• カテゴリ 申命記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 申命記カテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:神の民に、見て見ぬふりは無し(申命記22:1-4):右クリックで保存

『あなたの兄弟の牛、または羊の迷っているのを見て、それを見捨てておいてはならない。必ずそれを兄弟のところへ連れて帰らなければならない。もしその兄弟が近くの者でなく、知らない人であるならば、それを自分の家にひいてきて、あなたのところにおき、その兄弟が尋ねてきた時に、それを彼に返さなければならない。』(申命記22:1-2)

イスラエルの同族の家畜が迷子になっているのを見たら、それを放っておいてはならない。
たとえ、その持ち主が、たとえ憎たらしい相手であっても、その家畜は見捨てず、持ち主の元に無事返すよう命じられている。(出エジプト記23:4)
それは家畜に限らず、着物などの物であった場合も同様である。(申命記22:3-4)
神の民の中では、見て見ぬふりは無いのだ。

イエス様も、困っている人は助けてやるよう、次のたとえを話された。
『ある人がエルサレムからエリコに下って行く途中、強盗どもが彼を襲い、その着物をはぎ取り、傷を負わせ、半殺しにしたまま、逃げ去った。するとたまたま、ひとりの祭司がその道を下ってきたが、この人を見ると、向こう側を通って行った。同様に、レビ人もこの場所にさしかかってきたが、彼を見ると向こう側を通って行った。』(ルカ10:30-32)

祭司やレビ人は、神と人との間に立って、執り成しをする人であり、かつ律法を教える人であるが、その人を見ると、道の反対側へと避けて、通り過ぎて行った。
人間である祭司やレビ人には、弱さがあり、もし心や体に汚れを受けたなら、神の前で奉仕できないため、どうしても、人を助け切れない事がある。
牧師であれ有名な先生であれ、人間である働き人なら、皆そうである。

クリスチャンである皆さんも、この、強盗に襲われた旅人のような体験をした事は、無かっただろうか。
世の旅路を平穏に歩んでいるある時、突然強盗に襲われ、傷を受け、資産や大切な人を奪われてしまった事は。
もしかすると、その強盗は、突発的な事故や、自然災害だったかもしれないし、特定の人間だったかもしれない。
傷を受け、打ちひしがれ、もうどうにも動けなかった時、あの宗教者、この人格者に助けを求めても、何の助けにもならず、ただ素通りされ、置いて行かれたような事は。

『ところが、あるサマリヤ人が旅をしてこの人のところを通りかかり、彼を見て気の毒に思い、近寄ってきてその傷にオリブ油とぶどう酒とを注いでほうたいをしてやり、自分の家畜に乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。翌日、デナリ二つを取り出して宿屋の主人に手渡し、『この人を見てやってください。費用がよけいにかかったら、帰りがけに、わたしが支払います』と言った。』(ルカ10:33-35)
この襲われた旅人を、実際的に助けたのは、意外な人だった。
いわゆる人格者や、立派な人ではなく、罪人として蔑まれている、サマリヤ人だった。

そもそもイエス様は、なぜこのたとえを話しだされたのか。
それは、ある律法学者が『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』の、「隣人」とは、誰の事か、と、質問して来たからである。
では、この律法学者が愛するべき隣人とは、誰だろうか。
そして、私達が愛するべき隣人とは、一体誰だろうか。
その答えは、ただ一つ。
いつも私達の隣にいる、イエス様である。

イエス様は、世の旅路で強盗に襲われて、傷を負った私たちを、気の毒に思い、近寄ってきて、その傷に聖霊の油を塗って下さった。
イエス様の血であるぶどう酒を注いで消毒して下さり、イエス様が十字架上で裂いて下さった、御体という包帯で、覆って下さった。
イエス様は、その乗り物であるロバから降りて、そこに私たちを乗せて下さり、教会という霊的に憩いの場所へと連れて行って下さり、介抱して下さった。
そしてイエス様は、傷を負った人を教会に託される時、その人を介抱するのに必要な銀貨を、教会に置いて行って下さり、足りないならば、さらに必要分を支払って下さるのだ。

「行ってあなたも同じようにしなさい」(同37節)
キリストが、私達に為して下さったように、私達も同じように、傷ついた人の隣人となるよう命じられている。
私達はたとえ、サマリヤ人のように見下されているとしても、イエス様に癒され、イエス様に養われ、イエス様のご性質を帯びる事ができるのだ。

まことの隣人・イエス様に「隣人としてのもてなし」をして頂いた人ならば、心からイエス様を愛し、イエス様と同じ性質を帯び、心から隣人を愛する事が出来るようになる。
そうなると、もはや、下手な宗教心を喚起しなくても、自然とイエス様のご性質を帯びてくるようになる。
祭司やレビ人は、見て見ぬふりをして避けて通って行き、本性が露わにされたが、イエス様の愛に浸されるなら、そういう人を見てしまえば、憐れみが溢れだして、なりふりかまわず駆け出してしまうのである。

イエス様のご性質は、たとえ羊を99匹野に残してでも、失われた1匹を探しだす。
そして、失われた一匹を得たなら、天において大きな喜びが沸き起こる。
だから私達も、イエス様の愛に浸されこそ、はじめて、このサマリヤ人のように、主の愛を注ぐ事ができるのである。

礼拝説教メッセージ音声:親に逆らう事の呪い(申命記21:18-23):右クリックで保存

『もし、わがままで、手に負えない子があって、父の言葉にも、母の言葉にも従わず、父母がこれを懲らしてもきかない時は、その父母はこれを捕えて、その町の門に行き、町の長老たちの前に出し、町の長老たちに言わなければならない、『わたしたちのこの子はわがままで、手に負えません。わたしたちの言葉に従わず、身持ちが悪く、大酒飲みです』。そのとき、町の人は皆、彼を石で撃ち殺し、あなたがたのうちから悪を除き去らなければならない。そうすれば、イスラエルは皆聞いて恐れるであろう。』(申命記21:18-21)
イスラエルにおいては、両親の言う事に逆らう事への罰は大きい。父母をのろう者は、死ななければならない、とまで言われている。(レビ記20:9)

イスラエルでは、父母は、神の御言葉を子々孫々に伝えなくてはならないため、子供にとって、父母は神の預言者であり、権威を代理で行使する立場である。
だから、その権威に逆らう事は、神に逆らうに等しいのだ。
また父母は、従うべき権威の最も基本であり、それに逆らうとするなら、その人には「権威」という概念が無くなり、そのような人達がはびこるなら、社会が、国家が、そして、神の権威まで軽んじられてしまう。
だから、父と母を「のろう」事は、それだけ大きな罪であると、主は定めておられるのだ。

私達も当然、肉の父母を敬うべきである。それは、祝福の約束が伴われている。
『子たる者よ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことである。「あなたの父と母とを敬え」。これが第一の戒めであって、次の約束がそれについている、「そうすれば、あなたは幸福になり、地上でながく生きながらえるであろう」。』(エペソ6:1-3)
権威には、順序がある。
親子関係においても忘れてはならない事は、1節にあるとおり「主にあって」両親に従う事であり、権威の第一は主である。
両親が主と主の御言葉に反する事を命令して来るなら、敬いの心を持ちつつ、諭すべきである。
「わたしよりも父または母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。」(マタイ10:37)
そうした以外の事であれば、両親に服従すべきである。そうするなら、約束通り幸福になり、地上で長く生きる事ができるからだ。

『もし人が死にあたる罪を犯して殺され、あなたがそれを木の上にかける時は、翌朝までその死体を木の上に留めておいてはならない。必ずそれをその日のうちに埋めなければならない。木にかけられた者は神にのろわれた者だからである。あなたの神、主が嗣業として賜わる地を汚してはならない。』(申命記21:22-23)

木に架けられた者が、呪われた者として扱われるのは、天と地の間に宙吊りにする事で、天からも地からも切り離され見捨てられた者とするためのようである。

ダビデの子アブシャロムは、父の王座を強奪し、公の前で父の妾と白昼堂々寝るという、呪われるべき行為をしたが、神は彼をどのようにされたか。
『アブサロムはダビデの家来たちに行き会った。その時アブサロムは騾馬に乗っていたが、騾馬は大きいかしの木の、茂った枝の下を通ったので、アブサロムの頭がそのかしの木にかかって、彼は天地の間につりさがった。騾馬は彼を捨てて過ぎて行った。』(2サムエル18:9)
彼は木に架けられている間に、槍で刺し貫かれ、こうして、神と人との前に公に呪われた者とされたのだ。
公の前で父母に逆らう者は、やがて、神によって公に呪われる時が来るのだ。

人は皆、まことの父である神に逆らったため、呪われるべき者であった。
しかし、イエス様が私達の身代わりに木にかけられ、呪われた者となって下さった。
イエス様が私達の呪いを、全部引き受け、負って下さり、木に架けられて下さったから、私達はいのちを得たのだ。
赦された者である以上、私達は父なる神に服従し、地上での父母を敬い、健やかで幸いな歩みをして行くべきなのだ。

礼拝説教メッセージ音声:占領国の女性を妻とする時(申命記21:10-17):右クリックで保存

歴史を見ると、戦勝国は占領国の女性をほしいままに蹂躙する事が多いが、モーセはそのような事を許さず、捕虜の扱いにも、理性と秩序を命じている。
『あなたが出て敵と戦う際、あなたの神、主がそれをあなたの手にわたされ、あなたがそれを捕虜とした時、もし捕虜のうちに美しい女のあるのを見て、それを好み、妻にめとろうとするならば、その女をあなたの家に連れて帰らなければならない。女は髪をそり、つめを切り、また捕虜の着物を脱ぎすてて、あなたの家におり、自分の父母のために一か月のあいだ嘆かなければならない。そして後、あなたは彼女の所にはいって、その夫となり、彼女を妻とすることができる。』(申命記21:10-13)

占領国の捕虜の女性を、妻としてめとる場合は、いきなり妻にしてはならず、彼女が自分の父や母のために泣く期間を1ヶ月与えるよう命じている。
悲しみの感情を正常に吐露する期間を設けぬまま迎え入れるなら、彼女は傷を残したまま来る事となり、彼女にとっても、家にとっても、災いの元となってしまう。

この場合、女性は髪を剃り、爪を切る。
長い髪は女性にとって栄光で(1コリント11:15)、爪も、女性の美しさをアピールする所であるが、その美しさを一旦剥ぎ取る事によって、男性は理性的にその女性を見る事が出来る。
その1ヶ月の間、男性は、美しさを剥がれた女性の、より本質的な姿を見ることが出来、その期間に、やはり妻にはしないほうが良いと思うようになるかもしれないし、ますます妻にしたいと思えるようになるかもしれない。
たとえ結婚はやめようという事になっても、お互い、いらぬ傷を受ける事から免れるし、貞潔を守る事にもなる。
出会ったばかりの男女は、何かと相手が魅力的に映り、結婚を急ぎがちになるものだが、このように、ある程度の冷静かつ客観的に互いを知る期間を設ける事は、互いの将来に有益なものとなる。

そうして結婚した後、もし、その女性と離婚するという事になった場合も、その女性は、奴隷としてどこかに売りつける事はしてはならず、自由人として去らせるよう命じている。(申命記21:14)

モーセは離婚をゆるしているが、元々、離婚は神の御心ではない。
『イエスは答えて言われた、「あなたがたはまだ読んだことがないのか。『創造者は初めから人を男と女とに造られ、そして言われた、それゆえに、人は父母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである』。彼らはもはや、ふたりではなく一体である。だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」。
彼らはイエスに言った、「それでは、なぜモーセは、妻を出す場合には離縁状を渡せ、と定めたのですか」。イエスが言われた、「モーセはあなたがたの心が、かたくななので、妻を出すことを許したのだが、初めからそうではなかった。そこでわたしはあなたがたに言う。不品行のゆえでなくて、自分の妻を出して他の女をめとる者は、姦淫を行うのである」。』(マタイ19:4-9)

モーセが離婚を許したのは、人がかたくななので、あえてそのように定めた、と、イエス様は言っている。
モーセが次のようにも定めているのも、強い立場の身勝手から、弱い立場の人を守るためだ。
『人が二人の妻をもち、その一人は愛する者、一人は気にいらない者であって、その愛する者と気にいらない者の二人が、ともに男の子を産み、もしその長子が、気にいらない女の産んだ者である時は、その子たちに自分の財産を継がせる時、気にいらない女の産んだ長子をさしおいて、愛する女の産んだ子を長子とすることはできない。必ずその気にいらない者の産んだ子が長子であることを認め、自分の財産を分ける時には、これに二倍の分け前を与えなければならない。』(申命記21:15-17)

私達・教会は、世という古き家から離れ、キリストという新しい主人の元に嫁いで行った「花嫁」である。
キリストは、この「世」に勝利し、世の支配者であるサタンに勝利され、その支配下にあった私達をサタンから分捕って、戦勝国である神の国へと連れて来られ、そしてさらに、キリストの花嫁とされたのだ。
占領国の女性がめとられる時、髪を剃り、爪を切るように、私達からは以前の世の飾りは脱ぎ捨てられ、キリストが備えて下さる「良き行い」という飾りで、飾られる。
コラの子達は「愛の歌」で、次のように詠んでいる。
『娘よ、聞け、かえりみて耳を傾けよ。あなたの民と、あなたの父の家とを忘れよ。王はあなたのうるわしさを慕うであろう。彼はあなたの主であるから、彼を伏しおがめ。』(詩篇45:10)
私達も、古き世を忘れ、新しい主人であるキリストに伏しおがむなら、キリストは、私達の信仰の美しさを慕い、キリストに愛され、守られ、養われ、ますます幸いで新しい生活を享受できるのである。

礼拝説教メッセージ音声:刺し貫かれて殺された人の対処(申命記21:1-9):右クリックで保存

今回は、刺殺体が見つかり、誰が殺したのか分からない場合の教えである。
『そしてその殺された者のある所に最も近い町の長老たちは、まだ使わない、まだくびきを負わせて引いたことのない若い雌牛をとり、その町の長老たちはその雌牛を、耕すことも、種まくこともしない、絶えず水の流れている谷へ引いていって、その谷で雌牛のくびを折らなければならない。』(申命記21:1-4)

解決困難な事件で、出番となるのは、レビ族の祭司達である。
彼らは、主の御前で仕える者であり、主の御名によって祝福を宣言するために選ばれた者であり、どんな争いも、どんな暴行事件も、彼らの判決によるからである。
『そしてその殺された者のある所に最も近い町の長老たちは皆、彼らが谷でくびを折った雌牛の上で手を洗い、証言して言わなければならない、『われわれの手はこの血を流さず、われわれの目もそれを見なかった。主よ、あなたがあがなわれた民イスラエルをおゆるしください。罪のない者の血を流したとがを、あなたの民イスラエルのうちにとどめないでください。そして血を流したとがをおゆるしください。』(申命記21:6)

日本では、刺殺体が見つかって、誰が犯人か分からない場合は、時効になると、捜査が打ち切られ、そのまま事件は忘れ去られて行くが、神の支配される領域では、そのままフェードアウトという事はありえない。
イスラエルにおいてはそういう場合、最も近い町の長老たちが、祭司達の前に出て行き、たとい自分達の中にそういう事をした者がいないにしても、人の血が流されたという罪の赦しのために雌牛を犠牲にする事と、そして、その罪に関わっていない事の証言とを、しなくてはならない。

ダビデの部下ヨアブが、和平を申し出に来た将軍アブネルを、ダビデの知らない所で勝手に殺してしまった時、ダビデは、アブネルのために手厚い葬儀をし、哀歌を作って歌い、断食して、自分とその家はその罪とは関わっていない事を、そして、そのような事をしたヨアブは呪われるべきである意図を、公に示した。
そのため、『民はみなそれを見て満足した。すべて王のすることは民を満足させた。』(2サムエル3:26-39)

自分達には、無実な人の血を流す罪を犯すつもりは一切無く、これからも一切係るつもりも無く、そのような事をした者は呪われるべきだという意図を表明する事によって、周囲を安心させ、それによって、平和と尊厳の内に長く生きる事が出来るのだ。

『このようにして、あなたは主が正しいと見られる事をおこない、罪のない者の血を流したとがを、あなたがたのうちから除き去らなければならない。』(申命記21:9)
たとえ自分達はやっていないとしても、「共同体として」罪のための犠牲を捧げ、そして、自分達は潔白である事の表明をしなければならない。
それをしないのであれば、「共同体として」罪ある状態のまま、という事であろう。

「手を洗う」という行為は、自分はその罪とは関わりが無い、という、公な表明である。
ポンテオ・ピラトは、イエス様に、十字架刑を負わせる事は、自分には一切関わりが無い、と、群衆の前で手を洗って表明したが、それは間違っている。
彼が「自分には関係がない」という、その行為によって、罪なきイエス様が邪悪な者達の手に渡ったのであるし、そもそも、ピラトも、私達も、全てひっくるめて、人間の全部が、イエス様の十字架刑と関係があるのだ。
なぜなら、イエス様が十字架にかかられたのは、私達人間全ての罪の身代わりとなるためであり、イエス様がよみがえられたのは、私達キリストを信じる人全てがキリストと共によみがえり、永遠のいのちを持つためである。
だから、いくら「自分にはイエス様を十字架につけた事と関係は無い」と、何度手を洗ったところで、罪が洗い流されるわけではない。ただイエス様の流された血潮によってのみ、私達の罪は洗われるのだ。

刺殺体が見つかった時、町の長老たちが祭司たちの前に出て、雌牛を犠牲にして、その上で告白したのと同じように、私達も、まことの大祭司であり、ほふられた小羊キリストの御前に出るべきである。
そこで、自分は元々罪人であり、それをイエス様が身代わりとなって犠牲となって下さった事を、神と人との前で表明するのである。
人は心で信じて義と認められ、口で告白して救われるのである。(ローマ10:10)

礼拝説教メッセージ音声:実を結ばせる木と結ばせない木(申命記20:19-20):右クリックで保存

続いてモーセは、長期の攻城戦となった場合の指示をしている。
長期の攻城戦は大抵、多くの犠牲を伴うものであるが、モーセはどんなアドバイスをしているか。
『長く町を攻め囲んで、それを取ろうとする時でも、おのをふるって、そこの木を切り枯らしてはならない。それはあなたの食となるものだから、切り倒してはならない。あなたは田野の木までも、人のように攻めなければならないであろうか。ただし実を結ばない木とわかっている木は切り倒して、あなたと戦っている町にむかい、それをもってとりでを築き、陥落するまで、それを攻めることができる。』(申命記20:19-20)

面白い事に、モーセは人の心配より、木の心配のほうをしているかのようだ。
主が手渡して下さった敵との戦いは、たとえ攻城戦であろうと長期になろうと、人よりも木の犠牲のほうが心配されるほどまでに、人身の損害は無い、という事が、当たり前なのだろう。
実際、主が手渡して下さった敵との戦いは、見事な程に、犠牲者はいない。(民数記31章、1サムエル13-14章、他多数)
しかし、御胸でない戦いや神を怒らせた状態での戦いは、必ず惨敗する。(民数記14:41-43、1サムエル4章、他多数)

ここの節は、訳によって意味が分かれる所で、KJVでは次のように訳されている。
「thou shalt not cut them down (for the tree of the field is man's life) to employ them in the siege(あなたはそれらを切り倒してはならない。(野の木々は、人の命であるから。)包囲戦のために”徴用”しなさい。) 」
きっとこの箇所は、人に対してだけでなく、木などの自然界に対しても、むやみに生命を奪ってはならない事を命じているのであろうが、聖書の他の箇所の「木」を「人」として照らし合わせると、色々見えてくるものがある。

『ヨハネは、パリサイ人やサドカイ人が大ぜいバプテスマを受けようとしてきたのを見て、彼らに言った、「まむしの子らよ、迫ってきている神の怒りから、おまえたちはのがれられると、だれが教えたのか。だから、悔改めにふさわしい実を結べ。
自分たちの父にはアブラハムがあるなどと、心の中で思ってもみるな。おまえたちに言っておく、神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子を起すことができるのだ。斧がすでに木の根もとに置かれている。だから、良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれるのだ。』(マタイ3:7-10)

パリサイ人やサドカイ人といえば、当時の宗教指導者達であるが、ヨハネは彼らに、躊躇なく言い放った。まむしの子らよ、と。悔い改めにふさわしい実を結べ、と。
外見的に、あるいは、言っている事が、いかに立派に見えても、悔い改めにふさわしい”実”を結んでいないなら、切り倒す斧は、木の根元に置かれている。
良い実を結ばない木は、ことごとく切られて、火の中に投げ込まれてしまうのだ。

結ぶべき実とは、何か。
それは、ガラテヤ書5章に書いてある御霊の実である。

私達は、あるいは、私達が先生と仰いでいる人は、兄弟姉妹や隣人への愛があるだろうか。喜んでいるだろうか。平安だろうか。
寛容だろうか。親切だろうか。善意にもとづいて行動しているだろうか。
誠実だろうか。柔和だろうか。自制があるだろうか。
バプテスマのヨハネは、パリサイ人やサドカイ人がこれらの「実を結んでいない」事で、彼らを見ぬいたのだろう。

豊かに結ばせるためのコツが、ヨハネ15章に記されている。
イエス様は、主こそまことのぶどうの木であり、私達はその枝、御父は農夫である事を言っている。
『わたしにつながっている枝で実を結ばないものは、父がすべてこれをとりのぞき、実を結ぶものは、もっと豊かに実らせるために、手入れしてこれをきれいになさるのである。』(ヨハネ15:2)

私達が御神に対して、有用な実を、それも、豊かに結ばせる方法は、ただ一つ。
それはキリストに、すなわち、御言葉にしっかりとつながっている事だ。
そうでないなら、主に対して何の有用な実を結ばせる事はできず、外に投げすてられ、枯れ、集められ、火に投げ入れられるだけである。(同6節)

長期に渡る攻城戦になる時は、実を結ばせる木々が”徴用”されたように、私達も、キリストにつながり、豊かに実を結ばせるなら、主の働き人として”徴用”されるのである。
そして、神の軍の兵士として、キリストと共に、世に対し、サタンに敵対し、戦うのだ。
また、実を結ばせない木は切り倒され、邪悪な町を攻撃する際のとりでとして使われたように、主に対し有用な実を結ばせない者、肉由来の悪しき実ばかりを結ぶ者は、倒され、その持ち物は有用な実を結ばせる主の働き人達に渡され、用いられる事となるのだ。
「神は、その心にかなう人に、知恵と知識と喜びとをくださる。しかし罪びとには仕事を与えて集めることと、積むことをさせられる。これは神の心にかなう者にそれを賜わるためである。」(伝道者2:26)

イエス様が、働きに疲れて、空腹を覚えられた時、一本のいちじくの木があるのを見て、そこに行かれたが、ただ葉のほかは何も見当らなかったため、その木にむかって、「今から後いつまでも、おまえには実がならないように」と言われると、いちじくの木はたちまち枯れてしまった。
『弟子たちはこれを見て、驚いて言った、「いちじくがどうして、こうすぐに枯れたのでしょう」。イエスは答えて言われた、「よく聞いておくがよい。もしあなたがたが信じて疑わないならば、このいちじくにあったようなことが、できるばかりでなく、この山にむかって、動き出して海の中にはいれと言っても、そのとおりになるであろう。また、祈のとき、信じて求めるものは、みな与えられるであろう」。』(マタイ21:18)

イエス様の呪いの奇跡は、この、実を結ばせないいちじくの木に対してのみであったが、私達も、信じて疑わないなら、私達の前に横たわっている妨害の山に対し、海に移れ、と、イエスの名によって命じる事が出来るのだ。
そして、私達がキリストの言葉にとどまっているなら、欲しいものは何でも主に求める事が出来、それが与えられ、ますます主に栄光を捧げる事が出来るのだ。(ヨハネ15:7-8)

礼拝説教メッセージ音声:古き滅ぼし尽くすべきものは、滅ぼし尽くせ(申命記20:10-18):右クリックで保存

イスラエルから遠く離れている町々を攻撃する際は、以下のように命じられている。
『一つの町へ進んで行って、それを攻めようとする時は、まず穏やかに降服することを勧めなければならない。もしその町が穏やかに降服しようと答えて、門を開くならば、そこにいるすべての民に、みつぎを納めさせ、あなたに仕えさせなければならない。もし穏やかに降服せず、戦おうとするならば、あなたはそれを攻めなければならない。』(申命記20:10-12)
主は、戦いの際でも、ある程度の秩序を持つよう命じており、テロのように奇襲攻撃を仕掛けたり、有無を言わせず蹂躙する事は許されておらず、まずは、穏やかに降伏する事を勧めなくてはならない。

『そしてあなたの神、主がそれをあなたの手にわたされる時、つるぎをもってそのうちの男をみな撃ち殺さなければならない。』(申命記20:13)
ここに記されてる通り、戦闘を仕掛けて良いのは、「あなたの神、主がそれをあなたの手にわたされる時」である。
だから、主が許されるのでなければ、戦いを仕掛けてもいけない。
ヨシヤ王は、とても良い王であったのに、戦いにおいて踏むべき手順を誤ったために、命を落としてしまった。(2歴代誌34-35章)

ヨシヤ王は、エジプトのファラオ・ネコが、他の国と戦うために行軍している所を、戦いを仕掛けようとして、出て行った。
『しかしネコは彼に使者をつかわして言った、「ユダの王よ、われわれはお互に何のあずかるところがありますか。わたしはきょう、あなたを攻めようとして来たのではありません。わたしの敵の家を攻めようとして来たのです。神がわたしに命じて急がせています。わたしと共におられる神に逆らうことをやめなさい。そうしないと、神はあなたを滅ぼされるでしょう」。』(2歴代誌35:21)
しかしヨシヤは引き返すことを好まず、かえって彼と戦うために、変装までして戦いに行ったのだが、彼は射手に射抜かれ、その傷が元で死んでしまった。

エジプトは「イスラエルから遠く離れている町々」に当たるため、戦いを仕掛けるにしても申命記20:10-15節の御言葉を適用すべきであったのに、それをせず、また、主に伺いを立てる事もしなかった。
良い行いを積んで来た王と言えども、主の命令を離れ、むやみに戦うなら、命を落としてしまう。
この出来事を、私達は教訓として、肝に命じておきたい。

なお、主が約束して下さったカナンの地へと攻め入るための戦い、すなわち、自分の生活の場を勝ち得るための戦いについては、全く別の命令が与えられている。
『あなたの神、主が嗣業として与えられるこれらの民の町々では、息のある者をひとりも生かしておいてはならない。すなわちヘテびと、アモリびと、カナンびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとはみな滅ぼして、あなたの神、主が命じられたとおりにしなければならない。これは彼らがその神々を拝んでおこなったすべての憎むべき事を、あなたがたに教えて、それを行わせ、あなたがたの神、主に罪を犯させることのないためである。』(申命記20:16-18)

これらの国々の住人は、老若男女を問わず、滅ぼし尽くさなくてはならない、と、定められている。
なぜなら、この地域の人々は、アブラハムの時代より以前より、主が忌み嫌われる事を御前に積み上げ(創世記15:16)、その目盛りが、いよいよ滅ぼされるべき所へと達したからである。
イスラエルが主の命令どおり、これらの国に攻め入るなら、必ず勝利を与えて下さる。
しかしそれは、イスラエルが正しいからでも、心がまっすぐだからでも無い。逆にイスラエルの民は、主の前に強情である。
主がこれらの国を滅ぼされるのは、これらの国が、悪いからだ。(申命記9:4-6)

しかし結局イスラエルは、妥協してしまい、滅ぼすべきを、滅ぼし尽くさなかった。(士師記1章)
そのためそれが罠となり、イスラエルは偶像礼拝へと傾いてしまい、主から懲らしめを受ける事を、たびたび繰り返す歴史となってしまった。

私達にも、生活の場に残してはならない”滅ぼし尽くすべきもの”がある。
『ですから、地上のからだの諸部分、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪い欲、そしてむさぼりを殺してしまいなさい。このむさぼりが、そのまま偶像礼拝なのです。このようなことのために、神の怒りが下るのです。あなたがたも、以前、そのようなものの中に生きていたときは、そのような歩み方をしていました。しかし今は、あなたがたも、すべてこれらのこと、すなわち、怒り、憤り、悪意、そしり、あなたがたの口から出る恥ずべきことばを、捨ててしまいなさい。
互いに偽りを言ってはいけません。あなたがたは、古い人をその行ないといっしょに脱ぎ捨てて、新しい人を着たのです。新しい人は、造り主のかたちに似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです。そこには、ギリシヤ人とユダヤ人、割礼の有無、未開人、スクテヤ人、奴隷と自由人というような区別はありません。キリストがすべてであり、すべてのうちにおられるのです。』(コロサイ3:5-11)

イスラエルの民が、もしあの時、滅ぼし尽くすべき者をしっかり取り除いていたなら、どんなに妨げ無く祝福されていただろうか。
私達も、生活の場の中から、不品行、汚れ、情欲、悪い欲、そしてむさぼりを引き起こすようなものは、すっかり取り除くべきであり、そして、キリストという新しい人を”着”続けるべきである。
キリストという新しい人を”着”続ける人は、ますます新しくされ、真の知識に至り、そして、あらゆる死は勝利に飲まれるのである。
『朽ちるものは、必ず朽ちないものを”着”なければならず、死ぬものは、必ず不死を”着”なければならないからです。しかし、朽ちるものが朽ちないものを”着”、死ぬものが不死を”着”るとき、「死は勝利にのまれた。」としるされている、みことばが実現します。「死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。」』(1コリント15:53-55)

生活の中から、主の忌み嫌われるものを滅ぼし尽くすし、新しい人であるキリストを着て、ますます造り替えられ、清められ、あらゆる死を、勝利へと飲み尽くす皆さんでありますように!
イエス様のお名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声:神の戦いにおいて最も邪魔するもの(申命記20:1-9):右クリックで保存

申命記二十章は、戦いに出る時のおしえである。
『あなたが敵と戦うために出る時、馬と戦車と、あなたよりも大ぜいの軍隊を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの国から導きのぼられたあなたの神、主が共におられるからである。』(申命記20:1)
私達にも、日々、諸々の戦いがある。病や貧困、将来についての問題や課題、超えるべき壁など。

戦いに際して、真っ先にアドバイスを伺うべきは、将軍ではなく、祭司であると、モーセは命じているが、私達も同様である。
私達が真っ先にアドバイスを伺うべきは、まことの大祭司、イエス・キリストである。
『あなたがたが戦いに臨むとき、祭司は進み出て民に告げて、彼らに言わなければならない、「イスラエルよ聞け。あなたがたは、きょう、敵と戦おうとしている。気おくれしてはならない。恐れてはならない。あわててはならない。彼らに驚いてはならない。あなたがたの神、主が共に行かれ、あなたがたのために敵と戦って、あなたがたを救われるからである。」』(申命記20:2-4)

人は、軍勢の多い事によって救われない。馬や装備などによっても、救われるものではない。主は、馬の力を喜ばず、歩兵を好まない。ただ、主を恐れる人と、御恵みを待ち望む人とを、主は喜ばれる。(詩篇147:10-11)
だから、あらゆる戦いの勝利の鍵は、いかに主を喜ばせているか、である。
数は多いけれど主の御心に反している軍と、人数は少なくても主の御心に適っている軍とが、戦った場合、必ず後者が勝つ。(創世記14章、民数記31章、士師記7章、1サムエル14章、2歴代誌20章、他多数)
神の民にとって、戦いは、人数や知恵、力よりも、主にまっすぐにより頼んでいるかどうかが大事なのだ。

それ故、戦いに際して排除しなくてはならないものは、「恐れ」であり、「未練」である。
『次につかさたちは民に告げて言わなければならない。「新しい家を建てて、まだそれをささげていない者があれば、その人を家に帰らせなければならない。そうしなければ、彼が戦いに死んだとき、ほかの人がそれをささげるようになるであろう。ぶどう畑を作って、まだその実を食べていない者があれば、その人を家に帰らせなければならない。そうしなければ彼が戦いに死んだとき、ほかの人がそれを食べるようになるであろう。
女と婚約して、まだその女をめとっていない者があれば、その人を家に帰らせなければならない。そうしなければ彼が戦いに死んだとき、ほかの人が彼女をめとるようになるであろう。」』(申命記20:5)

神の国の戦いにおいて、最も邪魔するものは、この、気後れしている者、恐れている者、おくびょう者である。
手勢の少なさや、装備の無さは、主の戦いの妨げとなるものではない。
むしろ、気後れや恐れ、おくびょうこそ、有害である。

イスラエルが荒野で40年も回り道をしてしまった原因は、何だったか。
それは、わずか十名の斥候の、「恐れ」が発端だった。(民数記13-14章)
十人の恐れが百人の恐れとなり、千人の恐れとなり、万人に、そして六十万人にまで膨れ上がって、収集がつかなくなってしまった。

地獄の火の池で永遠に苦しむ者の、筆頭たる者は、どんな者かご存知だろうか。
それは、「おくびょうな者」である。
『しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。』(黙示録21:8)
人殺しや姦淫を行う者より、なぜ、おくびょう者や、信じない者のほうが、地獄を受け継ぐ者の筆頭に来るのか。
それは、イスラエル六十万を荒野の四十年へ導いたのは、人殺しや姦淫を行う者ではなく、おくびょうな者や信じない者だったからである。

『つかさたちは、また民に告げて言わなければならない。『恐れて気おくれする者があるならば、その人を家に帰らせなければならない。そうしなければ、兄弟たちの心が彼の心のようにくじけるであろう。』(申命記20:8)
恐れは火のように飛び火すると、多くの人の心を汚染してしまう。
それは「気後れ」も、「不信仰」も、「なまけ心」も同様である。
だから私達は、信仰の戦いにおいては、まずそのような心を、まず取り除かなくてはならない。

礼拝説教メッセージ音声:不正な者に対抗される主(申命記19:14-21):右クリックで保存

『あなたの神、主が与えて獲させられる地で、あなたが継ぐ嗣業において、先祖の定めたあなたの隣人の土地の境を移してはならない。』(申命記19:14)
受け継ぐ事の出来る相続地の広さは、荒野での第二回目の人口調査の時の部族の人数によって、永遠に決定づけられ、この時に決定された相続地の境界線は、後代もずっと変えてはならないと、主は定められた。(申命記27:17、箴言22:28、23:10)
荒野で過ごした期間は、いかに良き地を継げるか、という、査定期間のようなもので、その期間、主に喜ばれ祝福されるように過ごした部族には多くが与えられ、主の怒りを買って人数を減らしてしまった部族には、少ししか与えられなかった。

同じように今、私達が生きているこの人生は、天の国という永遠の相続というボーナスを得るための、ボーナス査定期間みたいなものだ。
天には、キリスト者が永遠に住まうマンションが、相続地として用意されており、いかに良いグレードのマンションに住まう事が出来るかというのは、この、地上での人生という査定期間にかかっているのである。(2コリント5:10)

『どんな不正であれ、どんなとがであれ、すべて人の犯す罪は、ただひとりの証人によって定めてはならない。ふたりの証人の証言により、または三人の証人の証言によって、その事を定めなければならない。』(申命記19:15)
約束の血において、不正な事が行われた場合、それを罰すべき罪として定めるには、必ず二人以上の証人がいなければならない事は、既に17章で学んだ通りであるが、この制度を悪用する者が出てくる事も、当然考えられる。
証人が二人以上いれば、それで罪定めが成立してしまう、という事は、偽りの証人を二人立てるなら、無実の罪を着せる事も可能である、という事だ。

『もし悪意のある証人が起って、人に対して悪い証言をすることがあれば、その相争うふたりの者は主の前に行って、その時の祭司と裁判人の前に立たなければならない。』(申命記19:16-17)
もし、証人が偽りを言っている疑いがある場合は、係争中の二者は主の前に出て、この事を時の祭司と裁判人の元に持って行かなくてはならない。

『その時、裁判人は詳細にそれを調べなければならない。そしてその証人がもし偽りの証人であって、兄弟にむかって偽りの証言をした者であるならば、あなたがたは彼が兄弟にしようとしたことを彼に行い、こうしてあなたがたのうちから悪を除き去らなければならない。そうすれば他の人たちは聞いて恐れ、その後ふたたびそのような悪をあなたがたのうちに行わないであろう。あわれんではならない。命には命、目には目、歯には歯、手には手、足には足をもって償わせなければならない。』(申命記19:18-21)
このように、偽りの証人に対しては、その者がたくらんだ訴えた罪状に対する処罰が、そのままその者に返される。
相手の財産を取るための偽りの訴えなら、その金額をそのまま相手に渡す事となり、相手を亡き者にしようという偽りの訴えなら、その者が、亡き者とされてしまうのだ。

ダニエルを陥れるために、「王以外を礼拝する者は死刑」という法律をわざわざ作り、潔白なダニエルを亡き者にしようとする者達があった。
そしてダニエルは「主を礼拝した」かどで捕らえられ、ライオンの穴に投げ込まれたが、主は御使いを送り、ライオンの口を塞いで、主ご自身が、ダニエルの潔白を証明して下さった。
それで、ダニエルを陥れようと企んでいた者達が、自分達が計ったとおりに計り返され、妻子もろともライオンの穴に投げ込まれる事になり、彼らが穴に落ち込む前に、ライオンに食い尽くされた。
このように、主の御前に、いつも正しく歩もうとする人は、主ご自身が潔白を証明され、守って下さるのである。

聖書の考え方に、現代蔓延している「言った者勝ち」という概念は無い。
むしろ、訴える事はサタンのする事であり、不当な「訴え」をする者には、それ相応の報いがそのまま返って来るものだ。
聖書はむしろ、「主に委ねた者勝ち」なのだ。

礼拝説教メッセージ音声:のがれの町(申命記19:1-13):右クリックで保存

申命記19章では、モーセは再び「のがれの町」について指示をしている。
主がイスラエルにカナンの地を得させて、そこに住むようになった時には、あやまって人を殺してしまった人が逃れるための「のがれの町」を備えるよう命じている。
その町は、どこからでも行きやすい距離とし、その町への道も備えるようにしなければならない。(申命記19:1-3)

この町に逃れる権利があるのは、人を殺してしまったのが「意図的ではない場合」であって、故意に、殺意をもって人を殺してしまった場合は、そこに逃れる権利は無く、たとえ、その町に逃げて来たとしても、その者は復讐者の手に強制的に戻される。
『彼をあわれんではならない。罪のない者の血を流したとがを、イスラエルから除かなければならない。そうすればあなたにさいわいがあるであろう。』(申命記19:11-13)

逃れの町に関する主の指示は、民数記35章で詳細に見ることが出来る。
この町は、専属的に主に仕える奉仕者・レビ人達の町のうちから選ばれるものであり、誰かが意図せずして人を殺めてしまった場合、時の大祭司が死ぬまでその町の中にいるなら、復讐者の手から守られるよう保証されているが、大祭司が死ぬ前に、その町から出歩いているのを復讐者に見つけられた場合、その復讐者に殺されても仕方ないとされている。
しかし、大祭司が死んだ後にはその人は自由となり、自分の所有地に帰ることが出来るようになる。(民数記35:25-28)

この「のがれの町」は、イエス様のご性質をよく表している。
のがれの町には、意図せずして人を殺めてしまった者が逃げ込むべき町であるが、私達も、意図せず人を傷つけたり、知らない間に罪をおかしたりしてしまうため、何らかの保護措置が無いと、自らの罪のゆえに、滅ぼされてしまう。
イエス様は、そんな私達のために「のがれの町」となって下さった。

人はイエス様を、寄ってたかってばかにし、傷つけ、十字架につけたが、それがどんなにおそろしい罪か、わかっていない。
もし霊的な目が開かれたなら、神の子である聖なるお方をばかにし、傷つけ、一切の罪なきお方を十字架刑に処するなど、どれ程重い罪であるかを知るだろう。
しかし、イエス様は次の祈りをされ、御父に執り成して下さった。
『父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです。』(ルカ23:34)

イエス様は父なる神に、彼ら(私達人間)は意図してその罪を犯していない、と、主張された。
だから私達は、「のがれの町」へ逃れる権利を得たのだ。
私達は皆、罪人であり、私達の全員がイエス様を十字架につけたようなものである。
それなのに私達は、イエス様の執り成しの祈りによって、救われたのだ。

誤って人を殺した殺人者が、神の働き人であるレビ人の町へと逃れ、レビ人の食事によって養われ、レビ人の集いで共に交わり、開放の時までかくまわれた。
同じように私達も、元々は邪悪な者であったのに、イエス様というのがれの町へ逃れ、主の働き人の集いで共に食事し、共に養われ、開放の時までかくまわれるのだ。

イエス様こそ、真の「のがれの町」である。
イエス様に留まり続ける限り、安全であるが、イエス様から、のこのこと外に出てしまうと、私達を罪定めする者・サタンに対して無防備となり、サタンに捕らえられたなら、あっけなくえじきとされ、永遠の死へ至ってしまうのだ。
のがれの町に居続けていなければならないのは、大祭司が死ぬまで、と定められている。同じように私達も、世が改まるまで、あるいは私達が死ぬまで、キリストに留まり続けるべきなのだ。

礼拝説教メッセージ音声:偽預言者の見分け方(申命記18:20-22):右クリックで保存

『預言者が、わたしが語れと命じないことを、わたしの名によってほしいままに語り、あるいは他の神々の名によって語るならば、その預言者は殺さなければならない。』(申命記18:20)
私達は、偽預言者には気をつけなければならない。
異教の神々の名によって預言する者もいれば、まことの神である「主(エホバ)」の名を用いて偽の預言をするも、そして、主イエスの名を用いて偽の預言をする者もいる。
一体、本物の預言者と偽預言者とは、どのように見分ければよいか。

預言者を見分ける第一の鍵は、その預言がちゃんと成就するか、しないか、である。
『あなたは心のうちに『われわれは、その言葉が「主(エホバ)」の言われたものでないと、どうして知り得ようか』と言うであろう。もし預言者があって、「主(エホバ)」の名によって語っても、その言葉が成就せず、またその事が起らない時は、それは「主(エホバ)」が語られた言葉ではなく、その預言者がほしいままに語ったのである。その預言者を恐れるに及ばない。』(申命記18:21-22)
「この事が起こる」と預言しておきながら、それが起こらないような”預言”を頻発させる者は、レベルの低い偽預言者であり、その者を恐れる事はない。

しかし、偽預言者や異教の預言者の中でも、しるしや奇跡を示して、それを実現させる者もある。
終わりの時代には、にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとする。(マタイ24章)
そういった場合は、どのように見分ければよいか。

偽預言者を見分けるもう一つの鍵は、その預言者が「イエス様をあかしするかどうか」、である。
『愛する者たちよ。すべての霊を信じることはしないで、それらの霊が神から出たものであるかどうか、ためしなさい。多くのにせ預言者が世に出てきているからである。あなたがたは、こうして神の霊を知るのである。すなわち、イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白する霊は、すべて神から出ているものであり、イエスを告白しない霊は、すべて神から出ているものではない。これは、反キリストの霊である。あなたがたは、それが来るとかねて聞いていたが、今やすでに世にきている。』(1ヨハネ4:1-3)

使徒ヨハネは、霊は何でもかんでも信じる事をせず、「ためしなさい」と勧めている。
ある人が、イエス様の名前は乱発するけれど、どうも、イエス様の品性とはかけ離れているような、何かおかしい、と感じたなら、その人に聞くと良い。
あなたが言っているイエス様は、どんな方ですか、と。

もし、それを聞かれてあたふたしたり、曖昧な事を答えたりするなら、その人の内のイエス様が曖昧だ、という事である。
もしその人が、イエス様が「肉体をとってこられた事」を告白しないなら、すなわち、使徒信条にあるように、イエス様が人として来られ、十字架につけられ、死んで三日後に復活し、昇天し、全能の父なる神の右に座され、生きている人と死んだ人とを裁かれるお方である、という、イエス様のご性質と品性が一切無いようなら、その人からは離れたほうが良い。

預言者は、その人自身を証するのではなく、イエス様を証しするものである。
『そこで、わたしは彼の足もとにひれ伏して、彼を拝そうとした。すると、彼は言った、「そのようなことをしてはいけない。わたしは、あなたと同じ僕仲間であり、またイエスのあかしびとであるあなたの兄弟たちと同じ僕仲間である。ただ神だけを拝しなさい。イエスのあかしは、すなわち預言の霊である」。』(黙示録19:10)
あの、使徒ヨハネでさえひれ伏そうとした御使でさえも、「自分はあなたと同じ僕仲間である」「自分ではなく神を拝みなさい」と告白したのだ。
ましてや、イエス様より自分が高められて喜ぶような偽預言者に、一体何の分があるだろうか。
預言の霊は、イエスのあかしであって、決して、預言者本人を栄光化するようなものではないのだ。

また、預言者を見極めるもう一つの鍵は、その預言者に「秩序」があるかどうかである。
『預言者の霊は預言者に服従するものである。神は無秩序の神ではなく、平和の神である。』(1コリント14:32-33)
預言者の霊は、預言者に服従するものであって、決して、その人の意志を乗っ取って、見境なく無秩序にさせるものではない。
もし、ある預言者が介入した事によって、そこの礼拝の秩序を乱したり、兄弟姉妹の交わりを混乱させるようなら、疑ったほうが良い。
神は無秩序の神ではなく、平和の神なのだ。

一体、偽預言者たちは、何を好きこのんで、偽預言をするのか。
それは、実につまらないもののためである。
『人の子よ、心のままに預言するあなたの民の娘たちに対して、あなたの顔を向け、彼らに向かって預言して、言え、主なる神はこう言われる、手の節々に占いひもを縫いつけ、もろもろの大きさの人の頭に、かぶり物を作りかぶせて、魂をかり取ろうとする女はわざわいだ。あなたがたは、わが民の魂をかり取って、あなたがたの利益のために、他の魂を生かしおこうとするのか。
あなたがたは少しばかりの大麦のため、少しばかりのパンのために、わが民のうちに、わたしを汚し、かの偽りを聞きいれるわが民に偽りを述べて、死んではならない者を死なせ、生きていてはならない者を生かす。』(エゼキエル13:17-19)

彼らは、少しばかりのパンを得るために、または、二束三文の名誉欲のために、主の御名を用いて、人の人生を左右するような言葉を言おうとするのだ。
自分は普通と違う能力を持っているぞ、と、霊的に見られたいがために、あるいは、霊的指導者として人々を思うまま支配したり、あがめられたりしたいがために、そのようにしているのだ。

偽預言者の報いは、死である。
『預言者が、わたしが語れと命じないことを、わたしの名によってほしいままに語り、あるいは他の神々の名によって語るならば、その預言者は殺さなければならない。』(申命記18:20)

そして、偽預言者の霊の、行き着く先は、永遠の火による苦しみの場所、ゲヘナである。
『そして、彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。』(黙示録20:10)
主の御名をみだりに用いて、主の栄光を横取りし、人の人生を身勝手に介入したり、ほしいままに操ったりしようとする者へのさばきは、非常に大きいのだ。

私達は、しっかり真理を見極め、騙されることなく、まっすぐに真理を歩んで行きたい。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest