メッセージ - 物事がはっきりと見えるようになるために(エペソ1:17-23)

物事がはっきりと見えるようになるために(エペソ1:17-23)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 定期祈祷会メッセージ
執筆 : 
pastor 2018-1-26 23:50

金曜徹夜祈祷会 礼拝説教メッセージ
物事がはっきりと見えるようになるために(エペソ1:17-23)
Youtube動画
メッセージ音声

______________
心に黒雲がかかっているような時は無いだろうか。
人と話している時に、話している言葉が理解できなかったり、あさってな事をしてしまって、人に指摘されてしまったり、注意された事が心に残らず、また同じ事をしてしまったり、心にもやがかかっていて現実感が無い。

特に、聖書は霊的書物である。ある人は、読んでみるとものすごく心が引き込まれたり、ある人が読むと、まったくもって理解できなかったり、ある人はとても不愉快になったり。
聖書は剣であり、闇と光を切り分け、信じる人には永遠のいのちへの道だが、信じない人には、裁きに両断される剣となる。
特に、この聖書を読む時、理解できなくて、曲解し、あさってな理解をしてしまう。
かつての使徒パウロがそうだった。パリサイ人として聖書を曲解して理解し、神の御子キリストにある人達を迫害してしまった。目と心に、覆いがかかっていたのである。

2コリント3:12-18、心に黒くもがかかってしまっている場面がある。
 3:12 こうした望みをいだいているので、わたしたちは思いきって大胆に語り、
 3:13 そしてモーセが、消え去っていくものの最後をイスラエルの子らに見られまいとして、顔におおいをかけたようなことはしない。
 3:14 実際、彼らの思いは鈍くなっていた。今日に至るまで、彼らが古い契約を朗読する場合、その同じおおいが取り去られないままで残っている。それは、キリストにあってはじめて取り除かれるのである。
 3:15 今日に至るもなお、モーセの書が朗読されるたびに、おおいが彼らの心にかかっている。

ここの状況は、ユダヤ人が、覆いがかかっていて、状況が理解できない状況である。
何によってそれは取り除かれるのか。それは、キリストによって、と書いてある。キリストが鍵なのである。
16節に、どうすれば心の覆いが取り除かれるかが書いてある。

 3:16 しかし主に向く時には、そのおおいは取り除かれる。

主に向くなら、その覆いが取り除かれる。
だから私達の側が、自由意志を用いて、主に心を向ける、という選択を取って、そう行動する。
そこまでするなら、その覆いは取り除かれるのだ。キリストによって。
さらに書いてある。

 3:17 主は霊である。そして、主の霊のあるところには、自由がある。
 3:18 わたしたちはみな、顔おおいなしに、主の栄光を鏡に映すように見つつ、栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられていく。これは霊なる主の働きによるのである。

つまり、私達の側が、自由意志を用いて、主に心を向ける、という選択を取って、そう行動する時、働くのは御霊である。私達が主に向く時、その覆いを除いてくださるのは、キリストであり、そしてその働きをするのは、御霊である。

覆いが取りのけられる時、主の栄光がクリアになって、主の栄光の光を見ることが出来る。
主に向くなら、主の栄光を反射させ、人々に主の栄光を届ける事ができるのだ。
そのためには、まず私達が主に向く。そして、心の覆いを取り除く事だ。

そういうわけで、私達は、御霊によって心が晴れやかになるための祈りが必要である。
それが、エペソ1章17節からの祈りが有効なのである。
 1:17 どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示との霊をあなたがたに賜わって神を認めさせ(神の認識をもたらす知恵と啓示の御霊)、

黒雲を取り除かれるのは御霊であるが、この、知恵と啓示の御霊が与えラえっるように。
知恵と啓示の御霊が無い状況であるなら、とんちんかんな事をする。覆いに覆われて、自分の中に閉じこもっているから。
ミズを犯してしまう時、自分に黒雲がかかっていないかチェックすべき。その時、17-19節の祈りをする時である。

神様に対する正しい認識ができない人は、あさってな神様像をもって、霊的あさってな事をしてしまう。

 1:18 あなたがたの心の目を明らかにして下さるように、そして、あなたがたが神に召されていだいている望みがどんなものであるか、聖徒たちがつぐべき神の国がいかに栄光に富んだものであるか、
 1:19 また、神の力強い活動によって働く力が、わたしたち信じる者にとっていかに絶大なものであるかを、あなたがたが知るに至るように、と祈っている。

確かに、心の目がはっきり見えるようになったら、ビジネスや人間関係がうまく行くようになる。
しかし最も大事なことは、
「神に召されていだいている望みがどんなものであるか、聖徒たちがつぐべき神の国がいかに栄光に富んだものであるか、また、神の力強い活動によって働く力が、わたしたち信じる者にとっていかに絶大なものであるか」
つまり、神に対する認識がはっきり見えるように、という事をこそ、真っ先に求めるべきである。
そして、神様の認識で、物事を見なさい、という事である。

知恵と啓示の御霊は、なぜ必要か。それが与えられたら、神の認識で人を見、事を判断でき、そうして、人がなぜその事をするのか、どういう弱さ、傷、本質をもって、そうするのかがわかる様になっていくから。

私達の目がはっきり見えるようにならなければ、霊的な事柄が一切できない。だから、働き人には必須の祈りである。
ただ、人の状態がわかる、までは良いかもしれがいが、ではその人をどう導いて行けば良いかわからない、という所が、問題である。
確かに人の心がわかるとか、ビジネスがうまくいくための知恵と啓示の霊を求める事も重要だが、なにより、”キリストの認識”が与えられるように求める事が、より本質である。

マタイ7:3-5
 7:3 なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。
 7:4 自分の目には梁があるのに、どうして兄弟にむかって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。
 7:5 偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。

病や悪霊、過去の傷にとらわれている人、その人達の状況はある程度わかるかもしれない。
ただ、分かったとしても、対処の仕方が分からないとするなら、頭ごなしに叱ったり、根拠のない慰め言葉で塗りつぶしたり、あさってな対応をしてしまう。
まず、自分自身の目の中に、梁がある、それを取り除くなら、兄弟姉妹をいやす事ができるのだ。
だから、まず自分自身を改善させる事が必要である。
それはどうやって取り除かれるものか。
それは、キリストによって取り除かれるものである。だからこそ、エペソ1章の、知恵と啓示の御霊を祈り求める事が重要なのだ。
イエス様の認識をもって、兄弟姉妹の目のちりを取り除く、病、悪霊を追い出す事ができるのだ。

そして、それが与えられたなら、人をいやし改善できるのみならず、自分自身がどのような立ち位置にあるのか、どれほど素晴らしい立ち位置で、イエス様がどれほど素晴らしいお方か、それを知り、感動し、健全になっていくのだ。

主が私達を通して働かれる力が、どれほど偉大であるのか、続く箇所に書いてある。
日本にもアメリカにも、色々な国に、色々な権威がある。しかし、それら全てを凌駕してあまりある力強い権威が、なんと、私達の内にいますキリストにあるのだ。

 1:20 神はその力をキリストのうちに働かせて、彼を死人の中からよみがえらせ、天上においてご自分の右に座せしめ、
 1:21 彼を、すべての支配、権威、権力、権勢の上におき、また、この世ばかりでなくきたるべき世においても唱えられる、あらゆる名の上におかれたのである。

キリストの御名は、内閣権威、大統領権威よりもはるかに上の権威である。
安倍首相のハンコが押された文書は、どの省庁でも、通るが、私達は、なんと、イエス様の名前を用いてハンコを押すのと同じように、その御方の御名によって祈る特権が、与えられているのだ。
ただし、私達がその与えられた御名を、みだりに用いてはならない。イエス様の御名は、神の働きのために行使していくべきものである。
イエス様の御名は、肉欲のためでなく、公務のために、悪霊を追い出し、奇跡を行ったりするべきもので、決して、それらできるゆえに有名になろうとしたり、お金持ちになろうとしたり、するとするなら、それは公務員の公費横領のように、霊的横領になってしまう。
この与えられた特権と力は、御国の公務のために用いるべきなのだ。
かの日、イエス様に、あなたの名によって悪霊を追い出し、奇跡を行ったではありませんか、と言っても、わたしはあなたを知らない、不法をなす者、わたしから離れよ、と言われてしまう。
だから神の国の公務員として、アンバサダーとして、イエス様の御名を用いるべきで,天国の公務に則った動機によってイエス様の御名を用いる時にこそ、この莫大な力が働くのだ。

 1:20 神はその力をキリストのうちに働かせて、彼を死人の中からよみがえらせ、天上においてご自分の右に座せしめ、
 1:21 彼を、すべての支配、権威、権力、権勢の上におき、また、この世ばかりでなくきたるべき世においても唱えられる、あらゆる名の上におかれたのである。

北朝鮮最高指導者の権威は、たとえこの地上のあの領域で権威が通ったとしても、来るべき天国では通らないが、キリストの権威は、この地上でも、かの世でも、いっさいの上にその権威が通るのである。
そしてさらに。

 1:23 この教会はキリストのからだであって、すべてのものを、すべてのもののうちに満たしているかたが、満ちみちているものに、ほかならない。

教会はキリストのからだである。そして、その上にキリストがおられるから、イエス様の権威を持つことができる。
逆に、イエス様の認識を持たないなら、キリストのからだとしての機能は無いのだ。
信仰の先人たちは、イエス様の認識を持っていた、ために、それぞれ与えられた賜物を駆使して、キリストのからだの建て上げをした。
ある人は、イエス様の認識に沿って、お金持ちになって、教会の働きを助けた。
ある人は、大いなる政治家となって奴隷解放をした。

だから私達は、もしイエス様の認識がなければ、私達はイエス様のからだにはなれない。
知恵と啓示の御霊はなぜ必要か。それは、イエス様の認識を持つために必要。かしらなるイエス様の認識を持った
このイエス様の認識をもって動く、という事なら、すべてのものを、すべてのもののうちに満たしているかたが、満たして下さるのだ!ありえない事である。
キリストの権威を帯びて、キリストの御旨をなすために、キリストの御名を用いて宣言するなら、すべてのものを、すべてのもののうちに満たしているかたの権威において、それが行使されるのだ!それが、教会、エクレシアに与えられているのだ!

エクレシア、それは召し出された者たち。人々。その私達が、キリストのからだであり、ある人には同じ御霊から預言が、ある人には同じ御霊から、施しのできるお金が、与えられ、それぞれが同じキリストの認識に沿って行動する時、それぞれの賜物を行使して、それぞれがキリストの事業、この国を神の国へと変えていく事業に参加するのだ。

エデンにおいて、
まだ人が罪を犯す前、神様から与えられた事業、すなわち、エデンをメンテナンスするという働きを、忠実に行っていた。その時、いっさいのものを、いっさいのものによって満たす方の満ちておられる共同体の中で、健全に、アダムとエバは働いていた。
しかし、神から独立した、神のようになれるという”善悪を知る種”が、彼らの内に埋め込まれてしまった。その時から、神の国の事業に参加する参加者という立ち位置から脱退し、おのおのが独立した、”リトル神”になって、身勝手な善悪判断によって、おのおのが独立的に身勝手な事をし初めた。
だから、被造物はめちゃくちゃになってしまったのだ。
だから、私達が再び本来の人間の状態になるためには、エクレシアである教会につながり、もはや自分の善悪判断によって「リトル神」である事を捨て去って、まことの神にあって教会に参加し、共に与えられた賜物に応じて、おのおのの仕事をする時に、教会はキリストのからだとなって、いっさいのものを、いっさいのものによって満たす方の満ちておられるところのパワーをもって、行使できるのである。
それが、教会に与えられた特権なのだ。

 1:22 そして、万物をキリストの足の下に従わせ、彼を万物の上にかしらとして教会に与えられた。
 1:23 この教会はキリストのからだであって、すべてのものを、すべてのもののうちに満たしているかたが、満ちみちているものに、ほかならない。

私達の内にいますキリストが、どれほど偉大なお方であり、どれほど素晴らしい事業に参加しているのか、認識できますように。

いっさいのものをキリストの足の下に!
まだ罪を犯していない人類に対して与えられた祝福は、
 1:28 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。

この、支配せよ、治めよ、とは「足の下で踏む」という意味もある。
だからもし、サタン、ヘビが足の下に、ニョロニョロと来たなら、足の下で踏む!という事を、私達がしなければならない。もしそれをしないで、サタンとの会話にはまってしまったら、エデンがめちゃくちゃにされたあげく、追い出されてしまう。
踏まないとするなら、キリストの認識に無い事になってしまう。
キリストは今も、踏み続けているのだ。神にさからうものは踏み続け、キリストの体で有り続けるべきなのだ。

私達に与えられている特権がどれほど素晴らしいものか。全てにまさる名である。この世でも、かの世でも。
私達がその御国の事業に参加する時、イエス様の御名によって権威を行使しようとするなら、それは受理されて天に届けられる。
しかしもし、身勝手な肉欲の善悪判断に基いてイエス様の御名を行使しようとするなら、受理されない。
だから、御国の事業に参加する、神の国の全権大使として、神の国から遣わされた戦士として、それをなしていくべきである。
もし兵士が、力づくで弱い人からお金を巻き上げるような事をするなら、そのような者は解雇されてしまう。
バプテスマのヨハネが同じ事を言っていた。兵士に対しても、取税人に対しても。
自分の役割を悪用して、奪い取るということを止める、それをすることが、自分の目から梁を取り除く事。
もしそれをしないなら、自分と同じ罪をしている人から、目のちりを取り除く事が出来ない。

梁とははるかに回数を重ねてたくさん過ちをした人。罪を増し加えて、太くなった。
梁は、家をささえる頑丈な横木。それを取り除いていない状態で、私達は、神の認識に立つことはできない。
罪の性質によって自分を支えている梁を、取り除かなくてはならない。

まとめ。今日のメインは、17節から19節の祈り。
1:17 どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示との霊をあなたがたに賜わって神を認めさせ、
 1:18 あなたがたの心の目を明らかにして下さるように、そして、あなたがたが神に召されていだいている望みがどんなものであるか、聖徒たちがつぐべき神の国がいかに栄光に富んだものであるか、
 1:19 また、神の力強い活動によって働く力が、わたしたち信じる者にとっていかに絶大なものであるかを、あなたがたが知るに至るように、と祈っている。

この祈りをメインの祈りとするべき。
目がはっきり見えるようになるために、梁が取り除かれ、人をいやすのみならず、まず自分自身が癒され、神がいかに素晴らしいお方であるのかをますます認識し、神の認識に立って、神の国の事業に参加し、イエス様の御名を行使する時、その力が発揮され、みなさんの人生が変えられ、人の人生をキリストにあって変える事のできる主の働き人となっていくみなさんでありますように!
イエス様のお名前によって祝福します!

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest