メッセージ - 201205のエントリ

本日は町田で、久しぶりに家族全員と食事をしました。

家族全員が揃ったのは久しぶりです。

姪っ子も結構成長していて、天声からプレゼントした服は小さめでしたが、着れる内に贈れてよかったです。

礼拝説教メッセージ音声:烏と鳩(創世記8:1-14):右クリックで保存
韓国語通訳有

地球全体は死の水で覆われ、その大いなる水の上に浮かぶノアの箱舟は、非常に心もとない、ちっぽけな存在である。
このちっぽけな箱舟の中に、ノア達八人の人間と、全種類の生き物たちが、息をひそめて生息し、箱舟から出る日を待ち望んでいた。

神はその、ちっぽけな箱舟に、心を留めておられた。
「神は、ノアと彼と共に箱舟にいたすべての獣とすべての家畜を御心に留め、地の上に風を吹かせられたので、水が減り始めた。」(創世記8:1)
いかに周りは死の水で溢れていようとも、神はご自身を求める全ての息ある者を心に留め、しっかりと守って下さるのだ。

ノアは40日の終わりに、箱舟の天窓から烏を放った。
烏は賢い鳥ではあるが、身勝手に箱舟と外の間を出入りするだけで、ノアの手元には戻って来ず、箱舟には何の益ももたらさなかった。

そこでノアは、今度は鳩を彼のもとから放ち、地の面から水がひいたかどうかを確かめようとした。
最初に放った時、鳩は力の限り飛んでいったが、見えるものはひたすら死の水、水、水ばかり。
再び箱舟のノアの所に戻ってきたので、ノアは手を伸ばし、鳩を手の内に収めた。

7日待ってから二回目に鳩を放った時、鳩はオリーブの若枝をくわえて来た。
この小さな一本の枝は、箱舟全体にいのちと希望を伝える便りとなり、ノア達は、地から着実に水が引いているのを知った。
さらに七日待って再び放つと、もう戻って来なかった。
全生物中、この新天地に真っ先に住まいを得たのは、鳩であった。

「柔和な人々は、幸いである、/その人たちは地を受け継ぐ。」(マタイ5:5)
主は、鳩のように素直でありなさいと勧められた。
私達も、賢くても身勝手な烏のようでなく、鳩のように素直にいつでも主の手元に戻って行き、聖徒たちに良い知らせをもたらす有用な者となるのであれば、真っ先に、新しい御国を相続できるのである。

素直で、聖徒たちに平和の訪れを告げる者となる皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声:裁きの日(創世記7:11-24):右クリックで保存
韓国語通訳有

ノアは義を宣べ伝えて来たが、人々は悔い改める事をせず、ついに裁きの時が来てしまった。
「ノアの生涯の第六百年、第二の月の十七日、この日、大いなる深淵の源がことごとく裂け、天の窓が開かれた。」(創世記7:11)
天の上の水も、地の下の水の源も、元々は全て生けるものを潤す恵みとして用いられていたが、この日、それらはことごとく死のために用いられた。

天の水門が一気に開かれ、地の底の深淵の源が張り裂け、そこから溢れる水は大波のように、濁流のように全てを洗い流し、人々はそれまでめとったり嫁いだり、売ったり買ったりしつつ、あらゆる営みによって築きあげて来た家も土地も財産も、ことごとく一瞬にして運び去ってしまった。
わずか40日ほどで、何千メートル級の山々さえ水没し、世界で最も高い山さえ、その上15アンマも覆うほど、地球全体は水で覆われたのである。
事実、ヒマラヤ山脈の標高何千メートルの所から、水生生物の化石が発見されている。

「主は、ノアの後ろで戸を閉ざされた。」(16節)
その日その時、救いの扉を閉ざすのは、ノアのような人間ではなく、神みずからである。

「イエスはまた言われた。「はっきり言っておく。わたしは羊の門である。わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。」(ヨハネ10:7-10)

主に属する羊たちは、主のその声を聞き分ける。
ノアの時代の動物たちは、主の御声を聞き分けて箱舟に入ってきて、救いを得たが、私達も、いつも主に向かって心を研ぎ澄ませているべきである。
世の思い煩いや、富の誘惑によって霊的感性が鈍っていたら、主の御声は聞き分ける事ができない。

主は天と地の水の門を管理し、人々に恵みを施して来たが、かの裁きの日、それが人への災いとなった。
主は門である。
主を通ってこそ、私達は救われ、救いの領域の内側で守られ、養いを受け、そしてかの日、主の門から不従順な人間に災いが降るのである。

創世の初め以来、世界は一度水によって滅びており、今我々が生きているこの世界も、やがて火で滅ぼされる。(2ペテロ3:3-7)
今は恵みの時である。
この時を有効に用いて、多くの人を救いへと至らせる皆さんでありますように!
イエス様の名前によって祝福します!

午後の賛美祈祷会では、ある姉妹から、エゼキエル書の御言葉が以前から示されていた事の分かち合いがあり、その姉妹はその章の後半わずかな箇所だけが示されていたのですが、その章をはじめから読んでみると、ここ数日の出来事や、その姉妹が見てきた夢の内容が全て書かれてあり、鳥肌が立ちました。

主は御言葉を予め示し、それを信じて忠実にイエスを主とする聖徒たちには恵みと祝福を与え、自分を主とする者には災いを与えられると、あらためて分かり、パスターとして襟を正されました。

祈祷会の後は皆でいっさくに移動し、近くのスーパーで卵1パック98円(お一人様のみ)のタイムセールがあったので、皆で行って、卵を安く大量に買う事が出来、とても楽しかったです。

幸せは何もお金や物、権力がたくさんある所にではなく、こういう何でもない日常の内の、あらゆる場面で、主は聖徒たちに必要なものを与え楽しませ、喜ばせて下さるのだなあと思いました。

礼拝説教メッセージ音声:救いに入るか入らないか(創世記7:1-10):右クリックで保存
韓国語通訳有

「あなたは清い動物をすべて七つがいずつ取り、また、清くない動物をすべて一つがいずつ取りなさい。空の鳥も七つがい取りなさい。全地の面に子孫が生き続けるように。」(2,3節)

神様は、清い動物だけでなく、清くない動物も、滅びから救った。
ペテロは幻の内に、四隅を吊るされた敷布が天から降りてきて、そこに、あらゆる獣、地を這うもの、空の鳥が入っているのを見せられ、主に「ペトロよ、身を起こし、屠って食べなさい」と言われたが、ペテロはそれを断った時、主から「神が清めた物を、清くないなどと、あなたは言ってはならない。」と言われた。(使徒10:9-16)

この幻は、きよくない民である異邦人にも、イエスキリストによる救いの門が開かれた事を意味している。
清い動物も清くない動物も、共に箱舟に入って救われたように、イスラエル人も我々異邦人も、ただイエスを信じる信仰によって救われるのだ。

箱舟がノアの時代の救いであったように、今の時代、イエスキリストの福音こそ救いである。
動物たちはノアのところに自分から来た。(9節)
現代、主にある働き人達が一人でも多くの魂を救うためにと奔走しているように、ノアも、一つでも多くの種を生き長らえさせようと、動物たちを箱舟へ導く事に奔走したのではないだろうか。

主のたとえ話の中で、王子の婚礼に予め招待されていた人達はことごとくキャンセルしてしまい、結局王は僕に命じて、通りで出会った人なら良い人でも悪い人でも片端から宴会に導いた話がある。(マタイ22:2-14)
宴会で食卓を味わう事ができたのは、良い人か悪い人かは関係なく、ただ、王の呼びかけに応じて、宴会に来た人たちであった。
ノアの時代も、救われたのは、良い動物か悪い動物かは関係なく、また、ノアが無理やり箱舟に入れられた動物であろうと、あるいは自ら箱舟に入った動物であろうと関係なく、ただその時、箱舟に入った動物だけが、救われた。
同じように今、救われるのは、良い人か悪い人かは一切関係なく、また、神の働き人の手を焼かせたかどうかも関係なく、ただイエスを信じた者だけが、救われるのである。

ノアが、神様から命じられた事を言われた通り実行して、多くのいのちを救ったように、皆さんもまた、実践を伴う信仰によって、多くの命を救いますように!
イエス様の名前によって祝福します!

月曜は休日

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » パスター日記
執筆 : 
pastor 2012-5-21 23:40

今日は早天の後、金環日食を見ることが出来ました。

雲の合間からわずかの時間でしたが、ダイヤモンドリングのような天体現象に感動しました。

その後は家でゆったり過ごし、さっきまで夜釣りをしていたので、配信が遅くなってしまいました。

教会はこんな時間でも遊びに来ている聖徒たちが話しで盛り上がっています。

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
人は草のよう(イザヤ40:3-11):右クリックで保存

人は草や花のようにはかなく、福音の前に人はどんなに栄えても、人間的な上下は平らにされる。
私達が頼りとするべきは唯一、主イエスキリストのみである。

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
アブラハムの側(ルカ16:19-31):右クリックで保存

生きて礼拝を捧げることが出来る今は、何にも代えがたい尊い時である。
死んだ後、地上で礼拝を捧げていた時を思い起こす時が誰にも来るが、あなたはその時、パラダイスにいるだろうか。それともハデスにいるだろうか。。。

礼拝説教メッセージ音声(音声のみ)
罪を赦す権威(ルカ5:17-26):右クリックで保存

イエス様が、吊るされて運ばれた中風の人を癒す時、「起きて床をたたんで歩け」ではなく「あなたの罪は赦された」と最初に言った。
ここに赦しと癒しの順番がある。

礼拝説教メッセージ音声:行いを伴う信仰によって救われる(創世記6:17-22):右クリックで保存
韓国語通訳有

「見よ、わたしは地上に洪水をもたらし、命の霊をもつ、すべて肉なるものを天の下から滅ぼす。地上のすべてのものは息絶える。」(17節)
前回まで学んで来たように、神は人を身勝手に創造して、また身勝手に滅ぼすお方ではない。
私たちは創世記1章から6章まで読むまでに1時間もかからないが、時間的には千年以上の月日が流れており、神はその間、人が悔い改めて立ち返るのを、ずっと忍耐して待っておられた。
しかし人類は、エノクやノアを通して義が伝えられても立ち返らず、とうとう、ノア達以外の人類は全て暴虐に溢れ、道ならぬ事をするようになってしまった。
そこで神は、ノアを通して救いのご計画を発動されたのである。

「わたしはあなたと契約を立てる。あなたは妻子や嫁たちと共に箱舟に入りなさい。」(18節)

邪悪な時代の中にあっても、しっかりと信仰を守り、忍耐して御言葉を実験している者は、家族単位で救われる。
この時代救われたのは、ノアとその家族だけでなく、各種類の鳥、動物、地をはう全ての全てであった。
そのようにノアが多くのいのちを救うことができたのは、神から命じられた事を全て忠実に行ったからである。

神様に命じられて、ノアが建造したのは、全長135m、幅22.5m、高さ13.5mの巨大な船であった。
横浜大さん橋にも時折、100mを超える船が停泊するが、そのような巨大船を、なんと500歳以上の老夫婦と、その子である3組の夫婦の、計8人が仕上げた訳である。
一体どれほどの労力があっただろう。そしてそのように実際にしてしまう信仰と、また、子供たち家族にそのように行わせたほどの信仰の確信は、どれほどであろうか。
その途方もない、人の目から見たら気違い沙汰とも思える事業を、何十年もかけて成し遂げ、その箱舟が完成した時、ノアの信仰が実体となったのである。

「わたしの兄弟たち、自分は信仰を持っていると言う者がいても、行いが伴わなければ、何の役に立つでしょうか。そのような信仰が、彼を救うことができるでしょうか。・・・信仰もこれと同じです。行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものです。」(ヤコブ2:14−17)
もしノアが、聞いていても行っていなかったなら、彼の家族の救いも、生き物たちの救いも、無かっただろうし、彼が信仰に妥協して、長さ50mの船を作っても、救いは無かっただろう。

「ノアは、すべて神が命じられたとおりに果たした。」(22節)
もし今、主から何かするよう示されているなら、足したる引いたりせず、実行に移すべきである。
もし主から何か悔い改めが示されているなら、悔い改めにふさわしい実を結ぶべきである。
何か御言葉が与えられているなら、その通り為すべきである。

ノアが命じられた通りにそのまま実行して救いを得、多くのいのちを救ったように、皆さんもまた、実践を伴う信仰によって多くの命をも救いますように!
イエス様の名前によって祝福します!

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest