• カテゴリ 申命記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - モーセが示した十戒の第一と第二(申命記5:5b-10)

モーセが示した十戒の第一と第二(申命記5:5b-10)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 講解説教(旧約) » 申命記
執筆 : 
pastor 2013-12-27 23:09

礼拝説教メッセージ音声:モーセが示した十戒の第一と第二(申命記5:5b-10):右クリックで保存

イスラエルが守るべき「おきて」のうち、モーセが真っ先に提示したものは、主がシナイ山で与えて下さった十戒だった。
出エジプト記20章に記されている十戒は、主が直接語られた内容であるが、この申命記に記されている内容は、モーセが民にメッセージしたもので、内容的には同じであるものの、表現は同じではない。
モーセが、特にここを強調したい、という点があったからであろうと思われる。

『わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。』(申命記5:6)
神は真っ先に、イスラエルに何をして下さったかを、明らかにしている。
それはまず、奴隷の家・エジプトからの開放である。
皆さんにとって、主はどういう御方だろうか。主は、皆さんに、何をして下さっただろうか。それをすぐに表明出来るだろうか。
主は私達を、世の奴隷から、サタンの奴隷から、罪の奴隷から、そして、死の奴隷から開放して下さり、永遠のいのちへと、主イエス・キリストの愛の支配へと導き入れて下さった主である。

十戒の第一戒、主が真っ先に命じた最も重要な戒めは、「あなたはわたしのほかに何ものをも神としてはならない。」(申命記5:7)である。
日本では「神(カミ)」と呼ばれるものが多くあり、あちらのカミ、こちらのカミと、カミが取り替え可能なような感覚のある日本人には、理解しずらいかもしれない。
しかし、天地を創造し、私達を創り、変わらぬ愛で私達を愛して下さる「神」、私達がおそれ敬うべき「神」は、ただ一つであり、その私達の「主」という座に、神以外の別物を入れてはならない。

『あなたは自分のために刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水の中にあるものの、どのような形をも造ってはならない。それを拝んではならない。またそれに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものには、父の罪を子に報いて三、四代に及ぼし、わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には恵みを施して千代に至るであろう。』(申命記5:8-10)
十戒の第二戒、二番目に重要な事は、偶像礼拝の禁止である。

日本は偶像礼拝をしている家庭が多く、周りも皆当たり前のようにそれをしていて、その中で育っていると、自分達が実は呪いと災いの中にあった事に気づかないものである。
少し前までは、日本は世界で一番働く民族だと言われていたが、いくら働いても働いても、知恵を働かせても、そうしてお金をたくさん得ても、幸せになれない人が多い、その大きな原因が、神意外のものを神とする「偶像崇拝」にある事は間違いないだろう。
偶像礼拝とは、神社仏閣にある像を拝む事に留まらず、まことの神以外の何かをより大事にし優先させる事を意味する。
例えば、自分の望む何かを、自分のものに出来ないなら、神様なんか信じない、と言う時は、その自分の望む何かが「神」となっており、偶像礼拝である。

まことの神である主を知り、そのすばらしい御業を体験しておきながら、自分の欲望におびき寄せられ、偶像礼拝に戻ってしまう人の樣子が、エゼキエル書に記されている。

『時に彼はわたしに言われた、「人の子よ、目をあげて北の方をのぞめ」。そこでわたしが目をあげて北の方をのぞむと、見よ、祭壇の門の北にあたって、その入口に、このねたみの偶像があった。彼はまたわたしに言われた、「人の子よ、あなたは彼らのしていること、すなわちイスラエルの家がここでしている大いなる憎むべきことを見るか。これはわたしを聖所から遠ざけるものである。しかしあなたは、さらに大いなる憎むべきことを見るだろう」。』(エゼキエル書8:5)

ここでは、主を礼拝すべき神殿の出入り口に、主のねたみを引き起こさせる偶像が置かれてあった。
今、キリストにあって、私達が神殿であり(1コリント3:16-17)、私達の心の出入り口に、神のねたみを引き起こさせるものが置かれてある事を、主は忌み嫌われる。

『そして彼はわたしを庭の門に行かせた。わたしが見ると、見よ、壁に一つの穴があった。彼はわたしに言われた、「人の子よ、壁に穴をあけよ」。そこでわたしが壁に穴をあけると、見よ、一つの戸があった。彼はわたしに言われた、「はいって、彼らがここでなす所の悪しき憎むべきことを見よ」。
そこでわたしがはいって見ると、もろもろの這うものと、憎むべき獣の形、およびイスラエルの家のもろもろの偶像が、まわりの壁に描いてあった。またイスラエルの家の長老七十人が、その前に立っていた。シャパンの子ヤザニヤも、彼らの中に立っていた。おのおの手に香炉を持ち、そしてその香の煙が雲のようにのぼった。』(エゼキエル書8:7-11)

ここでは、イスラエルの指導者達が、隠れた暗い所で、主の忌み嫌われるあらゆるものに香を焚いて礼拝している様が、露わにされている。
表向きはきれいでも、内側があらゆる汚れて満ちている状態、表面を白く塗った墓のような状態である時、私達も時に、そのように陥ってしまう事があるが、主は何もかもお見通しである。
『時に彼はわたしに言われた、「人の子よ、イスラエルの家の長老たちが暗い所で行う事、すなわちおのおのその偶像の室で行う事を見るか。彼らは言う、『主はわれわれを見られない。主はこの地を捨てられた』と」。』(エゼキエル書8:12)
このように、主は自分達を見ない、と隠れた所で思う事は、主が無力である事の告白であり、主への冒涜である。

『そして彼はわたしを連れて主の家の北の門の入口に行った。見よ、そこに女たちがすわって、タンムズのために泣いていた。』(エゼキエル書8:14)
ここでは女が偶像の神のために泣いている。
自分の好む事のために泣くことはしても、主のためには心動かされず泣きもしない事は、霊的な姦淫である。

『彼はまたわたしを連れて、主の家の内庭にはいった。見よ、主の宮の入口に、廊と祭壇との間に二十五人ばかりの人が、主の宮にその背中を向け、顔を東に向け、東に向かって太陽を拝んでいた。』(エゼキエル書8:16)
太陽は恩恵をもたらすものであるが、それを創られた主には背をそむけ、自分に恩恵をもたらすものに拝する事も、主の忌み嫌われる偶像礼拝である。

十戒の中で一番最初に示された、最も重要な戒めは、次のものであった。「あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。」
主を憤らせるのではなく、妬ませるのではなく、主を第一とし、主に愛される私達でありますように!

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest