• カテゴリ マルコによる福音書 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - マルコによる福音書カテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:十字架前のイエスを取り巻く「私達」(マルコ15:15-20):右クリックで保存
한국어예배 韓国語通訳有

ピラトは結局、群集を満足させようとしてバラバを釈放し、イエスを引き渡した。
彼が満足させようとした群集とは、大祭司達などイエス様を憎み殺そうとした群集達である。
ローマの兵士達は、イエスを引き渡されて彼を嘲弄し、茨の冠を被せたりした。

イエス様を裏切ったり見捨てたり、侮辱して傷つけた人達を見ると、憤るだろうか。
しかし私達は、これら一連の登場人物達の一人に、いつでもなり得るのである。

私達はいつでも、イエスを売り渡したユダにも、3度知らないと言ったペテロにも、イエスに本質を突かれて殺意を覚えた祭司長達にも、扇動されて「十字架につけろ」と言う群集の一人にも、茨の冠を被せた兵士にも、手を洗って「私には関係無い」と言ったポンテオ・ピラトにも、いつでもなり得る。
彼ら一人一人がイエスを苦しめた張本人であり、その張本人の一人が実に私達なのである。

使徒信条に引用されているポンテオ・ピラトは、総督としてイエスを十字架につける権限もあれば、十字架から守る権限もあったが、私達もイエスを知る者として、信仰告白する者として、ポンテオ・ピラトと同様の立場にある。

イエス様を最初から否定し、否定して終わるような者達には、主は目を留めておられないが、主に目を向けようとする者達にこそ主は目を留められ、特別に扱われるのだ。
イエス様が十字架上で息を引き取った場面においては、それを見て悔やんだ少数の者がおり、その中の百人隊長は神をあがめた。
その時点、ペテロ達は「イエスを知らない」と言って隠れたままであり、そこで聖書が終わるならそのままであったが、彼らはイエスの名の集まりにいたからこそ後に大いに変えられ、栄光のために用いられた。
イエスの名のある交わりに集まり続けるなら、ユダも、祭司長も、ピラトさえも、後に変えられたはずである。

私達が学ぶべきは、歴史上の人物達を第3者的にどうこう批評する事ではなく、私達の内のユダやペテロ、祭司長達、群集、兵士、ポンテオ・ピラトをどうするかであり、いかにイエスの名を否まず、彼を主とし続けられるかである。
それによって、人生を「後悔」で塗りつぶすか、御国の為に用いられる充実感で塗り替えるかが決まる。

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

 

礼拝説教メッセージ音声:私達の内にいるポンテオ・ピラト(マルコ15:1-15):右クリックで保存
한국어예배 韓国語通訳有


使徒信条で出てくる人名は、マリヤとポンテオ・ピラトの二人である。
ピラトはイエスを庇おうという意図が見られるため、ピラトの前に苦しみを受け、というより祭司長や群集の前に苦しみを受け、のほうがいいのではないか。
マリヤが出てくるのは分かるが、なぜピラトなのか。詳しく見て行きたい。

当時のユダヤでは死刑確定の権限は無く、ローマにあったため、イエス様はまず総督であるピラトの前に連れて行かれた。
ピラトは総督に登りつめた人間であるため、彼らが妬みの故にイエスを連れてきた事は察知していた。
また彼の妻も「この義人には関わらないで」と伝えていたため、彼としてはあまり関わりたくない案件であった。
そこで、誰の目にも明らかに悪人であるバラバ・イエスを釈放するか、それともキリスト・イエスを釈放するかの2択を迫り、まさかバラバを釈放するわけはないと思った訳だが、群集が選んだのは、バラバであった。

ピラトはイエスが死刑にならないよう色々手を尽したが、最終的に、彼が死刑を”許可”してしまう。
群集はキリストがどんな悪事を働いたのかという問には答えず、いっそう激しく「十字架につけろ」と叫んだだけであった。
ピラトは群集の前で水を取って手を洗ったが、それは自分にはこの事については責任が無い、という象徴的行為である。

ここまで見ると、ピラトは結構良い人で、同情の余地もあるのでは、と思うかもしれないが、しかし彼は主を死刑に定めた。
私たち自身も、ピラトのような性質を持っている。
イエスを助けたいという思はあるのだが、結局は周りの大声に負け、私達の内で沈黙の眼差しを向けているイエスを拘束し、死刑宣告し、そしてバラバを開放してしまう事がある。
私達の人生の選択の場面において、「この事はしょうがない」と言って手を洗い、イエス様を、私というポンテオピラトの元で苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、、、という使徒信条の下りを、演じてしまうのである。

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

 

礼拝説教メッセージ音声:イエスの名を否んでも(マルコ14:66-72) :右クリックで保存
한국어예배 韓国語通訳有

人はその場の空気に支配され、口先では心と違った事を言う傾向がある。
イエス様が尋問されていた時、ペテロが中庭に行ったのはイエス様を思う気持ちからだったが、女中に指摘された時、彼は単に場の空気に順応したかっただけで、「言葉ではイエス様を否んでしまったが心はイエス様に使えているのだ」とさえ思わなかった程に無意識、反射的だったかもしれない。
しかし彼は事実「イエスを知らない」と3度言うのであり、鶏は鳴くのである。

ペテロはその少し前、力を込めて「死んでもイエス様を知らないとは言わない」と言っていたが、その夜が明ける前に、力を込めて、しかも誓って「イエス様を知らない」と言ってしまった。
主に従いつくせるかどうかは、力のある無しは全く関係ない。
主のことばを守り、主の名を知らないと言わない教会こそ、大艱難の時にに守られる教会である(黙示録3:7-10)が、それは人の力では出来ない。
最後までイエス様を愛し尽す力は人には無いが、主は私達の信仰が無くならないように執り成しておられる。

ペテロとイスカリオテ・ユダの違いは、イエス様の名の元に集まる事を止めなかったか、止めたかである。
死してお詫び申し上げる、など、主の前には美学でも何でもなく、究極の自慰行為である。
たとえ主の名を否んでも、生き恥を晒しても、主の集まりから決して離れない事を、主は望んでおられるのだ。

ペテロはこの後、再びイエスの名のために大勢の前で尋問される時が来るが、その時彼は大胆にイエスを告白し、それを聞いた権力者達は何も答える事ができなかった。(使徒4:5-14)
この力の源は聖霊に満たされていたからであり(使徒4:8)、聖霊に満たされるコツは、主の集まりから離れない事。
無学な普通の人である事は何の問題も無く、大切なのは、イエスと一緒にいる者である、という事だ。(使徒4:13)

困難な時代において守られる者とは、イエスの名を否まない者であるが、イエスの名を否まない事は人間の力では出来ない。
しかし聖霊に満たされるなら、このお方を否まないどころか、大胆にイエスを伝える事が出来る。
聖霊に満たされる者とは、イエス様の名の元から離れない者である。

イエスニム イルムロ チュッポク パドゥル チヨダ!
(イエスの名によって祝福されよ!)

横浜天声キリスト教会 copyright 2011

礼拝説教メッセージ音声:偽りの法廷において(マルコ14:53-65):韓国語通訳あり(右クリックで保存)

イエスは捕らえられ、最高法院において沢山の偽りの証言が成されるが、いずれも意見が一致しない状況であった。
私達も、偽りの訴えには答える必要は無く、訴えの偽り自身がその訴えた者を滅ぼすからである。
主に委ねている限り、真理に立つ者が最も強いのである。
その場もイエス様が弁明すれば簡単にその場から出る事ができたと思われるが、あえて、わざと有罪になるように行動した。
大祭司の「あなたはキリストか」という質問に「私がそれだ」と応え、さらに明確にメシヤである事を証しした。
大祭司は衣服を裂き、冒涜を聞いて激した事を表現し、死罪の判決を下した。

この者達はイエスのメシヤ表明を、にせメシヤによる冒涜という論法へと持って行き、そして死に定めた。
古今東西、イエスを認めない者は同じ手法でイエスを認めず抹殺し、クリスチャンをも偽り者として抹殺することさえある。

イエスがこの場で取った行動は人の目には愚かに見える。
十字架は滅んでいく者には愚かさそのものだが、救われる者達、信じる者にとっては神の力である。(1コリント1:18)
主の御心はその時には愚かで危なっかしく、弱々しく見えるかもしれないが、人が自分のさとりによらず主に委ねきる時、神の大いなる力が働く機会を得るのである。
自分の全てを手放し御心に委ねる事が十字架であり、十字架の向こうに復活と新しい獲得があるのである。

祈り
私達は主のように法廷に引き出されて主イエスを告白する機会が訪れるのか、分からない。しかしそのような時にも守られますように。
恐れてイエスを3度否んだペテロさえ権威ある者達に大胆に語る者へと創り変えられたように、私達も御霊に覆われてこの時代を生き抜く事ができますように。

横浜天声キリスト教会 copyright 2010

礼拝説教メッセージ音声:剣を取るか、御心を取るか(マルコ14:43-52):韓国語通訳あり(右クリックで保存)

イエス様が捕縛される場面では、大勢の群集によって力ずくで捕らえられたというより、イエス様が主導権を取って自ら捕らえられに行ったようである。
イエス様は大勢の武器を持った群集に囲まれた時、「わたしはある」と言い、群集は言葉の権威に圧倒され倒れ(ヨハネ19:6)、イエス様は「私を求めているならこの人々は行かせてやりなさい」と指図までした。(8節)
大勢に力ずくでねじ伏せられ捕らえられたのではなく、御父が与えて下さった杯を真正面から受けるために、自らの主導で捕らえれて行ったのである。

ペテロは威勢良く剣で打ちかかり、大祭司の僕マルホスの右の耳を切り落とした。
人の望みは、力づくで打ち負かす事である。彼らは暴徒達を力で打ち負かす事を望んで打ちかかったのであろうが、主の御心は逆で、なんと、弟子が切り落とした耳を癒すのである。
12軍団以上の御使いに命じて自分を守らせる事のできる主は、あえて抵抗せず、弟子達が一人も捕われないようにし、見事に自分だけが捕らえられて行くのである。
弟子達は最初は威勢が良かったが、イエス様が自主的に、あまりにあっさり捕らえられてしまうと、一人残らず逃げてしまい、ある青年は裸にされてでも逃げた。

インターネット上でAとBのクリスチャンがおり、二人とも言葉で攻撃されるのを私は見た。
Aは膨大な言葉や御言葉の剣で打ち、呪いで返したが、Bの場合は赦し、愛し、攻撃した者を祝福した。
事の行方はまだ決していないが、どちらに主の御心があり、神様の分があるのか、一目瞭然である。

確かにクリスチャンには御使いが陣を張ってあらゆる敵から守られるが、私達が取るべき道は必ず守られる安泰な道ではなく、イエス様の道、すなわち「父の御心を選ぶ」道である。
その道は一時、悲しみや裏切り、敗北の道に見えるが、主は後に偉大な栄光を受けたように、勝ち得て余りあるのである。
人間には先の事は分からず、一時的に敗北や悲しみを通らされるかもしれないが、最終的に大いなる栄光、大勝利、永遠の命を勝ち取るのである。
主の御心を選び、大いなる勝利の道を選ぶみなさんでありますように、イエスの名で祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2010

礼拝説教メッセージ音声:悲しみをくぐり抜けて示された愛(マルコ14:32-42):韓国語通訳あり(右クリックで保存)

ゲツセマネは油絞りという意味があり、イエスは文字通り圧搾され、涙と血の滴りのような汗を絞られた。

彼は十字架と死を恐れて祈っていたのではなく、死ぬほど悲しみながら(マルコ14:34)である。
彼は世は始まる以前から御父と片時も離れる事無く、愛の内に親しく交わっておられたが、その御父から、十字架上で完全に見捨てられるのである。(マルコ15:34)
だから死ぬほど「悲しく」、3回も祈ったのだ。
死ぬほどの苦しみの時、最も近くに居て欲しい時に、完全に断絶されるのだ。私達にそのような絶望的な痛みと断絶が提示されるとしたら、耐えられるであろうか。
本来、私達が罪を犯したため、その罰を受け、断絶され、十字架で磔にされるべきなのであるが、しかし、彼が私達の身代わりとなって下さった。

神様は全能だから、イエス様にこんな苦しい悲しい目に遭わせず人類を救う事ができたであろう。
人は思う。なぜラクな方法を取らず、こんなに回りくどく、究極的に割りに合わない方法を取られたのだろうか。
そのような痛みと苦しみを通して、それほど人を愛しておられる事を、私達に示すためである。

しかし人は御心を知らず、弟子達は3回も眠ってしまった。
イエス様は神様なのに、なぜ女々しく命乞いをしたのだろうか、という議論があるが、もし、肉親が自分を助けるために、命がけで身を挺して傷を負ったとしたら、私達は「親なのだから助けて当然」と思って良いだろうか?
命がけで守ってくれた親に対して「大人だから傷の痛みに涙を流すのはおかしいのではないか?」などと、第3者のように思うだろうか?
神なのだから命がけで痛みを負うのはおかしい、あるいは、神は痛まないし悲しまない、と、人は思う程、神について知らないのだ。
神も痛むし、悲しむ。
女は苦しんで子を産んで、その子を見て満足するように、イエス様は、自分の苦しみの跡を見て満足する。(イザヤ53:11)
母親が子を見るように「私の痛みを通じて産まれてきた愛する子、私の血といのちを分けた、尊い私の子」、そのように、私達を見て満足されるのである。

イエスの愛の広さ、高さ、深さをさらに知る皆さんでありますように、イエス様の名前で祝福します!

横浜天声キリスト教会 copyright 2010

 

礼拝説教メッセージ音声:裏切る者を取り成す大祭司(マルコ14:26-31):韓国語通訳あり

(右クリックで保存)

主は皆が彼を見捨てて出て行く事を予告した。
ペテロはひどく力んで「たとえご一緒に死ななければならないとしてもあなたを見捨てたりはしません」と言ったし他の弟子達も、少なくともその時はそのつもりであっただろうが、彼らはその日の内にイエス様を見捨ててしまった。
この時、サタンが弟子達をふるいにかけ、神の前に聞き届けられた。(ルカ22:31)
人が力を込めて言う言葉は人の弱さの前には役に立たず、死の覚悟もサタンの前には無力である。
ここで分かる事は、サタンは全能者の許しを得なければ何も成しえず、たといそうであっても、イエス様は私達のために信仰が失せないよう取り成して下さる。
また、私達の見えない世界・天においてはこのような駆け引きが行われており、人はそれに支配され逆らう事はできないが、しかし、大祭司なるイエス様が天において取り成しておられる、という事が分かる。
サタンは私達のふがいなさを攻め立てるが、大祭司なる主は取り成し、汚れた服を脱がせ、きよいターバンを被せてくださる。(ゼカリヤ3章)
私達が信仰において立っているのは、私達の力でも、まして意地でもなく、私達のためにとりなし祈っておられるお方のお陰である。
主は、私達の弱さを共に苦しむ事ができないお方ではない。(ヘブル4:14-16、岩波訳)
私達は弱いので苦しむが、大祭司なる主はその時、私達と一緒に苦しんで下さるのだ。
嘆くが、共に嘆いて下さるのだ。
だから、彼は私達の全てを委ね切るる事ができる大祭司なのであり、私達は大胆に恵みの座へと進み出て、時に適った恵みをいただく事ができるのである。

横浜天声キリスト教会 copyright 2010

 

 

礼拝説教メッセージ音声:聖餐(マルコ14:22-26):韓国語通訳あり (右クリックで保存)

主はまずパンを祝福して弟子達に渡され、弟子達はパンを裂いては回した。
パンは裂かれるイエス様の体の記念であり、パンを裂く度に、裂かれるイエス様の体を覚えるものである。(1コリ11:23,24)
杯はイエス様の流される血であり、新しい契約のしるしである。
過ぎ越しの羊の血はそれを囲む人達のために身代わりとなって流されるが、イエスの流される血は、多くの人の罪の為に流される血である。
新しい契約とは、エレミヤ31:31-34に記されており、石の板にではなく胸の中に刻まれる掟であり、その掟と人とはひとつとなる。
文字によって知識を悟るものではなく、主の霊が息吹かれて霊によって悟るものであるため、互いに「主を知れ」と言って教えあう必要は無い。
イエスは律法を破棄するために来られたのではなく律法を成就するために来られた。
人間には守ることの出来なかった古い契約を、イエスキリストを信じる私達の内に、成就して下さった彼が生きて下さる事によって、私達も律法を成就する者とされるのである。

イエスの裂かれた肉、流された血を覚える事は、イエスのうめきや痛みを思い起こす事である。
ただ「救われてよかったね」「ラッキーだね」と言った喜びだけで終わるのでは、片手落ちであり、喜びだけではなく苦しみも共にする事によって、さらに主と深いつながりを得ることができる。
救いは痛みも伴うものであり、私達も時には痛みを伴いつつ、主を告げ知らせる者でありたい。
横浜天声キリスト教会 copyright 2010

礼拝説教メッセージ音声:裏切る自由(マルコ14:17-21):韓国語通訳あり (右クリックで保存)

主が弟子の一人の裏切りを予告した時、弟子達はそれぞれ「まさかこの私では」と言って確認した。
ユダ以外はその時まで裏切りなど心にも無かったはずであったが、自分の弱さも知っていたので、確認したと思われる。
ユダが「この私では」と問うた時、主は「それはあなたの言った事だ」(新共同訳、岩波訳 マタイ26:25)と言って直接回答を避け、ユダ自身に判断を委ねた。

ヨハネ13章においては更に詳しくやり取りが書かれている。
主は最後の晩餐の食事の時、ご自分を引き渡そうとする者がいる叫ばずにはおれないほど霊の激情にとらわれた。
主はパン切れを浸して与える者がそれだ、と言われたが、パン切れを浸すというのは、特別な好意の表現であり(ルツ2:14)、イエスは実際パン切れをユダに渡すのだが、弟子達はまさかユダが裏切ろうとしているとは気付かいほど、主のその好意を示す振る舞いは愛情深く、自然であった。
主の示しによって、主に立ち返るか、そのままサタンに行くかの選択を示したが、ユダはサタンが入る事を許してしまった。

主は人の自由を尊重され、どれほど尊重されるかというと、サタンが入ってしまったユダのしようとしている事を、するようにと促すほどである。
神は人に善悪知識の木といのちの木を選ばせ、いのちを取って欲しかった。
祝福とのろいを選ばせ、祝福を取って欲しかった。
しかし人は善悪知識を選び、のろいを選び、ユダはサタンを選んでしまった結果、主を十字架につける事になってしまった。
主としては立ち返って欲しい、その機会を何度も示したのに立ち返らず裏切ってしまったユダに、主はどれほど悲しまれた事だろう。

全宇宙を管理している全能の神が、あえて手をつけない領域は人間の自由意思であり、それは裏切られ裂かれ刺し貫かれるリスクさえ負うものであった。
それほどまでにして与えられている自由を、肉の働く機会として用いず、主の喜ばれることを選ぶ私達でありたい。
横浜天声キリスト教会 copyright 2010

 

礼拝説教メッセージ音声:過越しの子羊(マルコ14:12-17)국어예배 (右クリックで保存)

過越し祭の子羊を屠る日にイエスは十字架につけられた。
過越し祭はユダヤの中では最も重要な祭りで、その起源は神がユダヤ民族発端の初期、奴隷の国エジプトから脱出させたその大いなる日を記念するために定められた。(出12章)
この祭りにはさらに大きな意味があり、屠られる傷無き子羊はイエスキリストを予め表している。
屠った時に流された血は家の柱に塗られ、滅ぼす者が過ぎこす印となる。
印の外では災いの叫びが起こっている中、屠った肉を家の者達は子羊を食べながら自分達が救われている事をかみ締めた。
イエス様はまことの子羊として来られ、イエスの血は救いの印となり、救われている事を噛み締めつつその肉に与るのである。
またその日は、エジプトから大いなる脱出の日でもあり、キリストが身代わりとなって死なれた私達にとっても罪や死の奴隷からの開放、神の裁きからの開放を意味する。
イスラエル民族は何百年もの間、キリストを表現してきたわけである。

横浜天声キリスト教会 copyright 2010

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

Event!

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest