。
『町の内におるレビびとを捨ててはならない。彼はあなたがたのうちに分がなく、嗣業を持たない者だからである。三年の終りごとに、その年の産物の十分の一を、ことごとく持ち出して、町の内にたくわえ、あなたがたのうちに分け前がなく、嗣業を持たないレビびと、および町の内におる寄留の他国人と、孤児と、寡婦を呼んで、それを食べさせ、満足させなければならない。そうすれば、あなたの神、主はあなたが手で行うすべての事にあなたを祝福されるであろう。』(申命記14:27-29)

モーセは再三、レビ人を、すなわち、主の働き人を養うよう、命じている。
すなわち、三年ごとに十分の一を町の内に置き、レビ人や在留異国人、孤児ややもめのための食料とし、彼らを満足させなくてはならない、と。
なぜなら、それをする事によっても、その人は祝福されるからである。

『わたしが選ぶところの断食は、悪のなわをほどき、くびきのひもを解き、しえたげられる者を放ち去らせ、すべてのくびきを折るなどの事ではないか。また飢えた者に、あなたのパンを分け与え、さすらえる貧しい者を、あなたの家に入れ、裸の者を見て、これを着せ、自分の骨肉に身を隠さないなどの事ではないか。そうすれば、あなたの光が暁のようにあらわれ出て、あなたは、すみやかにいやされ、あなたの義はあなたの前に行き、主の栄光はあなたのしんがりとなる。』(イザヤ58:6-8)
断食とは何も、食を断つ事だけではない。
いかに食を絶ったとしても、困っている人や貧しい人を虐げたり、肉親を世話しない等、主の忌み嫌われる事をしているなら、それはただ単に「食べない」だけであって、主の御前には、何も残らない。

主が喜ばれる断食とは、悪の束縛を振りほどき、人を虐げる事や、不当に人を支配する事を、止める事である。
そして、貧しい人や飢えている人を満足させる事、困っている人を見てみぬふりをせず、肉親もしっかり助け養う事であり、そのような人は、主を呼ぶ時に主は答えて下さる。
『もし、あなたの中からくびきを除き、指をさすこと、悪い事を語ることを除き、飢えた者にあなたのパンを施し、苦しむ者の願いを満ち足らせるならば、あなたの光は暗きに輝き、あなたのやみは真昼のようになる。主は常にあなたを導き、良き物をもってあなたの願いを満ち足らせ、あなたの骨を強くされる。あなたは潤った園のように、水の絶えない泉のようになる。』(イザヤ58:10-11)

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
主に喜ばれる実を結ぶために(ヨハネ15:1-11):右クリックで保存
祈り会音声:右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
裁くことについて(マタイ7:1-6):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
12の門と12の土台石(黙示録21:9-21):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声:きよい性質と汚れた性質の切り分け(申命記14:1-21):右クリックで保存

『あなたがたはあなたがたの神、主の子供である。死んだ人のために自分の身に傷をつけてはならない。また額の髪をそってはならない。あなたはあなたの神、主の聖なる民だからである。主は地のおもてのすべての民のうちからあなたを選んで、自分の宝の民とされた。』(申命記14:1-2)
主はイスラエルを「主の子供」「主の聖なる民」、ご自分の「宝の民」とされた。
イエスキリストによって贖われた私達も、キリストにあって神の子とされ、聖なる国民、王族の祭司とされ、宝の民とされたのだ。

「宝」は、他とは区別された尊く大切なものであり、それなりに手厚い扱いをする。
ビー玉よりも真珠の方が尊く、よりきめ細やかなケアが必要なように、主は、ご自身の宝の民である私達を、丁重に特別扱いし、きめ細やかなケアをされる。
故に、他の人が平気やっている事を、私達がするのは絶対許さない事もあるが、結局それは、他の人には決して与かれない特別な栄誉と祝福を与えて下さるためだ。
そうであるからには、私達は自らを聖別し、罪の世から自らを分離して、聖なる趣きに傷や汚れを受けぬように、努力し続けるべきである。

『忌むべき物は、どんなものでも食べてはならない。』(申命記14:3)
「食べる」、という行為は、その対象のいのちを採り入れ、それを自分の血とし肉とし、一体化する行為であるが、ここでは、食べてよい動物と食べてはならない動物、一体化してよい動物と、一体化してはならない動物の区別が、示されている。
その区別を知る事によって、私達は、どのような性質を目指すべきで、どのような性質を捨て去るべきかも分かる。

地上に住む生物の内で、きよい動物の性質は、「ひずめが分かれたもの」(申命記14:4-6)、また、水棲動物できよい性質とは、ひれがあり、うろこがあるものである。(同9-10節)
地や海底に這いつくばったりしせず、ひずめで直接地に接する事をせず、うろこ等で外界に対して一線を画し、自らの足で立って歩み、ひれを使って泳ぐ。この、地(あるいは海底)に、直接接しない性質は、きよい。

地は、世を表している。「地につくもの」は肉に属するもの、悪魔的なものであると、ヤコブ書3章で記されているからだ。
サタンは「一生腹ばいで歩き、ちりを食べる」(創世記3:14)、「地を行き巡り、そこを歩き回る」(ヨブ2:2)性質であるが、そのように、世を這いつくばって行き来するが、それは、神から呪われた性質である。
私達にとっても、世とは一線を画し、地に属さぬよう、信仰によって立ち、信仰によって歩むのが、きよい性質である。

また、「反芻(よく噛んで食べる)」する動物はきよい動物、そうでない動物は、きよくないとされている。
きよい動物は、概して草食動物であり、草は、主が全ての動物が食べるようにと、食物として与えて下さったものである。(創世記1:30)
私達も、主が与えて下さった食物、御言葉を、よく噛んで咀嚼し、よく味わい、よく消化するなら、それは主に喜ばれる性質である。
それに対し、主が与えて下さる食物を反芻せず、味わいもせず、何でもかんでもそのまま鵜呑みにしてしまう「豚」のような性質は、主に嫌われる性質である。

神が世を創造された当初、全動物は、主が食物として与えて下さった草を食べており、その時、人も、神が結ばせて下さった、あらゆる良き実だけを食べて生きていた。
その頃は、他の動物のいのちを奪って肉を食べる、などという事は、しなかった。
肉食、すなわち、ある動物のいのちを取って、そのいのちをいただく行為は、罪が入った結果、始まった事であり、他の動物を鉤爪で引き裂いたり、牙で噛み付いたりして、むやみに血をながす性質は、サタンの性質である。
だから、それをする猛獣や猛禽類は、汚れた性質とされている。

まことのいのちをもたらす唯一の食物は、イエスの肉であり、イエスの血である。
『イエスは彼らに言われた、「よくよく言っておく。人の子の肉を食べず、また、その血を飲まなければ、あなたがたの内に命はない。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者には、永遠の命があり、わたしはその人を終りの日によみがえらせるであろう。わたしの肉はまことの食物、わたしの血はまことの飲み物である。
わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者はわたしにおり、わたしもまたその人におる。生ける父がわたしをつかわされ、また、わたしが父によって生きているように、わたしを食べる者もわたしによって生きるであろう。』(ヨハネ6:53-57)
私達も、この御方の肉を食べその血を飲む事、すなわち、主の聖餐にあずかる事よって、この御方と一体化し、それによって、まことのいのちと一体化するのである。

『すべて自然に死んだものは食べてはならない。町の内におる寄留の他国人に、それを与えて食べさせることができる。またそれを外国人に売ってもよい。あなたはあなたの神、主の聖なる民だからである。』(申命記14:21)
自然死したものを食べる事は、確かに衛生上良くないが、死は、罪から来る報酬である。(ローマ6章)
私達は、世の人々と同じように、自らの罪が結実した「死」を飲み食いして、罪や死と一体化してはならない。

『子やぎをその母の乳で煮てはならない。』(申命記14:21)
子は、新しく生まれたいのちで、大切に育てていくべきものであり、母は、自らのからだを開いて新しいいのちを生み出し、それを自らの乳でもって養い、守り、育てていくものである。
その、母と子の両方のいのちを奪って、いのちの養いである乳で煮る行為は、いのちへの愛情を、いのちの養いを踏みにじる行為である。

私達は、世とサタンからは分離して生きるべきであり、聖と俗と切り分け、いのちと死とを切り分け、聖なる者として、いのちにあって歩むべきである。

礼拝説教メッセージ音声:滅ぼされるべき者であるのに(申命記13:12-18):右クリックで保存

まことの神から離れさせ偶像礼拝へと向わせる動きが、町ぐるみで行われている場合、すぐに滅ぼす、という事はせず、よく調べ、よく問いただしてから、判決を下さなくてはならない。
そして、そのような憎むべき事が行われていた事が明らかとなった場合は、その町の住人ばかりでなく、家畜も、全て剣で滅ぼしつくす事が命じられており、しかも、その町から何のぶんどりもしてはならず、徹底的に破壊し焼き尽くした後は、そこを忌むべき所として、二度とそこを再建してはならない、とまで命じている。(申命記13:12-17)

しかしながら、列王記や歴代誌を見ると、町ぐるみどころか、国ぐるみで、まことの神から離れさせ他の神々へと向わせる動きが幾度もあった。
モーセの命令がそのまま正確に実行されたならば、イスラエルは全て、とうの昔に滅ぼされ、二度と再建されなかったはずである。
それなのに、イスラエルは滅ぼし尽くされず、今も生かされている。

なぜ生かされているのか。
それは、主の憐れみによるものであり、悔い改めて主に立ち返る民を、主が残しておられたからである。
主は憐れみ深い。主は人が悔い改めて立ち返るなら、ひと度発した滅びの宣告を、思い直されるお方である。(ヨナ3章)

主は、人が罪の内に滅んでいく事を、願っておられない。
「人の子よ。イスラエルの家に言え。あなたがたはこう言っている。『私たちのそむきと罪は私たちの上にのしかかり、そのため、私たちは朽ち果てた。私たちはどうして生きられよう。」と。彼らにこう言え。「わたしは誓って言う。――神である主の御告げ。――わたしは決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。」』(エゼキエル33:10)

主は、人を好き好んで罰するようなお方ではなく、むしろ、人が悔い改めて悪の道から立ち返り、いのちを得て生きる事を、望んでおられ、悔い改めて主に立ち返る人にはあわれみを施し、豊かに赦して下さる。
『主を求めよ。お会いできる間に。近くにおられるうちに、呼び求めよ。悪者はおのれの道を捨て、不法者はおのれのはかりごとを捨て去れ。主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。』(イザヤ55:6-7)

義人は、いない。一人もいない。
律法を完全に実行できる人も、いない。
人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、ただ、信仰による。

『人の義とされるのは律法の行いによるのではなく、ただ「キリスト・イエスを信じる信仰(ピスティス・イエーソゥ・クリストゥ:イエスキリストの信仰)」によることを認めて、わたしたちもキリスト・イエスを信じたのである。それは、律法の行いによるのではなく、「キリストを信じる信仰(ピスティス・クリストゥ:キリストの信仰)」によって義とされるためである。なぜなら、律法の行いによっては、だれひとり義とされることがないからである。

多くの日本語訳では、ここは、キリストイエスを信じる信仰によって義と認められる、と、訳されているが、「その人の(イエスを信じる)信仰」によるのではなく、「キリストの信仰」によって、義と認められるのだ。
事は、人の何かによるのではない。
イエスの信仰、イエスの愛、イエスの憐れみによって、私達人間は、ようやく立っていられるのだ。

私達は、モーセの律法のままに裁かれるとしたら、とうの昔に、罪のゆえに処罰され、滅んでいたはずだった。
しかし私達キリスト者は、今、なんと赦され、生かされている。
それは、キリストが、私達の身代わりとなって処罰され、十字架上で死んで下さった故である。
私達は、真理の上では、既に死んでおり、父なる神の御前には「処罰され済み」とされている。

『わたしは、神に生きるために、律法によって律法に死んだ。わたしはキリストと共に十字架につけられた。生きているのは、もはや、わたしではない。キリストが、わたしのうちに生きておられるのである。しかし、わたしがいま肉にあって生きているのは、わたしを愛し、わたしのためにご自身をささげられた「神の御子を信じる信仰(神の御子の信仰)」によって、生きているのである。』(ガラテヤ2:19-20)
ここも正確には、「私達人間が神の御子を信じる信仰によって生きている」のではなく、「神の御子の信仰によって私達は生かされている」のである。

結局、人間が誇れるべきものは、何もない。
「すると、どこにわたしたちの誇があるのか。全くない。なんの法則によってか。行いの法則によってか。そうではなく、信仰の法則によってである。」(ローマ3:27)
私達はただ、イエス様にひれ伏して、この御方にあって生きるのみだ。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest