• カテゴリ 2コリント人への手紙 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - キリストの僕の誇り(2コリント11:22-33)

キリストの僕の誇り(2コリント11:22-33)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 講解説教(新約) » 2コリント人への手紙
執筆 : 
pastor 2012-3-3 18:26

礼拝説教メッセージ音声:キリストの僕の誇り(2コリント11:22-33):右クリックで保存
韓国語通訳有

パウロは、生まれも学歴も、実績からしても、人間的に誇れる所は多くあったはずです。
しかし彼が誇ったのは、彼自身がキリストの名の故に受けてきた、労苦と困難でした。

パウロは22節で、ユダヤ人である事やアブラハムの子孫である事は彼らと同様であると語っていますが、自分が「キリストのしもべであるかどうか」という事に関しては、狂ったように、彼ら以上にそうであると、絶対に譲れないかのような勢いで強調しております。(23節)

私達はミニストリーをする時、何を誇りにしたいでしょうか。
有名神学校を出る事を誇りにしたいでしょうか。
社会活動の実績を積んで、有名な慈善活動家になる事を誇りたいでしょうか。
あらゆる知識や奥義に通じ、預言や奇跡を成す事を誇りたいでしょうか。
パウロはそういった事は一切話題に出さず、自分は「キリストのしもべである」事を、狂ったように誇ったのです。

23節から27節までを読むと、パウロはキリストの故に、本当に多くの苦難を経てきた事が分かります。
四十に一つ足りない鞭を受けたことが五度あり、難船したことが三度、一昼夜海上に漂った事もあるなど、使徒行伝に記録されたパウロの苦難は、ほんの一部だったようです。
なぜパウロは、鞭打たれた事とか難船した事などを誇る材料としたのでしょうか。
人を承服させるためには、むしろ、生まれや学歴、為してきた実績を根拠に出す方が、説得力があるように見えます。

では質問ですが、主に仕えるビジョンがあって、人に誇れる程の有名神学校を出たとしても、一体、どこまで、そのビジョンを捨てないでいる事ができるでしょうか。
鞭打たれても、石打にされても、難船しても、捨てないでいれるでしょうか。
四十に一つ足りない鞭打ちとは、死刑に等しい重い刑罰で、ショック死する人も出た程です。
幾度もの死刑に等しい苦しみを前にして、捨てずにいる事は出来るでしょうか。

しかしパウロは、キリストの愛の広さ高さ深さを深く味わってしまい、永遠の救いと滅びの道を前にして、この救いを伝えない事は災いであるとして、そのような困難を前にしても、伝えずにはいれなかったのです。
そしてパウロが経験して来たのは、それら外的な苦難ばかりではありません。

 「このほかにもまだあるが、その上に、日々わたしに迫るやっかい事、あらゆる教会についての心配事があります。」(28節)
誰かが躓いて、福音から離れてしまったり、あるいは福音を伝えきれないまま死んで行ってしまった人達を思って、どれほど悩み、苦しみ、涙を流して来たでしょうか。
このような心労が重なってダウンしてしまう牧師も多くおります。

一体私達は、血を流すまでに罪に抵抗した事はあるでしょうか。
どんなに些細な事で怒ったり、どんなケチな自尊心を鼓舞するために誇って見せたり、キリストに習うと言いつつ、どれほど聖徒達の事を気遣って来れたでしょうか。
パウロを思うと、全く私達の方が恥じ入るばかりです。

結局の所、私達には何一つ誇れるものは、存在しません。
「誇る必要があるなら、わたしの弱さにかかわる事柄を誇りましょう。」(30節)
皆さんは、弱いでしょうか。
どうか、弱さの内に働いて下さるキリストを誇りとしてください。
また、自分で何かやろうとしているのであれば、それは投げ捨てるべきです。
キリストに委ねる以外に道が無い時、私達は幸いです。なぜならキリストご自身が弱い私達を通して働き、御業をなして下さるからです。

キリストに全てを委ね、キリストの力を大いに体現する皆さんでありますように。
イエス様の御名前によって祝福します。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest