メッセージ - 強く、雄々しくある根拠(ヨシュア記1:7-9)

強く、雄々しくある根拠(ヨシュア記1:7-9)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 講解説教(旧約) » ヨシュア記
執筆 : 
pastor 2014-5-23 17:05

礼拝説教メッセージ音声:強く、雄々しくある根拠(ヨシュア記1:7-9):右クリックで保存

『ただ強く、また雄々しくあって、わたしのしもべモーセがあなたに命じた律法をことごとく守って行い、これを離れて右にも左にも曲ってはならない。それはすべてあなたが行くところで、勝利を得るためである。』(ヨシュア記1:7)
「強くあれ、雄々しくあれ」という励ましは、キリスト教会ではよく語られるが、実際にその言葉の通りに、強く雄々しく快進撃して行けるかどうかは、本人次第である。

ソロモンも、ヨシュアと全く同じ祝福を受けた。
「あなたは強く、男らしくなければならない。あなたの神、主のさとしを守り、その道に歩み、その定めと戒めと、おきてとあかしとを、モーセの律法にしるされているとおりに守らなければならない。そうすれば、あなたがするすべての事と、あなたの向かうすべての所で、あなたは栄えるであろう。また主がさきにわたしについて語って『もしおまえの子たちが、その道を慎み、心をつくし、精神をつくして真実をもって、わたしの前に歩むならば、おまえに次いでイスラエルの位にのぼる人が、欠けることはなかろう』と言われた言葉を確実にされるであろう。」(1列王記2:2-4)
ソロモンは最初は御旨に適った歩みをしていたため、確かに、どの王にも勝る栄華を極めた。
しかし、後にはおごり高ぶり、御言葉に背き、主から離れたため、人生の終わりの時には、全てが虚しく、うつろなものとなってしまった事は、伝道者の書に記されているとおりである。
御言葉への従順なしの「強くあれ、雄々しくあれ」は、ただのむなしい空文である。
強さ、雄々しさの根拠たるお方、主を、しっかり敬い、主の御言葉をことごとく守り行い、それを離れて右にも左にも逸れずに歩まない事には。

『この律法の書をあなたの口から離すことなく、昼も夜もそれを思い、そのうちにしるされていることを、ことごとく守って行わなければならない。そうするならば、あなたの道は栄え、あなたは勝利を得るであろう。』(ヨシュア記1:8)

律法の書、それは現代で言うところの聖書の御言葉だが、御言葉は何も、礼拝中や教会の中だけで取り交わされる「非現実」の言葉ではない。
職場、家庭、学校など「現実」の生活の場において、信仰をもって語りだす時、それは「現実」の力となり、問題の解決となり、祝福の根拠となる。
御言葉を日々の生活においても口ずさみ、その内容に心を留めてそれを守り行う人は、流れのそばに植えられた木のように、どんなに日照りのような時でも、しっかり実を結び、その葉は枯れず、何をしても栄える事が出来るのだ。(詩篇1:2-3)

『わたしはあなたに命じたではないか。強く、また雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、あなたの神、主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない。』(ヨシュア記1:9)
主が「強く、また雄々しくあれ」とヨシュアに仰せられたのは、これで三度目である。
ヨシュアには、最初から強く雄々しい、というイメージがあるが、もしかしたら彼にも恐れがあったのかもしれない。

ヨシュアは、偉大な指導者・モーセの従者として、長年彼の傍で仕えて来たため、モーセの偉大さも、民の頑なさも、十分に知っている。
その偉大な指導者・モーセがいなくなり、これからは、自分が直接、神様から示しを頂きながら、この60万以上の民を、導いて行かなくてはならない。
どれ程のプレッシャーを、彼は感じただろうか。
先代があまりに偉大であるなら、二代目は、すぐに潰れてしまうというパターンは多いが、ヨシュアは見事、モーセが成し得なかった事を為し、イスラエルを約束の地へと導き入れた。

絶対に失敗しないコツ、それは実にシンプルである。
それは、申命記で幾度も聞かされてきた通り、主の御声に聞き従い、御言葉を守り行う事だ。
そして、決して変わる事の無い主の愛の中に、とどまり続けるなら、世の何者も恐れる必要は無くなる。
『だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。「わたしたちはあなたのために終日、/死に定められており、/ほふられる羊のように見られている」/と書いてあるとおりである。しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、わたしたちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある。
わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。』(ローマ8:35-39)

御言葉から右にも左にも逸れる事なく、祝福の王道の真ん中を歩んで行く皆さんでありますように!
イエス様のお名前によって祝福します!

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2010 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest