• カテゴリ 定期祈祷会メッセージ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 定期祈祷会メッセージカテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:道が示されない時でも(使徒16:6−10):右クリックで保存
韓国語通訳有

礼拝説教メッセージ音声:信仰告白を土台として:右クリックで保存
韓国語通訳有

礼拝説教メッセージ音声:初代教会の問題:右クリックで保存
韓国語通訳有

礼拝説教メッセージ音声:愚かな金持ち:右クリックで保存
韓国語通訳有

礼拝説教メッセージ音声:漁師ペテロ:右クリックで保存
韓国語通訳有

礼拝説教メッセージ音声:四千人の給食(マルコ8章1-9節):右クリックで保存
韓国語通訳有

祈祷会メッセージ音声:放蕩息子(ルカ15:11-24):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声:死はいのちに飲み込まれた(1コリント15:53-58):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

テレビで津波が家々を飲み込んで行くのを見た時、そこにいる人達を思い、どうしようもない嘆き悲しみに襲われた。
私達はこの死の呪いに対して心の底から憎み、主イエスの名によって信仰を混ぜた御言葉で反撃し、死に対してはいのちを飲み込むべきである。

「死は勝利にのみ込まれた。 死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」(1コリント15:54,55)
死のとげは罪であり、死が力を発揮するのは、罪が働くからである。

私は花粉症ではないが、地震の翌日、朝から頭が痛くて目が痒く、鼻水が止まらない症状が出、ティッシュボックスが手放せなくなった。
しかし、この症状は私本来の所有ではないと宣言し祈った所、その日のうちに症状が全く無くなった。
花粉症という呪いは、元々いのちのものではなく、人間の罪ある選択の結果導入されてしまったものだが、主イエスの名によって自分とは関係無いと宣言する事によって、害するものは無くなったのである。
花粉症に限らず、人に害為す自然の呪いという「死のとげ」は、信仰をもって主イエスの名によって祈り、無効である事を宣言する事によって、そのいのちは実体化し、癒しが起こり、自然の呪いは解消するのである。

昨晩も静岡で震度6強の地震が起きた。
その時この教会では祈祷会の最中だったが、大きな揺れにもかかわらず誰一人慌てる事無く祈りを中断する事もないまま地震は収まった。
一般人からすればおかしいかもしれない。しかし少なくとも、御言葉を宣言して祈っていた私達には平安があった。
死の恐怖が、いのちに飲み込まれたからである。

この世はのろわれているが、神の子たちの表れを、うめきをもって待ち望んでいる。(ローマ8:17-25)
被造物は呪われ人に害を為しているが、その被造物さえもうめきを持って神の子達のあらわれを待ち望んでいる。
以前は暗闇の中、悪しき者の圧制の元で震えていた私達は、今や御子キリストによって愛のご支配の内に移された。
その愛のご支配の内に私達は安息し、被造物は神の子達の正しい支配によって安息する事になる。

今、私達が被造物を支配する実際的な方法は、信仰を混ぜた御言葉による。

この揺れ動く地に対しては安息するように、暴走している原子炉に対しては止まるように、今被災地で実際的な助けを必要としている人達には、安息と守りが与えられるように、復旧に当たっている全ての働き人達の上には、その手の業が祝され守られるように、信仰を混ぜた御言葉をもって命じ、愛によって地を支配するべきである。

私達は競技場で格闘している格闘者と同じで、今この時代、信仰の先輩達が雲のように私達を囲んで、私達の為す事を見ている。(ヘブル12:1〜3)
今私達がイエスの名によって勇気を持って戦うなら、信仰の先人達も喜んでいるのである。

この一瞬一瞬も、疲れ果ててしまわぬよう、信仰の創始者また完成者であるイエス様を見つめながら、信仰の競争を走りぬく皆さんでありますように。
そしていずれ主の御前に出た時、栄光の冠をいただく皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します。

礼拝説教メッセージ音声:イエスが座す舟で(マルコ4:35-41):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

主は向こう岸に渡ろうと言われ、弟子達はイエス様を艫のほうに座らせ、漕いで行った。
私達もイエス様を大切な座に座らせ、自分達の力によって世に漕ぎ出して行く。

順調な時は、イエス様が眠っていても別段問題を感じないが、突風に弄ばれ、大波に揺れ、水をたっぷり被って沈みそうになる時、私達は慌てる。
順風満帆の時はともかく、嵐になってもイエス様を起こしもせず、自分で何とかやって行こうとする事もある。
そして、どうしようもなくなった時、やっとイエス様を起こして
「先生、私達が溺れてもかまわないのですか?」と言う。

イエス様は一見ただの人で、湖よりも舟よりも小さい。
彼一人が起き上がった所で、あまり当てになるようには見えないが、彼が風を叱り、湖に言葉をかけるなら、自然は言う事を聞き、大凪となり、沈みそうだった船は助かるのである。
風も、湖も、言う事を聞くのである!
分子や原子の一粒から太陽、恒星にいたるまで、全被造物は言う事を聞くのである!
それは、彼がこの世の諸々を、ご自身の御言葉で創られたから。
分子や原子の一粒から太陽、恒星にいたるまで、このお方に拠らずして成った物は、何一つ無い。
その主が、信じる者一人一人の内に、幕屋を張って宿って下さった。
私達という小船の中にはその主がおられ、そして私達は無事に向こう岸へ導かれていくのである。

イエス様は「なぜ恐がるのか」「なぜ信じないのか」「信仰の薄い者よ」とお叱りになる。
私達という舟の中には、イエスが乗って折られるがゆえに、私達は、大丈夫だというのは言うまでも無い。
そればかりでなく、イエス様はもしかしたら、弟子達にも主の御名を用い、主の権威を行使して欲しかったのかもしれない。

悪霊や病気、突風や地震も確かに被造物ではあるが、そうした人間に害為すものは呪いの結果であり、本来あるべきではない被造物のカスである。
それらは呪いの産物で、神にも神の聖徒達にも属するものではない。
我々聖徒が信仰により、権威を用いて宣言するなら、それさえも言う事を聞くものである。

主は教会(召しだされた者達)に、イエスの名による権限を与えられた。
それはハデスの門さえも立ち向かう事が出来ない。
教会が地で繋いだものが天において繋がれ、地で解いたものは天においても解かれる。
私達はイエスの名を用いて世に対し、サタンに対して命じ、大胆にハデスの門を破って行く者達である。

この呪いに満ちた世界にいのちを宣言し、いのちで満たす皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します。

2/25祈祷会のメッセージです。

この日は当ホームページを見て、2名の方がおいで下さいました。

この教会は色々な言葉で祈りが成されていますが、手話による祈りは初めて聞き(見)ました。

イエスの名による祈りは、いつも、どれも嬉しくなります。

メッセージはお馴染みノアの洪水の話ですが、この出来事の意味は今の時代のみなさんと大いに関係があります。

メッセージ音声:ノアの洪水

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest