• カテゴリ 申命記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - モーセが残した歌(申命記32:1-9)

モーセが残した歌(申命記32:1-9)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 講解説教(旧約) » 申命記
執筆 : 
pastor 2014-4-29 23:56

礼拝説教メッセージ音声:モーセが残した歌(申命記32:1-9):右クリックで保存

イスラエルが将来、主の御言葉を軽んじ、それで災いが自分達に降りかかると、「これらの災がわれわれに臨むのは、われわれの神がわれわれのうちにおられないからではないか。」と言う事までも、主は、あらかじめご存知であった。
そうなった時、結局悪かったのは主ではなく、自分達だった、という、将来の証拠を残すために、主はあらかじめ「歌」という形で、将来起こる事を表明しておられた。
32章には、その歌の内容が記されている。

『「天よ、耳を傾けよ、わたしは語る、/地よ、わたしの口の言葉を聞け。わたしの教は雨のように降りそそぎ、/わたしの言葉は露のようにしたたるであろう。若草の上に降る小雨のように、/青草の上にくだる夕立のように。わたしは主の名をのべよう、/われわれの神に栄光を帰せよ。主は岩であって、そのみわざは全く、/その道はみな正しい。主は真実なる神であって、偽りなく、/義であって、正である。』(申命記32:1-4)

この歌の最初の出だしは、主は初めから終わりまで、どういうお方であり続けたかを、示している。
主は初めからずっと真実であり、完全で、正しいお方であった。
後の時代の人が、主について思い返す時、その事だけは、誰も否定出来ないものである。

人が、たかだか何十年か、好き放題して、その報いを受けて何十年か苦しんだとしても、主の恵み、主の正しさは何百年もの間、ずっと変わらず注がれて来たのだ。
人がどんなに不正を行おうと、また戦争などのどんな事変が起きようとも、そのような人間の営みとは一切関係なく、太陽は相変わらず善人にも悪人にも照らし続け、相変わらず恵みの雨は善人にも悪人にも降り注がれ続けていたように、主の御言葉はいつも完全であり、同時に、主の御言葉を軽んじ、ないがしろにする者が災いを受ける事も、また変わる事なく確実な事である。

モーセの時代以降、人は何をするか。
そして多くの時が過ぎた後、その将来から見て、人はそれまで何をして来たのかをも、歌は示している。
『彼らは主にむかって悪を行い、/そのきずのゆえに、もはや主の子らではなく、/よこしまで、曲ったやからである。愚かな知恵のない民よ、/あなたがたはこのようにして主に報いるのか。主はあなたを生み、あなたを造り、/あなたを堅く立てられたあなたの父ではないか。いにしえの日を覚え、/代々の年を思え。あなたの父に問え、/彼はあなたに告げるであろう。長老たちに問え、/彼らはあなたに語るであろう。』(申命記32:5-7)

人は、真実な主に対し、偽りを返し、正しい主に対し、悪を返し、恩を仇で返すような事ばかりして来た。
そこで主は、昔を思いだせ、と命じている。御言葉に聞け、と。

『いと高き者は人の子らを分け、/諸国民にその嗣業を与えられたとき、/イスラエルの子らの数に照して、/もろもろの民の境を定められた。主の分はその民であって、/ヤコブはその定められた嗣業である。』(申命記32:8)
この節には、驚くべき事が記されている。
主はイスラエルの嗣業(相続地)として、乳と蜜の流れる地を相続された。
それはモーセ五書では何度も言われている通りであるが、では、主の嗣業、主が相続されるものは、何か。
それはなんと、ヤコブ、すなわち、イスラエルの人々だ、というのだ。

イスラエル人の相続は、乳と蜜の流れる良き地、であるのに対し、主が相続されるものは、恩を仇で返してばかりいるイスラエル人、というのだ。
本当に主は、貧乏くじを自ら引かれ、私達には、当たりくじを引かせて下さった。

キリストが十字架上で全身全霊が焼きつくされるような苦しみを味わったのは、本来人が受けるべき罰を身代わりに受け、御父に執り成し、救い、パラダイスへの道を開くためであった。
というのに、人々が主に差し出したのは、酸っぱく変質してしまった、酸いぶどう酒だった。
皆さんは、食用酢を希釈もせず飲めるだろうか。
私達のために十字架につけられたイエス様に対し、人は、酢で返したのだ。

そして、主がその酢を受けられた時、「完了した」と言われて、父なる神様に霊をお渡しになられた。
それによって、イスラエルだけでなく、全世界の人が受けるべき呪いと罰を受け尽くし、罪の罰金を全額払い、私達を責め立てていた債務証書を無効とし、人も全被造物も、十字架の血によって、神と和解させられたのだ。

キリストが十字架上で為して下さった尊い贖いによって、私達は罪赦され、永遠の命が与えられ、神の子となり、聖なる国民とされた。
その事を私達は、いつも覚えて感謝しつつ、生きていくべきである。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest