メッセージ - 許された範囲で(2コリント10:9-18)

許された範囲で(2コリント10:9-18)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 講解説教(新約) » 2コリント人への手紙
執筆 : 
pastor 2012-2-27 21:19

礼拝説教メッセージ音声:許された範囲で(2コリント10:9-18):右クリックで保存
韓国語通訳有

サマリヤ人が福音を受け入れなかった時、ヤコブとヨハネは「主よ。私たちが天から火を呼び下して、彼らを焼き滅ぼしましょうか。」と言いましたが、イエス様は戒められました。
私達は、与えられている権威を、自分の感情にまかせて乱用すべきではなく、主に許された範囲で行使すべきです。
パウロは、コリントの人を戒めた時、威嚇的な態度を取る事はしませんでした。
結果、ある人達はパウロのことを、「手紙は重々しく力強いが、実際に会ってみると弱々しい人で、話もつまらない」(10節)と言うようになってしまいました。
パウロは、人を威圧するような外見ではなかったし、話し方も雄弁で力強いものではなかったようです。

私たちが権威を帯びるようになるには、人間的な強さを鍛えるのではなく、御言葉に従順する事によります。
御言葉に服従し、信仰を混ぜ込んで唇から語られた言葉は、大きな力があります。
私たちの戦いは肉のものではないのです。

パウロの反対者達は、人間的な標準でパウロたちを揶揄しましたが、パウロは、そうした評価や比較の応酬をするような土俵に上がる事はしない、と言っています。
それは、全く愚かな事です。
「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです。」(12節)
彼らのような者達は、真理という土俵へと引きずり出して、御言葉で戦うべきです。

「わたしたちは、限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇るのです。」
パウロの反対者達は、パウロが働いてアポロが水を注ぎ、神が育ててくださった、コリントという畑を、我が物のようにして食い荒らしたのです。
私達には、神様から与えられている働きの領域があり、そこから出て何かする事は、越権行為です。
委ねられた領域でしっかりと権威に従い、自分由来の肉的な強さを誇る事なく、権威を与えて下さる主を誇るべきです。
「誇るものは主を誇れ。」(17節)

主から委ねられた権威を忠実に実行し、主の仕事を為していく皆さんでありますように。
イエス様の名前によって祝福します!

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest