• カテゴリ ルツ記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - ルツ記カテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:マラ(苦い)になってしまったナオミ(ルツ記1:19-22):右クリックで保存

ナオミには10年ぶりの故郷ではあるが、この帰郷は、彼女にとって懐かしさよりも苦々しさに満ち満ちたものだった。

『そしてふたりは旅をつづけて、ついにベツレヘムに着いた。彼らがベツレヘムに着いたとき、町はこぞって彼らのために騒ぎたち、女たちは言った、「これはナオミですか」。』(ルツ記1:19)

彼女たちの故に街中がこぞって騒ぎ立った、という事は、エリメレクの家はベツレヘムでも有名な、そして有力な一家だったのかもしれない。実際、エリメレクの一族に属するボアズの家も、町の中で有力者であった。
女たちは「これはナオミですか(KJVでは、Is this Naomi? )」と言っている。
それもきっと、彼女が10年前、ベツレヘムを出て行く前の状況から比べ、変わり果ててしまったのを驚いたからだろう。

『ナオミは彼らに言った、「わたしをナオミ(楽しみ)と呼ばずに、マラ(苦しみ)と呼んでください。なぜなら全能者がわたしをひどく苦しめられたからです。わたしは出て行くときは豊かでありましたが、主はわたしをから手で帰されました。主がわたしを悩まし、全能者がわたしに災をくだされたのに、どうしてわたしをナオミと呼ぶのですか」。』(ルツ記1:20-21)
10年前、彼女は、満ち足りて出て行った。他の人達よりも先んじていたような立場だったのに、今や彼女は、夫に先立たれ、息子達も財産も失ってしまった。
10年前、ナオミよりも乏しく、苦労していたような人達が、今や生活を持ち直し、子供達を産んで、彼らも成長しきている。
それに引き換え、今の自分は、ただ人の憐れみにすがるしかない。もはや、人と会う事もしたくない状況だっただろう。

しかし彼女は、「主がわたしを悩ました(KJVでは、「主が自分に敵対して証言している」)」と言っているので、彼女は、自分は主から敵対されるような事をされても仕方がない、という自覚があったのだ。
彼女たち一家は、神の定められた場所で主からの懲らしめを受ける事を避け、異邦の地へパンを求めて出て行ったがために、この災いが降った、と理解しているのだ。

私達も、この事から戒めを受けるべきである。
エリメレク一家が、パンを求めるがゆえに、神の定められた場所を離れ、わずか10年で人が驚く程落ちぶれてしまったのと同じように、キリスト者の中にも、教会での養いをつまらなく思ったり、金銀を求めるがゆえに、教会を離れ、10年も経たずに、落ちぶれてしまった、というような事を、周りで見ていないだろうか。
そのような事は、実に、ありうる話なのだ。

家族やパン、お金などで「満ち足りている」という快さ(ナオミ)を追求しても、それらは、いつ苦々しさ(マラ)になってもおかしくはない。
神の国を度外視して、世の金銀やパンを求めて、神の国を出て行くなら、なおさらだ。

神は、ご自身以外のものによって快くなろうとする「ナオミ」は、「マラ」にされる。
それは、ただ単にその人を苦しめるためではなく、その人が懲らしめを受けて、神の国へと戻し、ついには、決して色褪せる事の無い「ナオミ」へと、その人を造り替えるためなのだ。
『見よ、神に戒められる人はさいわいだ。それゆえ全能者の懲らしめを軽んじてはならない。彼は傷つけ、また包み、/撃ち、またその手をもっていやされる。彼はあなたを六つの悩みから救い、/七つのうちでも、災はあなたに触れることがない。』(ヨブ5:17-19)

『こうしてナオミは、モアブの地から帰った嫁、モアブの女ルツと一緒に帰ってきて、大麦刈の初めにベツレヘムに着いた。』(ルツ記1:22)
ナオミは「主はわたしをから手で帰された」と言った。
しかし主は、彼女を決して手ぶらで帰していない。彼女は実は、七人の息子にも勝る、ルツを、連れ帰っている。
その事は彼女自身も、またルツ自身も、この時には分からなかった。
しかし、主を信頼し全能者の陰に拠り所を求めて来る人というものは、いかに頼りなく、力なく見えたとしても、主の前には何よりも尊く、世のいかなる力ある者のそばにいるよりも、安全なのである。

礼拝説教メッセージ音声:あなたの神はわたしの神(ルツ記1:15-18):右クリックで保存

『そこでナオミは言った、「ごらんなさい。あなたの相嫁は自分の民と自分の神々のもとへ帰って行きました。あなたも相嫁のあとについて帰りなさい」。』(ルツ記1:15)


ルツの弟嫁・オルパが帰って行った先は、自分の民・自分の神の所であった。
モアブの神はケモシュという神であり、自分の願い事をかなえてもらうためには、自分の子を全焼のいけにえとしてささげさせるような神である。(2列王3:27)
オルパは確かに自分の生まれ故郷・モアブに帰り、イスラエルの家へ嫁ぐ以前のような、ある程度の安定した生活を得られたかもしれない。
しかし、永遠における彼女の記録は、ここでおしまいである。

『しかしルツは言った、「あなたを捨て、あなたを離れて帰ることをわたしに勧めないでください。わたしはあなたの行かれる所へ行き、またあなたの宿られる所に宿ります。あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神です。』(ルツ記1:16)
ルツは、実に素晴らしい信仰告白をしている。
彼女がエリメレクの家へ嫁いで共に過ごした10年弱、イスラエルの神はナオミ達に、幸いではなく、むしろ懲らしめばかりをもたらして来たのを見て来たはずであり、こんな恐ろしい、幸いをもたらさない神は願い下げだ、と思っても仕方無かったかもしれない。
なのに彼女は、このイスラエルの神を選んだ。

主から災いと懲らしめを受けている最中であっても、神の栄光を嫁達に証するナオミの信仰は、本物である。
ナオミは、自分達が背いた結果、このような災いに遭った事を知っていた。
それだからこそ、ルツは、このイスラエルの神こそ真実なお方だと認めたのだろう。

『あなたの死なれる所でわたしも死んで、そのかたわらに葬られます。もし死に別れでなく、わたしがあなたと別れるならば、主よ、どうぞわたしをいくえにも罰してください」。ナオミはルツが自分と一緒に行こうと、固く決心しているのを見たので、そのうえ言うことをやめた。』(ルツ記1:17-18)

この「もし・・・ならば、主が幾重にも罰して下さるように」という言い回しは、イスラエル独特の強調表現であり、ルツはナオミがそのように言うのを何度も聞いて、まねしたのだろう。
ルツは、このイスラエル人の家に嫁いで以来、ケモシュの神よりも遥かに真実で力強い神に触れ、モアブでは見たこのと無い素晴らしい風習と、その神を信じているナオミの人柄に捕らえられ、この民へと入っていく決意をしたのだろう。

私達も、この真実な神にあって新しく生まれ変わりたいのであるなら、ルツのように、自分の家で信じて来た宗教、家の神、神抜きでやりくりして来た思考パターンなどを、捨て去る決意をしなくてはならない。
『不信者と、つり合わないくびきを共にするな。義と不義となんの係わりがあるか。光とやみとなんの交わりがあるか。キリストとベリアルとなんの調和があるか。信仰と不信仰となんの関係があるか。神の宮と偶像となんの一致があるか。わたしたちは、生ける神の宮である。神がこう仰せになっている、/「わたしは彼らの間に住み、/かつ出入りをするであろう。そして、わたしは彼らの神となり、/彼らはわたしの民となるであろう」。
だから、「彼らの間から出て行き、/彼らと分離せよ、と主は言われる。そして、汚れたものに触れてはならない。触れなければ、わたしはあなたがたを受けいれよう。そしてわたしは、あなたがたの父となり、/あなたがたは、/わたしのむすこ、むすめとなるであろう。全能の主が、こう言われる」。』(2コリント6:14-18)

ルツは、生来の家、国、神を捨て、全く新しい、イスラエルの神の国へと入っていく決意をした。
主は、真実な神である。
主に信頼して御元に来る人は、決して失望させられる事は無い。

礼拝説教メッセージ音声:ナオミの信仰と人柄(ルツ記1:8-14):右クリックで保存

ナオミ達3人は、モアブの野を出立し、100キロ離れたベツレヘムへの帰途にあったが、進み行くにつれ、ナオミの心に重くのしかかってくるものがあった。

義理の娘達とは別れなくない。
しかし、このままこの若き未亡人たちを見ず知らずの土地へ連れて行っても、彼女たちの幸せは、全然見えて来ない。
『ナオミはふたりの嫁に言った、「あなたがたは、それぞれ自分の母の家に帰って行きなさい。あなたがたが、死んだふたりの子とわたしに親切をつくしたように、どうぞ、主があなたがたに、いつくしみを賜わりますよう。どうぞ、主があなたがたに夫を与え、夫の家で、それぞれ身の落ち着き所を得させられるように」。こう言って、ふたりの嫁に口づけしたので、彼らは声をあげて泣き、ナオミに言った、「いいえ、わたしたちは一緒にあなたの民のところへ帰ります」。』(ルツ記1:8-10)

彼女たちは、ナオミからの別れの促しを、泣きながら断っているので、恐らく彼女たちは、自ら進んでナオミと一緒にイスラエルへ行こうとしたのだろう。
なんと麗しい嫁姑関係だろうか。
普通、嫁と姑の関係は、悪くなる事のほうが多く、しかも、義理の娘たちが外国の女であるなら、尚更のはずなのに。

ナオミは、よほどの人格者だったのだろう。
彼女のその人格の秘訣は、どこにあるのだろうか。
それはやはり、主への信仰にあると思われる。
サムソンは、苦しくなった時になってやっと「主(エホバ)」を呼び求めたものだが、ナオミはそれとは大違いで、「主(エホバ)がいつくしみを賜りますように」「主(エホバ)が落ち着き所を得させられるように」と、主(エホバ)の御名を何度も用いて、嫁達を祝福している。

彼女自身、この10年に起きた事を見ると、大切な人を取り上げてられてばかりで、むしろ主からの災いのほうが多いのに、主を悪く言う事も、恨む事も、決してしておらず、むしろ、「主の御手がわたしに臨んだ」と告白しているため、彼女は、悪いのは神の国を離れた自分達の側であり、主のさばきこそ正しいと認めているのだ。
主は、そのような信仰者を、決して悪いままにはしておかれない。

『しかしナオミは言った、「娘たちよ、帰って行きなさい。どうして、わたしと一緒に行こうというのですか。あなたがたの夫となる子がまだわたしの胎内にいると思うのですか。
娘たちよ、帰って行きなさい。わたしは年をとっているので、夫をもつことはできません。たとい、わたしが今夜、夫をもち、また子を産む望みがあるとしても、そのためにあなたがたは、子どもの成長するまで待っているつもりなのですか。あなたがたは、そのために夫をもたずにいるつもりなのですか。娘たちよ、それはいけません。主の手がわたしに臨み、わたしを責められたことで、あなたがたのために、わたしは非常に心を痛めているのです」。』(ルツ記1:11-13)

嫁たちは、ナオミの人柄に感銘を受け、イスラエルにはナオミのような人がたくさんいると思ったのかもしれない。
しかし律法では、モアブの者は、たとえ10代後の子孫でも、主の会衆に加わってはならない、と書いてあるし(申命記23:3)、このまま娘たちがイスラエルへ来るとしたなら、そこで幸いを得る望みは乏しい。
だから、彼女たちの幸いを思うなら、このままモアブへ戻した方が良いとナオミは思ったのだ。

『彼らはまた声をあげて泣いた。そしてオルパはそのしゅうとめに口づけしたが、ルツはしゅうとめを離れなかった。』(ルツ記1:14)
こうしてオルパは分かれて行ったが、ルツはすがりついて離れなかった。
主は、主の民の最も小さな者、弱い者のうちの一人にした事は、わたしにした事である、と言われる。(マタイ25:34-40)
その報いに漏れる事は、無い。

士師記の荒んだ時代の中、ひときわ輝く珠玉のような信仰者たちは、弱く、無名で、人から見ればつまらない者達だったかもしれない。
しかし主は、そのような彼女達をしっかりと見ておられ、主は彼女たちを通して、イスラエルの王を、ひいては、全世界の救い主を立てられる事に用いられるのだ。

礼拝説教メッセージ音声:何もかも失った末に届いた風の便り(ルツ記1:6-7):右クリックで保存

ナオミは当初、ユダヤのベツレヘムでエリメレクと結婚し、二人の息子にも恵まれ、幸せに暮らしていた。

しかしある時、飢饉が来て、パンが無くなり、モアブに移り住む事にした。
モアブに来た当初は、パンにありつけて、「来て良かったね」と家族内で語り合っていたかもしれないが、結論を言うなら、神の国を離れて異邦の地に来てしまった事が、全ての災いの始まりであった。

神の民にとって、「神の約束の地」を捨てて、肉的なものを求めて外へと行く事は、さらに酷い災いを招いてしまう事になる。これは聖書の法則である。
このような時は、神から賜った叱責から逃げずに、しっかり従順と忍耐を学ぶべきなのだ。
この一家は、目の前の困難から逃げ出したいばかりに、安易な解決方法に飛びついてしまい、 取り返しのつかない事になってしまった。
夫のエリメレクは死に、ほどなく、息子達も一人、また一人と死んで行き、ただナオミと義理の娘たちだけが残されてしまった。

『その時、ナオミはモアブの地で、主がその民を顧みて、すでに食物をお与えになっていることを聞いたので、その嫁と共に立って、モアブの地からふるさとへ帰ろうとした。そこで彼女は今いる所を出立し、ユダの地へ帰ろうと、ふたりの嫁を連れて道に進んだ。』(ルツ記1:6-7)
主の民から離れて10年が経ち、モアブの野で淋しく取り残されてしまったナオミに届いた、風の便り。
主がご自分の民を顧みて、食べ物をお与えになった、というこの風の便りは、彼女の心に、神の国である故郷を思い起こさせ、「わたしのもとに帰っておいで」という、主からの優しい語りかけとして響いただろう。

私達は、このような主からの語りかけを聞いていないだろうか。
聞いていながらにして、敢えて御心から離れたりしていないだろうか。
ナオミは、神の国に帰るまでに、10年もかかってしまい、その間、夫に先立たれ、息子にも先立たれてしまった。

放蕩息子(ルカ15:11-32)は、父の元に帰るまでに、何年かかったかは記されていないが、莫大な財産を全て放蕩し尽くし、何もかも失ってしまって、豚のエサでもいいから食べたいと思うまでに落ちぶれてしまった時、ようやく我に返った。
父なる神様の元を離れ、自分で好きなようにやって成功して行ける、と思っている「神の子」は多い。
しかし結局、神の子は、父なる神の元でしか生きられず、そこから離れるとするなら、何もかも使い果たす以外に無いのだ。
どん底まで落ちぶれて、自分がいかに神様から離れ、神の子たるに相応しい形から離れてしまったか。
我に返る所から、回復は始まる。

ナオミは、ついには帰る事にした。
大切なものを何もかも失い、結局、自分の拠り所は、主の元にしかないのだ、と思い起こして。
そこから、ナオミ自身と、そしてエリメレクの家の回復が始まる。

『わたしは確かに、エフライムが/こう言って嘆くの聞いた、『あなたはわたしを懲らしめられた、わたしはくびきに慣れない子牛のように/懲らしめをうけた。主よ、あなたはわたしの神、主でいらせられる、わたしを連れ帰って、もとにかえしてください。わたしはそむき去った後、悔い、教をうけた後、ももを打った。若い時のはずかしめが身にあるので、わたしは恥じ、うろたえた』。
主は言われる、エフライムはわたしの愛する子、わたしの喜ぶ子であろうか。わたしは彼について語るごとに、なお彼を忘れることができない。それゆえ、わたしの心は彼をしたっている。わたしは必ず彼をあわれむ。みずからのために道しるべを置き、みずからのために標柱を立てよ。大路に、あなたの通って行った道に心を留めよ。イスラエルのおとめよ、帰れ、これらの、あなたの町々に帰れ。不信の娘よ、いつまでさまようのか。主は地の上に新しい事を創造されたのだ、女が男を保護する事である」。』(エレミヤ31:18-22)

キリストにあって神の子とされた私達がいるべき場所は、主・キリストの御元以外には無い。
もし離れているとするなら、ナオミのように帰り、また、もし離れているキリスト者がいるなら、彼らを主の御元へと連れ帰る皆さんでありますように!
イエス様のお名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声:ルツ記概要(ルツ記1:1-5):右クリックで保存

ルツ記は、ヘブライ語でメギラット・ルツ、「ルツの巻物」の意味である。
ルツの名には「美」「友情」の意味があるので、ユダヤ人には「美の巻物」「友情の巻物」の意味で呼び交わされているのだろう。

ルツ記は今までの書に比べれば、とても短く、4章しかない。
そのストーリーは、異邦のモアブ人女性・ルツが、イスラエルの神・主の庇護を求めてイスラエルへと入り、不思議な導きによって、ベツレヘムの有力なユダ族の男性・ボアズの元へと嫁いで行く内容であり、この夫婦からイスラエルの偉大な王・ダビデが生まれ出て来る系図で終わる。
士師記の荒んだ時代の中において、主を信じる人達に対する主の慰めが、ひときわ輝く「美の巻物」と言える。

聖書の書名には、男性の人名がそのまま表題とされる事は多いが(ヨシュア記、イザヤ書など)、女性の名が記されるのは少ない。
しかも、イスラエルでは蔑まれている異邦のモアブ人の女の名が、そのまま聖書の表題となるのは、例外中の例外と言える。

主の会衆から最も遠いはずの者が、主の会衆に加えられ、救いから最も遠いはずの者が、救いへと入り、そして永遠の書物に、名が記される。
それは、私達を含めた神の民にとって、慰めに満ちた恵みであり、それは福音の醍醐味である。

滅びと救いとの間を立ち塞ぐ絶対的な壁を超えるものは、ずばり、信仰だ。
ルツは、まさに信仰によって救われ、永遠の家系へと入る事が出来た。

『さばきづかさが世を治めているころ、国に飢きんがあったので、ひとりの人がその妻とふたりの男の子を連れてユダのベツレヘムを去り、モアブの地へ行ってそこに滞在した。ふたりの男の子はそれぞれモアブの女を妻に迎えた。そのひとりの名はオルパといい、ひとりの名はルツといった。彼らはそこに十年ほど住んでいたが、マロンとキリオンのふたりもまた死んだ。こうしてナオミはふたりの子と夫とに先だたれた。』(ルツ記1:1-4)
ルツ記の時代は、さばきづかさが世を治めているころ、つまり、士師記の時代である。
人々は御言葉を無視し、おのおのが好き勝手な道に歩み、自らが犯した罪の刈り取りの災いにあえいでいる時代だった。

ベツレヘム出身のエリメレクと、その家族とは、飢饉のため、パンを求めて異邦の地・モアブへと移住したが、男性陣は早速、全滅してしまう。
彼らは、主が植えて下さった約束の地・ベツレヘムに住んでいたのに、そこを離れると、すぐに災いが降ってしまった。
ベツレヘムは「パンの家」という意味であり、このベツレヘムから離れた者は、大体、ろくなことが起こらない。(士師記17章、19章)
しかし、このベツレヘムから離れずにいて、士師記の混迷の時代でも着実に有力者として育っていった者もあった。(後述)

『マロンとキリオンのふたりもまた死んだ。こうしてナオミはふたりの子と夫とに先だたれた。』(ルツ記1:5)
こうしてベツレヘムから出たエリメレクの家で生き残ったのは、ナオミだけとなってしまったが、彼女は、息子たちに嫁いできたモアブの女を十年も立たない内に信仰者へと育て上げる、素晴らしい信仰の持ち主だった。
夫を失い、息子たち全員も失ってしまった彼女は、生きているだけでも辛い状況となってしまったが、主は決して、信仰者を辛い状況のままで捨て置かれない。

ルツ記は、今までの書とは違って、主ご自身が直接的に現れて、奇跡を起こしたり、災いを起こしたりする記述は、一切無い。
ただ、主に信頼する人々が、信仰によって何かを起こした結果、主が彼らに働き、幸いなほうへと導いて下さっる事が、記されている。
現代も、主は信仰者を辛いまま捨て置かれる事は無く、必ず働いてくださり、幸いなほうへと導いてくださるのだ。
主は信仰者にどのように働いてくださるか、このルツ記から学んで行きたい。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest