• カテゴリ 1コリント人への手紙 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 死は勝利にのまれた(1コリント15:50-58)

死は勝利にのまれた(1コリント15:50-58)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 講解説教(新約) » 1コリント人への手紙
執筆 : 
pastor 2012-1-18 22:56

礼拝説教メッセージ音声:死は勝利にのまれた(1コリント15:50-58):右クリックで保存
韓国語通訳有

「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」(54,55節)

今日の箇所は、葬儀の時によく開かれる箇所です。
私たちが身にまとっているこの血肉の体は、朽ちていくものであり、神の国を相続できるものではありません。
朽ちるものは必ず、朽ちないものを着なければなりません。
キリスト者にとっての死は、朽ちてゆく肉体の命が終わり、永遠に朽ちない体が着せられる時まで、眠りにつくものです。
ですからキリスト者にとって、死は忌むべき敗北に終わるものではなく、勝利と復活の希望が持てるものです。

第一の人、アダムから脈々と続く人類の子孫は、呪いの内にあり、罪と死に支配される人生でした。
人は、死から逃れるため、食料を得、病と闘い、時には他人を蹴落としつつ、日々労苦して「死」から逃れる作業をしております。
イエス様はそんな人の有様を救うために、第二のアダムとして来られ、死に勝利する者の先駆けとして、ご自身のからだを人類の罪の身代わりとして死に明け渡し、三日目によみがえり、死に対して勝利されました。
世は、死によって支配されておりますが、しかし、主イエスの愛の命が洪水のように押し寄せて、圧倒的に死を飲み込んでしまい、全てに勝利するのです。

キリストにあって後の世に移された時、もはや死も、涙も、苦労する事も、一切なくなります。
だからこそ今、もしキリストにあって苦労をしているのであれば、それは、永遠に朽ちることの無い栄誉を勝ち取るチャンスであり、またとなく尊い体験をしているわけです。

この人生でさえ、昔を思い起こしてみて、苦労したり涙したりした日々を思いかえすならば、それは良い思い出であり、また、誇りなのではないでしょうか。
なぜなら、そこを通ったからこそ、今の、より成長した、より誇りの持てる自分がいるからです。
ですから今、もしキリストにあって、悲しんだり、悩んだり、貧しかったり、蔑まれたりしているのであれば、幸いです。
永遠に残る栄誉、すなわち、キリストにある苦労の思い出づくりは、今しか出来ないからです。

今、キリストにあって、貧しく、弱く、罵られたり、苦労に満ちているのであれば、それを誇りに思ってください。
今生かされている命を、大切に生き、キリストのため神の国のために大いに働き、永久に朽ちない栄誉を勝ち取る皆さんでありますように。
イエス様の御名前によって祝福します。
アーメン。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest