• カテゴリ 2列王記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 歴代の王達の中で最高の賞賛が与えられたヨシヤ(2列王記23:15-28)

歴代の王達の中で最高の賞賛が与えられたヨシヤ(2列王記23:15-28)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 講解説教(旧約) » 2列王記
執筆 : 
pastor 2017-6-27 7:23

歴代の王達の中で最高の賞賛が与えられたヨシヤ(2列王記23:15-28)
Youtube動画
メッセージ音声

23:15 また、ベテルにある祭壇と、イスラエルに罪を犯させたネバテの子ヤラベアムが造った高き所、すなわちその祭壇と高き所とを彼はこわし、その石を打ち砕いて粉とし、かつアシラ像を焼いた。

ヨシヤ王は先祖たちが造った主に忌み嫌われるものを、惜しむ事なく破壊した。たとえそれが何百年も前のものであろうとも、また、彼の父祖たちがいかに大切にしてきたものであろうとも。
それは、主の目に適った事である。なぜなら主は、彼がこの事をするのを既にヤロブアムの時代から宣言しておられたからである。

23:16 そしてヨシヤは身をめぐらして山に墓のあるのを見、人をつかわしてその墓から骨を取らせ、それをその祭壇の上で焼いて、それを汚した。昔、神の人が主の言葉としてこの事を呼ばわり告げたが、そのとおりになった。

この事を、神の人がこの事が成る事を呼ばわり告げたのは、どのくら「昔」であったか。
それは実に300年以上も昔である。

23:17 その時ヨシヤは「あそこに見える石碑は何か」と尋ねた。町の人々が彼に「あれはあなたがベテルの祭壇に対して行われたこれらの事を、ユダからきて預言した神の人の墓です」と言ったので、
23:18 彼は言った、「そのままにして置きなさい。だれもその骨を移してはならない」。それでその骨と、サマリヤからきた預言者の骨には手をつけなかった。

ヨシヤは、300年ほど前に建てられたこの石碑に目を留め、現地の人々に聞いたところ、これは「あなたが」この事を行う事を預言した人の墓です、と答えた。
300年前に何が起きたか。
それが記されているのは第一列王記13章、歴代の王達と何百何千万の人々に罪を侵させる大元となったヤロブアム王の時代に遡る。

1列王記13:1 見よ、神の人が主の命によってユダからベテルにきた。その時ヤラベアムは祭壇の上に立って香をたいていた。
 13:2 神の人は祭壇にむかい主の命によって呼ばわって言った、「祭壇よ、祭壇よ、主はこう仰せられる、『見よ、ダビデの家にひとりの子が生れる。その名をヨシヤという。彼はおまえの上で香をたく高き所の祭司らを、おまえの上にささげる。また人の骨がおまえの上で焼かれる』」。

ヨシヤが宗教改革を行ったのは紀元前622年頃と言われている。また、ヤロブアムの即位は、紀元前931年と言われている。
実に、300年前から既に主はヨシヤを名指しして、この事が行われる事を予告しておられたのだ。
その時預言者は、遠い将来に起きる事を予告しただけではない。その場でしるしを主は与えられた。

1列王記13:3 その日、彼はまた一つのしるしを示して言った、「主の言われたしるしはこれである、『見よ、祭壇は裂け、その上にある灰はこぼれ出るであろう』」。
 13:4 ヤラベアム王は、神の人がベテルにある祭壇にむかって呼ばわる言葉を聞いた時、祭壇から手を伸ばして、「彼を捕えよ」と言ったが、彼にむかって伸ばした手が枯れて、ひっ込めることができなかった。
 13:5 そして神の人が主の言葉をもって示したしるしのように祭壇は裂け、灰は祭壇からこぼれ出た。
 13:6 王は神の人に言った、「あなたの神、主に願い、わたしのために祈って、わたしの手をもとに返らせてください」。神の人が主に願ったので、王の手はもとに返って、前のようになった。

ヤロブアムは、この自分の祭壇に悪い事を予告した預言者を捕らえよと言って伸ばした手がしなびてしまい、ゆるしを乞い願った結果、その手を元通りにしていただいた事も、その身をもって経験した。
しかし彼は、悔い改める事をせず、自分で造ったこの祭壇を自分の手で破壊する事をしないまま、その祭壇で300年もの間、多くの人々に罪を犯させ続ける結果となってしまった。

破壊し尽くすべき罪、そのように罪をそそのかさせてしまう物は、すみやかに私達の中から除き去るべきである。
そうでないと、自分自身に災いを招くのみならず、自分の家族や多くの子々孫々さえも、災いへと導いてしまうからだ。
彼は、このように、自国内を隅々まで行き巡り、主の目に汚らわしいものを取り除ききよめた。
私達が、皿がいかに純金で出来ていようとも、汚物のついているなら用いないのと同じように、神は、きよくない者は用いず、きよい者をこそ用いてくださる。
だから私達も、自らをきよくする努力を務めるべきである。

23:21 そして王はすべての民に命じて、「あなたがたはこの契約の書にしるされているように、あなたがたの神、主に過越の祭を執り行いなさい」と言った。
23:22 さばきづかさがイスラエルをさばいた日からこのかた、またイスラエルの王たちとユダの王たちの世にも、このような過越の祭を執り行ったことはなかったが、
23:23 ヨシヤ王の第十八年に、エルサレムでこの過越の祭を主に執り行ったのである。

彼の治世の18年に、どんなに素晴らしい過越の捧げものをささげたかは、2歴代誌35章に詳しく記されている。
2歴代誌35:18 預言者サムエルの日からこのかた、イスラエルでこのような過越の祭を行ったことはなかった。またイスラエルの諸王のうちには、ヨシヤが、祭司、レビびと、ならびにそこに来たユダとイスラエルのすべての人々、およびエルサレムの住民と共に行ったような過越の祭を行った者はひとりもなかった。

預言者サムエルの時代からこのかた、である。
サムエルはサウルに油を注いでイスラエル最初の王とし、またダビデにも油を注いだキングメーカーである。
つまり、歴代の王の中で、ヨシヤは、最も優れた過越祭を捧げたのだ。

23:25 ヨシヤのように心をつくし、精神をつくし、力をつくしてモーセのすべての律法にしたがい、主に寄り頼んだ王はヨシヤの先にはなく、またその後にも彼のような者は起らなかった。

23:26 けれども主はなおユダにむかって発せられた激しい大いなる怒りをやめられなかった。これはマナセがもろもろの腹だたしい行いをもって主を怒らせたためである
23:27 それゆえ主は言われた、「わたしはイスラエルを移したように、ユダをもわたしの目の前から移し、わたしが選んだこのエルサレムの町と、わたしの名をそこに置こうと言ったこの宮とを捨てるであろう」。

結局、救いは本人自身のものである事を示している。
彼の前の王達がいかに許されない事を、主の前に行ってきたか。それは、もはや許されない所までに、審判の目盛りを満たしてしまったのだ。
しかしその直前に、ヨシヤ王は主の前に忠実に仕え、そして先祖たちの犯してきた諸々の罪の生成物を破壊し、主の預言をことごとく成就させた。

彼は、歴代の王達の中で、最もすぐれた賞賛を与えられた。
それは、彼は、御言葉が与えられた時に悔い改め、御言葉に忠実に従い、その通りに実行したからだ。
私達も、救いを実現するために、自らの中の主に忌み嫌われるものは取り除き、主に喜ばれる礼拝を捧げ、そして主から最高の賞賛が与えられる者を目指して、信仰の競争を走りぬきたい。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest