• カテゴリ 2コリント人への手紙 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 2コリント人への手紙カテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:真実な関係(2コリント2:5-11):右クリックで保存韓国語通訳有

「その人には、多数の者から受けたあの罰で十分です。むしろ、あなたがたは、その人が悲しみに打ちのめされてしまわないように、赦して、力づけるべきです。 そこで、ぜひともその人を愛するようにしてください。」(2コリント2:6-8)

ここに出てくる「その人」とは、おそらく第一コリント5章に登場する、父の妻を妻としている不品行の人の事でしょう。
パウロは、体そこにいなくても、主イエスの御名によってその人を裁き、サタンに引き渡したとさえ言いました。
それはその人の肉が滅ぼされるためですが、それによって、その人の霊が主の日に、救われるためです。(1コリント5:5)
信徒をサタンに引渡したい牧会者など、恐らく一人もいないでしょうが、パウロが敢えてそのような事をしたのは、その人が憎くて、感情任せにではなく、良くなって、救われて欲しいがために、涙と呻きを持って為したのです。(2コリント2:4)

そしてその人は、多くの人から処罰を受けて、十分悲しんで、悔い改めたようです。(6節)
パウロは今度は、その人への思いやりに満ちた事を書いており、もう処罰を十分受けたのだから、その人を赦し、慰め、愛するようにと勧めております。

パウロが先の手紙を、敢えて厳しく書いたのは、コリントの人達が従順であるかどうか、試すためだ、と、9節に書いております。
彼はこの手紙によって、コリントの人達が憤って断絶してしまうか、あるいは、悔い改めて和解するかを「試し」、コリントの聖徒達を失うか、得るか、という「賭け」に出たわけです。
幸いコリントの人達は、あの手紙によって悔い改め、パウロはコリント人達を、霊的に得ました。
悔い改めへと導かれたからこそ、和解が成立し、このような悔い改めと赦しと愛に満ちた手紙を、書くことができたのです。

悔い改め無き和解は、妥協に過ぎません。
兄弟姉妹達が、御言葉に反する方向に行こうとするなら、パウロのように、断絶も辞さないほどの厳しさで臨まなくてはならないのが、本来あるべき姿です。
そして悔い改めたのであれば、赦し、愛で包むべきです。
「わたしたちがそうするのは、サタンにつけ込まれないためです。」(11節)

罪を犯した兄弟姉妹と相対する時、怒りに任せてしまうと、サタンに機会を与えやすいため、気をつけなくてはなりません。
「偽りを捨て、それぞれ隣人に対して真実を語りなさい。わたしたちは、互いに体の一部なのです。怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。悪魔にすきを与えてはなりません。」(エペソ4:25-27)
私たちは互いに真理を語り合い、その関係は、真実であるべきです。

罪を犯しているのであれば、御言葉に基づき指摘して戒めるべきですが、罪を犯しているのではなく、価値観や習慣のちょっとした違いから、怒りへと発展してしまう事があります。
例えば、Aという兄弟が習慣的・無意識にしている事は罪ではないのだけれど、Bという兄弟の神経を常に逆なでし続けているようであるなら、Bは我慢し続けるのではなく、その事を正直にAに申し上げるべきです。
いつまでもその事を思い巡らしてサタンに機会を与えたり、罪を犯していまう前に、真実を言って、お互いの間をすっきりさせるべきです。
「日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。悪魔にすきを与えてはなりません。」(エペソ4:27)
もし悔い改めたのであれば、たとえ同じ過ちを犯したとしても、七度を七十倍するまで赦しなさい、と、イエス様はおっしゃいました。(マタイ18:21-35)
なぜなら、私たち全てが、莫大な借金を免除してもらっているからです。

どうか、主イエス様にあって、赦され、そして聖なるものとされた者たちらしく歩む皆さんでありますように。
互いに、御言葉によって教え合い、ある時は責め、戒め、有益な事を勧め合う兄弟姉妹達でありますように。
イエス様の御名前によって祝福いたします。
アーメン。

礼拝説教メッセージ音声:人から離れキリストへ(2コリント1:23-2:4):右クリックで保存
韓国語通訳有

表立った指導者が、現場に行かないほうが、かえって良い事があります。
人の上に立っている人は、何かと人を指導したり支配しようとしがちですけれど、パウロは、そうではありませんでした。
彼はこの時、なぜコリントに敢えて行かなかったのかというと、コリントの人たちは既に、信仰に基づいてしっかり立っていたからです。
パウロ抜きで信仰にしっかり立っているのであれば、わざわざ行って、余計な支配をするのは、弊害が大きい可能性が大です。
「わたしたちは、あなたがたの信仰を支配するつもりはなく、むしろ、あなたがたの喜びのために協力する者です。」(24節)

しかし信仰に固くたっていない時、パウロは厳しい態度で臨み、信仰を回復しようとしました。
それは、第一コリントの手紙を読めば明らかで、パウロはその人たちを厳しくリードし、良くない信仰や不品行から救い出そうと、それこそ必死です。
それはパウロが「あなたがたの喜びのために協力する者」だからです。

2章はじめで言及されている、パウロが悲しませた人とは、おそらく、第一コリント5章の、不品行の人の事と思われます。
第一コリント5章を読みますと、かなり厳しく、恐ろしいことが書いてあります。

はたして今日の教会で、信徒を主イエスの権能によって裁いたり、サタンに引き渡したりするような牧会者など、いるでしょうか。
しかし、パウロは怒りの感情に任せて、このような事をしたのではありません。
「わたしは、悩みと愁いに満ちた心で、涙ながらに手紙を書きました。」と書いている通り、彼は悩み、涙を流しながら、そうしたのです。
「それは、あなた方を悲しませるためではなく、わたしがあなたがたに対してあふれるほど抱いている愛を知ってもらうためでした。」(2コリント2:4)

つまりパウロがそのような事をした動機は、怒りではなく、愛からです。
信徒をサタンに引き渡したい牧会者など、恐らくいないでしょう。
しかしパウロは愛の故に、「主の日に彼の霊が救われるため」(1コリント5:5)、敢えてしました。
サタンに引き渡された人は当然、色々な苦難や呪いを受けます。
もしかしたら後悔して、もうそんな苦しみは嫌だ、不品行などしないでイエス様にたちかえっていた方がよかった、という思いが湧き起こり、主に立ち返ることに、パウロは賭けたからです。
私達が人を戒める時は、確かに悲しみが沸き起こりますが、その悲しみを乗り越えた向こうには、喜びが湧き起こります。(2コリント2:3)

私達は肉体に束縛されている人間である以上、今ある聖徒の交わりが、いつまでも続くとは限りません。
いつ誰が交わりから離れるとも分かりませんが、一つ確かな事は、キリストこそ、いつでも一緒におられ、決して離れる事も間違える事も無い、真のリーダーです。
ですから私達は、聖徒達をいつまでも囲ったり支配したりするのではなく、パウロのように、どんどんイエス様に委任して行くべきです。
もちろん、ある程度の成長を遂げるまで、付き添う事は必要ですが、いずれは人間の指導者から離れ、まことの羊飼いなるイエス様へと繋げる事が、ミニストリーの最終目標です。

どうか、信仰の創始者であり完成者であるキリストから目を離さず、ますますキリストに似た者とされ、完成を目指していく皆さんでありますように。
イエス様の御名前によって祝福いたします。
アーメン。

礼拝説教メッセージ音声:聖霊の導きに従う(2コリント1:12-22):右クリックで保存
韓国語通訳有

「このような確信に支えられて、わたしは、あなたがたがもう一度恵みを受けるようにと、まずあなたがたのところへ行く計画を立てました。」(15節)
パウロが当初、コリントに行きたいと書いた動機は、真実な心からでした。
ところが、その通り行かなかったのです。
パウロはアジアで大変な目に遭い、コリントを通らずに撤退せざるを得ませんでした。
それでコリントの人たちの中に、パウロは私たちの所に来ると言っておきながら来なかったではないか、と、つぶやく者達がいたようです。

パウロは最初の手紙の最後に「主がお許しになるのであれば」あなた方の所にしばらく滞在したい、と、書いておりました。(第一コリント16章7節)
私達は色々な計画をたてますが、かならずしも、その通りになるとは限らず、全ては主のご支配にあります。
また私達は不真実であり、御言葉に対して「然り」と同時に「否」と言う事もあります。
しかし、主イエス様は「然り」と同時に「否」と言うような事は、なされないお方です。
「 神の約束はことごとく、この方において「しかり。」となりました。それで私たちは、この方によって「アーメン。」と言い、神に栄光を帰するのです。」(20節)

そして主は、私達に聖霊の油を注いでくださいました。(21節)
コリントの中には、パウロがエルサレム教会で按手を受けてない事を理由に彼の使徒性を疑い、パウロは正統ではないと、言う者もおりました。
しかし、パウロの力強さや、いかなる困難でもなおキリストを伝えている「行いの結果」を見るに、明らかに、キリストから与えられた聖霊による事が分かります。
私達が神様から任職の油を受ける時、それは神様から来るのであって、人間から来るものではありません。
人間的な力でミニストリーをやろうとしても、続かないのです。

聖霊は、私達を助けてくださる助け主であると同時に、私達が御国を受け継ぐ事の保障です。
 「あなたがたもまた、キリストにおいて、真理の言葉、救いをもたらす福音を聞き、そして信じて、約束された聖霊で証印を押されたのです。
この聖霊は、わたしたちが御国を受け継ぐための保証であり、こうして、わたしたちは贖われて神のものとなり、神の栄光をたたえることになるのです。」(エペソ1章)

今、私達に与えられている聖霊は、助け主であり、御国を受け継ぐ事が保障されている事の手付金であり、天の王国の前味わいです。
車のナビゲーションどおりに進めば目的地に着くように、天の王国に入りたいのであれば、主が与えてくださった聖霊の御声に従って歩んで行けば、ラクに着くのです。
しかし聖霊の声を無視し、思い込みや沸き立つ「我」によって、御声を上塗りしてしまうなら、当然のように、変な所へたどり着いてしまいます。

どうか、御言葉と御霊によって歩み、ますます天の王国、天の支配へと近づいて行く皆さんでありますように。
イエス様の御名前によって祝福いたします。
アーメン。

礼拝説教メッセージ音声:死の苦しみの向こう側(2コリント1:8-11):右クリックで保存
韓国語通訳有

「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしと福音とのためにいのちを失う者はそれを救うのです。」(マルコ8:35)

この御言葉は、自分を省みず福音のために滅私奉公せよ、という意味ではありません。
ここで使われている「いのち」はギリシア語でpsyche、サイコロジー(心理学)の語源です。
つまり、自分の心理(思いや意志、感情など)を救おうとせず、イエス様と福音を優先させるなら、むしろ自らを救う、という事です。

たとえば、思いや意志・感情としては、赦したくないような人がいる時でも、イエス様の「赦しなさい」というお言葉の故に、自分の「心理」を降ろして御言葉に従うなら、十字架から復活させた神の力が働き、自分にはどうしても出来なかった「赦し」が、何の苦労も要らず出来てしまうのです。
そうして今までその人を憎んでいた苦しみや時間、束縛から解放され、結果、「心理」を救う事になるのです。

キリストは、神の御姿であられるのに、仕える者の姿を取り、死に至るまで、従順でした。(ピリピ2:6-11)
世界には、”いわゆる”救い主や神は数多くいますが、そのどれよりもイエス様がすごいのは、彼はまず、従順に仕える者の姿を取られ、しかも、死に至るまで御心に従われた事です。
そして彼は、御父はどんな苦しみからも救って下さるお方であり、死からも救って下さるお方だ、というほどの信頼がありました。
イエス様がそのように歩まれたからこそ、私たちも、彼の歩まれた道に習い、仕える者の姿を取り、従順になる事ができるのです。

パウロはアジアで、死ぬ以外は何も考えられないような状況から救われましたが、このように、もはや自分からは何の手出しもできない、まな板の上の鯉のような状況へと置かれる事が、私達にもあります。
それこそ十字架の経験であり、そのような時こそ、実は幸いです。
十字架上のイエス様の死と同一になり、自分で握り締めていた「私」の存在の保証を自分から手放し、救いは、天地を創られた全能なる神から来る、という事を、実体験として知る事ができるからです。

自分が今まで支配していたその領域を、完全に自分から手放して神様に明け渡す時、その領域は神様の支配に移り、自分ではどうしても出来なかった解決がなされ、しかも、自分の小さい頭で考えていた解決よりも、はるかに素晴らしい最善が、その領域でなされるのです。

自分を降ろし、イエス様と福音を優先させる事によって、イエス様をよみがえらせた、あの復活のパワーにあって強められ、いのちに満ち溢れて生かされる皆さんでありますように。
主イエス・キリストの御名によって祝福いたします。
アーメン。

礼拝説教メッセージ音声:苦しむ事の意味(2コリント1:3-7):右クリックで保存
韓国語通訳有

人は苦しみに遭うと、真っ先に何を考えるでしょうか。
なんでこんな苦しい目に遭わなくてはならないのか、自分は何か悪いことをしただろうか、あるいは、自分がこんな苦しみに遭うのは不当だ、と訴えるかもしれません。
しかし、私達が苦しみにあう事には、大きな意味があります。

まずその第一の意味は、神を知る事ができる、という事です。
 「苦しみにあったことは、わたしに良い事です。これによってわたしはあなたのおきてを学ぶことができました。」(詩編119:71)
神を知る事こそ、どんな祝福にまさる祝福です。
なぜなら、あらゆる良き事の源であり、全ての祝福の源は、神だからです。

ヨブは正しく生きていましたが、サタンの唆しを神が許され、ある時、立て続けに災いに遭って、全てを失いました。
ヨブの友人達は、ヨブが何か悪いことをしたからこんな苦しみに遭っているのだ、と、何の疑いもなくヨブを戒めましたが、ヨブはそんなことはないと、あくまで、自分の義を主張し、最後には、自分をこんな目に遭わせるような神が間違っている、神と議論したい、とまで言い出しました。
そしてついに神が現れ、圧倒的な御技をヨブに示し、そうして彼は、神を知るに至りました。

人にとって幸いとは、何でしょうか。
初期のヨブのように、金持ちになって子宝に恵まれる事でしょうか。
ヨブにとって何よりの幸いは、災いを通して、全ての祝福の源なる神を知った事でした。

苦しみに遭う事のもう一つの意味は、同じ苦しみの内にある人々を思いやることが出来るようになり、その人達を慰める事が出来るようになる事です。
「わたしたちが悩み苦しむとき、それはあなたがたの慰めと救いになります。また、わたしたちが慰められるとき、それはあなたがたの慰めになり、あなたがたがわたしたちの苦しみと同じ苦しみに耐えることができるのです。」(第二コリント1章から16節)

最も意味のある苦しみを受けられたお方が、イエス様です。
イエス様は天上でふんぞり返って、人間を見下ろして支配するような神ではなく、天から降りて来られ、人として同じく共に生活し、人として苦しみを受け、人として罪を処罰され、人として死に、そして、蘇ってくださった神です。
だから私達は文句なしに、このお方こそ主であり、このお方こそ私達の救い主であると告白する以外に、無いのです。

イエス様は人として誘惑に遭われ、神としての力は使わず、あくまで「人の子」として、御言葉をもって誘惑に打ち勝ち、私達に勝利の道を示してくださいました。
私達の大祭司イエス様は、私達の弱さに同情できないお方ではありません。(へブル4:15-5:2)
全ての点において、彼は私達と同じ人間となられ、肉体を持たれ、試みを受けられ、弱さを体験されたからこそ、私達に心底同情し、執り成す事が出来る事が出来るのです。

神は、どのような苦しみの中からも、私達を慰める事ができるお方です。
もし皆さんの内に苦しみがあるのであれば、それを通して神を知る事が出来ます。
そして神は、どのような苦しみの中にある皆さんをも、慰め、助け出すことが出来るお方です。
ぜひこのお方により頼み、苦しみを乗り超えてさらに神を知り、より深みのある人へと成長する皆さんでありますように。
イエス様の御名前によって祝福いたします。
アーメン。

礼拝説教メッセージ音声:第二コリントの手紙の発端(2コリント1:1-2):右クリックで保存
韓国語通訳有

コリントの人達には分裂や不品行など戒めるべき点が多くあったため、第一コリントの手紙の内容は、かなり厳しい内容となってしまいました。
そのような事を書く事は、パウロにとって辛い事だったに違いありません。
彼自身、あの手紙を送った事によって、コリントの聖徒達がどうなったのか、非常に気がかりでした。
その第一の手紙を書いた後、エフェソでただならぬ騒動があって、そこを出て行かざるを得なくなり(使徒19章)、傷心のパウロは、コリントの兄弟姉妹の状況をテトスから聞こうと、トロアスで彼を待っておりました。(2コリント2:12-13)

しかしテトスは中々来なかったため、パウロはついに我慢ができなくなってマケドニアへ向かった所、彼はそこでテトスと会うことができ、しかも、彼から嬉しい知らせを受け取りました。(2コリント7:5-9)
パウロが慰められたのは、彼の厳しい手紙のために彼を嫌って離れるのではなく、むしろ悲しんで自らを悔い改めたからです。
コリントの人達がパウロの愛を汲み取り、ますますパウロを慕うようになったのは、パウロにとって、とても嬉しいことでした。(7章7節)

このように、悔い改めに導かれ、良くなって行く人はいたのですが、相変わらず、パウロを使徒と認めず批判ばかりしている人もいました。
第二コリントの随所に、その反対者に対する反論が見受けられ、また手紙の終わりのほうには、そのような反対者達に対して、パウロは再びコリントに行く準備ができており、その際には面と向かって厳しい事を言わない事を望む、と書いております。(12:20-13:2、13:10)

第二コリントの手紙の特徴は、ロマ書や第一コリントのように、教理的・学問的ではなく、直情的・個人的で、特に「働き人」としてパウロが受ける様々な困難や苦しみを、そして、同時に主からいただく大きな助けと慰めについても、書き綴っております。

コリント人の中には、パウロの使徒性を疑う者や、彼の性格が気に食わないといった、御言葉とは関係無い中傷をする者がありました。
それに対し、彼は第二コリントの最初の書き出しを「神の御心によって、キリスト・イエスの使徒とされたパウロ」としております。
彼は好きで使徒となったのではなく、むしろ強引に、暴力的にキリストから召し出され、使徒にさせられたのです。(使徒9章)

主が召した働き人を、あらぬ事で誹謗中傷する人々は何時でもおりますし、また、そのように誹謗中傷されてしまう働き人も、いつでもおります。
神に召し出された奉仕者に、諸々の困難や迫害は、確かにつきものです。
しかし、それでも奉仕をやめられないのは、それを上回る恵みと憐れみが注がれるからであり、その命の実りは永遠に残る栄誉であり、それを得る事ができるからこそ、働きを止められないのです。

召し出された働き人には、確かに艱難はあります。
しかし、勇敢であってください。
皆さんの内におられるお方は、いかなる艱難をも慰めの出来ることのお方であり、そしてこのお方は、世に勝ったからです。
どうか、このお方、すなわち、私たちの主イエスキリストにあって、強められ、働き人として多くの実を結ぶ皆さんでありますように。
イエス様の御名前によって祝福いたします。
アーメン。

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest