• カテゴリ 定期祈祷会メッセージ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 定期祈祷会メッセージカテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:主の交わりから離れてはならない:右クリックで保存

使徒信条に出てくる人物、ポンテオ・ピラトはローマの総督である。
彼はイエス様を死刑にする権限も救う権限も持っていた。
元々彼はイエス様を救い出したかったが、最終的には十字架につけてしまった。
なぜなら、場の空気に負けたからである。

私達の中にも、ポンテオ・ピラトがいる。
世の中に出て、イエス様を忌み嫌っている人達の場の中に放り出されたら、その場の空気に負けて「私もイエス様を知りません」と言ってしまう弱さがある。
使徒信条を告白する時「ポンテオ・ピラト」の名前を言うときには、私達の中にもポンテオ・ピラトがいる事を覚えつつ告白したい。

もう一人、その場の空気に負けて、イエス様を「知らない」と言った者がペテロである。
彼は「あなたを知らないとは死んでも言わない」と力を込めて約束したが、しかし残念ながら彼は「イエスなんて知らない」と力を込めて3回、しかも3回目には呪いをかけて誓ってしまう。
イエス様に「今日、鶏が2度鳴くまでに3度わたしを知らないと言う」と予め言われていたため、彼が鶏が2度鳴くのを聞いた時、大泣きに泣き、自分のふがいなさを嘆き、弱さを悲しんだ。

人間の言葉による約束や人間の愛は弱く、いくら自ら奮い立たせ力を込めて約束したところで、守り切る事ができない。
その証拠に、同じ女性/男性を、50年も60年も愛し続ける者は実に少ない。
聖霊によって強められなくては、イエス様の言葉は守り切るものではない。

聖霊によって強められれば、力を奮い立たせるまでもなくイエス様を力強く証しする言葉が泉のように湧き出てくる。

群集は「十字架から降りれば私達は信じる」と言ったが、もし万一イエス様がそんな事したら、一体誰が人類の罪の身代わりとなる事ができるだろう。
イエス様は十字架につけられた時「父よ彼らをお赦し下さい」と言って取成しをされた。
イエス様が私達の弱さを取り成して下さったから、また、罪の身代わりとなって死んで下さったから、私達は弱さ・罪深さから救われたのである。
そのイエス様を信じる事によって、私達は聖霊に満たされる。

その後、ペテロは再び、イエスの故に大勢の群集の前に引き出される。
鶏が鳴いた時よりもはるかに大勢の権威ある人達に囲まれていたにもかかわらず、ペテロは誰もが驚くほど、また、言葉を返せないほど、大胆にイエス様を告白した。
聖霊に満たされていたからである。

聖霊に満たされるには、どうしたら良いのか。
それは、イエス様の名のある聖徒の交わりから離れない事である。
ペテロは呪いをかけてイエス様を知らないと誓ったが、それでも主の交わりに戻って生き恥を晒した。
イスカリオテ・ユダはイエス様を銀30枚で売り渡し、後に後悔して銀30枚を神殿に投げ入れ、死んでお詫びした。
人間的に見れば、ユダのほうが立派に見えるが、主の前には逆である。
たとえどんなにみじめでも、生き恥を晒しても、主の交わりから離れてはならない。
ユダは絶望し、もう赦されないと勘違いしたが、主の前には赦されない罪は無い。
どんなに惨めになっても、主の交わりから離れてはならないのである。

主の御名から離れなければ、主はやがて助け主である聖霊を与えてくださり、人間には出来なかった主の告白が堂々と出来るようになり、大胆にイエスキリストを告白し、大いなるわざをする事が出来るようになるのである。

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

 

※今回の祈祷会音声にはプライベートな内容が含まれたため、音声配信は行いません。代わりに、概要を投稿します。

神は高ぶる者を退けられる。
当然、人を人とも思わず平気で心を踏みにじるような者の願いをいちいち叶えていたら世の中は混乱する。
私達は他人の願いを聞いて「それは身勝手だ」と量ったりするものだが、実は、自分自身がそのように身勝手な願いをしている事には、なかなか気付かない。

もちろん、正当な願いはあり、その願いを神様は聞いて下さる。
神様がすぐに願いを叶えてくださらない時は焦るかもしれないが、後になって見れば、より有意義な事が自分の身に起きていた事がわかるものだ。
人は自分の最善が何かすら知らないものであり、神様は人の願いを全部が全部そのまんま叶えて下さるわけではない。
しかしもっと後になってから、あの時それで良かったと分かる。
神様は唯一、私達の最善をご存知だからである。

詩篇23編「あなたのむちとあなたの杖が私の慰めです。」
羊は目が見えず、一寸先は見えないものだが、私達も一寸先は闇であり、危ないところへも突進するような事もあるが、主はそのような私達を守り、例え私達の愚かさゆえに崖から落ちても降りてきて助けて下さる。
主を羊飼いとしていれば、決して乏しい事は無い。
死の陰の谷のような危ない所を通らされる事もあるが、守られる。
さらに主は、敵の前で宴を設けて下さり、頭に油を注いで装って下さり、恵みと慈しみとが、私達を追って来る。
しかし主を羊飼いとしていなければ、恵みと慈しみは逃げて行く。

美しくて素敵な若い女性はたくさんいるが、素敵なおばあちゃんは、真珠のように尊く珍しい。
彼女はその日その日を尊く生きてきたから、そのようになったのである。
日々、主を羊飼いとし、尊い歩みをし、美しく歳を重ねていくみなさんでありますように!
 

礼拝説教メッセージ音声:闇を照らす光であるイエス(ヨハネ1:9-14,イザヤ9:1-8)국어예배 (右クリックで保存)

イエスは世を照らす真理の光である。
太陽は人間だけでなく全ての生物に必要不可欠なものであるが、まことの太陽であるイエス様はどんなにか人に良きものを提供しているだろうか。
世はこのお方によって創造されたのに、人はこのお方を受け入れなかった。
この世界を少しでもじっくり観察する時、あるいは真剣に生きようと思う時、神を意識し、神に思いを馳せずにはおれない。
自分が神でいたい者はキリストを否定するが、このお方を信じた者には、全く新しい神の子としてのいのちが生まれ、その特権が与えられる。
この世が苦しみに満ちているのは、神を認めない者達によって支配されているからである。

イザヤ9章において、暗闇、苦しみ、はずかしめの内に歩んでいる者達に、イエス様の大いなる光が来る事が預言されている。
ゼブルンとナフタリの地とはイエス様が御言葉を語り始めた地域だが、私達という領域の中にイエス様が御言葉を語り始めると、暗く闇に沈んでいた私達の中に暖かい光が灯るのである。
イエス様はある時ベツレヘムという場所に、みどりごとしてこの地上に来られたが、私達が御言葉を受け入れその名を信じる時、いつであってもどこであっても、私達の内にイエス様が誕生するのである。
このお方は、不思議な助言者(ワンダフルカウンセラー)、力ある神(全能の神)、永遠の乳(いつまでも生きておられ私達を養い育て守る真の父親)、平和の君(争いや恐怖ではなく平和をもたらす)と呼ばれる。
イエス様はいずれ永遠の王座に着かれるが、今、まさに私達の内に生きておられ、支配し、私達を通して神の聖なるご性質を表されるのである。
それは私達の力ではなく、万軍の主の熱心が成し遂げる。

主の熱心な統治が為され、神様のご性質を豊かに表す皆さんでありますように!
横浜天声キリスト教会 copyright 2010

礼拝説教メッセージ音声:御言葉は壁にではなく心に貼れ(1サムエル4:1-11)국어예배 (右クリックで保存)

サムエルの時代、各々が自分の目に正しいと思える事を勝手に行っていた頃、ペリシテ人が攻めて来て、4千人が倒された。
彼らは今度は契約の箱を戦場に担ぎ出して戦いに臨んだが、打ち負かされ、3万人が激しい疫病に倒れ、契約の箱も奪われてしまった。

偶像とは、唯一の神以外のものを第一とする事であるが、この時彼らにとって「われわれ」が神であり、契約の箱さえ「われわれ」が勝利するための道具としたため、3万人がペリシテ人によらず激しい疫病によって倒れた。

人は目に見えるものに弱く、神の箱さえも彼らは偶像としてしまったのである。
御言葉を家の壁やトイレに貼って何かご利益があるかのように考えるかもしれないが、御言葉は書いて貼れば良いというものではなく、心に留め行うべきである。
教会に毎日来ていても、心があさっての方向に向いているなら来ないほうがましであり、また教会に来れない事情があったとしても、心が教会に来ているなら、主の前には教会に来ていると同じ事である。
詩篇42編の作者は、主の祭りを祝うために神の家へ行く事はできない状況にあったが、心は神の家に向いていた。
状況はどうであれ主の御前に心を注ぎだして祈るなら、主は応えて下さる。

目に見えるものではなく、心を尽して見えない主に拠り頼むように私達がなるために、敢えて災いを送り、大切なものを奪われることがある。
契約の箱が奪われた時、イスラエル人は絶望したが、その箱はペリシテ人の地にある7ヶ月の間、多くのペリシテ人を倒し、人手によらず戻ってきた。
イスラエル人がいくら頑張ってもできなかった事を、主は人手によらずやってのけてしまうお方である。

サムエル7:3「あなたたちが心を尽くして主に立ち帰るというなら、あなたたちの中から異教の神々やアシュトレトを取り除き、心を正しく主に向け、ただ主にのみ仕えなさい。そうすれば、主はあなたたちをペリシテ人の手から救い出してくださる。」
この言葉どおりイスラエル人が主の御前に集い、自分の好む事を捨てて主の前に心を注ぎだした時、やっと勝利できた。

勝利した時、サムエルは石を一つ取ってミツパとシェンの間に置き、「今まで、主は我々を助けてくださった」と言って、それをエベン・エゼル(助けの石)と名付けた。(サムエル7:12)
ミツパは「物見やぐら」という意味で、シェンは「とがった岩」という意味がある。
岩なるキリストの内に隠れ、彼に物見やぐらに立っていただくなら、我々は助けの岩の内に頑強に守られるのである。
我々がエベン・エゼル(助けの岩)に至るには、ミツパの経験、すなわち主の御前に集い、自分の好む事を捨てて主の前に心を注ぐ必要がある。

礼拝説教メッセージ音声: 人類最初の人(創世記1〜3章) (右クリックで保存)

人類最初の人はアダムとエバについて。
アダムは土から創られエバは彼のわき腹の骨から創られた。創造当初、彼らには罪は無かったがサタンの唆しにより堕落してしまった。

続き

礼拝説教メッセージ音声:権威を学ぶ(マタイ8:5-13) (右クリックで保存)

イエスが「これほどの信仰は見たことがない」と褒められたのは、イスラエル人ではなくローマの百人隊長だった。
百人隊長は、律法とは程遠いローマの軍隊生活をしながらにして、神の国の重要な事を学んでいた。
彼は権威というものを日々熟知しており、イエスにこそ一切の権威が与えられている事を認めたので、病さえも「行け」と言えば行くし、「来い」と言えば来ると思ったのである。
信仰は、教会に通ったり御言葉を沢山聞いたりする事によって育つのではなく、日々の生活のあらゆる事に神の国を認め、与えられている事を忠実に為す事によって育つのだ。

横浜天声キリスト教会 copyright 2010

礼拝説教メッセージ音声:隠れた所で見ておられる主(マタイ6:1-4) 右クリックで保存


施しをする場合、人に見られたり聞かれたりする為にするならば、既に報いを受け取っているため、神様からの報いは受けられない。
口で言っている事と心で思っている事が違う事を主は忌み嫌われる。
昔、神殿においてラッパ型の献金箱があり、金属製であるのでそこに沢山硬貨を投げると大きな音がしたため、多くを捧げた者がはっきり分かる仕組みとなっていたが、主が喜ばれたのは、わずか2レプタ銅貨を捧げたやもめであった。
主が見ておられるのは、献金の額だけでなく、一人一人の生活も、捧げる時の心も、全部見ておられる。
だから、主の前では取り繕う必要は無いし、人に見られるためではなく心から主の為にそれらの行いを為すべきである。
横浜天声キリスト教会 copyright 2010

礼拝説教メッセージ音声:祈り(マタイ6:5-8)(右クリックで保存)

人に聞かせる受る祈り、例えば大仰に「おぉ〜主よ〜」とか「アーメン」等いかにもと思われる文句をやたら連発したり、「こう祈って皆を感心させてやろう」等、人に見せるための祈り、人にアピールするための祈りは、神様から報いを頂けないナンセンスな祈りであるばかりでなく、そこで一緒に祈る人達にとって有害な祈りである。
祈りは人に見せたり言い聞かせるためのものではないし、同じ言葉を何度も繰り返す必要も無く、神様とのコミュニケーションであり交わりを深めるものである。

横浜天声キリスト教会 copyright 2010

礼拝説教メッセージ音声:御言葉をのべ伝えなさい(競謄皀4:1-8)한국어예배 (右クリックで保存)

私達の主イエスは慕わしく麗しい、近くにおられ、兄として友として親しいお方であるが、敵にとってはとても恐ろしいお方である。
死を目前にしたパウロが、聖徒達のために残そうとした言葉において、真っ先に、しかも偉大なるお方の御前で命じたのが「御言葉をのべ伝えなさい」である。
パウロが命がけで御言葉をのべ伝えたのは、彼は後に御座につき、天と地を裁かれ、主の御座は高く美しく、清らかで、聖なるもので、そして恐ろしいからである。
時が良くても悪くても、実言葉の通り歩むことができる皆さんであるように。

礼拝説教メッセージ音声:終わりの時にも守られる主(ローマ8:18-25)한국어예배 (右クリックで保存)

この世が苦しみの呪いの内にあるのは、人間の選択の結果であり罪の結果である。
終末にはこのような事が起こると主は予め言われたが、そのような苦難が起こるのは、主はシナリオライターのように思いつきや気まぐれで組み立てるのではなく、人間が誤った選択をした結果、そのような苦しみのシナリオが起こる事は確定しており、主も悲しまれ呻かれる。
しかし私達には希望である助け主がおり、忍耐によって自分のいのちを勝ち取ることがある。
肉体は攻撃されるかもしれないが、霊的には髪の毛一筋さえ乱れるようなことは無いほどの平安に包まれる。
主は私達の助けであり、救いの勇士であり、戦いを止めさせ、武器を破壊される。
私達は武器を捨て、この神により頼むべきである。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest