• カテゴリ 礼拝メッセージ説教音声配信 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 礼拝メッセージ説教音声配信カテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:神殿とは(使徒7:44-53):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

ステファノはなぜ捕られられ、最高議会で弁明しているのかというと、偽りの証人によって「彼がモーゼと神殿に対して冒涜の言葉を吐いた」「ナザレ人イエスはこの神殿を打ち壊しモーセの慣例を変えるだろう、言うのを聞いた」という訴えが彼に対して為されたためである。
そこで彼は、神はいかにイスラエルを立ち返らせようとして来たか歴史を紐解き説明するが、その内容は聞いている者達の耳障りの良いものではなく、いかにイスラエル民族が神に逆らってきたか、という歴史であった。

今日の箇所には、荒野の幕屋から神殿に至るまでのいきさつが説明されている。
神殿の前身は荒野の幕屋で、ヨシュアの時代にこの地に持ち込まれ、ダビデが神殿を建てたいと願ったものの、建てたのはソロモンだった。

祭司長達や律法学者達は礼拝祭儀施設として神殿を大切にしているが、建物よりもっと大切にしなくてはならない事柄を、彼らは疎かにしている。
「いと高き方は人の手で造ったようなものには住まない。」(48節)
イエス様は「この神殿を壊してみよ、三日でそれを立て直す。」と言われたが、それは建物の事ではなく御体の事を言われたのであって、まことの神殿は人の手による建造物ではなく「からだ」であり、神を敬いイエスを信じる一人ひとりである。

49,50節はイザヤ66:1,2の引用であるが、そこには
「わたしが顧みるのは、苦しむ人、霊の砕かれた人、わたしの言葉におののく人。」(イザヤ66:2後半)
と書かれてある。
主は神殿という建物や場所よりも、そこに集う礼拝者の御言葉を恐れ敬う心をご覧になる。
主は教会という建物や場所よりも、召しだされた者達がいかに霊が砕かれ、キリストに明け渡しているかを、ご覧になられる。

神殿を建てようという思いが最初に起こされたのは、ダビデであった。
彼は、神様のために幕屋ではお粗末だから、もっと立派な建物を建てたいと思ったのかもしれないが、主は
「あなたがわたしのために住むべき家を建てようというのか。」「むしろ牧場の羊の群れの後ろからあなたを取って、わたしの民イスラエルの指導者にした」(2サムエル7:5-8)
と言われた。

ダビデは力がついてきたから神殿を建てたいと思ったが、そのダビデを羊飼いから王へと仕立て上げ力をつけたのは、神である。
人が神のために家を建てようなどと言うのは、おこがましいのだ。
私達人間がすごいから神様がついてきたのではなく、神様が憐れみをもって選ばれたからこそ、イスラエル民族があるのである。

ステファノの説教ははじめから終わりまで、神様視点でのメッセージであった。
それに対し、神様に逆らってきた者達の視点はずっと人間中心、自分中心だった。
そのような視点だから、預言者の言う事が気に食わないと言って殺してきたし、
主の御旨に気付く事無く、預言者達が殊更に告げてきたメシヤさえも、十字架につけたのだ。

「今や、あなたがたがその方を裏切る者、殺す者となった。」(7:52)
ステファノはたった一人で、大勢の地位の高い人達を糾弾した。
結局その時代の人達は悔い改めるに至らず、その後、ローマ兵に囲まれ滅ぼされてしまった。
私達は彼らのように、自分中心に御言葉を塞いで心頑なにしてはならない。
御言葉を聞く時は、私達に都合が悪かろうと、耳障りが良くなかろうと、謙虚に受け入れるべきである。

御言葉をそのまま受け入れる皆さんでありますように。イエス様の名前によって祝福します。

被災地の方々

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » パスター日記
執筆 : 
pastor 2011-3-27 23:40

被災地の方々は、今は周りに人がいて、成すべき事があって気を張っていられますが、ある程度落ち着いて一人になった時に不安や悲しみがどっと押し寄せるかもしれません。

その悲しみは、私のような者には計り知れないものがありますが、唯一、主イエス様こそ、すべての人の嘆き、悲しみ、苦悩をご存知で、共に呻いてくださる、唯一の隣人です。

今回被害に遭われた方々一人一人に、主イエス様が隣人として届いて下さいますように、お祈りします。
 

礼拝説教メッセージ音声:真の隣人(ルカ10:25-37)
第一礼拝(日本語)礼拝音声:右クリックで保存
第二礼拝(韓国語通訳つき)メッセージのみ:右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。」(ルカ10:30)

この度、日本列島は、非常に強悪な追いはぎに襲われた。
ある者はこの災いを見て、聖書のあの箇所の成就だ、終末が近づいた、と、短絡的に聖書や神様の話をしたり、この国が普段から悪い事している罰だ、安全管理をきちんとしていないからこんな事になった等、あれこれ言うだけで何の助けもせず、放射能の穢れを受けたくないからと、安全な所へ逃げてしまう。。。
祭司やレビ人は律法を体現する者達で、穢れを受けてしまうと務めができない為、相当穢れには敏感であるが、律法は「善か悪か、聖か罪か」の区別を示すだけで、いのちを与える事はできない。
故に彼らは罪人や傷を負った者に、あれこれ言ったり分析はしても、実際的には何の助けも出来ないのだ。

律法の専門家は、「何をしたら永遠のいのちを受け継ぐ事ができるでしょうか」と主イエス様に問うた。
永遠のいのちを受け継ぐには、全てを尽くして神である主を愛する事、そして隣人を愛する事である。(27)
彼は再びイエスに問うた。「では、隣人とは、一体誰か??」

「あるサマリア人の旅人が彼のところにやって来たが、彼のあり様を見て断腸の想いに駆られた。」(33節)
この、断腸の思いに駆られて実際の助けをしたサマリアの旅人だけが、追いはぎに襲われた者の隣人となった。サマリヤの旅人が隣人である事は分かったが、彼は具体的にどのような者か。
彼はまず、オリーブ油(聖霊)と葡萄酒(イエスの血)を、彼の傷に注いだ。
その傷に包帯(裸を覆う毛皮)を施してやり、また彼を自分の家畜(ろば:イエスの乗り物)に乗せて、宿屋(安全な場所:教会)に連れて行って、その介抱をした。
そして翌日、デナリオン(贖いの代価)2枚を取り出して宿屋の主人に渡し、介抱に必要な費用を払い(教会への必要の満たし)、出費がかさんだらさらに支払う約束までしてくれた。
このやり方、このご性質、見覚えはないだろうか? 明らかに、私達の主イエス様である!
永遠の命を得るには、全てを尽くして神を愛する事、そして、この真の隣人なるイエス様を愛する事である。

なぜ主イエス様は、罪に穢れ見下されている民「サマリヤ人」として来られたのか?
私達は例えサマリヤ人のように罪穢れ見下されていても、イエス様のご性質を帯びる事ができるという事だ。
まことの隣人・イエス様に「隣人としてのもてなし」をして頂いた者は、心から彼を愛し、彼を愛した者はサマリヤ人のようにイエス様のご性質を帯び、心から隣人を愛する事が出来るようになるのである。
そうなると、祭司やレビ人のように避けて通って行きたい気持ちをいちいち押し殺したり、雀の涙ほどの愛をいちいち振り絞らなくとも、追いはぎに襲われて身動き出来ない者を見てしまえば、主イエス様のように腸のちぎれる思いとなって、穢れも厭わず駆け出してしまうのである。

地震という追いはぎによって親兄弟、財産、ふるさとまで奪われ、傷を負ってしまった全ての日本人の、真の隣人となれるのは、主イエスだけであり、彼のみが追いはぎの親分「サタン」に勝利したお方である。
私達はそのままでは、隣人になる事は出来ず、祭司やレビ人のようにあれこれ言うだけである。
しかしイエス様に聖霊と血によって傷を洗われ、罪が覆われ、主の乗り物に乗せられ、教会で介抱され、贖いの代金を支払われるなら、私達も真に傷ついた者の隣人となる事が出来るようになる。
そして信じて主の権威を帯びた者は、へびをつかみ、毒を受けても決して害を受けず、病人に手を置けば癒される、という保障がある。(マルコ16:18)そうして真に日本のために、良い働きができるのである。

イエス様にあって整えられ、地震という追いはぎに遭った人の隣人となり、主イエス様を日本の至る所で表現する皆さんでありますように。
まことの隣人・イエス様の名前によって祝福します!

6人も!

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » パスター日記
執筆 : 
pastor 2011-3-26 23:40

昨晩は結局、6人の兄弟姉妹が教会に泊り、とても楽しいひと時を過ごせました。

今回のメッセージは水曜昼礼拝でさせていただいたものです。

題は「死骸を荒れ野にさらした者」(17節)としたい所でしたが、時勢的に相応しくないと思われますので、標記のようにしました。
 

礼拝説教メッセージ音声:荒れ野に放置される者達(ヘブル3:7-19):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

ヘブル3章にはモーセの時代、神の安息に入れた民と入れない民の違いについて、明確に書いてある。
かの時代、イスラエルの民は信仰によってエジプトを出、約束の地、安息の地を目指しているはずだったが、行く途中に多くの者達が不平不満を言い、他の民の心を挫いた。
やれエジプトの方が良かった、ここにはマナしか無いじゃないか、モーセはこの荒れ野で我々を殺すつもりだ、などなど。
ある時は、モーセを石で撃ち殺して別の指導者、別の神を立ててエジプトへ戻ろう、と言い出す始末だった。

なぜ「心を頑なにしてはならない」「試みてはならない」と書いてあるのか。
それはもちろん、死なないためであり、安息に入るためである。

夫婦生活について、結婚を前にした男女向けにこのような例えがある。
夫婦生活は、命綱をペアで繋いで山を登っていくようなものである。
二人で同じ目標を目指して力を合わせて登って行き、片方が滑っても片方が支えて行くなら、無事目的に到達できる。
相手だけに頑張らせて、自分は全く努力せずブラブラぶら下がるつもりでいるなら、結婚は考えないほうが良い。
もしあなたが頑張っているのに、相方は何も努力せず、いつも命綱にブラブラして「おなかすいた」「ねぇかまって」と言ってばかりいたら、どう思うだろうか。
この荒れ野で不平不満を呟いていた者達は、今にも崖から落ちそうなのに命綱でブランコ遊びしていたような者達である。

主は確かに恵み深く憐れみ深いが、期限がある。
40と言う数字は試みの数字であり、これに耐え抜いたヨシュアとカレブは幸いだった。
頑張っている人達の心を挫いた者達を主は荒れ野で滅ぼしたように、命綱でブランコ遊びしているような者達は、主ご自身が命綱を切って、落として行く。

そのようにならない為に、私達には12,13節の御言葉が与えられている。
「兄弟たち、あなたがたのうちに、信仰のない悪い心を抱いて、生ける神から離れてしまう者がないように注意しなさい。
あなたがたのうちだれ一人、罪に惑わされてかたくなにならないように、「今日」という日のうちに、日々励まし合いなさい。――」
兄弟姉妹のうち誰かが罪に惑わされて頑なになるのであれば、兄弟姉妹みんなで真剣にその人を立ち直らせる努力をすべきである。
それは「今日」と言われている日のうちである。
「その日」が明けないうちに立ち直らせないと、罪や頑なさが、その人に定着してしまうからである。

荒野で滅ぼされた人達は、神様の提示された御言葉を退けて、あくまで自分の主張をし通した者達である。

17節「いったいだれに対して、神は四十年間憤られたのか。罪を犯して、死骸を荒れ野にさらした者に対してではなかったか。」

兄弟姉妹の心を挫いて命綱にぶらぶらぶら下っている者は、
死骸として荒れ野に晒されたまま、置いて行かれ、
他方、信仰によって一歩一歩前進して行く者達には、安息が近づいてくる。
「このようにして、彼らが安息にあずかることができなかったのは、不信仰のせいであったことがわたしたちに分かるのです。」19節
皆さんは死骸として置いて行かれる者達だろうか? それとも安息の地に向かって一歩一歩全身し安息を勝ち取る者達だろうか?
それは、皆さんの信仰次第である。

信仰の歩みを日々為して、安息の地に入れる皆さんでありますように。
イエス様の名前によって、祝福します。

教会には最近泊り込みで来られる方が複数おり、交わったり祈ったりしつつ教会から仕事に通う方もおります。

本日は徹夜祈祷会に参加される方が既に来て、合計5人が泊まりこむ予定。今楽しく交わり中です。

当教会に泊り込みで祈りに専念したい方がありましたら、お知らせ下さい。
 

礼拝説教メッセージ音声:心を空白にしておくなかれ(マタイ12:43-45):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

悪霊は人を住まいとする。
主がたとえ話で話された悪霊は、何らかの理由でその人から出てきた。
悪霊は水の無いさまざまな場所を出歩いて休みを得ず、元いた所に戻る事にした。
戻ってみると、そこは空っぽで掃き掃除がされており、飾りつけがしてあって(岩波訳)、悪霊にとって住み心地が良い状態になっていた。
そこで、自分よりもたちの悪い7つの悪霊を連れて来て住み、その人の状態は、前よりも悪くなった。

悪霊にとって心地よく住みやすい場所と言えば、イザヤ34章、エドムの廃墟である。
エドム(ヤコブの兄エサウの子孫)は神の民イスラエルに悪事をはかったため罰が下り、廃墟となる預言がそこに書かれてある。

エサウの性質は、神に属する栄光の家系を継ぐ権利を軽んじ、一杯の食物でそれを売るものである。
彼は、王族の栄えある系列の権利を退け、すぐに無くなる食べ物、肉の欲を取ったため、栄光の家系から外されてしまった。
さらに後には、栄光の系列を受け継いだ者に敵対する者となり、裁かれ、滅ぼされ、悪霊の住処となってしまった。

皆さんは以前は世を支配する者、かの空中に勢力を持つ者に支配されていたかもしれないが、今やキリストを信じ、神に属する栄光の系列とされ、聖なる国民、王族の祭司とされた。(エペソ2章)
もはやエサウのように、その尊い権利を退けて一時の肉欲に自分を売り渡してはならない!
そうしてしまうと、神の民から除外され、神の民に敵対する側となり、裁かれ、滅ぼされ、悪霊の住処となってしまう。

一度でも、魔がさして罪を犯してしまったらもう2度と立ち直れない、という事ではなく、普段、何で心を満たしているかの問題である。
キリストに心を満たしているなら、1度や2度の罪を犯しても元に戻る余地は十分あるが、心を空白にしたまま悪霊の好む飾りつけをしているなら、悪霊に付け入れる隙をいつでも与えてしまっているのである。
心の内は、キリストを豊かに住まわせておくべきである。

(以下、エペソ3:16-21を元にした祈り)
イエスキリストが、力をもって皆さんの内なる人を強めて下さいますように。
皆さんが、信仰によって心の内にキリストを住まわせ、愛に根ざし愛にしっかりと立つ者としてくださり、神の全き充満へと満たされますように。
心が空っぽのまま悪霊の飾りをして放って置くのではなく、キリストの栄光の香りで内側が豊かに満たされますように。
皆さんがキリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解し、人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてに与り、それによって満たされますように。
皆さんの内に働く御力によって、求めたり思ったりする事、全てをはるかに超えて、叶える事のおできになる方に、栄光が世々限りなくありますように。
イエス・キリストの名前によって。アーメン。

最近の早天はパウロ書簡が続いていますが、いずれも私達の立ち位置について確認するべき所です。

キリストと共に天の御座に座している。。。これは文書でそのまま読むとにわかにイメージできない程遠大な事ですが、御言葉に対する正しい対応は、信仰によってそのままアーメンと受け入れる事です。

礼拝説教メッセージ音声:神の所にかくまわれて(コロサイ3:1-11):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

「あなたがたは死んだのだし、またあなたがたの命はキリストと共に神の内に隠されたまま」(コロサイ3:3 岩波訳)
キリストと共にあるのであれば、彼と共に神の右に座しており(1節)、私達のいのちも神のうちに隠されたままなのである。
だからそこ私達の本質的な居場所は「上」であり、アイデンティティの置き場は、キリストと共なる天の王座である。

「しかし神は、憐れみに富んでいるために、私たちを愛したその絶大な愛のゆえに、もろもろの過ちのために死んでいた私たちをキリストと共に生かし ――恵みによってあなたがたは救われている ――、キリスト・イエスにおいて共に起こし、共に天上の座に着かせて下さった」(エペソ2:4-6)

今私達は、キリストと共に天上の座に着いてる。
そこは権威を発布する座であり、そこから発布された命令には効力がある。
私達はキリストにあって地で繋げば天で繋がれ、世に対し、サタンに対し、この呪われた大地に対して、いのちを命じるという尊い特権が与えられている。
それは一方的な恵みによるのであり、当然、私達が相応しいからではない。
彼と共に王座に着き、新しい人という王族のローブを着せられたからには、物乞いであった時に身に着けていた穢れに満ちた外套は捨てていなくてはならない。

「地上に属するもろもろの肢体を死に至らしめなさい、淫行、不浄、情動、悪しき欲望、それに貪欲 ――これは偶像礼拝である」(5節)
偶像礼拝とは貪欲であり、この「貪欲」は定冠詞つきで、元の意味は「より多くを持とうとする所有欲」。
地震の時、スーパーから食品が消え、今では水が危ないという事で水が店頭から消えた。
必要なものを買うのは当然だが、より多くを持とうとして、周囲の人も買えなくしてしまう性質が、それである。
金銭やモノに限らず、名声や権力など、身分相応以上に欲しいという肥大化した所有欲や、「誰々を自分の思い通りにしたい」「あの子が他人と仲良くするのは許せない」という歪んだ独占欲も含まれる。

人やモノ、金、権力などを、より多く持ちたいのは何故か?
それは当然、それを頼りにしたいからである。
これがなぜ偶像礼拝と言われているのかというのは「神様よりもこれの方が頼りになる」という考えだからである。

「この世で富んでいる人々に命じなさい。高慢にならず、不確かな富に望みを置くのではなく、わたしたちにすべてのものを豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。」(1テモテ6:17)

私達はキリストイエスにあって良き行いをするように召されている。
古い人を脱ぎ捨て、新しい人を着、神の所にかくまわれた平安な信仰で生きていく皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します。

礼拝説教メッセージ音声:決して引き離せない(ローマ8:31-39):右クリックで保存
韓国語通訳有 한국어예배

悩んでいる事を聞いて聞いてあげたり祈ったりした時はスッキリするけれども、家に戻ってみると、依然として思い悩む心が沸き上がってくる、という事がたまにある。
問題の解決は、誰かに祈ってもらうよりも、むしろ、その人自身が「何を信じているか」によって左右される。

私はそのような時、「あなたは誰を主としていますか?」と聞く事にしている。
そう聞くと大体の人は意外な表情をする。
しかし、どのようなお方を主としているか、というのが実はとても大切である。

ある人は「神様」を主としていると言うが、神様と呼ばれるものは世に沢山ある。
願いを叶えてくれる神様、やさいし神様、学業や恋愛成就の神様などなど。
しかし私達が主とすべきは、明確にイエス=キリストである。

イエスが主です、と言っても、その行いや醸し出す雰囲気に平安が感じられない場合、私は疑ってかかっている。
イエスと言っても聖書には「バラバ・イエス」や「バルイエス」、キリストでない「イエシュア」など、同名は多数いる。
私達の主イエス様は、死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であり、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださる。(34節)

私達は、この主イエスと共に御座に座している者だ。(エペソ2:14)
キリストは死から勝利し、いつも共におり、私達の内におられる。
そして彼の愛から私達を引き離すものは被造物の中には何もない。

行き詰まることは確かにある。
しかしこれら全ての事の中にあって、私達を愛してくださるお方にあって、輝かしい勝利を得る事ができるのだ。

「死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」(ローマ8:38)

そのイエス様にあって、平安を保つ皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します!

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest