• カテゴリ 講解説教(新約) の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 講解説教(新約)カテゴリのエントリ

礼拝メッセージ音声: 本人も気付いていない召し(マルコ9:9-13) 한국어예배 礼拝メッセージ音声

変貌山での出来事の後、弟子達はエリヤについて尋ね、イエスはエリヤは既に来て、そして人々は彼に好き勝手な事をした、と示し、弟子達はバプテスマのヨハネの事を言っているのだと気付いた。
当のバプテスマのヨハネはエリヤとしての役割に気付かず、自分はエリヤではないと告白した。
私達の召しは、人の評価でも自分の意識でもなく、イエス様から任命されるものであり、それを正確に認識し、自覚し、その召しによって歩むべきである。
主からの召しに応じ、預言者として受け入れる者には預言者の受ける報いを、義人として受け入れる者は、義人の受ける報いを得られる。

早天祈祷礼拝メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

礼拝メッセージ音声: 全てを探る神の知恵(1列王記3:16-28) 한국어예배

ソロモン王に無類の知恵が与えられたのは、自分を生かす事ではなく人を生かす事を願い求めたからだ。
彼は与えられた知恵に基づき、証人も証拠も無い事件を剣を差し出す事によって解決した。
御言葉の剣を差し出す時、人の心は探られ、いのちを救おうという者の心は光に照らし出され、いのちを奪おうとする者の動機は炙り出される。
神はいのちを愛する主であり、兄弟姉妹のいのちを生かす事を求める祈りには、ダニエルにして下さったように、人知を超えた知恵を持って救いを与えてくださる。

早天祈祷礼拝メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

 

礼拝メッセージ音声: 戦いの日に(粁鯊綮20:20-30) 한국어예배

いよいよ戦いの日、自軍の数十倍という圧倒的な数の敵軍と相対した時、イスラエル軍は不思議な行動に出た。
聖なる飾り物を着けた聖歌隊が兵の前へ進み出て「主に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。」と賛美したのだ。
すると主は伏兵を設け、敵は互いに同士討ちし、イスラエルは戦わずして勝利を収めてしまった。
主を賛美する時、我々の知らない隠れた兵が、思わぬところから出てきて我々の代わりに戦い、我々は勝利へと導かれるのだ。

早天祈祷礼拝メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

礼拝メッセージ音声: 応答がある祈りのバックグラウンド(粁鯊綮20:13-19) 한국어예배

ヨシャパテ王は、その前の王達と違い、主にのみ信頼し偶像を取り除いたが、アハブ王と深い関係を持ったため、預言者に咎められ罰が下る事が予告されていた。
「委ねる」とは無責任なほったらかしではなく、信仰を根拠として信頼できるお方にお任せする事である。
ヨシャパテ王は神様から具体的な指示が与えられるまで信じて祈り続けた。
私達も人知を超えた神の平安(ピリピ4:6)が与えられるまで、祈ることを止めてはならない。

早天祈祷礼拝メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

礼拝メッセージ音声: モーセでもなくエリヤでもなく(マルコ9:2-8) 한국어예배

ペテロは、自分達の師であるイエスがモーセやエリヤと話している様を「素晴らしい」とし、記念の幕屋を建てようと言ったが、天からの声は「わたしの愛する子に聞け」だった。

モーセもエリヤも水を分けて渡ったが、イエス様は私達の越える事のできない、死の川の中を通って復活の領域へと渡った。

私達はイエス様を信じる事によって、私達も主の中に入り、死の向こう側へと渡ることができるのだ。

私達が求めるべきは、素晴らしい体験や素晴らしい先生ではなく、御子イエス様だけである。

イエス様は、私達の罪にまみれた衣を、世のさらし職人では決してできないほどに白く清め、栄光の光をはなたたせて下さる事がおできになる。

モーセもエリヤも用事を済ませたらすぐいなくなったが、イエス様は決していなくならず、いつも共にいて下さる。

私達はモーセやエリヤでもなく、イエス様に聞くべきであり、用事を済ませたらすぐにいなくなるべきである。

早天祈祷会メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

礼拝メッセージ音声: 失う者は得る(マルコ8:34-9:1) 한국어예배

「自分を捨てなさい」「自分の命を救いたいと思う者は失い、わたしのためまた福音のために命を失う者はそれを救う」これらの言葉は、福音や教会のため滅私奉公せよと解釈されがちだが、そうではない。
この箇所に出てくる「命」は全て原語ではプシュケー(心理作用)、それを捨てるというのは、
すなわち、自分の判断・選択・感情よりも、キリストなる御言葉を優先させよ、という事である。
主にあって自分の判断・選択・感情を捨てる時、絶対できないと思っていた事は主にあってできるようになり、どうしても得られなかった物もキリストにあって豊かに得ることができるようになるのである。

早天祈祷会メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

礼拝メッセージ音声: 下がれサタン(マルコ8:31) 한국어예배

なぜペテロはサタン呼ばわりされたのか。「サタナス」とは「敵」の意味で、神のことがらよりも人のことがらを優先したいと願い、「イエス様それでは困るのです、そんな事があってはならないのです、どうかお考え直し下さい」とイエスを自分の所に引き寄せて諌める時、例え直前に素晴らしい信仰告白したとしても「敵」となってしまうのである。
イエスが誘惑を受けた時に「下がれサタン」と言った時に引用した御言葉は「あなたの神である主を第一とせよ」で、サタンが退いた後には御使い達がイエスに仕えた。
人間のことがらを退け、サタンを追い出した時、私達にも御使いが仕えてくれるのである。

早天祈祷会メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

礼拝メッセージ音声: あなたはイエスを何者と言うのか(マタイ16:13-20) 한국어예배

イエスについて、ある者は誰々だと言い、別の者は何々だと言うが、ペテロは「生ける神の御子、キリスト」であると告白した。
この幸いな告白をする事ができたのは人間によるものでなく天の父なる神からであり、聖霊によるのでなければ誰もイエスを主と告白できない。
私達もキリストを主とした以上、揺るぐことの無い岩の上に建てられたエクレシアとされ、紛れの無い神の子とされ、ハデスの門も私達に打ち勝つ事はできず、天の鍵を持つ者とされているのである。

早天祈祷会メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

礼拝メッセージ音声: 人が木のようだ(マルコ8:22-26) 한국어예배

盲人ははじめにイエスに手を置いていただいた時、人を「木のようだ」と言った。そして再び手を置いてもらうと、はっきり見えるようになった。
全ての人は元々、霊的に盲目であり、人が木のように見えて、人にたいして対応してはならない事をしてしまい、それは特に、インターネットの画面の向こうの人達のような、自分の身近でない者に対して、そのようにしてしまいがちである。
もし人が木に見えるような霊的盲目であったら、イエスに手を置いて癒していただきますように。

早天祈祷会メッセージ集
2010/8/27以前の礼拝メッセージ音声集

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest