メッセージ - 201402のエントリ

礼拝説教メッセージ音声:神の戦いにおいて最も邪魔するもの(申命記20:1-9):右クリックで保存

申命記二十章は、戦いに出る時のおしえである。
『あなたが敵と戦うために出る時、馬と戦車と、あなたよりも大ぜいの軍隊を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの国から導きのぼられたあなたの神、主が共におられるからである。』(申命記20:1)
私達にも、日々、諸々の戦いがある。病や貧困、将来についての問題や課題、超えるべき壁など。

戦いに際して、真っ先にアドバイスを伺うべきは、将軍ではなく、祭司であると、モーセは命じているが、私達も同様である。
私達が真っ先にアドバイスを伺うべきは、まことの大祭司、イエス・キリストである。
『あなたがたが戦いに臨むとき、祭司は進み出て民に告げて、彼らに言わなければならない、「イスラエルよ聞け。あなたがたは、きょう、敵と戦おうとしている。気おくれしてはならない。恐れてはならない。あわててはならない。彼らに驚いてはならない。あなたがたの神、主が共に行かれ、あなたがたのために敵と戦って、あなたがたを救われるからである。」』(申命記20:2-4)

人は、軍勢の多い事によって救われない。馬や装備などによっても、救われるものではない。主は、馬の力を喜ばず、歩兵を好まない。ただ、主を恐れる人と、御恵みを待ち望む人とを、主は喜ばれる。(詩篇147:10-11)
だから、あらゆる戦いの勝利の鍵は、いかに主を喜ばせているか、である。
数は多いけれど主の御心に反している軍と、人数は少なくても主の御心に適っている軍とが、戦った場合、必ず後者が勝つ。(創世記14章、民数記31章、士師記7章、1サムエル14章、2歴代誌20章、他多数)
神の民にとって、戦いは、人数や知恵、力よりも、主にまっすぐにより頼んでいるかどうかが大事なのだ。

それ故、戦いに際して排除しなくてはならないものは、「恐れ」であり、「未練」である。
『次につかさたちは民に告げて言わなければならない。「新しい家を建てて、まだそれをささげていない者があれば、その人を家に帰らせなければならない。そうしなければ、彼が戦いに死んだとき、ほかの人がそれをささげるようになるであろう。ぶどう畑を作って、まだその実を食べていない者があれば、その人を家に帰らせなければならない。そうしなければ彼が戦いに死んだとき、ほかの人がそれを食べるようになるであろう。
女と婚約して、まだその女をめとっていない者があれば、その人を家に帰らせなければならない。そうしなければ彼が戦いに死んだとき、ほかの人が彼女をめとるようになるであろう。」』(申命記20:5)

神の国の戦いにおいて、最も邪魔するものは、この、気後れしている者、恐れている者、おくびょう者である。
手勢の少なさや、装備の無さは、主の戦いの妨げとなるものではない。
むしろ、気後れや恐れ、おくびょうこそ、有害である。

イスラエルが荒野で40年も回り道をしてしまった原因は、何だったか。
それは、わずか十名の斥候の、「恐れ」が発端だった。(民数記13-14章)
十人の恐れが百人の恐れとなり、千人の恐れとなり、万人に、そして六十万人にまで膨れ上がって、収集がつかなくなってしまった。

地獄の火の池で永遠に苦しむ者の、筆頭たる者は、どんな者かご存知だろうか。
それは、「おくびょうな者」である。
『しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。』(黙示録21:8)
人殺しや姦淫を行う者より、なぜ、おくびょう者や、信じない者のほうが、地獄を受け継ぐ者の筆頭に来るのか。
それは、イスラエル六十万を荒野の四十年へ導いたのは、人殺しや姦淫を行う者ではなく、おくびょうな者や信じない者だったからである。

『つかさたちは、また民に告げて言わなければならない。『恐れて気おくれする者があるならば、その人を家に帰らせなければならない。そうしなければ、兄弟たちの心が彼の心のようにくじけるであろう。』(申命記20:8)
恐れは火のように飛び火すると、多くの人の心を汚染してしまう。
それは「気後れ」も、「不信仰」も、「なまけ心」も同様である。
だから私達は、信仰の戦いにおいては、まずそのような心を、まず取り除かなくてはならない。

礼拝説教メッセージ音声:不正な者に対抗される主(申命記19:14-21):右クリックで保存

『あなたの神、主が与えて獲させられる地で、あなたが継ぐ嗣業において、先祖の定めたあなたの隣人の土地の境を移してはならない。』(申命記19:14)
受け継ぐ事の出来る相続地の広さは、荒野での第二回目の人口調査の時の部族の人数によって、永遠に決定づけられ、この時に決定された相続地の境界線は、後代もずっと変えてはならないと、主は定められた。(申命記27:17、箴言22:28、23:10)
荒野で過ごした期間は、いかに良き地を継げるか、という、査定期間のようなもので、その期間、主に喜ばれ祝福されるように過ごした部族には多くが与えられ、主の怒りを買って人数を減らしてしまった部族には、少ししか与えられなかった。

同じように今、私達が生きているこの人生は、天の国という永遠の相続というボーナスを得るための、ボーナス査定期間みたいなものだ。
天には、キリスト者が永遠に住まうマンションが、相続地として用意されており、いかに良いグレードのマンションに住まう事が出来るかというのは、この、地上での人生という査定期間にかかっているのである。(2コリント5:10)

『どんな不正であれ、どんなとがであれ、すべて人の犯す罪は、ただひとりの証人によって定めてはならない。ふたりの証人の証言により、または三人の証人の証言によって、その事を定めなければならない。』(申命記19:15)
約束の血において、不正な事が行われた場合、それを罰すべき罪として定めるには、必ず二人以上の証人がいなければならない事は、既に17章で学んだ通りであるが、この制度を悪用する者が出てくる事も、当然考えられる。
証人が二人以上いれば、それで罪定めが成立してしまう、という事は、偽りの証人を二人立てるなら、無実の罪を着せる事も可能である、という事だ。

『もし悪意のある証人が起って、人に対して悪い証言をすることがあれば、その相争うふたりの者は主の前に行って、その時の祭司と裁判人の前に立たなければならない。』(申命記19:16-17)
もし、証人が偽りを言っている疑いがある場合は、係争中の二者は主の前に出て、この事を時の祭司と裁判人の元に持って行かなくてはならない。

『その時、裁判人は詳細にそれを調べなければならない。そしてその証人がもし偽りの証人であって、兄弟にむかって偽りの証言をした者であるならば、あなたがたは彼が兄弟にしようとしたことを彼に行い、こうしてあなたがたのうちから悪を除き去らなければならない。そうすれば他の人たちは聞いて恐れ、その後ふたたびそのような悪をあなたがたのうちに行わないであろう。あわれんではならない。命には命、目には目、歯には歯、手には手、足には足をもって償わせなければならない。』(申命記19:18-21)
このように、偽りの証人に対しては、その者がたくらんだ訴えた罪状に対する処罰が、そのままその者に返される。
相手の財産を取るための偽りの訴えなら、その金額をそのまま相手に渡す事となり、相手を亡き者にしようという偽りの訴えなら、その者が、亡き者とされてしまうのだ。

ダニエルを陥れるために、「王以外を礼拝する者は死刑」という法律をわざわざ作り、潔白なダニエルを亡き者にしようとする者達があった。
そしてダニエルは「主を礼拝した」かどで捕らえられ、ライオンの穴に投げ込まれたが、主は御使いを送り、ライオンの口を塞いで、主ご自身が、ダニエルの潔白を証明して下さった。
それで、ダニエルを陥れようと企んでいた者達が、自分達が計ったとおりに計り返され、妻子もろともライオンの穴に投げ込まれる事になり、彼らが穴に落ち込む前に、ライオンに食い尽くされた。
このように、主の御前に、いつも正しく歩もうとする人は、主ご自身が潔白を証明され、守って下さるのである。

聖書の考え方に、現代蔓延している「言った者勝ち」という概念は無い。
むしろ、訴える事はサタンのする事であり、不当な「訴え」をする者には、それ相応の報いがそのまま返って来るものだ。
聖書はむしろ、「主に委ねた者勝ち」なのだ。

礼拝説教メッセージ音声:のがれの町(申命記19:1-13):右クリックで保存

申命記19章では、モーセは再び「のがれの町」について指示をしている。
主がイスラエルにカナンの地を得させて、そこに住むようになった時には、あやまって人を殺してしまった人が逃れるための「のがれの町」を備えるよう命じている。
その町は、どこからでも行きやすい距離とし、その町への道も備えるようにしなければならない。(申命記19:1-3)

この町に逃れる権利があるのは、人を殺してしまったのが「意図的ではない場合」であって、故意に、殺意をもって人を殺してしまった場合は、そこに逃れる権利は無く、たとえ、その町に逃げて来たとしても、その者は復讐者の手に強制的に戻される。
『彼をあわれんではならない。罪のない者の血を流したとがを、イスラエルから除かなければならない。そうすればあなたにさいわいがあるであろう。』(申命記19:11-13)

逃れの町に関する主の指示は、民数記35章で詳細に見ることが出来る。
この町は、専属的に主に仕える奉仕者・レビ人達の町のうちから選ばれるものであり、誰かが意図せずして人を殺めてしまった場合、時の大祭司が死ぬまでその町の中にいるなら、復讐者の手から守られるよう保証されているが、大祭司が死ぬ前に、その町から出歩いているのを復讐者に見つけられた場合、その復讐者に殺されても仕方ないとされている。
しかし、大祭司が死んだ後にはその人は自由となり、自分の所有地に帰ることが出来るようになる。(民数記35:25-28)

この「のがれの町」は、イエス様のご性質をよく表している。
のがれの町には、意図せずして人を殺めてしまった者が逃げ込むべき町であるが、私達も、意図せず人を傷つけたり、知らない間に罪をおかしたりしてしまうため、何らかの保護措置が無いと、自らの罪のゆえに、滅ぼされてしまう。
イエス様は、そんな私達のために「のがれの町」となって下さった。

人はイエス様を、寄ってたかってばかにし、傷つけ、十字架につけたが、それがどんなにおそろしい罪か、わかっていない。
もし霊的な目が開かれたなら、神の子である聖なるお方をばかにし、傷つけ、一切の罪なきお方を十字架刑に処するなど、どれ程重い罪であるかを知るだろう。
しかし、イエス様は次の祈りをされ、御父に執り成して下さった。
『父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです。』(ルカ23:34)

イエス様は父なる神に、彼ら(私達人間)は意図してその罪を犯していない、と、主張された。
だから私達は、「のがれの町」へ逃れる権利を得たのだ。
私達は皆、罪人であり、私達の全員がイエス様を十字架につけたようなものである。
それなのに私達は、イエス様の執り成しの祈りによって、救われたのだ。

誤って人を殺した殺人者が、神の働き人であるレビ人の町へと逃れ、レビ人の食事によって養われ、レビ人の集いで共に交わり、開放の時までかくまわれた。
同じように私達も、元々は邪悪な者であったのに、イエス様というのがれの町へ逃れ、主の働き人の集いで共に食事し、共に養われ、開放の時までかくまわれるのだ。

イエス様こそ、真の「のがれの町」である。
イエス様に留まり続ける限り、安全であるが、イエス様から、のこのこと外に出てしまうと、私達を罪定めする者・サタンに対して無防備となり、サタンに捕らえられたなら、あっけなくえじきとされ、永遠の死へ至ってしまうのだ。
のがれの町に居続けていなければならないのは、大祭司が死ぬまで、と定められている。同じように私達も、世が改まるまで、あるいは私達が死ぬまで、キリストに留まり続けるべきなのだ。

礼拝説教メッセージ音声:偽預言者の見分け方(申命記18:20-22):右クリックで保存

『預言者が、わたしが語れと命じないことを、わたしの名によってほしいままに語り、あるいは他の神々の名によって語るならば、その預言者は殺さなければならない。』(申命記18:20)
私達は、偽預言者には気をつけなければならない。
異教の神々の名によって預言する者もいれば、まことの神である「主(エホバ)」の名を用いて偽の預言をするも、そして、主イエスの名を用いて偽の預言をする者もいる。
一体、本物の預言者と偽預言者とは、どのように見分ければよいか。

預言者を見分ける第一の鍵は、その預言がちゃんと成就するか、しないか、である。
『あなたは心のうちに『われわれは、その言葉が「主(エホバ)」の言われたものでないと、どうして知り得ようか』と言うであろう。もし預言者があって、「主(エホバ)」の名によって語っても、その言葉が成就せず、またその事が起らない時は、それは「主(エホバ)」が語られた言葉ではなく、その預言者がほしいままに語ったのである。その預言者を恐れるに及ばない。』(申命記18:21-22)
「この事が起こる」と預言しておきながら、それが起こらないような”預言”を頻発させる者は、レベルの低い偽預言者であり、その者を恐れる事はない。

しかし、偽預言者や異教の預言者の中でも、しるしや奇跡を示して、それを実現させる者もある。
終わりの時代には、にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとする。(マタイ24章)
そういった場合は、どのように見分ければよいか。

偽預言者を見分けるもう一つの鍵は、その預言者が「イエス様をあかしするかどうか」、である。
『愛する者たちよ。すべての霊を信じることはしないで、それらの霊が神から出たものであるかどうか、ためしなさい。多くのにせ預言者が世に出てきているからである。あなたがたは、こうして神の霊を知るのである。すなわち、イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白する霊は、すべて神から出ているものであり、イエスを告白しない霊は、すべて神から出ているものではない。これは、反キリストの霊である。あなたがたは、それが来るとかねて聞いていたが、今やすでに世にきている。』(1ヨハネ4:1-3)

使徒ヨハネは、霊は何でもかんでも信じる事をせず、「ためしなさい」と勧めている。
ある人が、イエス様の名前は乱発するけれど、どうも、イエス様の品性とはかけ離れているような、何かおかしい、と感じたなら、その人に聞くと良い。
あなたが言っているイエス様は、どんな方ですか、と。

もし、それを聞かれてあたふたしたり、曖昧な事を答えたりするなら、その人の内のイエス様が曖昧だ、という事である。
もしその人が、イエス様が「肉体をとってこられた事」を告白しないなら、すなわち、使徒信条にあるように、イエス様が人として来られ、十字架につけられ、死んで三日後に復活し、昇天し、全能の父なる神の右に座され、生きている人と死んだ人とを裁かれるお方である、という、イエス様のご性質と品性が一切無いようなら、その人からは離れたほうが良い。

預言者は、その人自身を証するのではなく、イエス様を証しするものである。
『そこで、わたしは彼の足もとにひれ伏して、彼を拝そうとした。すると、彼は言った、「そのようなことをしてはいけない。わたしは、あなたと同じ僕仲間であり、またイエスのあかしびとであるあなたの兄弟たちと同じ僕仲間である。ただ神だけを拝しなさい。イエスのあかしは、すなわち預言の霊である」。』(黙示録19:10)
あの、使徒ヨハネでさえひれ伏そうとした御使でさえも、「自分はあなたと同じ僕仲間である」「自分ではなく神を拝みなさい」と告白したのだ。
ましてや、イエス様より自分が高められて喜ぶような偽預言者に、一体何の分があるだろうか。
預言の霊は、イエスのあかしであって、決して、預言者本人を栄光化するようなものではないのだ。

また、預言者を見極めるもう一つの鍵は、その預言者に「秩序」があるかどうかである。
『預言者の霊は預言者に服従するものである。神は無秩序の神ではなく、平和の神である。』(1コリント14:32-33)
預言者の霊は、預言者に服従するものであって、決して、その人の意志を乗っ取って、見境なく無秩序にさせるものではない。
もし、ある預言者が介入した事によって、そこの礼拝の秩序を乱したり、兄弟姉妹の交わりを混乱させるようなら、疑ったほうが良い。
神は無秩序の神ではなく、平和の神なのだ。

一体、偽預言者たちは、何を好きこのんで、偽預言をするのか。
それは、実につまらないもののためである。
『人の子よ、心のままに預言するあなたの民の娘たちに対して、あなたの顔を向け、彼らに向かって預言して、言え、主なる神はこう言われる、手の節々に占いひもを縫いつけ、もろもろの大きさの人の頭に、かぶり物を作りかぶせて、魂をかり取ろうとする女はわざわいだ。あなたがたは、わが民の魂をかり取って、あなたがたの利益のために、他の魂を生かしおこうとするのか。
あなたがたは少しばかりの大麦のため、少しばかりのパンのために、わが民のうちに、わたしを汚し、かの偽りを聞きいれるわが民に偽りを述べて、死んではならない者を死なせ、生きていてはならない者を生かす。』(エゼキエル13:17-19)

彼らは、少しばかりのパンを得るために、または、二束三文の名誉欲のために、主の御名を用いて、人の人生を左右するような言葉を言おうとするのだ。
自分は普通と違う能力を持っているぞ、と、霊的に見られたいがために、あるいは、霊的指導者として人々を思うまま支配したり、あがめられたりしたいがために、そのようにしているのだ。

偽預言者の報いは、死である。
『預言者が、わたしが語れと命じないことを、わたしの名によってほしいままに語り、あるいは他の神々の名によって語るならば、その預言者は殺さなければならない。』(申命記18:20)

そして、偽預言者の霊の、行き着く先は、永遠の火による苦しみの場所、ゲヘナである。
『そして、彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。』(黙示録20:10)
主の御名をみだりに用いて、主の栄光を横取りし、人の人生を身勝手に介入したり、ほしいままに操ったりしようとする者へのさばきは、非常に大きいのだ。

私達は、しっかり真理を見極め、騙されることなく、まっすぐに真理を歩んで行きたい。

礼拝説教メッセージ音声:一人の預言者の言う事を聞け(申命記18:9-19):右クリックで保存

『あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その国々の民の憎むべき事を習いおこなってはならない。あなたがたのうちに、自分のむすこ、娘を火に焼いてささげる者があってはならない。また占いをする者、卜者、易者、魔法使、呪文を唱える者、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことをする者があってはならない。主はすべてこれらの事をする者を憎まれるからである。そしてこれらの憎むべき事のゆえにあなたの神、主は彼らをあなたの前から追い払われるのである。』(申命記18:9-12)

主は、主以外の神を拝んだり、伺いを立てたり、占いや口寄せをする事を、忌み嫌われる。主の他に神は無く、それ以外の神を拝んでいるとしたら、その者は悪霊を拝んでいるのだ。
今の日本は、偶像礼拝は生活の一部となっている所が多く、また、占いについては、テレビや雑誌、インターネットなどで、簡単に目にする事が出来る。
この国は本当に、主の前に災いを積み上げている。
私達キリスト者は、この国を執り成さなくてはならない。

キリスト者は、そのような表立った偶像礼拝や占いはあまりしないであろうが、そうした表向きの偶像礼拝より、「本質的な偶像礼拝」こそ、気をつけるべきである。
「本質的な偶像礼拝」とは、御言葉に聞き従わない事、主の御声にそむく事である。
『主は主の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。まことに、そむくことは占いの罪、従わないことは偶像礼拝の罪だ。あなたが主のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた。』(1サムエル15:22-23)

サウル王は、表面上は占いや口寄せを国内から取り除いたが、主の御言葉どおりに行わず、御声にそむいたため、王位から退けられてしまった。
御声に聞き従わないで、あくまで自分の思うがままにし続けるなら、そのうち、どんなに主に求めても主は答えて下さらなくなってしまい、サウルは最後には、自分が追い出した霊媒を呼び寄せ、死んだサムエルに導きを求め、ついには、無残な最後を遂げるに至ってしまった。(1サムエル28-31章)

私達が唯一、導きを求めるべきは、まことの預言者であるイエス・キリストである。
『あなたの神、主はあなたのうちから、あなたの同胞のうちから、わたしのようなひとりの預言者をあなたのために起されるであろう。あなたがたは彼に聞き従わなければならない。』(申命記18:15)
モーセは、彼の後の時代に現れるひとりの預言者に聞き従うよう命じた。
この「ひとりの預言者」こそ、イエス・キリストである。(使徒3:22)

神様が、神と人とを仲介する預言者を立てるのは、人は、聖なる神の前に直接立てないからである。
『これはあなたが集会の日にホレブであなたの神、主に求めたことである。すなわちあなたは『わたしが死ぬことのないようにわたしの神、主の声を二度とわたしに聞かせないでください。またこの大いなる火を二度と見させないでください』と言った。主はわたしに言われた、『彼らが言ったことは正しい。わたしは彼らの同胞のうちから、おまえのようなひとりの預言者を彼らのために起して、わたしの言葉をその口に授けよう。彼はわたしが命じることを、ことごとく彼らに告げるであろう。』(申命記18:16-18)

人が、全能なる主の聖なる有り様に直接触れてしまうなら、死んでしまう。大祭司でさえ、自らを贖う血を携えずに至聖所に行くなら、打たれて死んでしまった。
だから、神と人との間に立つ仲保者が、必要なのである。

神は、イエス・キリストをその役割とするために使わされた。
『すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、彼らは、価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされるのである。神はこのキリストを立てて、その血による、信仰をもって受くべき「あがないの供え物(ヒラステリオン)」とされた。それは神の義を示すためであった。すなわち、今までに犯された罪を、神は忍耐をもって見のがしておられたが、それは、今の時に、神の義を示すためであった。こうして、神みずからが義となり、さらに、イエスを信じる者を義とされるのである。』(ローマ3:23-26)

「あがないの供え物(ヒラステリオン)」とは、贖いの蓋の事であり、贖いの蓋とは、契約の箱(アーク)を覆っている蓋である。
インディー・ジョーンズの映画の中にもアーク(契約の箱)が登場したが、箱に蓋が被さっている間は何の害もなかったのに、蓋が取られた時、そこにいた人は打たれて死んでしまう、という場面が、映画の中にあった。
それと同じように、罪ある人間は、主の「聖」に直接触れるなら、死ぬしか無い。
そこでイエス様は、人が神の聖に打たれて死ぬという事の無いように、「贖いの蓋(ヒラステリオン)」となられたのだ。それが、ローマ3章23-26節の説明である。

イエス様は、神と人との間の覆いとなられ、それで私達は、キリストにあって、神の御前に出る事が出来るようになった。
もしイエス様抜きで御前に出るなら、死ぬしかないのだ。

『彼がわたしの名によって、わたしの言葉を語るのに、もしこれに聞き従わない者があるならば、わたしはそれを罰するであろう。』(申命記18:19)
私達も、神が認証された預言者であるイエス様に聞き従わないとしたなら、神に責任を問われる。
結局、私達は、キリスト抜きでは御前に何も出来ないのだ。

エバ - いのち産む事の呪いと救い(創世記3:16)
第一礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

女は、善悪を知る実を自ら取って食べ、それを夫にも与え、罪と死を、全被造物に運び込んでしまった。
それで女性は、産みの苦しみが増し加わる事の呪いと、夫を切望するのだけれど、支配権は夫のほうにあり、女性は彼に支配される事になるという呪いが、定められてしまった。
『わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。』(創世記3:16)
出産は元々、主が祝福された命を、産んで増やしていくという、御心に叶ったすばらしき事であったはずなのに、全人類に罪を導入してしまって以降、それは罪を地にはびこらせる「悪しき事」に変容してしまった。
レビ記12章を見ると、出産は「汚れ」と定められ、男の子を産んだ女性は、七日間汚れ、さらにもう三十三日、きよめのために家に篭もり、その間は、聖なる所に出入りしてはならないとされた。
そして、女の子を出産した場合は、その汚れときよめの期間は、男の子の場合の2倍とされた。
新しいいのちを世に送り出される「おめでた」は、なぜ「汚れ」となってしまい、「きよめ」が必要なのか。
また、女の子の場合は、なぜ汚れからきよめられる期間が、男の子の2倍なのか。
ある人達はここを「女性差別」だ、失礼だ、としている。しかし、主がそのように定められた以上、私達は善し悪し判断は止め、なぜそのように定められているのかに思いを巡らせるべきで、その背後に隠されている重要な意味を汲み取ろうとするのが、御言葉への正しい対応である。

主は女性にいのちを産み育てるという特別な役割を与えられ、また「母性」という特別な愛情を与えられた。
だから、いのちを産む事に対し、また、性に対しては、ことさら注意深く、清めに立つ必要があるのだ。
出産した女性は、計四十日(女児の場合は八十日)という閉じこもるべき期間に、新しく生まれたいのちとじっくり向き合いながら、エバ特有の、犯しやすい罪と弱さについて、また、汚れときよめについて、そして、これから母として、いのちを育み育てて行くべき事を、思いめぐらし、じっくり考えるべきなのだ。
「汚れ」と「きよめ」を、しっかり思い巡らす女性には、この期間は、いのちと向き合う良き学びの時であり、同時に、産後の肥立ちを良くして、新しいいのちを再び生み出す土台を体に造る、安息の期間なのだ。
四十日という期間、それはまた、ノアの時代に大雨が降り続いたのと同じ期間である。
洪水の四十日の間、増え続けてしまった悪しきいのち達は、洗い流され、ノア家族の他、神に呼び出されたいのち達は、方舟の中にじっと閉じこもり、新しく改まった世へ送り出される事を、じっと待っていた。
同じように女性も、四十という間、じっと閉じこもり、悪しき呪われるべきいのちを洗い流し、神の御手によって守られた新しきいのちを世に送り出す準備期間とするのだ。

『それでもなお、あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう。』(創世記3:16)
罪ある男に支配される事は、呪い以外の何物でもない。女性は、どのようにして、この「呪い」を「祝福」に変えることが出来るだろうか。それは、唯一完全な男・キリストを夫とし、彼の支配に入る事によってである。
サマリヤの女には、5人の夫があったが、それでも渇きに渇いた。しかし全人類の真の「主人」であるキリストを主人とするなら決して渇く事が無く、その人の内から永遠のいのちへの水がほとばしり出る。(ヨハ4章)
また、パウロは命じている。女性は身なりも態度も「慎み深さ」によって飾るべき事を。(1テモテ2:9)
『アダムは惑わされなかったが、女は惑わされて、あやまちを犯した。 しかし、女が慎み深く、信仰と愛と清さとを持ち続けるなら、子を産むことによって救われるであろう。』(1テモテ2:14-15)
子を産む事によって救われる、とは、どういう事か。主は「女の子孫」すなわちキリストによって、蛇の頭を砕く事を預言しておられた。私達も、世界も、キリストという新しいいのちを生み出すなら、救われるのだ。
だから私達は、キリストが形造られるまで、肉の思いを殺しつつ、産みの苦しみをするのだ。
いのちを産む事、子を育てる事、そして、性的な事には、ことさら「汚れ」が入りやすく、それらの事には、特に「きよめ」の意識を持たなくてはならない。
ユダヤ人女性は、出産のたびにそれを学び、いのちと性に関する概念がとてもしっかりしているため、ユダヤ民族は様々な歴史的困難にもかかわらず、栄え、増え広がって行った。しかし、そうした学びの一切無い異教徒達は、性を快楽の道具として、いたずらに用い、罪と汚れ、悲惨さを多く生み出して来てしまった。
いのちを産む事の大切さを正しく学び、祝福のいのちを産んで増やして行く皆さんでありますように!

礼拝説教メッセージ音声:主の働き人としての分(申命記18:1-8):右クリックで保存

『レビびとである祭司すなわちレビの全部族はイスラエルのうちに、分も嗣業も持たない。彼らは主にささげられる火祭の物と、その他のささげ物とを食べなければならない。彼らはその兄弟のうちに嗣業を持たない。かつて彼らに約束されたとおり主が彼らの嗣業である。』(申命記18:1-2)
レビ人や祭司は、相続地を受けてはならないという”禁止命令”が出ている。(民数記18:20)
彼らの相続は、主ご自身であり、全イスラエルの代表(身代わり)として、主の奉仕に専念しなくてはならないからだ。(民数記3:49)

彼らには土地などの目に見える相続は無いが、その代わり、一般の人々が主に捧げるものの中から、受けるべき分がある。
『祭司が民から受ける分は次のとおりである。すなわち犠牲をささげる者は、牛でも、羊でも、その肩と、両方のほおと、胃とを祭司に与えなければならない。また穀物と、ぶどう酒と、油の初物および羊の毛の初物をも彼に与えなければならない。あなたの神、主がすべての部族のうちから彼を選び出して、彼とその子孫を長く主の名によって立って仕えさせられるからである。』(申命記18:3)
現代も同様に、牧師や宣教師など主のために専念して働くフルタイム献身者がおり、彼らも、聖徒たちが主に捧げる捧げものの中から、受ける分があるが、彼らは金銭を得る事を当てにして働くのではなく、ただ「キリストの福音のために」働くのである。(1コリント9章)

パウロは「献金によって生活する権利」があるのに、人々の福音を伝える妨げられぬように、そして、人々には自らの手でしっかり働く事を示すために、その権利を手放し、自らの手で働きつつ、福音の働きをした。(1コリント9:11-12)
パウロは聖なるプライドの故に、その権利を投げうったのだ。(同15節)

献身者を目指す人の中には、厳しい社会で揉まれるのが嫌だから、比較的「優しい」人達が集うキリスト教業界の中から糧を得、ぬくぬくしようと、逃避的な動機で献身者を目指す人も、中にはいるが、世の働きという「小さな事」さえまともに出来ないよう人は、神の国の働きという「大きな事」を担うべきではない。
神の国の働きは、一般社会での働きよりも、より大きな信仰が必要であり、より多くの主に対する服従と忍耐が求められるし、世の事業における責任よりも、永遠のいのちに携わる責任のほうが大きいからだ。

世で働くキリスト者は、主への捧げ物をないがしろにしたり、主のために専念して働く働き人を、ないがしろにしてはならない。
これをないがしろにしてしまうと、あらゆる事がうまくいかなくなってしまうからだ。
『あなたがたは多くを望んだが、見よ、それは少なかった。あなたがたが家に持ってきたとき、わたしはそれを吹き払った。これは何ゆえであるかと、万軍の主は言われる。これはわたしの家が荒れはてているのに、あなたがたは、おのおの自分の家の事だけに、忙しくしている。それゆえ、あなたがたの上の天は露をさし止め、地はその産物をさし止めた。また、わたしは地にも、山にも、穀物にも、新しい酒にも、油にも、地に生じるものにも、人間にも、家畜にも、手で作るすべての作物にも、ひでりを呼び寄せた。』(ハガイ書1:9)

私達はフルタイム献身者でないとしても、主イエスにあって、王族の祭司であり、守り行うべき務めがある。
守り行うべき務めとは、週ごとに守るべき礼拝であり、周りの人々に福音を伝える事であり、子どもや家族に信仰を継承して行く事である。
この、自分の家という”聖所”のつとめをないがしろにしてしまうと、あらゆる事がうまく行かなくなってしまう。

『あなたがたは多くまいても、取入れは少なく、食べても、飽きることはない。飲んでも、満たされない。着ても、暖まらない。賃銀を得ても、これを破れた袋に入れているようなものである。万軍の主はこう言われる、あなたがたは、自分のなすべきことを考えるがよい。山に登り、木を持ってきて主の家を建てよ。そうすればわたしはこれを喜び、かつ栄光のうちに現れると主は言われる。
あなたがたは多くを望んだが、見よ、それは少なかった。あなたがたが家に持ってきたとき、わたしはそれを吹き払った。これは何ゆえであるかと、万軍の主は言われる。これはわたしの家が荒れはてているのに、あなたがたは、おのおの自分の家の事だけに、忙しくしている。それゆえ、あなたがたの上の天は露をさし止め、地はその産物をさし止めた。また、わたしは地にも、山にも、穀物にも、新しい酒にも、油にも、地に生じるものにも、人間にも、家畜にも、手で作るすべての作物にも、ひでりを呼び寄せた」。』(ハガイ1:6-11)

しかし、再び主に立ち返り、家の中で崩壊してしまった信仰を建て直すなら、その後の栄光は、以前の栄光に、はるかにまさるものとなるのだ。(ハガイ2章)

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
あなたは生きた捧げ物(ローマ12:1-2):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
求めなさい、探しなさい、叩きなさい(マタイ7:7-12):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
ようやく再開した創世記2章の続き(黙示録22:1-9):右クリックで保存

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest