• カテゴリ 主日礼拝 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 主日礼拝カテゴリのエントリ

ベエル・シェバを獲得するために メッセンジャー:小林師
第一礼拝 Youtube動画

※ 本日、成田礼拝からの移動中の道路混雑により、一部礼拝のメッセージは急遽、小林師によるメッセージに変更させて頂きました。

賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
搾取がはびこる世界でも栄えさせて下さる主(創世記30:25-43) メッセンジャー:林師
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要


世の人々は、いかに富を我が物として囲い込もうかという、「あれも、これも、わたしのもの」という欲求で動いている所がある。このような「わたしのものメンタリティ」は、サタン由来である。ヤコブがイスラエルに名前が変わる前、彼は兄エサウを逃れ、一時期メソポタミヤのラバンの所に身を寄せていたが、ラバンはまさにそういう人だ。『ラバンは答えてヤコブに言った、「娘達はわたしの娘、子ども達はわたしの孫です。また群れはわたしの群れ、あなたの見るものは皆わたしのものです』(創世記31:43) イエス様を信じて神の子となった私達は、いかに、このメンタリティに満ちている世から守られ、栄えて行くか。ヤコブから学びたい。

ヤコブは、ラバンの娘・ラケルとレアと結婚するために14年、タダ働きをさせられて来たが、その14年という契約期間は満了する時、ヤコブはもう妻子を連れて出ていっても良いはずなのに、ラバンはヤコブ達が出ていくのを渋った。『ラバンは彼に言った、「もし、あなたの心にかなうなら、とどまってください。わたしは主があなたのゆえに、わたしを恵まれるしるしを見ました(ナハシュ)。』(27節) ラバンはナハシュ(まじない)によって、ヤコブが主エホバから祝福されているのを見たが、ナハシュは、発音が転じて「蛇(ナハァシュ:創世記3:1)」となる。蛇、すなわちサタンは、神と共に歩む神の子を利用し搾取しようとする。
ラバンがヤコブを引き止めたいのは、ヤコブの神・主を知りたいからでも、聖なる交わりに加わりたいからでもない。ヤコブが受ける主の祝福と富が欲しいからに他ならない。主に忠実なキリスト者は、その手の技は祝福されるし、謙虚で誠実で文句を言わない事が多いので、世の雇用者は、彼らを手放したくないのだ。
『「何をあなたにあげようか」。ヤコブは言った、「なにもわたしにくださるに及びません。』(創世記30:31)
ヤコブは、ラバンから何かを受け取ってしまったら、後で恩着せがましく執着され、逆に剥ぎ取られてしまう事を経験的に知っていた。私達も、ラバンのように貪欲で悪企みをするような人からは、何か報酬を望んではならない。ヤコブは彼に、非常に明確な条件の報酬を申し出る。すなわち、羊ややぎの中で、ぶち毛やまだら毛のものをわたしの報酬として下さい、もし自分の群れの中にそうでないものが混じっていたら、それは私が盗んだものとなるでしょう(31-33節)、と。ラバンはきっと日常的に難癖をつけていたのだろう。
ところがラバンはその日、ヤコブの報酬となる特徴を持った羊ややぎを、ラバンの子達に渡し、ヤコブとの間に三日の隔たりを設けた。ヤコブは、それでも平和に、文句も言わず、残りの群れを飼った。(35-36節)
このように、騙し上手な者が栄え、正直者が馬鹿を見る世界がメソポタミアであり、ラバンはその世界でうまく渡り合って富を築いたずる賢い者だった。そのようなサタンの流儀がはびこるのが、この世の有様でもある。果たしてヤコブは、そんな世界で生きて栄えて行けるのだろうか?実際生きて栄えたのである!
果たしてキリスト者は、このような世界で生きて栄え、富を増し加えて行けるのだろうか?行けるのである!
神の民に、搾取されっぱなし、やられっぱなしは無く、必ず全部ぶんどり返す時が来る。(出3:21-22)
その条件は、世に勝利した主イエスキリストを助けとし、彼と共に歩んでいる事、である。ヤコブは自分に残された家畜の飲む水槽に木を入れた。すると家畜達は産んで増えて行き、ラバンのものとは分離した。
『こうして弱いものはラバンのものとなり、強いものはヤコブのものとなったので、この人は大いに富み、多くの群れと、男女の奴隷、およびらくだ、ろばを持つようになった。』(42-43節) 私達も仕事をする時、いのちをつなぐその水溜めに、キリストの十字架の木を入れ、世の者達と分離し、主と共に復活した者として生きるなら、世の者達の中にあって、ますます栄え、悪者達は、もみがらのようにますます衰えて行くのである。

ヤコブは当初、僅かな元手しか無く、不利な条件でのスタートであったが、わずか6年で資産はますます祝福され、ラバンの資産は先細りになっていった。ずる賢い世の権力者の、不当な圧迫の中でも勝利し祝福されるコツは十字架、すなわち、今までの自分に死ぬ事と、キリストのいのちにあって復活し、その新しい価値観、すなわち御言葉によって生きる、神と共に歩む事である。最初は搾取されているように見えても、十字架に望みを置いている限り、その人はやがて世から、サタンから多くを分捕り、持ち物も命もますます増えていくのである。 私達にとっていのちをつないでいる水溜とは何だろう。そこはいのちを生み出さないままだろうか。苦々しさを放っているだろうか(出エジプト記15:22-26)。あるいはそこに、大切なものを落としてしまっただろうか(2列王記6:1-7)。主は私達に一本の木、すなわち十字架の木を示され、そこに投げ込むなら、いのちを生み出すようになり、苦さは甘さへと変えられ、無くしていたものを得るのである。

主のために働く働き人が持っている徹底した保障(2列王記4章)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 本日の箇所、第二列王記4章は、神の人エリシャを通して、主の奇跡が多く行われる。その一つ一つに共通している事は、主の働き人に対して、主は、徹底的に保証して下さるという事だ。労も多く、枕する所もなく働いている主のしもべ達に、主は、どのように報いて下さるかを本日見て行きたい。

1-7節では、預言者エリシャの元で学び、借金を負ってでも神の国に仕えていた働き人の家族に対する保障が記されている。この働き人は「主を敬う人」で、主の働きにいそしんでいたが、死んでしまった。残された妻と子供達は、借金を負った状態で、全財産は油のつぼ一つのみ。子供達は奴隷に売られようとしていた。果たして彼らは、主に捧げて、そのまま報いられず終わるのか?主はそんな事は、絶対にしない。
エリシャは彼女に言う。出来るだけ多くの人に声をかけ、器を借りて来なさい、そして戸を閉じて全ての器に油をついで行きなさい、と。彼女はとやかく言わず、預言者の言葉に望みをもって多くの器を借りてきた。
『油が満ちたとき、彼女は子供に「もっと器を持ってきなさい」と言ったが、子供が「器はもうありません」と言ったので、油はとまった。そこで彼女は神の人のところにきて告げたので、彼は言った、「行って、その油を売って負債を払いなさい。あなたと、あなたの子供たちはその残りで暮すことができます」。』(6-7節)
こうして主の働き人の家族は、負債を見事返したのみならず、妻も子供も生活の保証が全て与えられた。
主に仕える事は、どんな年金や保険に勝る保障があり、本人のみならず、その家族も守られるのだ。

8-37節では、エリシャを神の人として敬い、色々と便宜を計ってくれた女に対する報いが記されている。
彼女の夫は歳を取っており、子がなかったのに、子が与えられた。しかし18節以降を見ると、どうして?と思えるような事が起きる。せっかく生まれた子が、死んでしまったのだ。前回のケースのように、このような事が起きる時は、より一層、主の栄光が表れ、より一層、幸せになるための祝福が隠されているのだ。
彼女は子供の死について、信仰の良くない人には一切口を開かず、説明もせず、ただ神の人へと直接持って行った。彼女はそういう人だから、報いを受ける。子は、彼の祈りによって生き返らせてもらった。
この一件を通し、彼女はより一層主の恵みを知り、後にはボーナスも得る事が出来た。(2列王記8:1-6)
38-44節には、ききんの中でも、また致命的なミスからも、主の働き人達は守られる様が記されている。
一人の働き人が貴重な食事を作る時、無知ゆえに毒のうりを入れてしまい、あわや主の働き人達の群れを全滅させる所だった。しかし主は、エリシャを通し、その重大なミスを、毒もろとも帳消しにしてくださった。
主は、働き人がききんの時でも飢えないように、また、無知ゆえのミスをもカヴァーして下さるのだ。
さらに42-44節では、 初穂のパンと大麦のパン二十個と、新穀一袋をもって、百人の働き人を満腹させ、有り余らせる奇跡が行われた。イエス様がわずかなパンで数千人を養った奇跡を与えられたのは、群衆は、イエス様を慕って集まったからだ。「この群衆がかわいそうである。もう三日間もわたしと一緒にいるのに、何も食べるものがない。しかし、彼らを空腹のままで帰らせたくはない。」(マタイ15:32) 主は、食料も持たずに無計画に彼らが集まったとしても、彼らが主を慕って来たのであるなら、彼らを空腹のまま返す事をせず、「かわいそう」と心配してくださり、しっかりと彼らを満腹にし、さらには、主の働き人の分も、満杯にした。
もう一つ、6章も見たい。6章に来ると、働き人がさらに増加し、さらに広い所に移らなくてはならなかった。
そのために新しい地に行って、新しい建物を建てようとするのだが、そこで事件が起きる。『ひとりが材木を切り倒しているとき、おのの頭が水の中に落ちたので、彼は叫んで言った。「ああ、わが主よ。これは借りたものです」。』(5節) 斧を借りてでも主の働きを懸命にしたのに、斧の頭を落としてしまった。しかしエリシャは、水に浮くはずがない斧の頭を、枝を切り落として水に投げ込んで浮かせる奇跡を起こした。
主は、借り物を使ってでも主の働に仕える働き人に、恥ずかしい思いをさせないお方である。

以上のように主は、主のために働く人に保証を与えて下さる。私達は足りてない所が多々ある。主に従って行く点においても、御言葉について行こうとする点においても。しかし、天地に満ち満ちており、有りて余らせて下さる主は、御力をもって、私達・主のしもべ達を満ち足らせて下さる。無から有を生じさせる主が、無いいのちを生き返らせて下さり、無い富を得させて下さり、無い諸々を得る力が与えられ、栄光に満ち満ちた祝福を、主に従いつつ得て行く皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

ハデスに勝利したサレプタの小さなコイノニア(1列王記17:17-24)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 前回、神の国を第一とする(リションする)人には干ばつの時でも主が直接養って下さり、生活も保障される事を、サレプタのやもめから学んだ。彼女は預言者からの主の言葉通り、かめに残った最後の粉・最後の油を捧げた事で、干ばつの間、粉も油も尽きる事なく、本人自身も、息子も、そして預言者も、養われた。
確かに主を第一とする人は主から養われるが、かといって災いが全く起こらないかというと、そうではない。
『これらの事の後、その家の主婦であるこの女の男の子が病気になった。その病気はたいそう重く、息が絶えた』(1列王記17:17) エリヤを養っていたやもめの子が、死んだ。なぜ?と思う。いのちを生かすための奇跡が続いていたのに。私達にもこのような、分からない事が起きる。祝福されるはずの信仰生活を落ち度なく続けていた、と思っていたのに。どうしてこういう事が起きるのだろう。本日、その事を学びたい。

イエス様の時代にも、似た事が起きた。イエス様が愛しておられたラザロが病気であるとイエス様が聞いた時、主はすぐに行かず、敢えてその所に2日留まり、彼が死んでから、そこへ行かれた。(ヨハネ11章)
この行動は、弟子達やラザロの姉妹に、そして私達にも、不可解に思える。しかしイエス様は言われる。
「この病気は死ぬほどのものではない。それは神の栄光のため、また、神の子がそれによって栄光を受けるためのものである」(ヨハネ11:4) つまり、愛する人が死ぬ事を敢えて許し、そして蘇らせるという、この一連の過程を通して、人々は神の栄光を見、神の子が栄光を受け、主の言葉こそ真実である、と信じた。
これらの事が起きるのは、神が栄光を受け、そして、人々が信じるためである(ヨハネ11:15,26-27,45)。
彼女は聞く。『あなたは私の罪を思い出させるため…においでになったのですか。』(18節) 彼女が真っ先に思い当たったのは自分の罪だった。人はなぜ死ぬのか?書いてある。「罪の支払う報酬は死である」(ローマ6:23) 彼女は子の死を自分の罪の問題ととらえ、神の人に来た。このような人は救いから遠くない。
干ばつの中、尽きない粉と油に満足し、無意識に飲み食いしている恵みのさ中、生かされるのは結局、「肉」だけであり、そのまま満足して主に求めないようでは、霊は死んで行くという事を、彼女達は分かっていなかった。結局、最も大切なのは、神様への日ごとの感謝と信頼だ、という事を忘れてしまうなら、最も大切な子が死ぬ事により、死を孕んだ罪の問題へ心を向け、永遠の救いへ至る信仰に至らせて下さるのだ。
私達も、死を孕んだ罪の問題を解決して下さるイエス様に、日毎、助けて下さいと祈り続ける必要がある。

サレプタでは、霊の養いと肉の養いを互いに共有し助け合う、ちいさな「交わり(コイノニア)」があった。
エリヤは彼女に「子を私によこしなさい」と言って彼女のふところから子供を取った(19節)。彼女はずっと子をふところに握りしめていたが、問題をずっと握りしめたまま状況を悪くし、最悪になって、ようやく信仰者に渡す、という事はせず、すぐに信仰者に渡す事もまた、交わりの中で大事である。信仰による祈りは、病む人を回復させ、義人の祈りは働くと大きな力がある。また、罪の問題についても互いに祈り合いなさい、と書いてある(ヤコブ5:13-18)。私達も、いかに小さな交わりでも、罪について、死についての問題を、交わりの中で互いに告白し合い、祈り続けて行くなら、そこはハデスの門さえ勝つ事は出来ないのだ。

エリヤは三度祈って、ようやく祈りが聞かれ、子供の命が戻った。雨が降るように祈った時も、7度祈って、ようやく小さな雲が現れた。あのエリヤが、なぜ一度の祈りで答えられないのか。もし私達がたった一度の宣言や、たった一度の祈りで何でも聞かれるなら、主にしがみついて行こうとする心がどんどん薄くなり、傲慢になってしまうだろう。だから、主が与えて下さる時まで求め続け、探し続け、叩き続ける必要がある。
このように、「なぜ」と思える問題が起きる事も、あるいは、必要が備えられるにしても「日々」「僅か」である事も、それで主への感謝をすぐ忘れやすい私達が、生涯、日ごと、主に祈り頼み続けて生きて行けるのだ。
彼女は息子が生き返らされて、知った事が二つある。エリヤが神の人である事と、彼の口にある主の言葉は真実である事だ(24節)。こうしてエリヤの言葉はますます権威を帯び、彼が仕える神は、栄光を受けた。
私達もエリヤのように、神の言葉を伝える時、神の子としての栄光が与えられ、私達が神の言葉を語る時、人々は心して耳を傾けるのだ。こうして、預言者と彼を支える信仰者のやもめという、サレプタの小さなコイノニアで、彼らは干ばつの時代を乗り切って行った。私達も今、ここにコイノニアがある。この交わりを尊く保ち、互いに祈り合い、励まし合い、罪と死の問題を解決して行く皆さんでありますように!

「リション(ראשׁון)」法則(1列王記17:8-16)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 私の人生、何故か真っ直ぐには進まないで、いつもでこぼこ道を進んでいるようで、疲れる。というような事は無いだろうか。物事には優先順位があり、その優先順位の最初(ファースト)を間違えると、あたかも、最初のボタンをかけ間違えて着てしまった服のように、非常にちぐはぐになってしまう。ファーストを正しく行うなら、続くセカンド、サードは全てうまく行く。今回、人生の「ファースト」をどう据えるべきか、学びたい。

「ファースト」「まず」を、ヘブライ語では「リション(ראשׁון)」という。神の国の事を「リション」にすれば、あとは神様が全部、責任取って下さり、そうすれば人が切望する「食べもの」「着るもの」などの”第二、第三”は、加えて与えられる(マタイ6:33)。世の中、神の国を第一とする神の民は、「上」になるように出来ているが、神の民が、”第二、第三”にすべきを、第一に据えてしまうなら、世の中では「下」とならざるを得ない。
神の民・イスラエルが不従順であった時代、神は預言者エリヤを通して警告を与えた。「わたしの言葉のないうちは、数年雨も露もない」。(1列王記17:1) 神の民全体が、リションを外した時代ゆえ、預言者もそのとばっちりを受けていたが、彼は主から養いを受ける。「立ってシドンに属するザレパテへ行って、そこに住みなさい。わたしはそのところのやもめ女に命じてあなたを養わせよう」(9節) 
そのやもめは、異邦の地シドンに住んでいたが、神を恐れ敬う女だった。しかし彼女も時代の罪のとばっちりを受け、彼女はもう最後のわずかな食料が残るのみで、それがなくなると、彼女も息子も死のうとしていた。その、最後の料理をするために、薪拾いをしている最中、彼女は偉大な預言者から声をかけられる。
「「器に水を少し持ってきて、わたしに飲ませてください」。彼女が行って、それを持ってこようとした時、彼は彼女を呼んで言った、「手に一口のパンを持ってきてください」。」(10-11節) 彼女はどう見ても人を養う能力も資力も無い。なぜ預言者を養うはずのやもめが、こんなにも貧しく追いつめられていたのか。なぜエリヤが遣わされた先は、イスラエルの誰かにではなく、シドンのこのやもめなのか。
その時代、イスラエルにも沢山やもめはいたが、預言者の言葉どおり主にリションする人は、イスラエルの中に一人もいなかった、という事である(ルカ4:24-26)。それで主はエリヤを、彼女の食料が尽きる直前に到着するよう、彼女の元へ遣わされたのだ。主を敬う人への助けは、間に合わないという事は、決して無い。
主は、サレプタのやもめ女に命じてあなたを養わせよう、とエリヤに言ったが、どうも彼女は、主から命じられたような感じではない。それどころか、彼女にはその能力も持ち物も無い。どういう事だろう。
主は、当人に意識があっても無くても、当人に資力や力があっても無くても、その人の内に、主に対する「リション」があるかないかを見られ、その人に応じた志(ミニストリー)を起こさせ「命じる」のだ。(ピリピ2:13)
その時、本人の能力や持ち物、時間、お金の有る無しは、一切関係無い。ただ「リション」があるか無いかが主の目に重要であり、その人は、起こされた志と使命感に突き動かされ、必要な物は全て主から与えられ、その人の「リション」を主が用いて時代を動かして行くのである。アブラハムのように、ハンナのように。

『エリヤは彼女に言った、「恐れるには及ばない。行って、あなたが言った通りにしなさい。しかし「まず(リション)」、それでわたしのために小さいパンを、一つ作って持ってきなさい。その後、あなたと、あなたの子供のために作りなさい。『主が雨を地のおもてに降らす日まで、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えない』とイスラエルの神、主が言われるからです」。』(13-14節) ある人はここから、エリヤを「人でなし」と評価する。万一、エリヤが食べて、そのままやもめと子供が死ぬなら、酷い話である。世の独裁者は、皆、そうする。
しかし主は「備え主」であり、主の言葉は「なくなって終わり」ではない。信仰ある人は、「主が雨を地のおもてに降らす日まで、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えない」という主の言葉に、大きな希望を見出す。
希望の根拠は「イスラエルの神、主の言葉」であり、この言葉を非道いと取るか、それとも希望に取るかは、その人の信仰次第である。彼女はエリヤを通した主の言葉に、リションの行いで答えた結果、主の真実と奇跡が現れた。主の真実と奇跡を見るためには、単純に、主の御言葉どおりに実行する事である。
こうして彼女は、主の言葉どおりに、粉も油も本当に尽きず、自分も子供も、預言者も、それによって養われた。私達も、ファーストを主に据えるなら、主は私達を、不信仰な時代の罪のとばっちりから守り、全ての必要が満たされるのみならず、私達を、時代の「ファーストクラス」へと乗せ、歴史を変える役割を与えて下さるのだ。主へのリションを示し、時代を変える事に用いられて行くみなさんでありますように!

キリストの十字架と復活に私達が参加する方法(ローマ6:5-11)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 本日は復活祭、イエス様がよみがえられた事を記念する日である。人は思う。イエスというお方が2000年前に十字架上で死んで復活した事が、現代の自分とどんな関係があるのだろうか、また、イエス様の死と復活は今の私達に何の関係があるのか、と。本日、よみがえりの主と私達との関係を、論理的に学びたい。

私達がやがて死ぬ事、それは誰も否定しようがない。それは、はじめの人アダムの御言葉への不従順により、罪と死の呪いが私達を含む全被造物に導入されてしまったからだ。私達は思う、それは不条理だと。
私達はアダムの時代、生まれていなかったし、アダムの罪に参加した記憶は無い。しかしヘブル7章で、メルキゼデク(イエスキリスト)はレビ系の祭司よりも優れた祭司であると説明しているのだが、その理由は、アブラハムがメルキゼデクに十分の一の捧げものを捧げた時、アブラハムの「腰にいた」レビもまたその時同時に捧げた、と書いてある。そうであるからには、私達も含め、全人類はアダムの「腰にいた」時、アダムと一緒に罪を犯したのだ。私達は必ず死ぬ以上、私達全てには、神に逆らう罪があり、処罰を受ける対象者である事には変わりない。「罪の支払う報酬は死である」(ローマ6:23a)と書いてある通りである。
実に不条理である。私達は生まれながらの状態では、自身の過ちと罪の中で死んでおり、この世を支配するサタンの支配下で、過ちと罪を犯しながら人生を歩む、生まれながらの御怒りを受けるべき者で、罪の債務証書が、私達を責め立てているのだ。しかし主は、そんな不条理の中でもがき苦しむ私達のために、罪が無いのに身代わりに罪の処罰を受けるという、究極の不条理によって私達を救って下さったのだ。
イエス様は十字架の時、私達を訴える罪という「債務証書」を、流された血によって帳消しにし(コロサイ2:14)、決して届かなかった「永遠の命」を、ご自分のいのちという代金で、支払い済みにして下さった。
これは既に行われた真理であるが、この「救い」は、人類の誰も彼もが自動的に適用されるものではない。「信仰」により、イエス・キリストを「私の主」とする人にのみ、それが適用されるのだ。そのわけは、こうである。

パウロはガラテヤ2章で「わたしはキリストと共に十字架につけられた」と言っているが、果たしてパウロは、イエス様の十字架の場面に一緒につけられただろうか?いない。私達はどうか。その時代、私達はそもそも生まれていない。ではどうしてキリストの十字架と関係する事ができるのか。それは、信仰によってである。
「信仰(behid)」とは「連合(be)し」「バンドする(hid)」事が元来の意味であり、私達・人間の側が、神様に対し、そして御言葉に対して為すべき分である。また、信仰をあらわすヘブライ語「エムナー」は「上昇する」という概念があり、エムナーの動詞「アーメン」には「サポートする、確認する、忠実である」の意味もある。
すなわち、信仰とは「組する事」「参加する事」とも言える。つまりパウロは、イエス様を信じた時、信仰によってイエス様の十字架に組し、参加したのであり、それは私達イエス様を信じる人も全員、一緒なのだ!
「私達の内の古き人はキリストと共に十字架につけられた。それは、この罪のからだが滅び、私達がもはや、罪の奴隷となる事がないためである。」(ローマ6:6) パウロは言っている。私達がアダムの腰にいた時、アダムと共に罪に「参加」し、罪に支配され死ぬようになった「古き人」は、キリストの十字架に、信仰によって「参加」する事により、キリストと共に十字架につけられた、と。パウロは、古い自分を十字架に釘付けた、と言っている。私達も、同じ事ができるのである!信仰により、キリストの十字架に参加する事によって!
以上は、キム・ヒョンジョン博士が論文に書いた「参加神学(コイノニアセオロジー)」に基づく内容である。

私達は時間に縛られ、過去に犯してしまった事は、どうする事もできない。過去は変えられないが、しかし信仰は時間を超越し、アダムの時代という”大過去”に犯してしまった罪について、イエス様が十字架でして下さった事に、信仰によって参加する事によって、帳消しにする事が可能なのである。『もし私達が、彼に結びついてその死の様に等しくなるなら、さらに、彼の復活の様にも等しくなるであろう。』(ローマ6:5)
神は時間を超越しておられるお方であるが、私達が唯一、時間をどうにか出来るのは、「信仰」のみである。
だから赦しは、イエス様が十字架にかかった時、そこに自分も参加した、と、告白した人だけのものである。
だから告白は大事であり、キリストの御業に「参加する」事が、とても大事である。信仰には、行いという実体が伴っているべきであり、口先だけで行いが無いのでは、参加したとは言えない。今日、十字架の御元において、行いという実体と共にキリストの十字架に参加し、その復活に参加する皆さんでありますように!

この地上において追求すべき事とは(マルコ10:32-45)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 本日は「しゅろの聖日」、すなわち、イエス様がろばに乗ってエルサレムに入城し、人々が「しゅろの葉」を取って「ホサナ(ああ救い給え)」と叫びながら歓迎した事を記念する日であるが、その日を起点として始まる週は、イエス様の受難を覚える「受難週」、その金曜はイエス様の十字架を覚える「受難日」としている。
イエス様は、いよいよこれから十字架にかかろうとエルサレムへ向かう時、弟子達にはっきりと十字架の苦難と死とよみがえりを伝えた。それなのに、弟子のヤコブとヨハネは、まことに時宜をわきまえな願いをする。
「あなたの栄光の座で、ひとりを先生の右に、ひとりを左にすわらせてください。」と。(マルコ10:32-37)
『イエスは彼らに言われた。「あなたがたは自分が何を求めているのか、わかっていないのです。』(38節)
弟子達は何故にイエス様について行ったか。イエス様を救い主だと思ったからだが、彼らにとって「救い」は何だったか。当時、ローマ帝国の圧制から救われ、イエス様が力強い指導となってイスラエルを再興してくれる事を、人々も弟子達も期待していた(使徒1:6)。ある人はイエス様を、パンをいつでも提供してくれる王として期待し(ヨハネ6:14-15)、別の人は病気や悪霊を追い出してくれる人として期待した。多くの人達は、自分がこうなったら「救われた状態である」と勝手な願望を膨らませる。「救いはお金にある」「救いは権力にある」「救いは美貌にある」等など。しかし、それを満足させて下さるお方としてイエス様に期待する人は、イエス様に「受難」を負わせる者になってしまうのに、1週間もかからないのだ。

救いは地上の何かには無いし、永遠に住まうべき場所も地上には無い。しかし多くの人々は地上において「場所取り」をしようと、やっきになっている。お金持ちという場所、権威という場所、人気者という場所など。
その数限られた「場所」に執着する故に、多くの奪い合い、殺し合いが行われてきたのが、世界史である。
キリスト者がそうした「場所取り」をし出すと、必ず失敗する。実際、聖書の多くの人物が、神様から与えられた特別な「役割」を正しく行使する事を止め、「場所取り」に専念するようになってしまった途端、神の主権が断たれてしまった例が、数多くある。大祭司エリの息子のホフニとピネハスは、祭司としての務めをないがしろにし、祭司職という「場所」を乱用して、聖徒の捧げものを横取りし、神に仕える女性に手を出し、神を軽んじた結果、この一族は祭司職という「場所」から絶たれて一族は滅んだ。(1サムエル記2-4章)
また、サウル王は、イスラエルで最初の王として主から任命されたのに、王としての役割を正当に果たさなかったため神から王権が除外されたにもかかわらず、王座という「場所」に固執し、新たに王として任職されたダビデを殺そうと長年追い回した結果、とても悲惨な最後を遂げてしまった。(1サムエル記15-31章)

私達はイエス様を主とし、彼に依り頼んでいるなら、王族とされた祭司であり、神の驚くべきみわざを伝える「役割」が与えられている。『この主のみもとにきて、あなた方も、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となって、イエス・キリストにより、神に喜ばれる霊のいけにえを、捧げなさい。…あなたがたは、選ばれた種族、祭司の国、聖なる国民、神につける民である。それによって、暗やみから驚くべきみ光に招き入れて下さったかたのみわざを、あなたがたが語り伝えるためである。』(1ペテロ2:5-9)
王も、祭司も、神と人との間に立って「なかだち」をする役割が与えられた者達である。世の人は「場所」を求めるが、私達キリスト者は、場所を求める者ではない。キリスト者が追求すべきは「役割」であり、役割をよく果たす人にこそ、神は時に応じた「場所」与えて下さるのだ。
もし王である事、祭司である事に安住し、既得権を乱用して「場所」求めをするなら、役割も場所も神から取り上げられてしまう。イスカリオテのユダは弟子という既得権を乱用した結果、取り上げられてしまった。
キリストは、この地上では、王座に座る事ではなく、自らのからだを十字架に捧げる「贖いのつとめ」を果たすために来られた。だから天に上げられ、永遠の王座に着かれた。私達も同じである。信仰の先人達はこの地上に場所を求めなかった。彼らはむしろ、天に永遠の場所を求めるために、地上では旅人・寄留者として過ごし、それぞれ神から与えられた「役割」に忠実に従ったのである。(ヘブル11:13-16)
結局、私達が地上において追求すべきは、場所ではなく、役割であり、使命であり、つとめである。
「救いは、玉座に座っておられるわたしたちの神と、小羊とのものである。」(黙示録7:10) 私達もこの告白にしっかりと立ち、あの天国で、あのしゅろの枝を手に持った大勢の群衆と共に、永遠に主をほめたたえる「永遠のしゅろの日」に入る皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

真のシンデレラストーリーを目指して(ルカ14:15-24)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 前回、イエス様に水をぶどう酒に変えていただいて主の栄光を現す方法をヨハネ2章から学んだ。イエス様に何かをして頂きたいなら、まずイエス様と自分を「主人としもべ」の関係にし、また自分に出来る限りの「きよめ」の水くみを果たすのだ。そうして水は極上のぶどう酒へと変わり、極上の喜びに与る事ができる。
ところが多くのクリスチャンはその喜びを味わえていない。今回その原因を「大宴会のたとえ」から学びたい。

イエス様はルカ14章の「大宴会のたとえ」で、神の国の宴会に入れない人はどういう人か話された。宴会には大勢の人が招かれていたが、彼らはその時間になると、主人の僕たちの招きを一様に断ってしまう。
最初に断った人の口実は、「畑を買ったので見に行くから、宴会には参加出来ない」、というものだった。
畑。それは生活に必要なものを産出する「仕事場」である。しかし、神様から離れて自分の手で土を耕しても、いばらやあざみがその人に向かって生え出て、一生、額に汗しながら食物を得なくてはならない。
そしてついには塵に還らなくてはならない。(創世記3:17-19) 主の宴会を祝うべき時に、世の仕事を優先させる人は、実入りは少なく、神の国の素晴らしい食卓にあずかることは出来ないのだ。
二番目に宴会を断った人の口実は、「牛を五くびき買ったので、それを調べに行くから」だった。
牛は、トラクターのように畑仕事を楽にできるし、乳も出るし、肉を食べる事もできる。牛は「生活」に潤いや便宜をもたらしてくれるが、神の宴会を後回しにして生活を潤そうとするなら、結局は労多くして益少ない。
『あなたがたは多くを望んだが、見よ、それは少なかった。あなたがたが家に持ってきたとき、わたしはそれを吹き払った。これは何ゆえであるかと、万軍の主は言われる。これはわたしの家が荒れはてているのに、あなたがたは、おのおの自分の家の事だけに、忙しくしている。』(ハガイ1:9)
三番目に断った人の口実は「妻をめとったから」というものだった。礼拝や神の国の事よりも、夫や妻を第一にする。一見すると、あまり悪い事のように見えないかもしれないが、その夫婦はどうなってしまうか。
人類最初の夫婦・アダムとエバを見れば分かる。アダムは、神の声より、妻の声のほうに聞き従った結果、呪われ、妻のせいにし、汗水を流して土を耕さなくてはならなくなってしまい、ついには死ぬ存在となった。
結局、仕事も生活も結婚でも、神様が招いて下さる宴会を退けて、自分の目と判断に頼って「上等な畑」「上等な牛」「上等な結婚」と思って得ても、主を優先順位的に低く見積もるなら、それらは一転して、上等な「苦労」をもたらす畑や、牛、結婚となってしまうのだ。主が「よし」としていないものは、みなそうである。
私達はそのようにして、主の宴会を、極上のぶどう酒を、ロスしてしまわないよう、気をつけるべきである。

主は最初の奇跡を結婚という場で行い、僕(ディアコノス)が汲んだ水を、極上のぶどう酒に変える事によって、ご自身の栄光を現された。聖書はアダムとエバの結婚で始まり、聖書の終わりは、まことの花婿キリストと、花嫁である教会との結婚によって終わる。それ程、主は、結婚を尊ばれた。私達は、天におけるまことの結婚に入るまで、地上では「僕(ディアコノス)」として、イエス様の言われる事を何でも行うべきだ。
この「僕」と訳されるディアコノスは、ディア(くぐる)+コニス(塵、灰)、すなわち、灰をかぶるように仕える者だが、実は、世界中の女性が憧れるシンデレラは「cinder(灰)」が元であり、和名は「灰かぶり姫」である。
シンデレラは過酷な継母の元で、灰をかぶる程に強制的に働かされていたが、王子様に見初められ、王家へと嫁ぎ、素晴らしい王宮に入り、以前の古くて汚い、せまい働き場は全くもって過ぎ去る、という物語であるが、地上で神のために働く全ての「僕」達は、皆、この壮大なシンデレラストーリーにあずかるのである。
やがて教会は、キリストにめとられる日が来る。それに向かい、花嫁として、御言葉のともしびをともし、聖霊の油を蓄え、めとられる時を待つ者である(マタイ25:1-13)。その日至るまで、主人はイエス様であると告白し、灰かぶり娘となってただ主に仕えて行く日々を紡いで行くのであれば、灰まみれであった衣は、主が光り輝くきよい麻布へと変えて下さる(黙示録19:8)。その時、主によって目の涙を全く拭い取られ、嘆き悲しむ日々は終わり、もはや苦しみや叫びの無い、永遠の御国の宴会へと入るのである。
だからこの地上において、畑を買ったから、牛を買ったから、結婚したから、王の宴会に行けない、と言っては決してならない。私達はただ、最上なるお方に天で迎え入れるその日を期待を持って目指し、神の国とその義を第一に求め続け、この地上においても、主が備えて下さる最高のぶどう酒をいただきつつ、歩んでいく皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

極上のものを主から備えていただくために(ヨハネ2:1-11)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 ヨハネによる福音書は、当教会では1日1節づつ反復宣言し暗唱 (テフィリン)している箇所であるが、御言葉は1節をじっくり掘れば掘る程、次々と宝が掘り起こされる。今日また新たに掘り出された宝を見たい。

イエス様が最初に奇跡を行われたのはガリラヤ・カナの結婚式においてだった。人は日常生活の色々なイベントで諸々の準備をするが、この度、結婚式という重要なイベントにおいて、非常に重要なミスが発覚する。ぶどう酒が尽きてしまったのだ。イエス様の母は「ぶどう酒がありません」と言ったが、イエス様は言う。
『婦人よ、あなたは、わたしと、なんの係わりがありますか。わたしの時は、まだきていません。』(4節)
母に向かって「婦人よ」「何の係わりがありますか」と、ずいぶん不思議な言い方をしたものだが、なぜこの言い方をしたのだろう。母マリヤとしては、イエス様を親子関係の「子」として見、何かの手伝いをイエス様にさせたいと思ったのであろうが、イエス様はこう言う事によって、彼我の立場表明をしているのだ。
婦人よ、もしあなたが、メシヤであるわたしに何か必要を満たして欲しいなら、親子としてでなく、わたしを「主」という立ち位置に置き、あなたは主従関係における「しもべ」の立場に立たなくてはならないですよ、と。
多くの人々が「神」という存在を、勘違いしている。神を敬っているかのように見えて、実は、困った時だけ助けてくれる便利な「僕」のような位置に神を置いている。そういう人は困った事から救われたとたん、神を忘れてしまう。「敬い」が無いからだ。主を敬う人は、困っていない時でも、いつでも主を礼拝し敬うものだ。
『母は僕たちに言った、「このかたが、あなたがたに言いつけることは、なんでもして下さい」。』(5節)
彼女は、母という立ち位置を降り、イエス様を「上」とし、指示をするお方という正当な立ち位置に戻った。
『そこには、ユダヤ人の”きよめのならわし(カサリスモス)”に従って、それぞれ四、五斗もはいる石の水がめが、六つ置いてあった。』(6節) このカサリスモスは、ユダヤにおける清め礼であり、もし律法上で「汚れた」状態になってしまったら、夕方までに水を浴びて、主の御前に自分をきよくするための器である。
イエス様が満たされるのは、人が飲み干したワインボトルなどではない。人が欲望を飲み食いして空っぽになった汚らわしい器をイエス様は満たさない。金銭欲を満たそうとしてイエス様を利用しに来た者には、「人よ、だれがわたしをあなたがたの裁判人または分配人に立てたのか」と言われた。(ルカ12:14)
主が私達の必要を満たすための奇跡を起こして下さるための土台作りは、私達は主従関係の「従」となる事であり、自らを「きよめる」事である。清められていない金銭感覚の人の財布に、新しい金銭を増し加える奇跡は、主は、絶対にしない。その人は新しく増し加わったお金で、さらに罪を増し加えるだけだからだ。
だから言われている、『だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだになる。だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。そうすれば両方とも長もちがするであろう」。』(マタイ9:17)。 私達が新しい皮袋になる必要がある。
そのためにはまず私達が自分をきよめるための水を、全部使い果たす必要がある。すなわち、悔い改めて、「改まった行い」を、私達の側が「し尽くした時」、主は「やっと満たせる」と安堵し、満たして下さるのだ。

『そこで彼らに言われた、「さあ、くんで、料理がしらのところに持って行きなさい」。すると、彼らは持って行った。』(8節) 主が「今しなさい」と声をかけて下さる時がある。今、舟の右に網を降ろしなさい、今、鬨の声を上げなさい、と。その「今」という御声に聞き従う時、主の奇跡が起きる。料理がしらは、良いぶどう酒に変わった水を味わうと、言った。『どんな人でも、初めによいぶどう酒を出して、酔いがまわったころにわるいのを出すものだ。それだのに、あなたはよいぶどう酒を今までとっておかれました。』(10節)
この料理頭、すなわち、宴会の世話役は、世の中の宴会ごとについては経験も知識も豊富な人だ。
そんな彼が、このぶどう酒は良いぶどう酒だと認定した。きよめを実行した人に対して主が満たされるのは、世の事に熟知した人さえ、極上のものだと認めるものである! 世で経験豊富な人は、よりオトクな方法を熟知しており、時には”せこい”、”ちまちました”方法もアドバイスして来るが、自らを清めたしもべに主が与えて下さるのは、せこい、ちまちましたものではなく、上等な、混ざり気の無い、極上の喜びである!
イエス様の言葉には、条件があった。縁まで満たしなさい、と。だから主の僕がしなくてはならない事は、祝福の器が、縁まで満たされるまで、ずっと水くみをし続ける事である。祈りの水くみ、従順の水くみを。そうして上等の喜び・上等の祝福に与かる皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

祝福の地を見えなくさせるもの(創世記21:9-21)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 ベエル・シェバとはどういう所かを前回学んだ。そこは、よく潤った広くて良い地、私達が目指すべき地であるが、その素晴らしい良き地がせっかく示されても、入れない人・入れても祝福を得られない人がいる。
今回、そのようなベエル・シェバの祝福を受けられない人の特徴と、その対処法を学びたい。

ベエル・シェバが聖書で最初に登場するのは創世記21章だが、その箇所には只ならぬ事が起きている。
『翌朝早く、アブラハムは、パンと水の皮袋を取ってハガルに与え、それを彼女の肩に載せ、その子とともに彼女を送り出した。それで彼女はベエル・シェバの荒野をさまよい歩いた。』(創世記21:14) この母子がパンと水だけを持たされて送り出されてしまったのは、自分の立場をわきまえずに、高慢になったからだ。
イシュマエルは歳の差のある弟のイサクを軽んじ、ばかにし、母ハガルも彼を止めなかった。神の国に弱者をばかにして戯れる性質は、無い。争いを好み、弱い人をばかにして笑う人は、切り離されてしまう。
アブラハムはイシュマエルも自分の子なので、非常に悩んだが、主は言われた。この少年も一つの大きな国民としよう、と。それはハガルにも与えられていた約束であるので、アブラハムは安心して「送り出した」。
ところがハガルはわざわざベエル・シェバの「荒野」へ向かって行く。道沿いに行けば町や井戸がある土地なのに。しかも目の前に井戸があるのに、彼女は気づかなかった。自暴自棄になったのかもしれない。
せっかくベエル・シェバに送り出されても、神様の約束の言葉ではなく、自分の負の感情をじっと見つめ、沸き立たせ、不平不満や争いの心を高じさせる人は、祝福の井戸には、ありつけないのだ。
「イシュマエル」の名は「神は聞かれる」という意味で、主がつけて下さった名前だ。彼女は「神は聞かれる」という子を手放して感情に任せて泣いていた所、神は「少年の声を」聞かれた。それでハガルに声をかけ、約束を思い起こさせ、『神がハガルの目を開かれたので、彼女は水の井戸のあるのを見た。』(19節)

肝心のものがそこにあるのに気づかず、神様が目を開いて下さる場面は、聖書には幾つかある。
バラムはモーセの時代の有力な預言者であったが、彼が大金で雇われ、ろばに乗ってイスラエルを呪いに行く途上、目の前に御使いが抜き身の剣を手に待ち構えているのが、見えなかった。彼は「金への欲望」で目が塞がれていたためだ。(民数記22章) 彼を乗せたろばは、剣を持った御使いを見てその場にうずくまってしまったが、バラムは「進め、進め、なんで自分の思い通りに行かないのだ」、と、ろばを打った。
その時、主がバラムの目を開かれたので、彼は主の使いが抜き身の剣を持って道に立ちふさがっているのを見て、頭を垂れてひれ伏した。『主の使は彼に言った、「なぜあなたは三度もろばを打ったのか。あなたが誤って道を行くので、わたしはあなたを妨げようとして出てきたのだ。』(民数記22:32) 御使いは、ろばを擁護した。結局この著名な預言者は、ろばの信仰によって命拾いしたのだ。情けない話だが、お金への欲望は、どんな有力な預言者といえど、ろばさえ分かるような滅びへの道さえ分からなくしてしまうのだ。
もう一つ、見えなかった目が開かれる事で有名な場面が、使徒9章にある。『するとたちどころに、サウロの目から、うろこのようなものが落ちて、元どおり見えるようになった。そこで彼は立ってバプテスマを受け、また食事をとって元気を取りもどした。』(使徒9:18) ここは迫害者サウロが使徒パウロになった場面である。
彼が見えていなかった理由は、「自分は正しい」という思い込みに満たされていたからだ。自分がしていることは正しい、相手が間違っている、だから何しても良いのだ、という思いにくらまされ、神の御心に反する事を逆にしてしまっていた所を、主はアナニヤという人を通して彼の目を開いて下さった。

このように、ハガルは鬱憤に、バラムは金銭欲に、サウロは自己義によって見えなくなっていたが、私達もそれらによって目がくらまされ、神様が用意して下さった祝福が見えなくなってしまう事がある。もし祝福があるはずなのに見えない、と自覚をしたなら、それらから目を逸らし、思いと心を主に向け、御霊に歩むよう軌道修正すべきだ。そうすれば、見えなくしている覆いは取り除かれ、自由になる。(2コリント3:12-16)
主は、ハガルにはイシュマエルを、バラムにはろばを、サウロにはアナニヤを遣わして目を開いて下さったが、私達も霊的盲目に陥って突き進んでいる兄弟姉妹に気づいたなら、助けてあげるべきだ。
進んではならない滅びの道がよく見えるようになり、さらみ祝福の地ベエル・シェバもよく見えるようになって、何をしても栄える幸いを勝ち得ていく皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

ベエル・シェバに入れ(創世記26章)
第一礼拝 Youtube動画 / 音声
賛美集会〜第二礼拝 Youtube動画
賛美集会音声
第二礼拝音声
週報/メッセージ(説教)概要

 去年、2018年の天声のカレンダーを作る時、2018年の標語となるべき御言葉を祈り求めていた所、ベエル・シェバという言葉が与えられた。このベエル・シェバとは何か。年明け最初の礼拝では語られたが、主日礼拝で語られた事がなかったので、今回、あらためてベエル・シェバとはいかなる所であるのかを見てみたい。

ベエル・シェバは「七つの井戸」「誓いの井戸」という意味の地で、信仰の父アブラハムが井戸を掘ったが、アビメレクのしもべが来て奪ってしまった。イサクが生まれて後、何をしても栄えるアブラハムをアビメレクは恐れ、不可侵条約を結びに来るのだが、その時、アブラハムはベエル・シェバを返すように抗議し、アビメレクは七頭の雌の子羊を受ける事で、そこは確かにアブラハムの地所であるという誓いを立てた。
『これによってその所をベエルシバと名づけた。彼らがふたりそこで誓いをしたからである。…アブラハムはベエルシバに一本のぎょりゅうの木を植え、その所で永遠の神、主の名を呼んだ。』(創21:31-33)
アブラハムが植えたとされるぎょりゅう(御柳)は今でもベエル・シェバにある。この木はヘブライ語でアシェル(「幸い」の意味:詩篇1:1)で、水が無い所でも深くから水を汲み上げる性質があり、イスラエル民族が1900年ぶりに入植した時、砂漠地帯だった所を、アブラハムに習ってこの木を植えた所、緑化に成功した。

以上のように、ベエル・シェバは信仰の父アブラハムが正統な手続きを経て入手し、潤いある地へと開墾したのだが、息子イサクは飢饉が理由でそこを離れ、再びアビメレクの元に身を寄せに行く。その時、主は彼に現れて言われた。『エジプトへ「下って」はならない。わたしがあなたに示す地に留まりなさい。』(26:2)
道や電車は、都に近づく方を「上り」、遠ざかる方を「下り」と言うが、霊的にも「上る」「下る」の概念がある。
「下」は世であり、そこは一見食料に満ち、美しく栄えているように見えても、破滅への誘惑に満ちており、降った人は、家族や財産を、あるいは命を失い、散々な目で帰って来た例が、聖書に多数ある。
私達は、上にあるものを求め続けるべきだ。そこはキリストが神の右に座しておられるからだ。(コロ3:1)
イサクは食糧難を「下」の方法で解決するため、異邦のアビメレクの元に「下った」結果、散々な目に遭う。
彼は異邦の地で無事に生きるために妻リベカを「妹です」と偽ったり、せっかく百倍の収穫を得ても、それを妬まれ、父アブラハムが掘った井戸を埋められた挙句、アビメレクから出て行くように言われてしまった。
追い立てられた先で井戸を掘っても、そこを奪われ、さらに出て行った先で井戸を掘っても、またしても井戸を奪われ、さらに次の場所へ行かざるを得なかった。どうしてそのような事が起きるのだろう。
それは、そこは主が定めた定住すべき地ではないからであり、「下」の見方で心が曇ってしまったイサクを、主が、「人」という鞭を用い、そこに住めないように導いておられたからだ。私達も「下」を見過ぎて目が曇ってしまい、主が示しておられる地が分からなくなってしまう時、主は「人」や「状況」を鞭として用い、主が示される地へと追い立てて行く事がある。その場所においてなす事がやる事がうまく行かない、やられっぱなし・奪われっぱなしである時、どこが本来いるべき「ベエル・シェバ」であるのかを求める必要がある。
イサクは、井戸をせっかく掘り当てた、と思ったのに、結局そこは狭い場所で、敵だらけで、いつも気を張っていなくてはならなかった。私達も、今の仕事や状況でそのように感じているとするなら、主に御心を求めて行くべきである。主が導いて下さる地、広くて、安心して産んで増えて行ける所を求めて。

『イサクはそこから移ってまた一つの井戸を掘ったが、彼らはこれを争わなかったので、その名をレホボテと名づけて言った、「いま主がわれわれの場所を広げられたから、われわれはこの地にふえるであろう」。彼はそこからベエルシバに上った。』(22-23節) 三度目にようやく争いの無い井戸を掘る事が出来たが、彼はすぐベエル・シェバへと「上る」。彼は「上」を見上げたのだ。彼は結局、信仰の父が掘った井戸の地、神の約束が示されていた地こそ、自分が産んで増えて地に満ちていくべき場所だとようやく悟ったのだ。
するとその夜、早速主がイサクに現れて言われ、「恐れてはならない」「わたしはあなたと共にいてあなたを祝福し、あなたの子孫を増す」と言われた。それで彼は、その所に礼拝場所を築き、天幕を張って井戸を掘り、住み込む準備を整えた。(24-25節) 私達も主が「ここだ」と示される地、示される仕事、示される礼拝を求めるべきである。そしてその「ベエル・シェバ」を得たなら、そこで産んで増えて地に満ちていく準備を整えるのだ。ベエル・シェバをわがものとし、産んで増えていく今年でありますように!

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest