メッセージ - 霊的に陰りはじめたソロモンの統治(2歴代誌8:1-18)

霊的に陰りはじめたソロモンの統治(2歴代誌8:1-18)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 講解説教(旧約) » 2歴代誌
執筆 : 
pastor 2017-12-26 7:44

霊的に陰りはじめたソロモンの統治(2歴代誌8:1-18)
Youtube動画
メッセージ音声

8:1 ソロモンは二十年を経て、主の家と自分の家とを建て終った。

神殿と王宮は、建てるのに20年かかったが、建て終わったの時、彼の治世は24−5年目に入っており、残す治世は、15−6年ほどである。
彼の霊的状況は、既に陰りを見せていたようである。

8:2 またソロモンはヒラムから送られた町々を建て直して、そこにイスラエルの人々を住ませた。

ヒラムから送られた町々とは、元々はソロモンが神殿建設のために労をおってくれたヒラムに対する報酬として与えた町々であるが、ヒラムはそれをソロモンに送り返した時の様が、列王記に記されている。

『ソロモンは二十年を経て二つの家すなわち主の宮と王の宮殿とを建て終った時、ツロの王ヒラムがソロモンの望みに任せて香柏と、いとすぎと、金とを供給したので、ソロモン王はガリラヤの地の町二十をヒラムに与えた。しかしヒラムがツロから来て、ソロモンが彼に与えた町々を見たとき、それらは彼の気にいらなかったので、彼は、「兄弟よ、あなたがくださったこれらの町々は、いったいなんですか」と言った。それで、そこは今日までカブルの地と呼ばれている。ヒラムはかつて金百二十タラントを王に贈った。』(1列王記9:10-14)

ソロモンは、神殿建築の大きな功労者であり、長年親交の深かったツロの王・ヒラムに対し、彼のその労に対するお礼として、「無に等しい(カブル)」と称されるような町々を贈った。
偉大な知恵と、広い心と、多くの富が与えられたはずなのに。

そもそも、イスラエルの土地を、異邦の国に賞与として与える事は、律法に反する事であり、ヒラムの気に入る・気に入らない以前の問題である。
『地は永代には売ってはならない。地はわたしのものだからである。あなたがたはわたしと共にいる寄留者、また旅びとである。』(レビ記25:23)
どんなにつまらない地であったとしても、それを異邦人に渡すなど、もっての他なのだ。

他にも、彼が御言葉に妥協したり、違反している点を、幾つか見いだす事が出来る。

8:3 ソロモンはまたハマテ・ゾバを攻めて、これを取った。
8:4 彼はまた荒野にタデモルを建て、もろもろの倉の町をハマテに建てた。
8:5 また城壁、門、貫の木のある堅固な町、上ベテホロンと下ベテホロンを建てた。
8:6 ソロモンはまたバアラテと自分のもっていたすべての倉の町と、すべての戦車の町と、騎兵の町、ならびにエルサレム、レバノンおよび自分の治める全地方に建てようと望んだものを、ことごとく建てた。

この1節から6節までの所に「建てる」という動詞が6回出て来、そさらに6節の「望んだ」とは男性が女性を思慕する感情と同じ表現である。
ソロモンはすなわち、戦車や騎兵の町々を建てる事に、異性に執着するがごとくに熱心に励んだのだ。

8:7 すべてイスラエルの子孫でないヘテびと、アモリびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとの残った民、
8:8 その地にあって彼らのあとに残ったその子孫、すなわちイスラエルの子孫が滅ぼし尽さなかった民に、ソロモンは強制徴募をおこなって今日に及んでいる。
8:9 しかし、イスラエルの人々をソロモンはその工事のためには、ひとりも奴隷としなかった。彼らは兵士となり、将校となり、戦車と、騎兵の長となった。
8:10 これらはソロモン王のおもな官吏で、二百五十人あり、民を治めた。

これらの「ヘテびと、アモリびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとの残った民」は、本来、聖絶すべき者達として定められている。(出エジプト記34:11-12、申命記7:1-3)
しかしソロモンは妥協し、強制労働として働かせた。
たばこを止める人はライターをも捨てなければ、そのライターが後のち災いをもたらすように、これらの者達は、後々にイスラエルに災いする事になってしまう。

8:11 ソロモンはパロの娘をダビデの町から連れ上って、彼女のために建てた家に入れて言った、「主の箱を迎えた所は神聖であるから、わたしの妻はイスラエルの王ダビデの家に住んではならない」。

ソロモンは、エジプトから迎えた正妻を神殿の近くに住まわせなかったが、しかしエジプトの王女である彼女を正妻としてしまっている事には代わりはない。
なぜ彼女を正妻としたのか。それだけエジプトと交流を持って、エジプトの馬や戦車を集めたかったのだろうか。ともかく、それもまた律法に適っていない事である。
申命記17:16 王となる人は自分のために馬を多く獲ようとしてはならない。また馬を多く獲るために民をエジプトに帰らせてはならない。主はあなたがたにむかって、『この後かさねてこの道に帰ってはならない』と仰せられたからである。
17:17 また妻を多く持って心を、迷わしてはならない。また自分のために金銀を多くたくわえてはならない。

ネヘミヤは、異邦の女と結婚し交わる事を忌まわしい事として徹底的に排除したのは、ソロモンのゆえである。

ネヘミヤ13:23 そのころまた、わたしはアシドド、アンモン、モアブの女をめとったユダヤ人を見た。
13:24 彼らの子供の半分はアシドドの言葉を語って、ユダヤの言葉を語ることができず、おのおのその母親の出た民の言葉を語った。
13:25 わたしは彼らを責め、またののしり、そのうちの数人を撃って、その毛を抜き、神の名をさして誓わせて言った、「あなたがたは彼らのむすこに自分の娘を与えてはならない。またあなたがたのむすこ、またはあなたがた自身のために彼らの娘をめとってはならない。
13:26 イスラエルの王ソロモンはこれらのことによって罪を犯したではないか。彼のような王は多くの国民のうちにもなく、神に愛せられた者である。神は彼をイスラエル全国の王とせられた。ところが異邦の女たちは彼に罪を犯させた。

12節から16節までは、ソロモンが主の宮において定められた規定どおりに祭司につとめを守らせた様が記されている。
8:16 このようにソロモンは、主の宮の基をすえた日からこれをなし終えたときまで、その工事の準備をことごとくなしたので、主の宮は完成した。
(NKJV: By this time all of Solomon's projects had been completed. From the laying of the foundation of the Lord's Temple to its completion, all the work had been successful.)

ダビデの用意したものをもって神殿が完成するまで、は、そのわざは「完全(シャレーム)」だった。
しかし、ソロモンの統治の後半以降は、残念ながらそうではなかった。

8:17 それからソロモンはエドムの地の海べにあるエジオン・ゲベルおよびエロテへ行った。
8:18 時にヒラムはそのしもべどもの手によって船団を彼に送り、また海の事になれたしもべどもをつかわしたので、彼らはソロモンのしもべらと共にオフルへ行き、そこから金四百五十タラントを取って、これをソロモン王のもとに携えてきた。

彼は、金銀を蓄える事や事業に、そして女に執心し、御言葉から離れていってしまった。
神の言葉から離れた世の栄華の追求は、ただ、むなしさしか残らない。(伝道者の書2:3-11)

それへと誘う誘惑は、最初はほんな小さなものだったかもしれない。
しかし、それを取り扱わないでいるなら、どんどん滅びへと傾いていってしまい、さらに放置しているなら、ついには真っ逆さまに倒れてしまう。

1コリント5:6 あなたがたが誇っているのは、よろしくない。あなたがたは、少しのパン種が粉のかたまり全体をふくらませることを、知らないのか。
5:7 新しい粉のかたまりになるために、古いパン種を取り除きなさい。あなたがたは、事実パン種のない者なのだから。わたしたちの過越の小羊であるキリストは、すでにほふられたのだ。
5:8 ゆえに、わたしたちは、古いパン種や、また悪意と邪悪とのパン種を用いずに、パン種のはいっていない純粋で真実なパンをもって、祭をしようではないか。

ローマ12:1 兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。
12:2 あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest