メッセージ - 201208のエントリ

信仰の競争(ヘブル12:1-2)
第一礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
第二礼拝・説教音声:右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

<私達は競技者であり、目標がある>
オリンピックの選手達はメダルを勝ち取る事を目指しているが、私達キリスト者は、何を目指すべきだろうか。
キリスト者の目標は、神によって定められており、それは、御子キリストに似た者へと造り変えられて行く事である。そのためにこそ主は、万事を変えて益とし、私達を最善へと導いて下さるのだ。(ローマ8:28-29)
万事を変えて益として下さる、という御言葉を、何か、神様はやがて自分の願い通りにさせて下さるものだと、勘違いしている人は多いが、主は「ワタシ」の身勝手な願望を成就させるための道具ではない。
私達の益とは?最善とは?それは、御子と同じ姿になっていく事であり、私達が大人になってキリストの満ち満ちた身丈にまで達し、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達する事だ。(エペソ4:11-15)

<競技者であるからには競技するフィールドがあり、観客もいる>
「こういうわけで、わたしたちもまた、このようにおびただしい証人の群れに囲まれている以上、すべての重荷や絡みつく罪をかなぐり捨てて、自分に定められている競走を忍耐強く走り抜こうではありませんか、信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。」(ヘブル12:1-2)
皆さんは知っていただろうか?私達もキリストにあって競技者であり、そんな私達を見守る観客がいる事を。
私達がオリンピック観戦して、自国の競技者を応援するように、神の国でも、信仰の先人達が、地上というフィールドで競技している「私達」を固唾を飲んで見守り、応援し、自国のために賞を取る事を願っている。
そういうわけだから、私達も、まとわりつく一切の罪の重荷を捨てて、忍耐して走り続けるべきである。
何を目指して走り続けるのか?それは、信仰の創始者であり、完成者であるイエスを目指して。

<この競技にはルールがある>
私達キリスト者は皆、キリストに選びだされ、召しだされた競技者であるからには、ルールを守らなくては、栄冠を受けられない。(2テモテ2:1-8)
競争選手は、スタートの合図と共に、一斉にゴールを目指して走り出すものだが、フライングを繰り返したり、合図が出されたのに走り出さず遊んだりしていたら、失格になってしまう。
同じように、神の国の競技者も、主の合図にフライングをしたり、御言葉のルールを無視して身勝手にしているなら、やがてイエローカードが出され、それをも無視して身勝手を続けるなら、失格者となってしまう。

<私達の競技の内容>
私達のこの人生は、イエスキリストを目指し、障害物を乗り越えつつチェックポイントを通過して行く障害物競争のようなもので、よりキリストの似姿に近づいた者が、より優れた栄冠を勝ち取る事が出来る。
人生という競技において、より高いスコアを出すコツは、イエスから目をそらさず、イエスを目指して走り続ける事に限る。それだから敵陣営であるサタンは、いかにそこから目を離させるか、という事にやっきになる。
障害物競争には数々のハードルがあるが、信仰の障害物競争で立ちはだかるのは、諸々の誘惑である。
ある人は金銭的誘惑というハードルに目を奪われて足止めを喰らい、ある人は性的誘惑というハードルに目を奪われて足止めを喰らって、アドバンテージを逃してしまう。
あるいは、場外の敵陣営から罵声を浴びせられて、気を挫かれたり、悲しんだりして、足が止まってしまう。
あるいは、周りの選手にどんどん先おこされ、取り残されていく自分自身を見て、心萎えてしまう事もある。
忘れてはならない。目を向けるべきは、ハードルではなく、周りではなく、自分でもなく、イエス様だ。
イエス様に目を留めつつ走っているなら、最短コースでチェックポイントを次々に通過できるが、イエス様から目を反らして、世の雑事や心配事にじっと目を凝らし、留まり続けているなら、次に進む事は出来ない。

<私達を待ち受けている栄冠>
「わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます。」(2テモテ4:7-8)
私達を信仰の選手として召しだして下さった主を喜ばせるために、しっかりとルールを守り、イエス様から目を離させようとする障害物には目をくれず、イエス様だけを見続けて走りぬく皆さんでありますように。
競技を終えるかの日には、雲のように取り巻く証人達の歓声を受けつつ、天に凱旋し、「よくやった、良い忠実な僕よ」と主に褒められ、決して朽ちることのない栄光の冠を、主から頂く皆さんでありますように。イエス様の名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
主に召しだされた兵士(ローマ8:28-29):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
アイドルに気をつけよ(出エジプト20:1-6):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
2ペテロ2:1-8:右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声:不利な契約さえ祝福のチャンスに(創世記30:25-34):右クリックで保存

ヤコブがラバンの所で働いて14年、ラバンとの契約期間は満了したので、もうヤコブは妻子を連れて出ていっても良いはずなのに、ラバンはヤコブ達が出ていく事を渋った。
『「もし、お前さえ良ければ、もっといてほしいのだが。実は占いで、わたしはお前のお陰で、主から祝福をいただいていることが分かったのだ」とラバンは言い、更に続けて、「お前の望む報酬をはっきり言いなさい。必ず支払うから」と言った。』(創世記30:27-28)

ラバンは、全能者なる主を知ったにもかかわらず、相変わらず占いを止めていない。
ラバンがヤコブを引き止めたいのは、ヤコブの主を知りたいからではなく、その聖なる交わりに加わりたいからでもなく、ヤコブについて来る祝福と富が欲しいからに他ならない。

世の中の雇用者も、配下のキリスト者にラバンと似たような手口を仕掛けてくる事は、多くある。
主に忠実なキリスト者であるならば、その手の技は祝福されるし、謙虚で誠実であるし、騙しても搾取されても文句を言わない事が多いので、彼らを都合よく利用したいがために、手放したくないのだ。

『「何をお前に支払えばよいのか」とラバンが尋ねると、ヤコブは答えた。「何もくださるには及びません。』(創世記30:31)
ラバンのように、貪欲で悪企みをするような人間からは、何か、報酬を受け取ろうとしてはならない。
ヤコブは、ラバンから何かを受け取ってしまったら、後に恩着せがましく執着され、剥ぎ取られてしまう事を、経験的によく知っていた。
アブラハムもまた、ソドムの王から財産を取るようにと持ちかけられた時、決して受け取らなかった。
それはソドムの王が『アブラムを富ませたのは私のおかげだ。』と言わせないためだ。(創世記14:21-24)

そこでヤコブは、自分にとって非常に不利な条件の報酬を申し出る。

『ただこういう条件なら、もう一度あなたの群れを飼い、世話をいたしましょう。 今日、わたしはあなたの群れを全部見回って、その中から、ぶちとまだらの羊をすべてと羊の中で黒みがかったものをすべて、それからまだらとぶちの山羊を取り出しておきますから、それをわたしの報酬にしてください。
明日、あなたが来てわたしの報酬をよく調べれば、わたしの正しいことは証明されるでしょう。山羊の中にぶちとまだらでないものや、羊の中に黒みがかっていないものがあったら、わたしが盗んだものと見なして結構です。」』(創世記30:31-33)

彼は、この地方では生まれにくい「ぶち」や「まだら」の家畜を、自分の報酬として申し出た。
この条件はラバンにとって、メリットはあってもデメリットは皆無に見えるし、自分のものかどうかの区別も、外見で明瞭に判るし、その結果に関しては、決して文句は言えない。
『ラバンは言った。「よろしい。お前の言うとおりにしよう。」』(創世記30:34)

ヤコブはなぜそんな、自分に不利な条件を申し出たのだろうか。
そこまでの「大丈夫だ」という自信は、どこから来たのだろう。

その自信の源は、彼が一人、杖一本でこの土地に向かっていた時に、ベテルで現れた、アブラハム・イサクの神・主の「祝福の約束」であり、そしてまた、彼がこの14年間、何をしても主が共におられ、栄えさせて下さったという「経験」からである。

ラバンがヤコブをだまし、搾取したように、世の権力者は、私達キリスト者をだまし、搾取し、計略ではめようとする。
しかし、最終的にラバンはしぼみ、ヤコブは祝福され増え広がったのと同じように、私達も、キリストの御言葉に信頼するなら、富は広がり、いのちは増え、自由になり、主が定めて下さった地へと帰り、平安と祝福の生涯を歩む事が出来るのだ。

礼拝説教メッセージ音声:ラケル - 出産競争の果ての祈り(創世記30:1-24):右クリックで保存

ラケルはヤコブに「子どもをください!さもないと死ぬ!」と迫るのだが、ヤコブに「そこは神の領域だ」と一蹴されてしまい、「それなら私の女奴隷に代理で産んでもらって」と言って、ヤコブは言われるまま、彼女の女奴隷・ビルハを妻に迎え、彼女によってラケルの代理子を産む事になった。
覚えているだろうか。アブラハムの妻サラは、かつて同じ事を行い、一家に災いをもたらしてしまった事を。
ここに、ラケルの短絡的な思考パタンと、彼女の頭の中から神様がすっぽり抜けてしまっている事が分かる。

彼女たちの霊的状態は、子が生まれた時、その口から「神」という言葉が出たか、出ないかによって、よくわかるので、これ以降、その視点に立って見ていきたい。

『そのときラケルは、「わたしの訴えを神は正しくお裁き(ディン)になり、わたしの願いを聞き入れ男の子を与えてくださった」と言った。そこで、彼女はその子をダンと名付けた。』(創世記30:6)
ダンという名前の意味は「さばく」あるいは「かばう」である。
この時、ラケルはかろうじて「神」を意識していたが、2番目の子が生まれると、すぐに彼女の意識から「神」が吹き飛んでしまう。

「そのときラケルは、「姉と死に物狂いの争いをして(ニフタル)、ついに勝った」と言って、その名をナフタリと名付けた。」(創世記30:8)
ナフタリの名は、「争う」という意味だが、この時彼女は、神そっちのけで、姉に勝った勝った、と、喜んでいる。
レアもそれを見て闘争心が燃やされたのか、同じ土俵に乗ってしまい、彼女の女奴隷・ジルパをヤコブに妻として与え、子産み競争のバトルを受けて立つ事になる。

『レアの召し使いジルパはヤコブとの間に男の子を産んだ。そのときレアは、「なんと幸運な(ガド)」と言って、その子をガドと名付けた。』(創世記30:10)
ガドの名は「幸運」という意味で、この時、彼女も主の御名をすっぽり抜かしてしまっており、その次に生まれてくる子の時も同じだった。
『レアの召し使いジルパはヤコブとの間に二人目の男の子を産んだ。そのときレアは、「なんと幸せなこと(アシェル)か。娘たちはわたしを幸せ者と言うにちがいない」と言って、その子をアシェルと名付けた。』(創世記30:12-13)
アシェルの名は「しあわせと思う」の意味がある。
彼女は、いずれの子が生まれた時も、その幸いを喜んでおり、ラケルほどに、競争相手を意識した攻撃的な名はつけていないものの、主の存在を忘れてしまっている。
ここで、一つの出来事が起こる。

『小麦の刈り入れのころ、ルベンは野原で恋なすびを見つけ、母レアのところへ持って来た。ラケルがレアに、「あなたの子供が取って来た恋なすびをわたしに分けてください」と言うと、レアは言った。「あなたは、わたしの夫を取っただけでは気が済まず、わたしの息子の恋なすびまで取ろうとするのですか。」「それでは、あなたの子供の恋なすびの代わりに、今夜あの人があなたと床を共にするようにしましょう」とラケルは答えた。夕方になり、ヤコブが野原から帰って来ると、レアは出迎えて言った。「あなたはわたしのところに来なければなりません。わたしは、息子の恋なすびであなたを雇ったのですから。」その夜、ヤコブはレアと寝た。』(創世記30:14-16)

恋なすび(マンドレイク)には、精力増進、媚薬効果、受胎効果があるとされるが、彼女たちの言葉のやりとりからは、ラケルはヤコブと日常的に夫婦の営みが行われているのに、レアとは久しく行われていない事が、伺える。
「もし彼が他の女をめとるなら、先の女への食べ物、着物、夫婦の務めを減らしてはならない。」(出エジプト21:10)と、主が定められた程、夫婦の務めは本来重要なものである。
ラケルにはあたかもヤコブと寝る既得権があって、今夜だけ恋なすびと引換に、ヤコブと寝る権利を売ってあげましょう的な、そういう傲慢さを、レアは怒ったのだろう。

「神がレアの願いを聞き入れられたので、レアは身ごもってヤコブとの間に五人目の男の子を産んだ。」(創世記30:17)
「レアの願いを聞き入れられた」という事は、彼女はくやしくて、神に祈ったのだろう。
聖書には、祈る動機がくやしさであったり、憤りであったりするケースは幾つかあるが、動機はどうあれ、神を意識して祈るようになる事は、良い事である。
神はレアの祈りを、聞いて下さった。

『そのときレアは、「わたしが召し使いを夫に与えたので、神はその報酬(サカル)をくださった」と言って、その子をイサカルと名付けた。レアはまた身ごもって、ヤコブとの間に六人目の男の子を産んだ。そのときレアは、「神がすばらしい贈り物をわたしにくださった。今度こそ、夫はわたしを尊敬してくれる(ザバル)でしょう。夫のために六人も男の子を産んだのだから」と言って、その子をゼブルンと名付けた。』(創世記30:18-20)

イサカルの名は「報酬を与える」という意味がある。
一時期は頭に血が登ってしまい、神を忘れた土俵で戦いを交えた彼女だが、いのちは主のものであり、胎の実は主から与えられる報酬であると、レアは再び思い出した。
また、ゼブルンの名は「尊ぶ」「共に住む」という意味があり、この子を生んだ時にも「神が」贈り物を授けて下さったと認め、神に祈る事を身につけた彼女は、さらに娘ディナを生んだ。

そしてラケルも、やっと主に願い祈った結果、彼女にも念願の男の子が与えられた。
『神はラケルも御心に留め、彼女の願いを聞き入れその胎を開かれたので、ラケルは身ごもって男の子を産んだ。そのときラケルは、「神がわたしの恥をすすいでくださった」と言った。彼女は、「主がわたしにもう一人男の子を加えてくださいますように(ヨセフ)」と願っていたので、その子をヨセフと名付けた。』(創世記30:22-24)
ここに来て初めて、彼女の口から「主」の御名がやっと出てきた。
主の御名を呼ぶことが、私達に出来る最も良き事であり、争いなどせずとも、望むものが与えられる近道である。

以上が、イスラエル12部族の族長の、11人が誕生した次第である。
それはまさに姉妹の熾烈な出産競争であったが、そのような、人の目からは醜く見える争いさえ、主は益として用い、アブラハム以来の子孫が、産んで増えて地に満ちるようにと、用いて下さったのだ。

結局のところ、主の御名を呼び求め、祈る事。これに限る。

礼拝説教メッセージ音声:レア - 嫌われ女が得た後の栄光(創世記29:1-14):右クリックで保存

レアの名は「疲れた」「飽きた」という意味で、ラケルの名には「雌羊」という意味がある。
ひどい話だが、彼女は生まれながら「疲れた」「飽きた」という意味で、呼ばれていたのだ。
レアはラケルに名前で負け、美貌でも負け、夫に愛される度合いにおいても負け、しかも「きらわれていた」(創世記29:31,33)。
主は、レアがきらわれているのをご覧になって、彼女の胎を開かれた。
しかしラケルは、不妊の女であった。

「喜び歌え、不妊の女、子を産まなかった女よ。歓声をあげ、喜び歌え/産みの苦しみをしたことのない女よ。
夫に捨てられた女の子供らは/夫ある女の子供らよりも数多くなると/主は言われる。」(イザヤ54:1)

この御言葉は、前半はラケルに当てはまり、後半はレアに当てはまると言える。
どちらの立場であろうとも、大切なのは、決して見放さず、決して見捨てる事のないお方・主イエスを、夫としているかどうか、である。

「あなたの造り主があなたの夫となられる。その御名は万軍の主。あなたを贖う方、イスラエルの聖なる神/全地の神と呼ばれる方。
捨てられて、苦悩する妻を呼ぶように/主はあなたを呼ばれる。若いときの妻を見放せようかと/あなたの神は言われる。」(同54:5-6)

世の中の夫、あるいは妻は、捨てる事もあるかもしれない。
しかし、主は決してあなたをみはなさず、見捨てない。
この主を、あなたの主とする事。
それこそ、どのような境遇にも勝る、幸いの秘訣である。
しかし、世の中の何者か −例えば、夫や妻、お金や権威など− を、主と取って代わらせてしまうと、真の慰め、真の満足は、決して得られない。

『レアは身ごもって男の子を産み、ルベンと名付けた。それは、彼女が、「主はわたしの苦しみを顧みて(ラア)くださった。これからは夫もわたしを愛してくれるにちがいない」と言ったからである。』(創世記29:32)
このヤコブに生まれた最初の子、レアが名付けた「ルベン」の名前の意味は「息子を見よ」である。
レアは、夫やラケルに声高に叫びたかったに違いない。あなたの息子を見て!男の子よ!と。
しかしレアは、長男を産んでも、きらわれている事に変化は無かった。

『レアはまた身ごもって男の子を産み、「主はわたしが疎んじられていることを耳にされ(シャマ)、またこの子をも授けてくださった」と言って、シメオンと名付けた。』(創世記29:33)
二人目の子が生まれた時、主が私の叫び声を耳にして下さった、と、声高に主張したかったのだろう。
しかしそれでも、夫の心は彼女に結びつかなかった。

主は明らかにヤコブにサインを示しておられた。一方の妻を尊んで、他方を軽んじてはならない、と。
それが、主の御心である。(出エジプト21:10、申命記21:15-17)
しかしヤコブは、それをしなかった。

『レアはまた身ごもって男の子を産み、「これからはきっと、夫はわたしに結び付いて(ラベ)くれるだろう。夫のために三人も男の子を産んだのだから」と言った。そこで、その子をレビと名付けた。』(創世記29:34)
ここまで来ると、彼女の痛々しい程の願いがにじみ出ているのに、それはむなしく虚空に響いているのが、見て取れる。

彼女は、頑張っても何をしても、決して幸いにはなれない無限ループに陥っていた。
なぜなら彼女は、夫の心が自分に結び付けられる事を願っているのに、夫の心は別の女性に結び付けられているからだ。

「あの人がこうなってくれれば私は幸せになれる」「環境がこうなれば自分は幸せになれる」といった、他人や環境に左右される願望は、叶えられる確率は低い。
なぜなら、世界はあなたの思惑通りになるとは限らないし、あなたは何年も連れ添っている親しい人ひとりの心さえ支配出来ないのだし、たとい、自分の望み通りにその人が動いてくれたとしても、あなたはすぐに別方面で渇きが出て来てしまうからである。

このように、周りの人がこうなれば、状況がこうなれば幸せになれる、といった、自分の支配の届かない事に願望を置いてしまうと、その願望を固く握り締めている限りでは、決して幸せにはなれない。

イエス様は、ヤコブが掘った井戸へ、水を汲みに来た女に、言われた。
「この水を飲む者はだれでもまた渇く。 しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」(ヨハネ4:13-14)

この女は、夫を替えても替えても心の渇きは決して癒される事が無く、5度も結婚と離婚を繰り返していた。
彼女は、喉だけでなく、心もカラカラに渇いていており、どの男に潤いを求めても、世の何者に潤いを求めても、すぐにまた渇いてしまい、どうしようもなかった。

世の与える水(慰め)は、やがて渇く。
しかし、主イエス様といういのちの水は、飲めば決して渇くことのない、いのちの水の泉であり、永遠の命に至る水が湧き出るのだ。

『レアはまた身ごもって男の子を産み、「今度こそ主をほめたたえ(ヤダ)よう」と言った。そこで、その子をユダと名付けた。しばらく、彼女は子を産まなくなった。』(創世記29:35)
ついにレアは、夫に満足を求める事を止め、全能なる主に満足を見出し、主をほめたたえる喜びに至った。

夫から愛される事、夫に嫌われたりせず、慰めを受ける事、それは、当然受けるべき権利である。
その、レアが受けて当然であるはずの夫の義務を夫が行使してくれない、という、不条理な現状の中で、彼女は、自分の受けるべき権利を手放し、主に目を向けたのである。

横にいる人間関係のしがらみから目を離し、天におられるお方を見上げて賛美する時、決して変わることの無い、すばらしい栄光の主を知り、喜び、褒め称えるのだ。
アサフも、堂々巡りの思い煩いに囚われ、思い悩みの無限ループに陥っていたが、主の聖所に至った時、その悩みのループから開放された。(詩篇73篇)

私達も、近くにいる人間関係のしがらみから目を離し、決して変わらぬ愛で愛して下さる主に目を向け、ほめたたえる時、その喜びは、決して何者かに奪われるものではなくなり、決して渇くことのない、いのちの水の源となるのである。

さて、レアは最終的にどうなっただろうか。

ヤコブが息を引き取る時、彼はラケルと共に葬って欲しい、とは言わず、レアと一緒に葬って欲しい、と言った。(創世記49:29-32)
レアは目が弱々しく(欽定訳:tender eyed:優しい目)、あまり魅力的な外見でなかったかもしれないが、最終的にヤコブが選んだのは、彼女の方だった。

そして、レアが賛美と共に生んだユダの子孫に、後にはダビデが生まれ、後には、イエスキリストが生まれたのだ。
レアの骨は今でも、ヤコブの骨と一緒にいる。世が改まるまで、ずっと。

生まれながらにどんな名がつけられ、どんな境遇で育てられたとしても、どんな醜い外見であっても、どんなに鈍臭く人々からきらわれても、どんなに、頑張ったことが認められなかったとしても、主を見上げ、主を喜ぶ者には、決して朽ちることのない祝福と栄誉が与えられるのだ。

「苦しめられ、もてあそばれて、慰められなかった女よ。見よ。わたしはあなたの石をアンチモニーでおおい、サファイヤであなたの基を定め、あなたの塔をルビーにし、あなたの門を紅玉にし、あなたの境をすべて宝石にする。あなたの子どもたちはみな、主の教えを受け、あなたの子どもたちには、豊かな平安がある。」(イザヤ54:11-13)

礼拝説教メッセージ音声:相手が理想とかけ離れていた時は(創世記29:15-30):右クリックで保存

イサク〜ヤコブ家族の騒動を読み解く重要なキーワードの一つとして、一方を溺愛し他方を軽んじる「偏愛」がある。

ヤコブは、ラケルと彼女の子を偏愛し、それによって一家に不和を招き入れてしまった。
イサクはエサウを偏愛し、リベカはヤコブを偏愛してしまったため、そのような環境で育ったヤコブにも、偏愛する特性が身についてしまったのかもしれない。
しかし、後のラケルとレアの歩みを見れば分かるが、偏愛されれば幸せになれるものではないし、偏愛からこぼれた位置についてしまえば不幸になる、というものでもない。
私達が幸いになるのは、決して変わらぬ愛によって、主から愛されている事に気付く時である。

教会の兄弟姉妹たちも、大所帯になればなる程、そのような事は起こりがちになる。
ヤコブは、ラケルの姿や顔立ちが美しいので彼女を特に愛したが、そのように、外見的・肉的な特性によって兄弟姉妹を偏り見るのは当然、良くない事で、災いを招く事である。

世的な理由で偏愛や差別する事はもちろん良くないが、高慢な者や霊的に俗悪な者などにも、聖徒として同等に扱いなさい、という事ではない。(マタイ18:15-17)
神にはえこひいきなどは無いが、「区別」されるお方である。
自分を降ろさずに自分中心を貫き通す者には祝福は与えず、身勝手な祈りには徹底として沈黙を守られるが、悔い改めて自分を下ろし、へりくだる者には恵みをお授けになる。(1ペテロ5:5)

「ところが、朝になってみると、それはレアであった。ヤコブがラバンに、「どうしてこんなことをなさったのですか。わたしがあなたのもとで働いたのは、ラケルのためではありませんか。なぜ、わたしをだましたのですか」と言うと、ラバンは答えた。「我々の所では、妹を姉より先に嫁がせることはしないのだ。」(創世記29:25-26)

ラバンのこの行動は、明らかな詐欺である。
妹を姉より先に嫁がせることはしない、という風習があるにしても、前もってヤコブに言わず、夜闇に紛れてヤコブが伴侶として望む女性とは違う女性を送ったからには、明らかにヤコブを欺いたのである。
ヤコブは当然、大いに憤った。
そして、自分が当てがわれた事によって、大いに憤ってしまったヤコブを見たレアの心境には、察して余りある。

「とにかく、この一週間の婚礼の祝いを済ませなさい。そうすれば、妹の方もお前に嫁がせよう。だがもう七年間、うちで働いてもらわねばならない。」(創世記29:27)
ヤコブはさすがに神の民らしく、自分の正当性を主張してレアを突き返したりする事はせず、レアと一晩、同じ夜具で過ごしたけじめをつけて、ラバンの要求を飲んだ。
彼にとっては青天の霹靂だったかもしれないが、ヤコブは神の民として正しいけじめをつけた結果、歴史的な観点で見れば、ヤコブにとってもレアにとっても大きな祝福となった。

私たちも、結婚を迎えた時、相手は自分が切実に望んでいた理想の人とは違っていた、と、気付く事があるかもしれない。
その失望感から、新婚早々、相手を疎んじる夫婦も、世の中には沢山ある。

しかし、ヤコブにとって婚礼の期間、相手はどうあがいても、レアであってラケルではない。
それと同じように、私達も、相手が自分が切実に欲していた理想の相手とは違っていたと分かったとしても、神と人との間で交わした婚姻のけじめをつけるべく、きっちりとそれを受け入れ無くてはならない。

もしあくまで、相手に自分が切実に欲していた理想の人である事を押し付け、願い、神に「この人をレアではなくラケルにしてください」のような祈りをしたとしても、それは無駄であり、夫婦間の苦しみを増し加えるだけである。
そのような時は、相手が変わる努力をするのでなく、自分を変える努力が必要である。

ヤコブは自分の主張を下ろした事によって、最終的には多くの子達が生まれ、後にはメシヤなるキリストが生まれるという栄光の祝福にあずかれた
同じように、自分が主の御前に降りるなら、実はそれが祝福であったと、分かる時が、必ず来るのだ。

礼拝説教メッセージ音声:物事がとんとん拍子に進む先は(創世記29:1-14):右クリックで保存

「ヤコブは旅を続けて、東方の人々の土地へ行った。」(創世記29:1)
ヤコブの旅の目的地は、東方のカランにいる伯父・ラバンの所で、そこを目指す理由は、伯父ラバンの娘の中から結婚相手を見つけるようにと、父イサクに命じられたからであった。(創世記28:2)
この東方の地、メソポタミア地方はかなり広大な土地で、初めて行くヤコブにとっては土地勘が無く、そこを探し出すのは、結構大変な事である。

彼はその地へ足を踏み入れた時、ふと見ると、井戸の傍らに羊の群れがいた。
そこの人々に聞いてみると、彼らはカランの羊飼いで、しかも、ラバンを知っていると言う。
さらには、ラバンの娘・ラケルが羊の群れを連れて来ている、というのだ。

恐ろしいまでにとんとん拍子、あまりに出来過ぎた導かれ方である。
かつて、アブラハムの老僕は、主人から不可能とも思われる条件で嫁探しを仰せ付けられた時、心配したり祈ったりした。
しかしヤコブは、心配した様子も祈った様子もなく、実にあっさりと、伯父の娘ラケルの所へと導かれたのだ。

ヤコブは、ラバンの娘ラケルがいる、と聞くと、彼らに言った。
「まだこんなに日は高いし、家畜を集める時でもない。羊に水を飲ませて、もう一度草を食べさせに行ったらどうですか。」(7節)
その羊飼いたちには、どこかに行っていてもらっていて、自分はラケルと二人きりになりたかったのかもしれない。
そうこうしている内に、ラケル自身が、群れを伴ってヤコブの前に姿をあらわした。

ヤコブは彼女を見ると立ち上がり、大きな石を転がしてラバンの羊に水を飲ませ、ラケルに口づけし、そして大声で泣いた。
70歳を超えているというのに、実に大した腕力、大したプロモーションであるが、彼はその歳までずっと独身を貫いて来たのだ。
主がその旅を成功させ、確実に彼女の所へと導き、いよいよ出会えた彼女が、姿も顔立ちも美しい女性だったので、彼は感慨深さに大声で泣いたのだろう。

私達も、主に拠り頼んでいるなら、しっかり確実に、御心の所へと導かれて行くのである。
ただし、ヤコブの場合、そこまでとんとん拍子に主が導かれたのは、長年の寂しさが慰められる為ではないし、単なるハッピーな生活を彼がこれからずっと続けるためではない。
彼のずる賢さが取り扱われ、過剰な力が剥ぎ取られ、主の前に練られるためであり、その精錬のための期間が、この時、始まったのである。

私達も、主が導かれる先は、私達にとって必ずしも心地良い事ばかりが待っているとは、限らない。
主の御前に、もっと砕かれもっと練られるが為に、とんとん拍子に導かれる、という事だって有りうる。
そのような時は、じたばたせず、全能者の御手の下にへりくだり、主のなされるがままにするのが一番楽な過ごし方であるが、あくまで自己主張を続けるなら、苦しみの期間を増し加えるだけである。

ヤコブは自分の身の上をラケルに明かし、ラバンは、彼が訪ねて来た事を喜んだ。
このカランの地は、神の約束の地からは遠く離れた、サタンが支配するような地であり、ラバンはその中でも、ずる賢い事にかなり長けた人物である。
ヤコブはやがて、そのサタンが支配するような地から妻子を得、多くの富を増し加え、やがてそれらを携えて故郷に戻る。

私達の中にも、主の前に余計な「ずる賢さ」や「過剰な力」などがあるのであれば、主は、私達よりも2倍も3倍も上手なラバンを送り込み、私達を練るのだ。
そうして取り扱われ、練り聖められて行く内に、妻子や多くの富を自分のものとし、サタンの王国から多くを分捕って、天の故郷へと凱旋するのである。

先月に続き、今日も一人の兄弟が洗礼を受け、聖餐に加えられました。ハレルヤ!

彼はすごい集中力の持ち主で、6〜8回に渡る洗礼準備会を、今までで最も早く修得しました。

彼はまた、今週に誕生日を迎えますので、肉の誕生日と霊の誕生日とを、皆で喜び祝いました。

先週より、礼拝後の聖書の学び会は、洗礼準備会のテキストを用いて、行なっています。

これは学びというより、御言葉から頂く恵みに皆ヤミツキになっていますので、今日も10名の方が残り、本当に多くの恵みをいただきました。

今、皆そのまま残って、食事の準備を整えています。

主の祝福にあふれています。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest