メッセージ - 201009のエントリ

黙示録1:6-8の分かち合い


少人数だったため黙示録1:6-8をよく噛み締めつつ皆でシェアしております。

メッセージというより対話的なシェアになっております。


 

メッセージ音声: 信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか(マルコ6:45-52) 한국어예배



イエスを陸に残して船出した弟子達は、湖の真ん中で逆風に苦労する。

イエスは湖の上を歩いて近づいてゆくが、悪霊を何匹も追い出した弟子達もそれを見て恐怖に覆われる。

イエスが働かれる時、このように尋常でない方法で近づかれる事があるが「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」と声をかけて下さり、私達という船にイエス様をお入れした時、風は止み、無事に目的地へと導かれる。。。続き


早天祈祷会メッセージ音声


2010/8/27以前のメッセージ音声

メッセージ音声: 5千人以上でも必要を満たし余らせる主(マルコ6:30-44) 한국어예배



少年の持っていたわずかなお弁当によって、1万人以上の必要を満たし、働き人の分までいっぱいにしてしまう主が、私達の内に生きておられるとは、何という恵みだろうか。

必要を満たして余りあらせる主のみ技を体験するには、まず主の元に必要を訴え自分達には何も出来ない事を告白し、主に祝福していただいたものを受け取り、それを人々に持っていく事である。。。続き


早天祈祷会メッセージ音声


2010/8/27以前のメッセージ音声

メッセージ音声: 聖なる預言者を好き勝手する者達(マルコ6:21-29) 한국어예배


洗礼者ヨハネは人の中で最も偉大な人と言われたが、宴会の余興として殺された。


このように聖なるものが人の好き勝手によって殺される事は、実は御心であり、イエスもそのように殺されたが3日後によみがえった。


黙示録11章に登場する二人の証人も一度は殺され晒されるが、後にはよみがえらされ、栄光のうちに上げられる。


世にあっては艱難があり、惨めな死を経るかのように見えるが、その後には栄光が待っている。。。続き


早天祈祷会メッセージ


2010/8/27以前のメッセージ

本日は機械の具合が悪く韓国語メッセージを流せなかった為、急遽、林が第3礼拝メッセージを行いました。


主日第3礼拝メッセージ音声:アビナダブ(2サムエル6:1-5) 主日第3礼拝 한국어예배


2サムエル6:1-5より。


サウル王以前から長らくアビナダブの家に置かれていた契約の箱をダビデは携え登ろうとしたが、驚くべき、酷いと思えるような事が起こる。


満場一致で人々の支持を得て決定したはずであるが、ある重大な間違いをダビデは犯していたのだ。。。続き

礼拝音声: 味噌からにじみ出た愛(1コリント12:18-27) 第1礼拝全体音声

第2礼拝音声:(メッセージのみ、韓国語通訳つき) 한국어예배


週報


先週、静岡の姉妹から天声の兄弟姉妹に、と、サムジャンという合わせ味噌をいただき、賞味した。


ゆでたキャベツにごはんを乗せ、その味噌も乗せて食べるという韓国風の食べ方があるのだが、シンプルであるがとても旨く、野菜もおいしく摂れ、身も心も温かく幸せな気持ちに包まれつつ頂いた。


その幸せさは、高級レストランなどお金を積む事では決して味わえない、「聖徒を思う愛」という、世の何物よりも尊い「素材」から来るものだ。


今、この世で生きていて、聖徒の為に愛を込めて料理を作ったり、作ってくれたものを味わうことが出来るのは、「生きていて良かった」と思えるほどの幸せがあり、天における愛に満ちた交わりの前味わいである。


聖徒達の心の篭った捧げものは香ばしいかおりであって、神が喜んで受けてくださる供え物である。(ピリピ4:18


御父が求めるいけにえは、高級食材でも膨大なお金でもなく「心」の込められたものである。


御父は何よりも富んでおられるお方なので私達がいかに富を積んで捧げたところで、たかがしれている。


主が人を間違いを犯さないロボットとして造らず、間違いを犯すかもしれない自由意志を持った「人」としておつくりになったのは、「心から」主を主を選択し、愛し、敬う者を、求めておられるからだ。


天の御国は、確かに高級素材に満ちたリッチな所ではあるが、むしろ、愛の篭った贈り物でいっぱいの、心が暖かくなる所である事の方が「売り」であり、私達に喜ばしく楽しみである事なのだ。


まことの食物はキリストであり(ヨハネ6:55)、その食物にはどれほどの愛が込められているか。


それは命を捨てるほどの愛が込められており、その食物は決して無くなる事無く、乏しくなる事も無い。


5千人以上にパンを与えた奇跡において、主は、その奇跡の源、愛の源であるイエスキリストを本来求めて欲しかったのだが、大勢の群集が求めたのは、実に、食物のパンであり、彼らが主を探して来たのは、食べて無くなる食物のパンを食べ、満腹したからだ。(ヨハネ6:26


どれほど主は寂しい思いをされたであろうか。


私達は無くなるパンではなく、まことの食物である愛の篭ったイエスを、心から感謝しつつ頂くべきである。


サムジャンで食事しながら与えられたもう二つの事は、味噌がおいしいからといって、味噌「そのもの」が脚光を浴び奉られてはならず、味噌の作り主こそ感謝されるべきである事。


そのおいしい味噌を使い切ってしまうのを恐れるよりも、味噌の作り主に作り方を聞くべきである、という事。


その時々に与えられた人、いただいた恵みなどがなくなる事を恐れる傾向があるが、それは無くなるパンをいつも与えてくださいと求めて来た寂しい人々のようなものであり、その恵みを下さった根源なるお方により頼み、そのお方が愛をもって、無尽蔵に与えてくださる事に信頼すべきである。


私達は、キリストのからだであり、それぞれは器官であるが故、誰か特別な人だけが作り主を差し置いて大きく取り上げられてしまうのは良くない。


体はどこかをケガした時、そこに血小板や白血球が集まるが、血小板や白血球は普段何のために役に立つのか分からなくても、ケガをした時、これらはそこに引き寄せられるように真っ先に集まり、血小板は傷を塞ぎ、白血球は進入して来た悪いものを殺すために、機能する。


どこの器官が無くなっても、体はやってゆけないし、どこかだけが大きくなったり増えたりしても病んでしまう。


キリストの器官は愛の機能体であり、その内の誰か一人でも欠けてしまったら、大変であり、また、その誰かが傷ついてしまったら、周りの器官が全力を持ってそこをいたわり、癒す事に全力を注ぐ。


一切の賜物の源であり、愛を持って一つとしてくださるキリストこそ、全ての栄光を受けるに相応しいお方であり、この方のために私達は在るのである。

礼拝音声: なくなるパンとなくならないパン


イエス様の周りでは、奇跡や必要の満たしが行われる事はよくあるが、そうした物質的・心理的な必要の満たしは所詮、食べたら無くなるパンに過ぎない。


永遠に無くならないパンとは。。。続き


過去の定期祈祷会


2010/8/20以前の定期祈祷会


 

メッセージ音声: どっちつかず(マルコ6:14-20) 한국어예배


国主ヘロデは洗礼者ヨハネが正しく聖なる者である事を知り、その教えを喜んで聞いていたが、妻ヘロデヤのそそのかしにより結局ヨハネの首を刎ねてしまい、後にはイエスからも一言も言葉をいただけず、ゆくゆくはヘロデヤの言葉が原因で破滅に追い込まれてしまう。


私達とこのヘロデに共通している所は。。。続き


早天祈祷会メッセージ


2010/8/27以前のメッセージ

メッセージ音声: 杖1本の他何も持つな(マルコ6:6-13) 한국어예배


福音を伝えるために12弟子を派遣する時、杖1本の他は何も持たないようにと指示された。


しかし足りない物は何もなかったと、後に弟子達は告白している。


実はマタイ・ルカの平行箇所では杖さえ持って行かないように指示されている。


マルコにのみ出てくる「杖」とは一体何であろうか。。。続き


早天祈祷会メッセージ


2010/8/27以前のメッセージ

礼拝音声: 岩の上の蜜


本日は横浜フェローシップ・ホームチャペルのゆばるさんが来て下さり、突然の申し出にもかかわらず、ピアノ伴奏してくださいました。


いつもはパスターがピアノを弾きながら賛美を導いていますが、この時は歌に専念する事が出来、とても恵まれました。


 


メッセージは詩篇81:6-16より。


御言葉はよく噛み締め咀嚼すると、甘く麗しくなる。


乳と蜜が流れる土地は、御言葉なる主を慕い求める者に与えられる。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest