• カテゴリ 定期祈祷会メッセージ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 定期祈祷会メッセージカテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:四千人の給食(マルコ8章1-9節):右クリックで保存
韓国語通訳有

祈祷会メッセージ音声:放蕩息子(ルカ15:11-24):右クリックで保存

礼拝説教メッセージ音声:死はいのちに飲み込まれた(1コリント15:53-58):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

テレビで津波が家々を飲み込んで行くのを見た時、そこにいる人達を思い、どうしようもない嘆き悲しみに襲われた。
私達はこの死の呪いに対して心の底から憎み、主イエスの名によって信仰を混ぜた御言葉で反撃し、死に対してはいのちを飲み込むべきである。

「死は勝利にのみ込まれた。 死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」(1コリント15:54,55)
死のとげは罪であり、死が力を発揮するのは、罪が働くからである。

私は花粉症ではないが、地震の翌日、朝から頭が痛くて目が痒く、鼻水が止まらない症状が出、ティッシュボックスが手放せなくなった。
しかし、この症状は私本来の所有ではないと宣言し祈った所、その日のうちに症状が全く無くなった。
花粉症という呪いは、元々いのちのものではなく、人間の罪ある選択の結果導入されてしまったものだが、主イエスの名によって自分とは関係無いと宣言する事によって、害するものは無くなったのである。
花粉症に限らず、人に害為す自然の呪いという「死のとげ」は、信仰をもって主イエスの名によって祈り、無効である事を宣言する事によって、そのいのちは実体化し、癒しが起こり、自然の呪いは解消するのである。

昨晩も静岡で震度6強の地震が起きた。
その時この教会では祈祷会の最中だったが、大きな揺れにもかかわらず誰一人慌てる事無く祈りを中断する事もないまま地震は収まった。
一般人からすればおかしいかもしれない。しかし少なくとも、御言葉を宣言して祈っていた私達には平安があった。
死の恐怖が、いのちに飲み込まれたからである。

この世はのろわれているが、神の子たちの表れを、うめきをもって待ち望んでいる。(ローマ8:17-25)
被造物は呪われ人に害を為しているが、その被造物さえもうめきを持って神の子達のあらわれを待ち望んでいる。
以前は暗闇の中、悪しき者の圧制の元で震えていた私達は、今や御子キリストによって愛のご支配の内に移された。
その愛のご支配の内に私達は安息し、被造物は神の子達の正しい支配によって安息する事になる。

今、私達が被造物を支配する実際的な方法は、信仰を混ぜた御言葉による。

この揺れ動く地に対しては安息するように、暴走している原子炉に対しては止まるように、今被災地で実際的な助けを必要としている人達には、安息と守りが与えられるように、復旧に当たっている全ての働き人達の上には、その手の業が祝され守られるように、信仰を混ぜた御言葉をもって命じ、愛によって地を支配するべきである。

私達は競技場で格闘している格闘者と同じで、今この時代、信仰の先輩達が雲のように私達を囲んで、私達の為す事を見ている。(ヘブル12:1〜3)
今私達がイエスの名によって勇気を持って戦うなら、信仰の先人達も喜んでいるのである。

この一瞬一瞬も、疲れ果ててしまわぬよう、信仰の創始者また完成者であるイエス様を見つめながら、信仰の競争を走りぬく皆さんでありますように。
そしていずれ主の御前に出た時、栄光の冠をいただく皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します。

礼拝説教メッセージ音声:イエスが座す舟で(マルコ4:35-41):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

主は向こう岸に渡ろうと言われ、弟子達はイエス様を艫のほうに座らせ、漕いで行った。
私達もイエス様を大切な座に座らせ、自分達の力によって世に漕ぎ出して行く。

順調な時は、イエス様が眠っていても別段問題を感じないが、突風に弄ばれ、大波に揺れ、水をたっぷり被って沈みそうになる時、私達は慌てる。
順風満帆の時はともかく、嵐になってもイエス様を起こしもせず、自分で何とかやって行こうとする事もある。
そして、どうしようもなくなった時、やっとイエス様を起こして
「先生、私達が溺れてもかまわないのですか?」と言う。

イエス様は一見ただの人で、湖よりも舟よりも小さい。
彼一人が起き上がった所で、あまり当てになるようには見えないが、彼が風を叱り、湖に言葉をかけるなら、自然は言う事を聞き、大凪となり、沈みそうだった船は助かるのである。
風も、湖も、言う事を聞くのである!
分子や原子の一粒から太陽、恒星にいたるまで、全被造物は言う事を聞くのである!
それは、彼がこの世の諸々を、ご自身の御言葉で創られたから。
分子や原子の一粒から太陽、恒星にいたるまで、このお方に拠らずして成った物は、何一つ無い。
その主が、信じる者一人一人の内に、幕屋を張って宿って下さった。
私達という小船の中にはその主がおられ、そして私達は無事に向こう岸へ導かれていくのである。

イエス様は「なぜ恐がるのか」「なぜ信じないのか」「信仰の薄い者よ」とお叱りになる。
私達という舟の中には、イエスが乗って折られるがゆえに、私達は、大丈夫だというのは言うまでも無い。
そればかりでなく、イエス様はもしかしたら、弟子達にも主の御名を用い、主の権威を行使して欲しかったのかもしれない。

悪霊や病気、突風や地震も確かに被造物ではあるが、そうした人間に害為すものは呪いの結果であり、本来あるべきではない被造物のカスである。
それらは呪いの産物で、神にも神の聖徒達にも属するものではない。
我々聖徒が信仰により、権威を用いて宣言するなら、それさえも言う事を聞くものである。

主は教会(召しだされた者達)に、イエスの名による権限を与えられた。
それはハデスの門さえも立ち向かう事が出来ない。
教会が地で繋いだものが天において繋がれ、地で解いたものは天においても解かれる。
私達はイエスの名を用いて世に対し、サタンに対して命じ、大胆にハデスの門を破って行く者達である。

この呪いに満ちた世界にいのちを宣言し、いのちで満たす皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します。

2/25祈祷会のメッセージです。

この日は当ホームページを見て、2名の方がおいで下さいました。

この教会は色々な言葉で祈りが成されていますが、手話による祈りは初めて聞き(見)ました。

イエスの名による祈りは、いつも、どれも嬉しくなります。

メッセージはお馴染みノアの洪水の話ですが、この出来事の意味は今の時代のみなさんと大いに関係があります。

メッセージ音声:ノアの洪水

遅くなりましたが先週水曜祈祷会の音声を配信します。

昼の祈祷会では中国の姉妹達が来たのですが通訳がおらず、ことばは身振り手振りでしか通じませんでしたが、イエスというまことの言葉が通じ、通じないという状況ゆえ大いに恵みと祝福をいただきました。

1部礼拝音声1 証しと賛美と祈り

1部礼拝音声2 メッセージ:ことばについて

また夜の礼拝では「イエス様の名前によって祈ります」という言葉で終わる事がいかに大切であるかをメッセージしました。

これがあるかないかで、1万円札に「日本銀行券」の表記があるかないかよりもはるかに価値が違います。

2部礼拝音声 イエスの名によって祈る価値

礼拝説教メッセージ音声:約束の子と奴隷との争い(ガラテヤ4:28-5:1):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

主イエスを信じた私たちは主に愛された者たちであり、それは妬まれ、嫉妬されるほどである。

イサクの時代のように、奴隷の子と自由の子の争い、神から離れた者達対神の子達の相克は、ずっと続けられており、私たち自身も身近に経験する。
地上においては確かに苦難があるが、奴隷の者たちは追い出され、約束の子達は全てを相続し受け取る事が約束されている。

サタンは自分の裁きが確定しており、教会が愛され、守られ、必要が満たされているのを見て歯軋りするのである。
サタンは地上に投げ落とされたため、地に住む私たちもその影響を受けるが、私たちには打ち勝つ手段がある。
「兄弟たちが勝利する根拠は、子羊の血と、あかしの言葉である。」黙示12:7-12
あかしとは、イエスキリストが確かに生きておられ、私たちの主であると証言する事である。
サタンは教会における麗しい交わりをめちゃめちゃにしようと虎視眈々と狙っているが、私たちはその時、主にある立場を宣言すべきである。

天における裁判の情景がゼカリヤ3章に出てくる。
大祭司ヨシュアが民の代表として裁判の席に立たされているが、主はサタンに対し
「サタンよ、お前が攻められている」と言われる。

私たちは肉においては諸々の罪を犯すかもしれないし、罪の負債をいまだに引き摺っているかもしれない。
しかし主が責められるのは、サタンに対してであり、私達にではない。
そもそも、私達は元々愛されるべき者として創られており、人類を罪へ引きずり出したのは元々サタンだからである。

主は私達の穢れた衣を脱がせ、聖なる衣を着させ、聖なる冠をかぶらせて下さった。(4節)
私たちはこの立場を宣言すべきである。

「略奪した国々に。私の民に触れる者は、わたしのひとみに触れる者だ。」(ゼカリヤ2:8,9)
私たちは主にとって瞳のように大切な存在であるが故、聖徒達を攻め立て略奪する者たちに対しては、逆に略奪されるままにされるのである。(9節)
神は善人と認めた者には恵みを与えられるが、あ悪人にはひたすらその主が義と認めた人達に渡すために積み上げる事を勤めとされる。(伝道者2章)

日々の諸々の障害に対しては、イエスの血を宣言し、悪人たちの積み上げた富を得る皆さんでありますように。
イエスの名によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

礼拝説教メッセージ音声:ノアの時代と今(創世記6:9-22):右クリックで保存

ノアは箱舟を建造した。
人類が創造された初期、地上ははなはだ堕落していたが、ノアは主から離れず、その邪悪な時代にあって御心にかなった生活をしていた。
彼は主から命じられ、箱舟を造った。
舟とは水の上を行き来する乗り物であるが、ノアは水の全くない場所に、誰の目にも見える巨大な舟を、親子で100年もかけて建造した。

人の目から見れば実に無意味でばかばかしい事である。
多くの人々の嘲笑を買った事だろう。
しかし後には、人々がその舟の中に入って救われたいと死ぬ程願いつつ水に溺れていく時が来たのだ。

現代の我々は、死からの勝利、よみがえり、永遠のいのちである主イエスを説いている。
ノアの時代のように、人々からは嘲られるかもしれない。
しかし私達が大真面目に福音を伝えるのは、イエスこそ私達を救う箱舟のようなお方であり、信じてそのお方の”からだ”の一部となる者は、後に来る火の裁きの時、いのちを得るからである。

この終わりの時代にあって、キリストのからだの各器官として、次々と永遠のいのちを生みだす事により、救いの箱舟を建造していく皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

礼拝説教メッセージ音声:主の交わりから離れてはならない:右クリックで保存

使徒信条に出てくる人物、ポンテオ・ピラトはローマの総督である。
彼はイエス様を死刑にする権限も救う権限も持っていた。
元々彼はイエス様を救い出したかったが、最終的には十字架につけてしまった。
なぜなら、場の空気に負けたからである。

私達の中にも、ポンテオ・ピラトがいる。
世の中に出て、イエス様を忌み嫌っている人達の場の中に放り出されたら、その場の空気に負けて「私もイエス様を知りません」と言ってしまう弱さがある。
使徒信条を告白する時「ポンテオ・ピラト」の名前を言うときには、私達の中にもポンテオ・ピラトがいる事を覚えつつ告白したい。

もう一人、その場の空気に負けて、イエス様を「知らない」と言った者がペテロである。
彼は「あなたを知らないとは死んでも言わない」と力を込めて約束したが、しかし残念ながら彼は「イエスなんて知らない」と力を込めて3回、しかも3回目には呪いをかけて誓ってしまう。
イエス様に「今日、鶏が2度鳴くまでに3度わたしを知らないと言う」と予め言われていたため、彼が鶏が2度鳴くのを聞いた時、大泣きに泣き、自分のふがいなさを嘆き、弱さを悲しんだ。

人間の言葉による約束や人間の愛は弱く、いくら自ら奮い立たせ力を込めて約束したところで、守り切る事ができない。
その証拠に、同じ女性/男性を、50年も60年も愛し続ける者は実に少ない。
聖霊によって強められなくては、イエス様の言葉は守り切るものではない。

聖霊によって強められれば、力を奮い立たせるまでもなくイエス様を力強く証しする言葉が泉のように湧き出てくる。

群集は「十字架から降りれば私達は信じる」と言ったが、もし万一イエス様がそんな事したら、一体誰が人類の罪の身代わりとなる事ができるだろう。
イエス様は十字架につけられた時「父よ彼らをお赦し下さい」と言って取成しをされた。
イエス様が私達の弱さを取り成して下さったから、また、罪の身代わりとなって死んで下さったから、私達は弱さ・罪深さから救われたのである。
そのイエス様を信じる事によって、私達は聖霊に満たされる。

その後、ペテロは再び、イエスの故に大勢の群集の前に引き出される。
鶏が鳴いた時よりもはるかに大勢の権威ある人達に囲まれていたにもかかわらず、ペテロは誰もが驚くほど、また、言葉を返せないほど、大胆にイエス様を告白した。
聖霊に満たされていたからである。

聖霊に満たされるには、どうしたら良いのか。
それは、イエス様の名のある聖徒の交わりから離れない事である。
ペテロは呪いをかけてイエス様を知らないと誓ったが、それでも主の交わりに戻って生き恥を晒した。
イスカリオテ・ユダはイエス様を銀30枚で売り渡し、後に後悔して銀30枚を神殿に投げ入れ、死んでお詫びした。
人間的に見れば、ユダのほうが立派に見えるが、主の前には逆である。
たとえどんなにみじめでも、生き恥を晒しても、主の交わりから離れてはならない。
ユダは絶望し、もう赦されないと勘違いしたが、主の前には赦されない罪は無い。
どんなに惨めになっても、主の交わりから離れてはならないのである。

主の御名から離れなければ、主はやがて助け主である聖霊を与えてくださり、人間には出来なかった主の告白が堂々と出来るようになり、大胆にイエスキリストを告白し、大いなるわざをする事が出来るようになるのである。

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

 

※今回の祈祷会音声にはプライベートな内容が含まれたため、音声配信は行いません。代わりに、概要を投稿します。

神は高ぶる者を退けられる。
当然、人を人とも思わず平気で心を踏みにじるような者の願いをいちいち叶えていたら世の中は混乱する。
私達は他人の願いを聞いて「それは身勝手だ」と量ったりするものだが、実は、自分自身がそのように身勝手な願いをしている事には、なかなか気付かない。

もちろん、正当な願いはあり、その願いを神様は聞いて下さる。
神様がすぐに願いを叶えてくださらない時は焦るかもしれないが、後になって見れば、より有意義な事が自分の身に起きていた事がわかるものだ。
人は自分の最善が何かすら知らないものであり、神様は人の願いを全部が全部そのまんま叶えて下さるわけではない。
しかしもっと後になってから、あの時それで良かったと分かる。
神様は唯一、私達の最善をご存知だからである。

詩篇23編「あなたのむちとあなたの杖が私の慰めです。」
羊は目が見えず、一寸先は見えないものだが、私達も一寸先は闇であり、危ないところへも突進するような事もあるが、主はそのような私達を守り、例え私達の愚かさゆえに崖から落ちても降りてきて助けて下さる。
主を羊飼いとしていれば、決して乏しい事は無い。
死の陰の谷のような危ない所を通らされる事もあるが、守られる。
さらに主は、敵の前で宴を設けて下さり、頭に油を注いで装って下さり、恵みと慈しみとが、私達を追って来る。
しかし主を羊飼いとしていなければ、恵みと慈しみは逃げて行く。

美しくて素敵な若い女性はたくさんいるが、素敵なおばあちゃんは、真珠のように尊く珍しい。
彼女はその日その日を尊く生きてきたから、そのようになったのである。
日々、主を羊飼いとし、尊い歩みをし、美しく歳を重ねていくみなさんでありますように!
 

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest