• カテゴリ ローマ人への手紙 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - ローマ人への手紙カテゴリのエントリ

礼拝説教メッセージ音声:罪が増した所に恵みが溢れた(ローマ5:12-21):右クリックで保存
韓国語通訳有

一人の人アダムを通して罪が人類全体に入って来たように、その罪過を覆う恵みの贈り物も、一人の人を通して人類に入って来た。

私たち人類に罪がある事は、律法によって知る事が出来る。
律法に「偽りの証言をしてはならない」と書いてあるから、私達が嘘をついてしまう時に、私たちに罪すなわち違反があると、知る事が出来る。
旧約聖書や律法は、耳に痛いから嫌いだと言って、目を向けない者がいるが、御言葉は好き嫌いで判断するべきではない。
なぜなら律法なしには恵みは在り得ないからだ。

「律法が入り込んで来たのは、罪が増し加わるためでありました。しかし、罪が増したところには、恵みはなおいっそう満ちあふれました。
こうして、罪が死によって支配していたように、恵みも義によって支配しつつ、わたしたちの主イエス・キリストを通して永遠の命に導くのです。」(ローマ5:20,21)

嘘も方便とか、良い嘘もある等、御言葉に人間の教えを混ぜてはならず、たとえ人の命を救うためにつく嘘であろうと、嘘は違反として認めるべきである。
もし人の命を救うために嘘をついたのであれば、自分は人の命を救うために嘘という違反を犯した事を主イエス様に告白し、赦しを請うべきである。
罪は主に告白すれば赦して下さるが、御言葉をねじ曲げるなら、罪の赦しという法則を自ら絶ってしまう事になり、恵みを頂く余地も無くなってしまう。

福音の示す所は、人間には罪がある、だから神は怒りを下し罰を与える、ではない。
人間には罪がある、だから罪は覆われ赦される必要がある、そののために神は大切な一人子を罪の身代わりとされ、私たちはこのお方・イエス様を信じる事によって救われる、、、というのが、福音である。
 

礼拝説教メッセージ音声:命がけで愛された(ローマ5:6-11):右クリックで保存
韓国語通訳有

恋人や友、子のために命を捨てる、というストーリーの映画や小説はよくあるが、その命を捨てる相手が、平気で裏切ったり嘘をついたりする卑怯者であるというストーリーは、ほぼ皆無である。
人間の想定できる愛の枠組みからあまりに離れているし、人間の美意識という枠組みからも外れているからだ。
「しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。」(ローマ5:8)
神の愛は人の思いを越えて遥かに高く、理解不能なほど懐が深い。

主は私達のために命を捨ててくださった故に私達は愛を知り、兄弟姉妹を愛する手本が私たちに示された。
私達はたとい自分の心が責めても、兄弟姉妹を行いと真実を持って愛すべきである。(1ヨハネ3:16-24)
例えば、兄弟姉妹がお金に困っていて、自分にお金があるけれども、それを施したら財布が空になってしまう、というような時、施さないままでいるなら心は責められるが、施せば責められない。

はたして主は、私たちが施して空になってしまった財布を、そのままにしておかれるお方だろうか?そうではない。
「そして願うならば何でも彼から受けることになる。なぜなら私たちは彼の誡めを守っており、その面前で意にかなうことを行なっているからである。」(1ヨハネ3章22節)
神の御心を行っているのであれば、神は必ず必要を備え願っている事を受ける事ができる。

神は、愛する御子イエス様が命を懸けて救ってくれた私達の事を、どうしてすげなくできるだろうか。
また、尊い御子イエス様が命懸けで私たちを救ってくれたというのに、どうして私たちは、自らを軽んじたり、傷つけたり、自殺したりして良いだろうか。
たとい自分がどんなに薄汚く、みじめで、絶望的に見えようとも、主が命がけて救ってくださったからには、私たちは主の命の値がつけられた者に相応しく、誇り高く生きるのがスジである。

礼拝説教メッセージ音声:患難が希望を生む(ローマ5:1-5):右クリックで保存
韓国語通訳有

私達は信仰によって義とされ、主イエスキリストを通して神との間には平和がある。
キリストは、隔ての壁すなわち敵意を破壊して下さり、ご自身において私達を新しい人に創り上げ、十字架を通して神と和解させて下さった。(エペソ2:14-18)

私達はキリストにおいて神と和解させられたのみならず、神の子とされた。
子であるからには、全ての良き相続を相続する権利があり、その良き相続を得るにふさわしく整えるため、神自ら、私達に最善の教育を受けさせて下さる。
その最善の教育とは、私達が昨日・今日と経験してきた、日常生活である。

主が私達を教育するために患難を与えられる事もあるが、それは本来、喜ぶべき事である。
患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すからだ。(4節)

日本の教育では90年代以降、いわゆる体罰に対して神経質になり、本来罰すべき時の罰さえ差し控えられる事が多いが、聖書の教える所では、子を懲らす事を控えてはならず、「むちを控える者はその子を憎む者である。子を愛する者はつとめてこれを懲らしめる」(箴言13:24)とさえ書いてある。
聖書は教育においても真理であるが故、いかに日本の教育が懲らしめを控える現状になろうと、主が私達を教育する時は、懲らしめを控えるという事は無い。

主は愛する者を鍛え、子として受け入れる者を皆、鞭打たれる。(ヘブル12:6-11)
私達はこれを鍛錬として忍耐しなければならない。
なぜなら神は、私達を子として取り扱っておられるから。
もし主からのむちを控えられ、悪い事をしても罰が来ないのであれば、それは私生子であって、本当の子ではない。
主は、御自分の神聖にあずからせる目的でわたしたちを鍛えられる。
それは当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのだ。

「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。」(ローマ5:3,4岩波訳)

その時その時に主からいただいく教育をしっかり修了し、朽ちる事の無い希望を得て行く皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声:笑わせて下さる主(ローマ4:16-25):右クリックで保存
韓国語通訳有

もし、70歳以上の老夫婦に子供が生まれると言うなら、それを信じられる信じられない以前に、笑いが出てくるのではないだろうか。
それはアブラハムもサラも同じだった。

アブラハムは99歳の時、性的に死んだも同然だと認めていたのに、神様から、あなたの子孫をおびただしく増やし、サラから産まれる子孫はおびただしくなる、という約束が与えられた。
彼はそれを聞いた当初、笑ったのだが、神様は、その信じ難い約束を信じられるようにすためにフォローして下さり、彼は最終的に信じるに至った。
彼は信じたからこそ、その日の内に、自分自身だけでなく家の僕や奴隷に至るまで全ての男子に割礼を受けさせた。
男性にとって、包皮の肉を切り取るという行為にはよほどの覚悟が要る。
しかしアブラハムがその日の内に為したのは、与えられた約束への強い確信があったからに他ならない。
そして事実、神は約束を果たして下さり、彼は100歳にして念願の子を得るに至った。

信仰によって救われた私達も、アブラハムの子孫である。
アブラハムやサラのように、たとい老いたとしても、何の喜びがあろうかと思えたとしてもても、情けなくて笑うしかないような状況であったとしても、
主はそんな私達の弱った信仰をフォローして下さり、回復させて下さり、からし種ほどの信仰さえ私達が持ち続けるなら、主は約束を成就させて下さる。

礼拝説教メッセージ音声:割礼の徴(ローマ4:1-8):右クリックで保存
韓国語通訳有

罪が覆い隠され、主がその罪を認めない人の幸いは、何処から来るのだろうか。
それは、割礼によってではなく、無割礼だった時の信仰によってである。
アブラハムは無割礼だった時、彼の信仰が義とされた証印として、割礼の徴を受けた。
「それは彼が、無割礼のままで信じた全ての者達の父となるためであり、彼らにもまた、その義が認められるためである。」(11節)

そもそも、割礼はなぜ男性器という部位に為されるのだろう。

アブラハムに割礼の徴が与えられたのは99歳の時、人のいのちの力としての望みが、費えた時だった。
主は、人の望みが尽きた時に「わたしは全能の神である」と言われ、もはやいのちを生み出す望みの無くなった時に「あなたをおびただしくふやそう」と仰せられた。
さらにダメ押し的に、いのちを生み出す器官たる男性器の肉を切り取るという割礼を命じられ、しかもそれはアブラハムだけでなく彼のまだ見ぬ子孫達にもそうするようにとの事だった。
実際、アブラハムにはその次の年に子が産まれた。
そしてその子孫達すなわち割礼のある者達は、神は全能であり、いのちも救いも力も祝福も、神から来る、という事を、そのしるしを見るたびに思い起こす事だろう。

外見上のからだの割礼が割礼なのではなく、御霊による心の割礼こそ割礼である。(ローマ2:28,29)
いのちも、救いも、力も、祝福も、全能なる神から来ると信じる私達こそ、アブラハムの子孫である。

礼拝説教メッセージ音声:信仰義認(ローマ4:1-8):右クリックで保存
韓国語通訳有

アブラハムはメソポタミヤで生まれ育ち、父テラは偶像を作って売る者で、彼の生まれも育ちも、それまでの行いも、神に認められる要素は何一つ無かった。
彼が義とされたのは何故だろう。

アブラハムは神の「父の家を出て私に従いなさい」と言う言葉に従って住み慣れた生まれ故郷を離れ、妻は不妊の女だったにもかかわらず「わたしはあなたを大いなる国民とする」という言葉を信じた。
彼が義とされたのは、彼の業や行いが正しかったからではなく、彼が信じたからである。
「不信心〔で神なき〕者を義とする方を信じる者にとっては、業を為すことのないままで、その人のその信仰が義とみなされるのである。」(ローマ4:5 岩波訳)

ダビデは、神によってそむきの罪が赦され、罪を覆われ、主が咎をお認めにならない人が、いかに幸いかを、詩篇32編で綴っている。
その幸いを享受するためには、主の御前に自分の全てを隠さず告白しなくてはならない。

告白する前、黙っている時は一日中うめき、骨骨が疲れ果て、御手が昼も夜も重くのしかかる。(詩篇32:3,4)
しかし御前に隠し立てせず告白するなら、主はとがめを赦して下さり、いかにサタンが濁流のように訴えようとも、それは届かず、その者の苦しみを取り除き、救いの歓声で取り囲んでくらさるのだ。(6,7節)

「自分に罪がないと言うなら、自らを欺いており、真理はわたしたちの内にありません。
自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。
罪を犯したことがないと言うなら、それは神を偽り者とすることであり、神の言葉はわたしたちの内にありません。」(1ヨハネ1:7-9)

礼拝説教メッセージ音声:信仰による義の実現(ローマ3:21-31):右クリックで保存
韓国語通訳有

律法の条項が100あるとして、100全部守ったら義とされるのだろうか?
答えは、否である。(ローマ3:20)
律法は人に罪の認識を生じさせ、人には違反がある、という事を示すために、付け加えられたものである。(ガラテヤ3:19)
付け加えられたもの、と言うからには、別の本質がある。
それはすなわちイエスキリストで、律法は単に、キリストへと導くための養育係に過ぎない。(ガラテヤ3:23-26)

神は聖であり義なるお方である故、人を罪あるまま受け入れる訳にはいかない。
しかし同時に憐れみに満ちたお方でもある故、人の罪を除いて、義とする方法を示された。
それがすなわち、イエスキリストを信じる信仰による義であり、それは何人たりとも無償で提供されるため、誰も、自分の何かを誇る事は出来ない。

では、信仰によって律法は破壊されてしまうのだろうか?そんな事は無い。
律法の一点一画が滅びるよりは、この天地が滅びるほうが易しい、と主は言われたし、律法の最も小さな事を破るように勧める者は、天においては小さい者だとも言われた。
むしろ、信仰によって、律法を成就するのである。
「わたしが来たのは律法や預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。廃棄するためにではなく、成就するために来たのです。」(マタイ5:17)
主イエスは私達のために身代わりとなって罪を背負い、代わりに罰され、代わりに全ての代金を払ってくださったばかりでなく、私達の代わりに律法を成就して下さったのだ。
エデンの園で善悪の実を食べない限りは園のどんな実をも食べて良かったように、私たちがイエスから独立して自ら善悪判断をしない限りは、あらゆる良き祝福を享受できるのである。

イエス様に全面的に信頼して、あらゆる良き物を得る皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します!

礼拝説教メッセージ音声:徹底的な他力本願(ローマ3:9-22):右クリックで保存
韓国語通訳有

ユダヤ人は、律法が委ねられているという点で他の民族より優れているが、しかし神の視点から見れば全ての人に罪があり、ユダヤ人だからと言って優れている点は何も無い。
義人はいない。一人としていない。
神を熱心に求める者は、いない。
故に人は、一方的な恵みによる赦しが必要なのだ。

福音とは徹底的な「他力」本願であり、その「他力」の源は、イエスキリストから来る。
神の義はイエス・キリストの信仰に拠り、それは信じる者全てに与えられ、そこには何の差別も無い。(22節)
口語・新改訳は、22節を「イエス・キリストを信じる信仰」と意訳しているが、原文も英訳もここは「イエス・キリストの信仰」である。

神が義とするのは、イエス・キリストの信仰であって、人間の側の信仰ではない。
だからこそ、どんなに弱い人でも、貧しい人でも、知恵の無い人でも、信じる全ての者に救いの希望はあるのだ。

ヨシュアとカレブが約束の地に入れたのは、優れた戦闘能力があったからでも知恵があったからでもなく、単に、信じたからである。
彼ら以外の者達は、立ちはだかる障害に対して「自分」を比較したが、二人は「自分達の内にいます万軍の主」とを比較したから、勝てると確信したのである。
モーセも民の執り成しをする時、「民に」少しはいい所があるでしょう、「民が」かわいそう、等、人間の側の何かを押し出す事は全く無く、ただ「あなた」の栄誉のため、「あなた」の約束の故に、民を救って下さい、と神に執り成している。(民数記14:13-19)

結局救いは自分の何かではない。
救いは、100%イエス(神は救い)というお方に拠るのである。

「事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。
行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。」(エペソ2:8,9)

礼拝説教メッセージ音声:最悪を最善に(ローマ3:1-8):右クリックで保存
韓国語通訳有

神はユダヤ人に、神の約束と言葉を委ねられた。
ユダヤ人が選ばれたのは、この民が他の民に勝って力があったからでもなく、正しかったからでもない。
むしろ「あなたがたはかたくなな民である。」とさえ言われている。(申命記9:4-6)
神がユダヤ人を選ばれたのは、ただ、神の一方的な選びのゆえである。

たとい、すべての人を偽り者としても、神は真実な方とすべきである。(4節)
人類歴史は罪にまみれ、御言葉を委ねられたユダヤ人も不実であった。
しかしその結果、神の真実さが明らかにされた。

それでは、人の罪の故に神の義が明らかにされたのだとしたら、それに対して怒りを降す神は、不義なのだろうか?
人間は罪を犯す事によって神の義を現し、神の都合のいい道具として利用され、捨てられてしまうのだろうか?
決してそうではない。
神は、罪を犯した人類を捨てるのではなく、むしろ、赦すために、大切なひとり子を人類の身代わりとして私達に遣わして下さったのだ。
それによって私達はますます、神が良き方であり、憐れみ深く愛なるお方であり、そして尊い御子の犠牲によって義を全うされた事を知った。

神は元々、人が悪をしようが何をしようが関係ない、最善なるお方である。
人は神が差し伸べて下さった救いの手に向かって、罪による反抗しかしてこなかった。
神の良きわざに対して人がした事といえば悪でしか無かったが、神は、人間の為した最悪、すなわち御子を十字架につける事さえも、最善として変えて下さった。

神こそ、人の悪を変えて最善へとして下さるお方であり、私達はこのお方に拠り頼む以外に最善な道は無い。

礼拝説教メッセージ音声:真の割礼(ローマ2:25-29):右クリックで保存
韓国語通訳有

ユダヤ人は律法を持っている事を誇り、割礼を誇っていたが、知らなければならない程の事も知らなかった。
イエス様が「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」と言われた時、ユダヤ人は、自分達はアブラハムの子孫で誰かの奴隷になった事は無い、と答えた。
しかし、罪を犯す者は誰でも罪の奴隷であり、御子が自由にして下さるなら本当に自由になれるのだ。(ヨハネ8:32)

人は誰しもアダムの子孫であるが故に罪の奴隷で、その奴隷状態から人を解放して下さるのは、イエス様以外にはいない。
イエス様は私達に真の割礼、すなわち、十字架の死と復活によって、私達の生まれつきのどうしようもない罪を脱がせて下さっり、新しいいのちを着させて下さった。
「このキリストにおいてあなたがたはキリストの割礼により、手によらない割礼でもって割礼されて、肉の体を脱ぎ捨て、洗礼においてキリストと共に埋葬され、洗礼においてまた、死人たちの中からキリストを起こした神の力への信仰を通して〔キリストと〕共に起こされた。」(コロサイ2:11,12)

そして私達に不利な債務証書を十字架に釘付け、除去して下さり、私達を束縛していた支配と権勢の服を剥ぎ取り、キリストにおいてこれらを凱旋行進に従え、公然とさらし者にして下さった。(コロサイ2:14,15)

キリストにあって限りない自由の中を歩む皆さんでありますように。イエス様の名前によって祝福します!

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
メッセージ音声
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2020/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest